金買取の知識


[記事を書く]
[月別]
[更新アラート]
2017年12月11日(月)
【昔買った貴金属のアクセサリー】
昔買った貴金属のアクセサリーなどを買取に出したいとき、普通に思い至る売却先といえば、最近多い「金・プラチナ買取」系のお店ですよね。


そうは言っても、一見さんお断りのような雰囲気があったり、どうしても信用しきれないという人は、やはり少なくないようです。


さて、そういう場合には、デパートでの買取がお勧めです。


催事場で限定出店のこともあれば、専門の店が入っていることもあります。


専門店は敷居が高くても、デパートなら誰でも行きやすく、一見さんでも利用しやすいので人気なのでしょう。


日本経済にも大幅な景気後退をもたらしたリーマンショック以降、今までの間に、ゆっくりとではありますが、金を売却する際の買取価格が上がってきているようです。


近頃はそれに加えて、ユーロに加盟していたギリシャが経済破綻を起こし、国民が銀行から預金を下ろせなくなってしまいました。


こうした事態もまた、金の価値が高騰する引き金として機能したのではないでしょうか。


リーマンショックからこっち、金の価格が高騰している今では、金買取を扱うお店も増えてきたので、色々と調べて比較検討してみるのもいいでしょう。


その時の相場に基づいて買取額は決まるため、手放すタイミングはよく検討しなければなりません。


また、買取価格から手数料や鑑定料が引かれる場合もありますから、たまたま見かけただけのお店を選んだ結果、「他所で売ればもっと高くなったのに!」と後悔する可能性もあります。


ちなみに、自宅をいきなり訪問して金の買取を行う「訪問購入」の業者は、相場より大幅に安い額での買取を無理に迫ったりするので論外です。


長年使っていない金やプラチナのアイテムというのは、どなたの家にも結構あるのではないでしょうか。


最近は金やプラチナの買取を掲げた店が多いので、利用してみてはどうでしょうか。


ここ十年くらいで、そうしたお店は一気に増えてきたので、サイトやチラシで買取額を調べ、どこが一番高値を付けてくれるか比較検討するのが賢いやり方です。


鑑定料や手数料、目減り分の減額も店によって異なるため、手数料の有無などは必ずチェックしてください。


バブルの崩壊以降、現在にかけて、自宅にある金製品を現金にできないかと考える人が増え、その需要に応じて、金の高価買取などの広告を掲げる店が多くなってきました。


全国規模でチェーン店を出している業者もいくつかある模様です。


確かに、お店は多くあったほうが便利でしょうし、他の店との競争になることで買取価格が上がるなど、利用客に優しい方向に全体が変わっていくのではないでしょうか。


店員の接客の質までも上がる可能性があります。


利用客の立場からすれば、プラスの影響が大きいといえます。


15:00
2017年12月10日(日)
【金の買取を業者に依頼するにあたって必ず気にし】
金の買取を業者に依頼するにあたって必ず気にしなければならない点としては、買取価格の相場を把握することに尽きます。


少しでも高値で手放すことができるよう、刻一刻と変わる相場を慎重に確認し、最適のタイミングで買取に出しましょう。


店が買い取る額は、申込の時の相場によって決まることがほとんどです。


相場の変動を味方につけて、最も高い時期に手放しましょう。


金には色々な種類があります。


種類を決めているのは主に金の純度です。


金の純度は伝統的に24分率で表現され、銀や銅など他の金属との合金であるものは、「18K」などになります。


勿論これは純金より安いのです。


例えば18Kなら、24分の18なので、金は75%ということになります。


18Kの中でも、金に何をどれだけ混ぜるかによって種類が変わり、銅と銀を同量ずつ混ぜたイエローゴールドをはじめ、レッド、ピンク、グリーン、ホワイトと変化します。


金製品の価値を測る上で、結果を左右するのは純度というわけです。


手持ちの金製品を売却したいと思ったとき、普通に思い至る売却先といえば、「高価買取」などの看板を出している買取店などです。


ですが、その手のお店は馴染みがなく不安だったり、裏から怖いお兄さんが出てくるのではないか、などと思っている人も多くいるのではないでしょうか。


そんな方でも安心して利用できるのが、デパートの金買取ですね。


よく見かけるのは、催事場で期間限定のイベントとして開催している場合です。


やはり小さなお店よりもデパートの方が信用があり、初めての方でも利用しやすいでしょう。


金買取業者は大抵の場合、未成年者とお店自身、両方の安全を守るため、年齢による利用制限を設定しているのが普通です。


そのため、未成年の人は買取を利用できないというのが原則です。


もっとも、沢山あるお店の中には、成人していなくても、18歳から利用できる場合もあります。


しかし、その場合でも保護者の同意書は必要です。


しかし、たとえ親の同意があっても、多くの店では高校生からは買取をしてくれません。


金買取業者の多くは法律を守って適正に買取を行っていますが、中には悪質な詐欺の事例も存在しています。


中でも「訪問購入」のケースは悪質なものが多いので気を付けましょう。


主婦しか居ないような時間帯を狙って家を訪れ、要らない金製品を買い取るとゴリ押しするものです。


こうした訪問購入は近年問題視され、法規制もされていますが、店に売りに行く場合と比べて非常に買取金額が低かったり、廃品回収か何かのように、粗品を渡して金を持って行ってしまう場合すらあります。


話に応じる素振りを少しでも見せると、後が面倒なので、そういう業者がやって来ても、一切相手にしないようにしましょう。


14:48
2017年12月09日(土)
【最近、国際価格の高騰に伴って金の買取】
最近、国際価格の高騰に伴って金の買取相場が上昇しているようなので、金買取を利用して小金を得る方もいるでしょう。


金を売ったら、その金額や状況によりますが、税務署で確定申告を行う必要が出てきます。


購入時の価格以上で売れた場合など、売却によって生じた利益は、給与取得者であれば原則的には譲渡所得として扱われますが、この内50万円までは特別控除、つまり税金を払わなくていい部分になります。


色々と複雑な計算はありますが、要約すると、50万円以下の譲渡所得であれば税金はかからないということになります。


金の買取が今流行りですね。


近年では、色々な店舗で貴金属の買取サービスを看板に掲げています。


街でよく見かけるリサイクルショップもその一例です。


自宅で使わなくなった不要品を持ち込める店ですが、金やプラチナの買取を大きく扱うお店が最近は多いようです。


鑑定眼もしっかりしているので、安心して利用できます。


家にある金のアクセサリーなどを手放したい人は、質屋や金買取専門店と比較検討してみましょう。


この前、金買取の業者からウチに電話がありました。


保険や不動産の営業なら珍しくもありませんが、金買取の話はこれまでになかったので、続きを聞いてみたくなりました。


そうすると、貴金属製品で処分を検討している品物があればその業者に売却できるという話でした。


それなら色々あったなあと思って、トントン拍子で、査定に来てもらう話がまとまりました。


金買取といっても様々な形式があります。


今、少しずつ流行り出しているのは、郵送買取と呼ばれる、貴金属を送って買取査定をしてくれるサービスなのです。


この形態は、売却したい品物を専用のパックに入れ、郵送などでお店に送付し、お店での買取と同様、買取金額を査定してもらいます。


買取金額の連絡が来たら、売却を決定するか、額が低いと思えば無償でキャンセルできます。


営業時間の制約がある店頭買取と違い、ネットで24時間いつでも申し込めるので、地方にお住まいの方や、お店に商品を持って行くのが億劫だという方が主に利用しているようです。


バブルの崩壊以降、現在にかけて、自宅にある金製品を現金にできないかと考える人が増え、その需要に応じて、金の高価買取などの広告を掲げる店が多くなってきました。


全国規模でチェーン店を出している業者もいくつかある模様です。


確かに、お店は多くあったほうが便利でしょうし、他の店との競争になることで買取価格が上がるなど、良い方向への変化が期待できると思います。


お客さんに横柄な態度を取るような店は淘汰され、接客の質の良い店だけが残りそうです。


買取ショップの利用を考えている人にとっては、歓迎すべきことだと思います。


11:24
2017年12月08日(金)
【初めてで不安も多い金買取。安心して利用する】
初めてで不安も多い金買取。


安心して利用する上で大事なのはまず、店の選択がすべてです。


価格の多寡もさることながら、手続の簡便さも重要なポイントです。


郵送なら振込の早さも大事です。


しかし、色々ある中で最も大事な条件というと、その店に信用と実績があるかどうかです。


WEBの場合、何より参考にできるのは利用者から寄せられた口コミやレビューでしょう。


目についた中で最も口コミの良いお店を選択するようにしましょう。


買取にも色々な方式がありますが、最近増えてきたのが、直接お店に行かなくても、郵送で金買取をしてくれるスタイルです。


この形態は、売却したい品物を専用のパックに入れ、郵送などでお店に送付し、鑑定・査定をしてもらうというもので、お店からメールや電話で査定額の連絡を受け、売却を決定するか、額が低いと思えば無償でキャンセルできます。


店頭での買取はそんなに夜遅くまで空いていませんが、郵送買取ならネットの申込なら時間や場所は関係ないので、お店に行く時間がないという方から好評を得ています。


近年、金の買取ショップが増え、買取価格が全体的に高くなっているので、専門店で買い取ってもらったという時、年間20万円以上の利益が出ている場合などは、税務署で確定申告を行う必要が出てきます。


金の売却によって生じた利益(売却額から購入時の価格や雑費を引いたもの)は、通常は譲渡所得として総合課税に含まれるのですが、インゴットなどの地金の売却であれば、50万円までは控除されて非課税になります。


本当はもう少し複雑なのですが、ざっくり言って、利益が50万円未満なら税金はかかりません。


また、年収2000万以下のサラリーマンでその他の所得も20万円以内なら、確定申告も必要ありません。


普段意識しないことですが、我々の周囲には金の加工品が割と色々な形であるのです。


金歯が本物の金でできているのは有名な話ですね。


金の買取を掲げるお店では、このような製品も買取してくれる場合が多いです。


豪華な形をしていなくても、実際に金で出来ていれば大丈夫なのです。


意外な形での臨時収入も夢ではないので、用済みとなった金歯をお持ちの人は、そのまま捨てるのではなく、買取に出してみましょう。


便利な金買取ですが、一部では詐欺まがいの悪質なケースも発生しているので注意が必要です。


特に注意するべきは、訪問型の買取を名乗る詐欺です。


呼んでもいないのに自宅を訪れ、強引に金の売却を迫ってくるものです。


こちらが相場などを知らないのをいいことに、ほとんど二束三文の値段で換金させられたり、廃品回収か何かのように、粗品を渡して金を持って行ってしまう場合すらあります。


話に応じる素振りを少しでも見せると、後が面倒なので、そうなる前に拒絶の意思を示し、追い帰すのが得策です。


10:06
2017年12月07日(木)
【十年以上にわたって使用していないプラチナや金製の指輪な】
十年以上にわたって使用していないプラチナや金製の指輪などの装飾品が沢山あるという方もいるでしょう。


ただ捨てるだけではしのびないという方は、買取店に持ち込んで買取してもらうことをオススメします。


「高価買取」などの看板を掲げたお店も街に溢れていますから、高値が付くかどうか一度見てもらうのもいいでしょう。


消費増税が思わぬ儲けのチャンスだと知っていましたか? 金を買う時には、もちろん消費税も課されるのですが、今度はその金をお店で買い取ってもらう際には、その時の消費税率に応じて、消費税分が買取価格への上乗せという形で自分のもとに戻ってきます。


このことを利用して、金をあらかじめ買っておけば、消費税が上がったタイミングで売ることで、何万円か得することになると言えます。


どうせ消費税が上がるなら、それを利用して得してやりたいですね。


さらに、日本は諸外国と比べて消費税率が低いので、日本で金を購入し、消費税率の高い国に持って行って売却するといった利益の上げ方も有り得るかもしれません。


多くの資産がある方は、なるべく形をバラけさせておきたいものです。


定番といえば、総資産の10%から15%を金に変えて持っておくスタイルです。


まず調べておきたいのは、実際にその金をどこで購入するかです。


初めて金を買うときには、ウェブサイトがしっかりしていて、金の単価などが明示されている、ちゃんとした信頼のある店舗で買うようにするといいでしょう。


信用のおける店から買った金であれば、いつか手放すときにも本物だという信頼があるので大丈夫です。


金やプラチナ製のアクセサリーは、十年以上前に買ったものでも、時代遅れのデザインだったりしてもうずっと取り出してもいないという場合もあると思います。


そうしたアイテムをお持ちの方は、最近流行りの金買取を利用してみるのも一案です。


しかし、偽物はもちろん買い取ってもらえません。


本物と言われて買っても、プロが見ると偽物の可能性もあります。


鑑定士にそのように言われたら、泣き寝入りするしかないですね。


依頼してもいないのに自宅にやってきて、不要な金製品を買い取るなどと言って、安い値段で買取を進める、押し売りならぬ「押し買い」とでも呼ぶべきケースが多くなっていると聞きます。


この手の業者は、最初こそ優しそうな顔をして話をしてきますが、なかなか首を縦に振らない人には、半ば脅しのように迫って買取を進めるというケースもあります。


後々不利になる証拠をこちらの手元に残さないよう、こうした業者は見積書や契約書などの書面を渡してくれないケースも多いので、怪しい業者が訪ねてきても相手にしないようにしましょう。


09:48
2017年12月06日(水)
【これまで金の買取を利用したことがない場合、】
これまで金の買取を利用したことがない場合、お店選びで迷うというのはよく聞く話です。


少しでも高値を付けてくれるお店を選びたいというのは誰だって考えることですよね。


売却するお店を決める時に役立つのは、口コミやレビューなどでの評価です。


ネットレビューで高評価のところは、ちゃんとした買取をしてお客さんを満足させているのが容易に見て取れます。


お手持ちの金製品を売却したい方は、お客さんの方から店に直接品物を持って行くケースが最も多いようです。


目利きに長けた専門家がその場で鑑定を行い、適切な価格で買い取ってくれるので、不安要素はありません。


利用者のために、成約の前にしっかりと説明を設けているお店も少なくないですから、お客さんとしても、ちゃんと納得する形で売却できます。


安心して利用できますね。


初めて金買取を利用する方に押さえてほしいポイントは、悪質な店に騙されないよう、お店選びに慎重になることです。


買取額の高さなど、表面的な部分だけではなく、詐欺などではなく本当に信頼できる商売をしているのかを厳しくチェックしてください。


ネットのレビューで評価が低い店などはどんなに広告の文句が良くても、利用してはいけません。


中には高価買取を謳う広告もありますが、そういう店ほど高額な手数料を取るケースがあるので、見積後、成約の前に必ず確かめてください。


ここ数年、金の市場価値が高騰していると聞いたので、専門店で買い取ってもらったという時、原則としては、確定申告をしておかなければ後々面倒なことになります。


金の売却によって生じた利益(売却額から購入時の価格や雑費を引いたもの)は基本的に譲渡所得となり、給与所得などと合わせて総合課税の対象になりますが、地金(インゴットなど)の場合、50万円の特別控除が受けられます。


本当はもう少し複雑なのですが、ざっくり言って、利益が50万円未満なら課税はありません。


あなたが一般的なサラリーマンで、譲渡所得20万円以内なら、基本的に確定申告をする必要もないのです。


金の相場が上がっている近頃、金の買取サービスを利用する人は増えており、市場の拡大に合わせて、金買取に参入する業者が増えてきました。


中には全国に展開しているようなところもあります。


自宅の近くなど、行動範囲内にお店ができると便利ですし、同業他社に負けじと買取額を上げてくるなど、全体的に店のレベルの底上げが見込めるでしょう。


店員の接客の質までも上がる可能性があります。


利用客の立場からすれば、プラスの影響が大きいといえます。


09:48
2017年12月05日(火)
【金の買取を利用するとしても、善は急げとばかりに、】
金の買取を利用するとしても、善は急げとばかりに、すぐに買取に持ち込むのはあまり賢いやり方とはいえません。


あまり意識されないことですが、金やプラチナといった貴金属は、市場での価格がコロコロと変わるためです。


なので、毎日変動する金相場を気をつけて見ておいて、高くなったタイミングを見計らって売却することこそが、買取で得をするカギとなります。


日本経済にも大幅な景気後退をもたらしたリーマンショック以降、今日に至るまでで、決して急速というわけではないですが、市場における金の買取価格が上がりつつあります。


また世界の金融を巡る動きとしては最近、EU加盟国であるギリシャの経済危機により、預金の引き出しにストップが掛けられました。


こうした事態もまた、市場での金の価格が上がる切っ掛けとなったと推測されます。


初めて金買取を利用する方が必ず気にされることといえば、その金製品は現実にどれだけの金額を付けてもらえるのか見込額を知ることだと思います。


製品の価値はモノによって異なりますが、金自体の価格の計算法を知っておけば目安になります。


ドル建ての国際価格を、金の重量単位として使われる1トロイオンス(日本では31グラムほど)で割り、さらにドルと円の為替レートを掛けます。


すると、日本国内の金価格が算出できます。


買取で損しないためにも、こうした計算法や相場を知っておいて、お店の買取提示額が適切かどうか注意深く判断してください。


貴金属はどうやって保管すればいいのでしょうか。


あまり量が多くなければ自宅に保管することになるでしょうが、いくらか厳重な金庫を持っておけば、さらに安全ですね。


お金持ちが一定量の金塊を保有するケースなどでは、やはり自宅保管では心配なので、取引のある銀行で貸金庫を借りている例も多いですし、金を購入した業者で厳重に保管するサービスを利用していることも多いようです。


それでも、どうしても不安なら、金の形で資産を保全することにこだわらず、専門業者の買取に出してしまうのも解決法としてアリでしょうね。


もう身に着けなくなり、自宅で眠っている貴金属製のアクセサリーなどをお持ちの方も少なくないと思います。


そうした品物をお持ちの方は、専門のお店で売却することをオススメします。


貴金属の買取を受け付けているショップもここ十年ほどで急激に増えてきたので、手持ちの金製品がいくらになるか鑑定に持ち込んでみるのをオススメします。


09:30
2017年12月04日(月)
【先日、祖母が鬼籍に入り、色々あった末に遺品の】
先日、祖母が鬼籍に入り、色々あった末に遺品の指輪などを私が受け取ることになったのですが、金製といっても、時代が行っているので値段は付かないと思っていました。


金買取のお店で買取してくれるとのことで、初めてなので不安も大きかったですが、金買取は怖くないと知人から聞いていたので、利用してみることにしました。


査定してくれた方は、目利きのプロといった風情で、店も明るい感じで緊張しませんでした。


肝心の金額も予想以上のもので、今後も機会があれば利用してみたいと思いました。


最近は、ネットを通じ、郵送で金を買取してもらえるサービスも増えてきました。


メールで写真を送ると、買取額の目安を教えてくれる店舗も見られます。


直接お店に行かない形式の買取でも、買い取ってもらう品物と合わせて、身分証のコピーを送ります。


買取で少しでも得をしようと思えば、念入りに業者を探さなければなりません。


鑑定料や、買取時にかかる手数料が一切ない店も少なくないため、店舗選びの際の参考にできます。


貴金属はどうやって保管すればいいのでしょうか。


あまり量が多くなければ自宅に保管することになるでしょうが、書斎に金庫を置いておくくらいの安心感は欲しいですよね。


アクセサリー程度ならともかく、大量の金を保有しておくなら、自宅に置いておくと盗みに入られる不安もあるので、安心という点では申し分ない、銀行の金庫に保管することが多いですし、最近では金を買った会社に有料で保管を依頼することもできます。


しかし、どこまでいっても不安だという人は、金で財産を保有することを諦め、現金にしてしまうのも解決法としてアリでしょうね。


金買取をめぐる詐欺や類似の事件が多発しています。


買取業者が自宅を訪問し、使っていない金製品を買い取りますなどと言い、二束三文で買い叩いていく、悪質な訪問購入の事案がここ数年で急増しています。


まるで持ち主に利益があるかのようなことを言い、売却を渋る場合には、しつこく粘ったり、強引な態度で無理やり買い叩くなど当たり前です。


当然、こういうことをする業者はまともな商売人ではなく、見積書や契約書などの書面を渡してくれないケースも多いので、取り合わず追い帰すか、警察を呼んだ方がいいでしょう。


ずっと前から使わなくなってしまった金製の指輪や腕時計などがあるのならば、金・プラチナ買取系のお店に持って行くのもいいですね。


しかし、どこの店舗に持っていくかによって売却金額は変わりますから、ランキングやレビューなど、ネットで見られる情報を調べた上で、慎重に店を選びましょう。


特に、売りたいものが多い場合、買取総額はかなり変わってきますから、よほど慎重に店舗を比較検討する必要があります。


07:36
2017年12月03日(日)
【金買取を利用してみたいと思っても、金買取を受け付け】
金買取を利用してみたいと思っても、金買取を受け付けている店舗が近場にないという場合は、ネットを通じた郵送買取を利用してみましょう。


まずは住所・氏名などを書いてフォームで送信することで、郵送用の梱包パックが手元に送られてきます。


その後、それに売却したい金製品を入れて返送するだけでOKです。


しばらくして、買取価格がメールなどで知らされるので、その額が納得いくものであれば、承諾の返事をすると、銀行口座への振込で買取代金を受け取れます。


日本経済にも大幅な景気後退をもたらしたリーマンショック以降、今日に至るまでで、やや遅めのペースながら、買取市場では金の買取価格が上昇に転じているようです。


近頃はそれに加えて、EU加盟国であるギリシャの経済危機により、銀行預金の引き出しが無期限で封鎖されました。


こうした事態もまた、金製品の買取価格が上がる要因となったと推測されます。


金の相場が上がっている近頃、手持ちの金を売却したい人が増えているので、市場の拡大に合わせて、色々な会社が金やプラチナの買取ショップを出店するようになりました。


フランチャイズでチェーン展開する例もあるようです。


そういう店舗がどこにでもあるのは便利なことでしょうし、価格競争になることで、買取金額が全体的に高くなったり、全体的に店のレベルの底上げが見込めるでしょう。


お店の人も、よりお客さんに優しくなるかもしれないですね。


われわれ利用者の側としては、嬉しいことだらけですよね。


金の買取は、古物の取引になるので、お客さんの身分証の提示が必須になっています。


買取を依頼する際には、お店で直接買取する場合のみならず、最近ネットでよくある、郵送後に買取代金を振り込んでもらうような形式でも、やはり本人確認は必要です。


買取手続を進める前に、免許証や保険証などで身分確認を行うことが法律で義務付けられています。


商品を郵送で送って買い取ってもらう場合は、免許証などをコピーして同封することによって店はお客さんの身分確認を行います。


消費増税が思わぬ儲けのチャンスだと知っていましたか? 金を買う時には、もちろん消費税も課されるのですが、ここからがポイント。


金を買取に出す際には、なんと消費税分が買取価格に上乗せして受け取れるのです。


つまりどうなるか?消費税が低い内に金を購入しておくと、その後の売却によって、消費税の増税分を得できることになります。


消費増税サマサマじゃありませんか。


ちなみに、日本の8%という消費税率は国際的にはまだまだ安い方なので、国内で買った金をヨーロッパなどの消費税が高い国に持ち込んで売るなどの方法も考えられます。


07:24
2017年12月02日(土)
【金製の指輪やネックレスなどは、自宅】
金製の指輪やネックレスなどは、自宅のタンスの奥などに仕舞い込んではあっても、ずっと使い続けるのが嫌でさっぱり身に着けなくなってしまったものもあるでしょう。


家にそういうものがあれば、買取ショップを利用してみてはどうでしょうか。


しかし、偽物はもちろん買い取ってもらえません。


本物だと信じて持っていても、実は偽物だったというケースがあります。


そのようなケースでは、運が悪かったと思って諦めることです。


今の金相場はグラム5000円くらいでしょうか。


その価格は純金の状態で取引するときの話ですから、一例として、18金(純度75%)ならば、5000円×75%なので3500円くらいでしょうか。


ですから、現実の買取では、それだけで200万円を超えるような量というと550から600グラムくらいでしょう。


ちなみに、かつて流行した喜平ネックレスが、重いもので1本100グラム程度です。


10金のアクセサリーをお持ちの方もいるかもしれませんが、10金になると市場価格は1グラム2000円ほどでしかありません。


買取額が200万円を超えるためには1キロほども必要です。


ちょっと現実的ではないですね。


金の買取において、少しでも高値を付けてもらうことを目指すなら、手数料、鑑定料などの費用が安価か無料になっているところを選択するのが何よりの基本になります。


それに、現状の金の価格相場がどうなっているか常に把握するのも重要でしょう。


持ち込む量が多いほど査定額も高くなるものなので、ごく少量、例えば10グラム程の買取なら、相場であまり差は出ません。


WEB上には、高額での金買取を掲げた広告がたくさんありますが、そういう業者に手を出すと無用なトラブルに巻き込まれることが多いので、その手の広告を出している店はなるべく避けるのがいいでしょう。


よほど大量の取引をしていない限り、金を専門店に売却しても税金はかかりません。


もちろん、買取業者の方では、膨大な量の商品を日々売ったり買ったりしているので、所得額の申告を行い、納税しています。


一方、個人の取引でそこまでの額になることはほぼありません。


なので一旦は安心なのですが、税法が変わることも無いわけではないので、お店の人に確認してみるのが得策ですね。


ずっと前から使わなくなってしまった貴金属があれば、売却して臨時収入を得るのもいいと思います。


ただし、同じ量の金でも店によって基準額や、鑑定料・手数料などが違うので、ネット上のランキングや口コミなどをよく調べてなるべく高値になりそうな店を選ぶべきです。


特に、売りたいものが多い場合、店の違いによって金額も大違いになりますから、それだけお店の選択が重要になるのです。


07:24

次n→ 






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++