金買取の知識


[記事を書く]
[月別]
[更新アラート]
2019年12月08日(日)
【金買取の業者って電話でも営業して】
金買取の業者って電話でも営業してるんですね。


この前そういう電話がかかってきました。


営業の電話は普段から色々かかってきますが、商品を売りに来るんじゃなくて買い取るというのは初めて聞いたので、まずは話を聴いてみることにしたのです。


そうすると、貴金属製品で処分を検討している品物があれば高額買取で引き取ってくれるということなのです。


それなら色々あったなあと思って、利用してみてもいいかなと思いました。


昨今、街には金買取のショップが溢れていますが、その中では手数料や「目減り」などを取る店もあります。


金の溶解時に目減りする分を差し引いてくる店もあります。


これらの費用を設定している店で買取してもらうと、色々な名目で買取額が減額されて、実際に受け取る金額が結局、低額になってしまいます。


なんだか損した気分になりますね。


特に初めての方は、利用する店舗を決める際に、どういう費用が発生するかは事前に確認しておくことです。


金の買取を利用する上で、気にすることは、一にお店選び、二にも三にもお店選びです。


買取額だけに注目するのではなく、周りの口コミやレビューなどから、その店の信頼性を入念に考えないといけません。


昨今はネットで調べればすぐ情報が出てくるので、悪いことを書かれている店は利用しないほうがいいでしょう。


買取金額だけが高くても油断はできません。


それで客を釣っておいて、いざ査定の段で様々な手数料を取ろうとする店もあるので、利用する前に確認しておきたいところです。


ずっとプラチナだと思っていた指輪などを買取ショップに持って行ったら、鑑定の結果、白金(プラチナ)ではなく、白色金(ホワイトゴールド)だと言われたというエピソードはよく聞きます。


実はホワイトゴールドだったということなら、プラチナと比べると大幅に価格は下がります。


プラチナはあまりに高価で、一昔前は金の3倍ほどしたくらいですから、その代替品としてホワイトゴールドが出回るようになったのです。


ホワイトゴールドは金とニッケル系やパラジウム系の合金で、「K18WG」などの刻印があれば金が半分以上含まれているホワイトゴールドです。


プラチナより価値は劣るとはいえ、れっきとした金の一種なので、勿論、金買取の対象になります。


バブルの崩壊以降、現在にかけて、タンスの肥やしになっていた金製品を売りたがる人が多くなり、これを新たな商機と見て、金買取に参入する業者が増えてきました。


景気良く何店舗も出している業者もあります。


自宅の近くなど、行動範囲内にお店ができると便利ですし、他の店との競争になることで買取価格が上がるなど、全体的に店のレベルの底上げが見込めるでしょう。


お店の人も、よりお客さんに優しくなるかもしれないですね。


買取ショップの利用を考えている人にとっては、歓迎すべきことだと思います。


19:30
2019年12月07日(土)
【金持ちは全ての資産を現金で持っておくなど】
金持ちは全ての資産を現金で持っておくなどしないものです。


定番といえば、金(ゴールド)の形で資産を保全するというやり方です。


この方法を採用するなら、まず考えることは、金をどこで買うかということですね。


金の購入をご検討されている方は、金相場に基づくその日の販売価格、買取価格を表に出している、実績・信頼のしっかりしたお店を選択するようにしましょう。


それならば、金の価格が高騰して、いざ手放したいとなった時にも贋物の心配などと無縁で済みます。


最近メジャーになっているのが、貴金属を簡単なやりとりで買取してくれる、宅配買取というものです。


この形態は、売却したい品物を専用のパックに入れ、郵送などでお店に送付し、鑑定・査定をしてもらうというもので、買取金額の連絡が来たら、承諾の返事をし、取引成立になります。


もちろん金額に納得できなければキャンセルできます。


店頭での買取はそんなに夜遅くまで空いていませんが、郵送買取なら時間や地域の制約を受けることもなく、地方にお住まいの方や、お店に商品を持って行くのが億劫だという方を対象としたサービスといえるでしょう。


手持ちの金製品を買取に出すとしても、良い買取店を見極める方法で慣れていないと悩む人が多いみたいですね。


どうせ手放すのなら、少しでも高い金額で買い取ってもらいたいのは誰でも同じだと思います。


では、どんな基準で選べばいいのか。


ポイントは、ネットで見られる、お客さんからのレビューや口コミです。


多くのお客さんから高く評価されているお店なら、それだけ買取に満足だったケースが多いことを示しており、参考になります。


ともに高級品として知られる金とプラチナですが、どちらが高価かはあまり知られていないのではないでしょうか。


基本的には、プラチナの方が金より高価とされています。


昔は特にそうでした。


要因としては、金と比べても圧倒的に少ない産出量の影響があります。


プラチナは年間約200トンほどしか産出されません。


金とプラチナは、いずれも安定した分子構造を持ち決して経年劣化がないので、有史以前から世界中で高い価値を認められてきましたが、全世界の埋蔵量が非常に少なく、人工的にも作り出せないという希少性が、その価値を担保しているのです。


リーマンショックやギリシャの経済危機の影響を受け、金の価格が高騰していると聞いたので、買取に出す場合も多いでしょう。


金を売却した際には、例外も多いですが、基本的には確定申告をしておかなければ後々面倒なことになります。


購入時の価格以上で売れた場合など、売却によって生じた利益は、給与取得者であれば原則的には譲渡所得として扱われますが、この内50万円までは特別控除、つまり税金を払わなくていい部分になります。


色々と複雑な計算はありますが、要約すると、50万円以下の譲渡所得であれば全額控除が可能なので、金売却に税金はかかりません。


17:54
2019年12月06日(金)
【リーマンショック以降、手持ちの金を売却した】
リーマンショック以降、手持ちの金を売却したい人が増えているので、その需要に応じて、街には金・プラチナ買取系の店が乱立するようになりました。


景気良く何店舗も出している業者もあります。


自宅の近くなど、行動範囲内にお店ができると便利ですし、他の店との競争になることで買取価格が上がるなど、全体的に店のレベルの底上げが見込めるでしょう。


お店の人も、よりお客さんに優しくなるかもしれないですね。


買取をお願いするお客さんには、望んでいたシチュエーションといえるでしょう。


金買取業者の中には、ネットでの申し込みを受け付けているところがあります。


サイト上で大体の買取価格を載せている店舗も見られます。


郵送などで買い取ってもらう場合も、店頭の場合と同様、商品と一緒に、免許証などの写しを送ることになります。


買取で少しでも得をしようと思えば、念入りに業者を探さなければなりません。


買取額が高くても手数料を引かれてしまう場合もありますが、手数料が引かれないところも多いですから、そうした情報も参考にして、売却するお店を選ぶといいです。


お手持ちの金製品を売却したい方は、お客さんの方から店に直接品物を持って行くケースが最も多いようです。


お店に常駐している目利きのプロが商品を鑑定し、適切な価格で買い取ってくれるので、詐欺やトラブルとは無縁だといえます。


お客さんが不安にならないよう、金額の説明などをしっかり行っているショップも増えてきましたので、金額をうやむやにされることもなく、しっかり納得して売却できます。


安心して利用できますね。


少し前の話ですが、タンスの奥に仕舞い込んでいた金製品を買取に出しました。


金買取はそれまで利用したことがなく、買取してもらうお店をすぐには決められず、色々なホームページをネットで見て調べてみました。


そうすると、御徒町の専門店街が信用できるとの情報がありました。


貴金属買取の専門店が所狭しと並んでいる一帯があるということなので、その内の一店舗を利用することにしました。


店員さんの対応も丁寧だったし、買取金額も高かったので、上機嫌で帰りました。


最近は未成年が高額な品物を身に付けていることも多いですが、金買取のお店ではトラブルを避けるため、年齢制限が設けられている場合が多いです。


そのため、未成年の人は買取を利用できないケースが大半だと思われます。


もっとも、沢山あるお店の中には、成人していなくても、18歳から利用できる場合もあります。


しかし、未成年者単独でお店に行く場合、保護者の同意書が必要になります。


また、18歳以上で親の同意書がある場合でも、本人が高校生であれば買取はできないのが普通です。


16:00
2019年12月05日(木)
【買取ショップに金を持ち込む時、一番大事なことといえ】
買取ショップに金を持ち込む時、一番大事なことといえば、自分の手元の金製品は、一体いくらの値段を付けてもらえるのか見込額を知ることだと思います。


目安として、日本における金価格の算出法を知っておきましょう。


日々変動する金の国際価格に対し、まずそれを金の重量単位である1トロイオンスで割り、ドル円レートを掛けると、国内金価格が算出できるのです。


こうした基本的な計算法を活用し、買取店の提示している価格が妥当なものか判断できるようになっておくといいでしょう。


派手に遊んでいる子は未成年でも貴金属を当たり前に持っていたりしますが、金買取の店舗ではトラブルを避けるため、年齢制限を定めているとところが大半でしょう。


したがって、中高生など未成年は買取してもらえないというのが原則です。


ごくまれに、18歳以上なら買取を受け付けてくれるところもありますが、その場合は親権者の署名捺印が必要なので面倒です。


しかし、たとえ親の同意があっても、職業を確認され、高校生なら買取は不可というのが一般的です。


久しく会っていなかった祖母が先日亡くなり、金の指輪を遺産として相続しましたが、金製といっても、時代が行っているので値段は付かないと思っていました。


金買取のお店で買取してくれるとのことで、どういうものか分からないので何となく不安だったのですが、全国展開しているちゃんとしたお店のようなので、利用を決めました。


査定してくれた方は、目利きのプロといった風情で、終始良い雰囲気でした。


肝心の金額も予想以上のもので、結果的には正解でした。


金やプラチナ製のアクセサリーは、家にずっと眠ってはいるけど、ずっと使い続けるのが嫌で処分を検討している人もいるでしょう。


自宅にそうした商品を眠らせている方は、買取店に持ち込み、現金化するのもありでしょう。


とはいえ、もちろん本物でないと買い取ってもらえません。


金やプラチナのように見えても、精巧に作られた偽物かもしれません。


鑑定士にそのように言われたら、泣き寝入りするしかないですね。


金買取といっても様々な形式があります。


今、少しずつ流行り出しているのは、郵送買取と呼ばれる、貴金属を送って買取査定をしてくれるサービスなのです。


その中身を説明すると、まず買取対象の品物を専用の梱包パックでお店に送り、お店での買取と同様、買取金額を査定してもらいます。


お店からメールや電話で査定額の連絡を受け、承諾の返事をし、取引成立になります。


もちろん金額に納得できなければキャンセルできます。


普通はお店が空いている時間に行く必要がありますが、これなら時間や地域の制約を受けることもなく、店に行く時間がなかなか取れない人には嬉しいですね。


14:48
2019年12月04日(水)
【一口に投資といっても対象は色々あります。中で】
一口に投資といっても対象は色々あります。


中でもゴールド(金)は代表的なものでしょう。


何と言っても金は値崩れしにくいのです。


高低の激しい株式や外貨取引と異なり、金は価値がほとんど変わらないのです。


高級品として世界中で認知されているのも、金の値崩れが少ない理由なのです。


しかし、大きな情勢の変化があれば金の相場も変動することがあるので、実際に買取に持ち込むなら、事前に新聞やネットで相場の上がり下がりを確認することをオススメします。


2008年のリーマンショック以降、今までの間に、ゆっくりとではありますが、金を買取に出す際の買取価格が高くなってきました。


また世界の金融を巡る動きとしては最近、ギリシャでは経済危機の深刻化に伴い、銀行預金の引き出しが無期限で封鎖されました。


リーマンショックに続き、この経済破綻も市場での金の価格が上がる切っ掛けの一つになったとみられています。


金の買取は、古物の取引になるので、お客さんの身分証の提示が必須になっています。


店舗で直接買取してもらう場合は勿論として、郵送買取など、直接店に行かないケースも必ず身分証の提示が必要です。


買取の際には、免許証など公に認められた身分証明証を店に提示し、個人情報を控えさせることになります。


対面でない場合、商品を発送する際に荷物に同梱する形で身分証のコピーを送ることによって店はお客さんの身分確認を行います。


不況の影響か、金買取の相場が次第に上がってきているので、買取に出す場合も多いでしょう。


金を売却した際には、自営業の方は勿論、サラリーマンの方でも場合によってはこれを譲渡所得として、確定申告を行わなければなりません。


売却の利益、つまり買取価格から購入時の価格や諸費用を引いた額は、事業でなければ「譲渡所得」として計上されますが、インゴットなどの地金の売却であれば、50万円までは控除されて非課税になります。


売却した金を取得した時期によっても計算式は異なりますが、概ね50万円以下の利益なら税金はかかりません。


また、年収2000万以下のサラリーマンでその他の所得も20万円以内なら、確定申告も必要ありません。


もう何年も使っていない指輪やイヤリング、ネックレスなどの貴金属は案外多いのではないでしょうか。


タダで手放すのは惜しいという場合には、専門のお店で売却することも有力な選択肢ですね。


金・プラチナの高額買取をウリにした店も街に溢れていますから、高値が付くかどうか簡単に査定してもらってもいいかもしれません。


13:42
2019年12月03日(火)
【日本経済にも大幅な景気後退をもたらしたリーマンシ】
日本経済にも大幅な景気後退をもたらしたリーマンショック以降、今日に至るまでで、徐々にですが、金を買取に出す際の買取価格が高くなってきました。


加えて、ここ最近、経済破綻を起こしたギリシャの国内において、預金の引き出し制限も発動されました。


こうした事態もまた、買取市場における金の価格が上昇する要因だったと考えられます。


金製の指輪やネックレスなどは、かつては気に入って使っていても、時代遅れのデザインだったりしてもうずっと取り出してもいないという場合もあると思います。


そのような金やプラチナ製品をお持ちの場合、金買取のお店で売ってしまうのも正解でしょうね。


ただ、それが本物の金やプラチナかどうかは気をつけないといけません。


本物と言われて買っても、プロが見ると偽物の可能性もあります。


買取店でそう言われてしまったときは、泣き寝入りするしかないですね。


金の買取を掲げている店舗では、装飾品以外にも、様々な商品が買取の対象になっています。


金製品を買い取るなどと言われると、何百万円もする高級品を思い浮かべる場合がほとんどかもしれませんが、高級品だけが金買取の対象ではありません。


金歯などは典型的な例でしょう。


金製のメガネフレームや、使わなくなった金歯などだって値段をつけてもらえるのです。


昨今、街には金買取のショップが溢れていますが、その中では鑑定にかかる鑑定料や、買取時の店の取り分である買取手数料を買取時の金額から差し引いてくるお店も少なくないようです。


こうした費用を有料にしている店舗では、当然、そのぶん本当に自分が受け取れる額は随分減らされてしまうのです。


こうなると売らない方がよかったかも?と思ってしまいます。


皆さんも、利用するお店を選ぶときには、この点を確認しておくことをお勧めします。


金製品の買取で出来る限り高値を付けてもらうためには、手数料、鑑定料などの費用が安価か無料になっているところを当たるというのが基本ですね。


また、金の価格は日々変動するものなので、常に相場をチェックしておくという努力も欠かせません。


一度にたくさん売った方が、1グラムあたりの買取額も高めになるので、全部で10グラム程しかないのであれば、相場を気にしたところであまり意味はありません。


「相場より高く買い取ります」などの広告もネットでは見かけますが、相場より高く買い取るなどといった広告はほぼ詐欺か悪質業者ですので、鵜呑みにしないことが大事です。


13:00
2019年12月02日(月)
【リーマンショックやギリシャの経済危機の】
リーマンショックやギリシャの経済危機の影響を受け、金の価格が次第に上がってきているので、金買取を利用して小金を得る方もいるでしょう。


金を売ったら、年間20万円以上の利益が出ている場合などは、これを譲渡所得として、確定申告を行わなければなりません。


購入時の価格以上で売れた場合など、売却によって生じた利益は、通常は譲渡所得として総合課税に含まれるのですが、この内50万円までは特別控除、つまり税金を払わなくていい部分になります。


売却した金を取得した時期によっても計算式は異なりますが、概ね50万円以下の利益なら全額控除が可能なので、金売却に税金はかかりません。


自分で買ったり人からプレゼントしてもらったりしたけど、もう全然使っていない、さりとて捨てるのも憚られるという貴金属類をずっと死蔵していても一円の得にもなりません。


使わない貴金属の処分に困ったときは、専門のお店に持っていけば買い取ってくれます。


一例として金の買取の場合を考えてみます。


最も純度の高い24金(純金)の流通相場が4800円(1グラムあたり)ですから、買取相場は一般的にその価格より若干安くなるとはいえ、二束三文で買い叩かれるのではないかと思っているなら、その予想を覆す高い金額で手放すことができるでしょう。


ずっとプラチナだと思っていた指輪などを買取ショップに持って行ったら、鑑定の結果、白金(プラチナ)ではなく、白色金(ホワイトゴールド)だと言われたといった経験をお持ちの方もいるのではないでしょうか。


実はホワイトゴールドだったということなら、プラチナと比べると大幅に価格は下がります。


プラチナはあまりに高価で、一昔前は金の3倍ほどしたくらいですから、代わりに使われるようになったものです。


日本でも昭和50年代までは代替品の認識でした。


アクセサリーのどこかに「K18WG」や「K14WG」といった表記が刻まれていれば、ホワイトゴールドです。


ちなみにプラチナなら「Pt」などの刻印になります。


なんだか安っぽいように思えるかもしれませんが、これだって金の一種ですから、それなりの値段で買い取ってもらえるのは確かです。


初めての金買取。


どこのお店に持ち込めばいいのか最初は迷うものですよね。


折角売るなら、高値をつけてほしいというのは当然ですよね。


いいお店を選ぶ時の要点は、口コミやレビューなどでの評価です。


多くの人が良かったと言っているお店は、トラブルと無縁のちゃんとした店であると見ていいでしょう。


初心者の方でも当てにできる指標になりますね。


リーマンショックやギリシャの経済危機に伴って高騰している金相場。


今は1グラム5000円ほどです。


純金でなければ当然それより安い額になります。


アクセサリーによく使われる18金の場合、純度は75%なので、純金の75%の価格、つまり約3500円です。


ですから、現実の買取では、それだけで200万円になるような18金は、重さで言えば550から600グラムくらいでしょう。


ちなみに、かつて流行した喜平ネックレスが、重いもので1本100グラム程度です。


18金より安い10金のジュエリーも最近は増えてきましたが、10金までいくと純度は半分以下の41%程度。


1グラムあたりの価格は2000円ほどです。


ネックレスなら10本から20本ほど、合計1キロも集めなければ200万円に達しないのです。


12:48
2019年12月01日(日)
【近年、一般的になってきた金買取】
近年、一般的になってきた金買取。


しかしその利用において注意すべきは、一にお店選び、二にも三にもお店選びです。


広告に出ている買取額以上に、怪しげな店ではないか、本当に信用していいのかをよく調べてから利用しましょう。


少しでも怪しげな点がある店はトラブルに遭う前に避けて通ることです。


買取価格は高い方がいいと思うかもしれませんが、鑑定料や手数料と称してお金を取る店もあるので、事前に入念に確認することが大事です。


金を買取に出そうと考えたとき、多くの方が思い浮かべるのは、金買取の専門店や、質屋などだと思います。


そうは言っても、一見さんお断りのような雰囲気があったり、裏から怖いお兄さんが出てくるのではないか、などと思っている人が少なくないと思われます。


そんな方でも安心して利用できるのが、デパートの金買取ですね。


常設のお店がなくても、期間限定の催しとして行っている場合も少なくありません。


デパートなら変なトラブルは無いだろうという安心感から、初めての方でも利用しやすいでしょう。


長いこと自宅に眠っている金製のネックレスが買取店でいくらの値段を付けてもらえるか気になるなら、刻印を見てみるのがいいと思います。


市場において金の純度を証明するため、金のグレードを証明する「K24」などの文字が刻印されていることが多いです。


K24が純金で、数字が小さくなるほどに純度が低くなります。


金の純度は伝統的に24分率で表されており、K24なら純金だという意味です。


もちろん、この純度が何%であるかによってその金製品の買取価格も違ってくるということになります。


誰でも気軽に利用できる金買取ですが、重要なのは、実際幾らくらいの金額で買い取ってくれるのかを事前に知っておくことでしょう。


製品の価値はモノによって異なりますが、金自体の価格の計算法を知っておけば目安になります。


その時点での金の国際価格を、1トロイオンス(およそ31グラム)で割って、ドル円レートを掛ける。


これによって日本国内の金価格が計算できます。


買取で損しないためにも、こうした計算法や相場を知っておいて、適正価格での買取が行われているのか判断できるようになっておくといいでしょう。


金買取業者の多くは法律を守って適正に買取を行っていますが、中には悪質な詐欺の事例も存在しています。


悪質な詐欺のケースは、訪問型の買取に多いと言われています。


主婦やお年寄りを狙って家を訪問し、しつこく金製品の買取を勧めてくるという事例です。


こうした訪問購入は近年問題視され、法規制もされていますが、ほとんど二束三文の値段で換金させられたり、後から売却のキャンセルを申し入れても応じなかったりと非常に悪質です。


少しでも話を聴く余地を与えてしまうと強引に押し切られるので、しっかりと拒絶し、自分の財産は自分で守りましょう。


12:24
2019年11月30日(土)
【数万円程度の買取額を得た程度なら、金買取による利益に】
数万円程度の買取額を得た程度なら、金買取による利益に税金がかかることは無いと考えていいでしょう。


金買取を行っている業者のほうは、売買で動くお金も莫大ですから、事業所得として金額を申告し、何重もの税金を支払っていることでしょう。


一方、個人の取引でそこまでの額になることはほぼありません。


ですから気にする必要はないのですが、法律の変更などもありますから、お店の人に確認してみることで不安を払拭しておきましょう。


金のアクセサリーを買取に出そうという際に、多くの方が思い浮かべるのは、金買取の専門店や、質屋などだと思います。


しかし、そういう店はなんとなくコワイという人や、詐欺やトラブルが有り得るのではないかと感じてしまう方が少なくないと思われます。


そんな人もご安心下さい。


デパートで買取を実施する場合があるのです。


催事場で限定出店のこともあれば、専門の店が入っていることもあります。


やはり小さなお店よりもデパートの方が信用があり、一見さんでも利用しやすいので人気なのでしょう。


最近はブランド物を持っている子供も多いですが、18歳未満は古物営業法や青少年健全育成条例に基づき、単独で買取サービスを利用することができません。


青少年が犯罪被害に巻き込まれることを防ぐためにも、店が独自に制限を課している場合があり、成年に達するまでは買取を断られることが多いようです。


未成年が利用できる場合もありますが、そこにも制限があり、保護者が署名捺印した同意書が必要な場合がほとんどでしょう。


この中には初めて金買取を利用する方も多いと思います。


まず重要なことは、売却先としてどんなお店を選ぶかということです。


価格の多寡もさることながら、お店での手続きが簡単かどうか、あるいは郵送買取の場合の振込タイミングなどの諸条件、しかし、色々ある中で最も大事な条件というと、詐欺まがいの業者に引っかからないように、その店の実績や評判を確認しておくことです。


信頼のおける情報といえば、利用者から寄せられた口コミやレビューでしょう。


レビューで高得点を得ている業者を選びたいものですね。


金の相場が上がっている近頃は、不要になった金製品やプラチナ製品をお売り下さいという内容の店舗が急激に増えているようで、よく広告を目にしますね。


WEB上でも、自分の地域プラス「金買取」などで検索したら、高価買取を謳う宣伝のページがたくさんヒットします。


いくらかでも現金になるのなら、沢山あるお店の中のどこに持って行っても同じと感じるかもしれませんが、相場の上下によって買取額が大きく変わるのが金買取というものですから、高く買取してもらうためには相場のチェックは欠かせません。


11:48
2019年11月29日(金)
【ずっと前から使わなくなってしまった金製の指輪や腕時】
ずっと前から使わなくなってしまった金製の指輪や腕時計などがあるのならば、売却して臨時収入を得るのもいいと思います。


しかし、どこの店舗に持っていくかによって価格は変わるので、ネット上のランキングや口コミなどをよく調べて好条件の買取をしている店舗に売るのが得策です。


特に、売りたいものが多い場合、店の違いによって金額も大違いになりますから、よほど慎重に店舗を比較検討する必要があります。


資産を現金の形で銀行に預けておくのに加えて、ある程度の資産がある人がよく行っているのは、値崩れなどの可能性が低い金の形で持っておく方法です。


しかし気になる点もあります。


それは、金を売っている場所や、その購入手段です。


金を買ってみるのも悪くないなとお思いの方は、金相場に基づくその日の販売価格、買取価格を表に出している、実績のしっかりしたお店で購入するようにしてください。


そうしておくと、今度は買った金を売却で手放す際も、本物だという信頼があるので大丈夫です。


金やプラチナ製のアクセサリーは、かつては気に入って使っていても、今では飽きてしまったなどの理由でもうずっと取り出してもいないという場合もあると思います。


そうしたアイテムをお持ちの方は、お近くの金買取店で売却することもできます。


しかし、偽物はもちろん買い取ってもらえません。


自分は本物だと思っていたのに、鑑定してもらうと贋物だった事例もあるのです。


買取に行ってそういうことになったら、買ったときに騙されていたのだと諦めるしかありません。


残念ながら金買取には悪質なケースもあります。


業者が家を訪れ、使っていない金製品を買い取りますなどと言い、二束三文で買い叩いていく、訪問購入と言われるスタイルで被害に遭ったという方がここ数年で急増しています。


お年寄りや主婦など、与しやすそうな相手を狙って訪問し、こちらが申し出に応じなければ、態度を豹変させ、無理やり買取を進めるという場合が多いようです。


当然、こういうことをする業者はまともな商売人ではなく、普通のお店なら出してくれる契約書なども渡されないので、怪しい業者が訪ねてきても相手にしないようにしましょう。


少し前の話ですが、使わなくなった金の指輪を買い取ってもらいました。


それまでそういうお店とは縁がなかったため、どういうお店に持って行くのが一番いいのか迷って、ネットの情報に頼ることになりました。


調べた結果、御徒町のあたりに、貴金属買取の専門店が所狭しと並んでいる一帯があるということなので、その中でも特に老舗と言われるお店を選びました。


専門の鑑定士の人が丁寧に査定してくれて、買取金額も高かったので、上機嫌で帰りました。


11:48

次n→ 





w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++