金買取の知識


[記事を書く]
[月別]
[更新アラート]
2019年10月24日(木)
【少し前の話ですが、金買取のお店を利用したことがあり】
少し前の話ですが、金買取のお店を利用したことがあります。


それまでそういうお店とは縁がなかったため、どういうお店に持って行くのが一番いいのか迷って、ひとまずネットで情報を集めてみました。


そうすると、御徒町の専門店街が信用できるとの情報がありました。


老舗の金買取店が集まる一帯があって、最終的にはその中から一つのお店に絞り込みました。


専門の鑑定士の人が丁寧に査定してくれて、思った以上の値段が付いたので満足しています。


株式や外貨など、投資の対象となるものは多いですが、典型的なものが金(ゴールド)ですね。


今も昔も、金はほとんど資産価値が崩れないことで知られています。


高低の激しい株式や外貨取引と異なり、金は価値がほとんど変わらないのです。


世界中どこでも通用する価値を持っているということも、金が投資対象として魅力的である一因です。


まあ、それでも急に相場が変わることもありますので、念のため、買取を利用する前に、金の相場に大きな動きがないか確認した上で決断するのが得策でしょう。


買った頃とは好みやセンスが変わった、時代遅れになったなどで、もう全然使っていない、さりとて捨てるのも憚られるという貴金属類をそのまま眠らせておくのは得策とは言えませんね。


心当たりのある方は、専門のお店に持っていけば買い取ってくれます。


主な買取対象といえば金ですね。


24カラットの純金の場合、購入時の相場はグラム4800円くらいでしょうか。


お店の利益が引かれるので、流通相場より安い買取額になりますが、多くの人が想像しているよりは十分高い額には十分なることと思います。


ずっとプラチナだと思っていた指輪などを買取ショップに持って行ったら、実はプラチナの代替品であるホワイトゴールドだと判明したなどというケースが割と多いようです。


見た目は似ていますが、両者は全く違う金属で、価値も大きく異なります。


最近は金高騰で価値が変わらなくなったとはいえ、元々プラチナは金よりも高価でしたから、プラチナに手を出せない人は代わりにホワイトゴールドを身に付けるようになったのです。


合金であるホワイトゴールドは、一般に18金か14金なので、K18WGやK14WGなどとあればプラチナではなくホワイトゴールドだということになります。


代替品と聞くと安そうな印象ですが、金であることに変わりはないので、買取ショップでお金に変えることは勿論可能です。


金の買取を利用する上で、気にすることは、誠実で信頼できるお店を選ぶことです。


最初に目が行くのは買取金額かもしれませんが、詐欺などではなく本当に信頼できる商売をしているのかを入念に考えないといけません。


少しでも怪しげな点がある店は手を出してはいけません。


買取金額だけが高くても油断はできません。


そういう店ほど高額な手数料を取るケースがあるので、できれば見積に出す前に確かめられるといいでしょう。


07:54
2019年10月23日(水)
【よほど大量の取引をしていない限り、金買取に】
よほど大量の取引をしていない限り、金買取による利益に税金がかかることは無いと考えていいでしょう。


買取店であれば、売買で動くお金も莫大ですから、その利益に応じて多額の税金を納めていることと思います。


ですが、そこまでの金額を個人がやりとりすることはないでしょう。


なので一旦は安心なのですが、税法が変わることも無いわけではないので、買取店の人に教えてもらうか、事前に税理士さんなどに聞いて調べるといいかもしれません。


長年使っていない金やプラチナのアイテムというのは、どなたの家にも結構あるのではないでしょうか。


そのまま眠らせておくより、買取に出すことをお勧めします。


貴金属を買取してくれる店を探して、公開されている参考買取額をもとに、一番高く売れるのはどこか、比較検討するのが賢いやり方です。


買取価格の他にも、様々な手数料を取る店と取らない店があるので、情報は隅々まで目を通しましょう。


都心から離れたところにお住まいの方などは、ネットを通じた金買取も便利です。


買取額の目安がサイト上で見られたり、メールで簡単査定を受け付けているケースも多く、お客さんにとっては便利ですよね。


店頭での買取でも身分証を提示しますが、郵送で買取してもらう場合も、商品と一緒に、免許証などの写しを送ることになります。


また、なるべく高値での買取を狙うなら、色々なお店のサイトを見比べて、一番良い所を選びましょう。


買取にかかってくる様々な手数料を無料にしている店舗も増えてきましたので、なるべくそういう店を選びたいものですね。


この中には初めて金買取を利用する方も多いと思います。


まず重要なことは、売却先としてどんなお店を選ぶかということです。


判断基準はまず買取価格の高さですが、それに加えて、買取の手続が面倒でないか、郵送買取なら素早くお金を振り込んでくれるか、そして最も基本の部分としては、店の信用度や取引実績をチェックすること。


これに尽きます。


信用できる情報源は口コミ、レビューといった形で寄せられる利用者の声です。


不評の店は避け、良い評価が付いているところを選びたいものですね。


この前、身内が他界して、祖母の子である母ももうこの世にいないので、私が指輪などの遺品を相続したのですが、中にはあまり保存状態がよくないものもありました。


最近よく見かける金買取ショップに持っていけばいいと聞いて、なんとなく怪しげなイメージもあったのですが、全国展開しているちゃんとしたお店のようなので、利用を決めました。


いざ行ってみると、査定にいい加減なところもなく、素人の私にも優しい印象でした。


金額もいい意味で予想を裏切るものだったので、思い切って利用してみてよかったです。


07:30
2019年10月22日(火)
【リーマンショック以降、不要になった金製品や】
リーマンショック以降、不要になった金製品やプラチナ製品をお売り下さいという内容の広告や看板が街に溢れています。


街頭だけではなく、ネットにおいても、気になって検索してみたら、金買取のお店のページがずらずらと出てくるのです。


元々使わなくなって自宅に眠っていたアクセサリーなら、別にどこの店を選んでも大差ないと思う人もいるでしょうが、相場の上下によって買取額が大きく変わるのが金買取というものですから、常に相場の変動を見ておいて、上がった時に売るのが一番お得です。


消費税は今後も更に上がると言われていますが、ここでお得な話を一つ。


金を購入する際には、買物である以上、消費税が勿論かかりますが、ここからがポイント。


金を買取に出す際には、なんと消費税分が買取価格に上乗せして受け取れるのです。


なので、一度金を買っておけば、増税後の売却により、消費税の差額分が利益になるということになります。


さらに、日本は諸外国と比べて消費税率が低いので、日本で金を購入し、消費税率の高い国に持って行って売却することでも同じような稼ぎ方ができますが、これは高等テクニックと言えますね。


買取店にとって真贋鑑定は重要です。


時として、一般の人が買取に持ち込んだ金製品が、実は偽物だったという場合もあります。


本物の金そっくりに巧妙に偽装された金メッキ製品で、プロの鑑定士を欺こうとしてくる悪質な手口もあります。


対して、偽物を見抜く方法も色々あります。


磁石、刻印の入り方に加え、比重計があれば水に沈めた場合の重さの変動をもとに、比重を求め、金の純度を判別することが可能です。


仮に比重計で見抜けないように重さを調整された贋物であっても、昔から使われている試金石検査という方法ならば、どんなによくできた偽物でも、本物の金でないことはすぐにわかります。


金に優るとも劣らない高級品といえばプラチナですが、プラチナの指輪などを店で見てもらうと、それより価値の劣るホワイトゴールドの品だったなどの話は昔からよく聞かれます。


ホワイトゴールドも装飾品によく使われますが、プラチナとは全く異なります。


最近は金高騰で価値が変わらなくなったとはいえ、元々プラチナは金よりも高価でしたから、その代替品としてホワイトゴールドが出回るようになったのです。


ホワイトゴールドは一般に18金か14金です、K18WG、K14WGなどの刻印があれば、プラチナではなくホワイトゴールドだということになります。


プラチナと比べれば安いですが、それでも金ですから、勿論、金買取の対象になります。


金を買取に出す上で、まず大事なのは無数にある買取店の中から売る店を選ぶことです。


高い値段を付けてくれるかも大事ですが、買取までの流れや、振込ならそのタイミングなど、見るべき点は多いです。


また、何より大事なこととして、その店がちゃんとした業者かどうかを確認することは避けて通れません。


信頼のおける情報といえば、口コミ、レビューといった形で寄せられる利用者の声です。


口コミやレビューの点数が高ければ安心なので、そういう店を見極めて利用してください。


06:12
2019年10月21日(月)
【手元にある金を高値で買い取ってもら】
手元にある金を高値で買い取ってもらいたいなら、手数料や査定費用といった名目でお金を取るような業者を避け、良心的な店を選ぶ必要があります。


金の価格は日によって上下するので、最適の売却タイミングを狙うのも重要でしょう。


一度にたくさん売った方が、1グラムあたりの買取額も高めになるので、10グラム程度を手放すだけであれば、そこまでシビアに気にすることはないです。


また、高額買取を前面に出したWEB広告を最近は多く見かけるようになりましたが、その手の話は詐欺やトラブルと直結しているのがほとんどなので、鵜呑みにしないことが大事です。


買取サービスには昔から色々なものがあります。


最近人気なのは、郵送買取と呼ばれる、貴金属を送って買取査定をしてくれるサービスなのです。


このサービスは、売りたい商品を郵送や宅配便で業者に送り、鑑定・査定をしてもらうというもので、買取金額の連絡が来たら、その額で買取してもらうかを決めればいいのです。


店まで行くのが大変という人も多い店頭買取と違って、ネットの申込なら時間や場所は関係ないので、周りに買取店が無い人はもちろん、忙しくてお店に行けない人には嬉しいですね。


要らなくなった金のネックレスを買取ショップに持っていこうとしている方は、そのネックレスの裏面などをよく見てみてください。


金製品にはほぼ必ず、「K18」や「K24」などの文字が入っており、これを刻印と呼んでいます。


よく「18金」や「24金」などと言われるのがこの数値です。


金の純度は伝統的に24分率で表されており、K24なら純金だという意味です。


もちろん、この純度が何%であるかによって買取額は大きく変動してきます。


店への持ち込みではなく、業者のほうが家に来て、しつこく金を買い取ろうとしてくるケースがあり、「訪問購入」と呼ばれています。


業者の提示した買取金額がどう考えても安すぎだったり、強迫的な態度に負けて売却に合意してしまったなどと、後悔しても時既に遅し、というケースも多かったのです。


ですが、対処法もあります。


金買取の訪問購入に対しては、訪問販売と同様、クーリングオフ制度の対象になったため、売却から8日以内なら、売った品物を取り戻すことができることを知っておき、悪徳業者のゴリ押しに負けないようにしましょう。


最近、国際価格の高騰に伴って金の買取相場が上昇しているようなので、手持ちの金製品を買取に出したというケースでは、その金額や状況によりますが、確定申告が必要なケースが出てきます。


売却の利益、つまり買取価格から購入時の価格や諸費用を引いた額は税務上、譲渡所得として確定申告の対象となりますが、これが50万円以下の場合、特別控除の対象となります。


売却した金を取得した時期によっても計算式は異なりますが、概ね50万円以下の利益なら課税はありません。


あなたが一般的なサラリーマンで、譲渡所得20万円以内なら、基本的に確定申告をする必要もないのです。


06:12
2019年10月20日(日)
【金を買取に出そうと考えたとき、一般的に利用されてい】
金を買取に出そうと考えたとき、一般的に利用されているのは、「高価買取」などの看板を出している買取店などです。


ただ、そうした店には独特の雰囲気があって、一人で入るのは勇気が要るという方が少なくないと思われます。


そうした人に嬉しいのが、デパートで利用できる金買取です。


デパートの中にお店を構えている場合もあれば、催事場でやっている場合もあります。


やはり小さなお店よりもデパートの方が信用があり、初めての方でも利用しやすいでしょう。


金の指輪やネックレス、ブレスレットなど、かつて気に入っていたけど何年も使っていない貴金属製品を何もせず放っておくのはあまりに惜しい気がします。


貴金属を持て余している方は、買取を扱っている店に売りに行くのはどうでしょうか。


主な買取対象といえば金ですね。


純金(K24)なら、現在の相場は1グラムあたりおよそ4800円であり、買取となればそれより若干安くはなるものの、だとしても十分、思った以上の値段で売却できる可能性が高いです。


金に優るとも劣らない高級品といえばプラチナですが、プラチナの指輪などを店で見てもらうと、鑑定の結果、白金(プラチナ)ではなく、白色金(ホワイトゴールド)だと言われたなどというケースが割と多いようです。


見た目は似ていますが、両者は全く違う金属で、価値も大きく異なります。


プラチナはあまりに高価で、一昔前は金の3倍ほどしたくらいですから、代わりに使われるようになったものです。


日本でも昭和50年代までは代替品の認識でした。


アクセサリーのどこかに「K18WG」や「K14WG」といった表記が刻まれていれば、ホワイトゴールドです。


ちなみにプラチナなら「Pt」などの刻印になります。


ホワイトゴールドも金を含んでいますから、プラチナには価格で劣るとはいえ、それなりの値段で買い取ってもらえるのは確かです。


金買取の世界には、業者の方から個人宅を訪れて、しつこく金を買い取ろうとしてくる迷惑な形式がはびこっており、訪問購入と呼ばれています。


買取価格が通常に比べて異様に低かったり、強迫的な態度に負けて売却に合意してしまったなどと、後悔するも、泣き寝入りするしかない被害者が多くなっていました。


しかし、安心してください。


訪問購入については平成25年以降、クーリングオフ制度が適用されるようになったので、8日以内なら品物を取り戻すことができるし、なんなら8日間は品物を渡す必要すらないことを知っておいてください。


長いこと自宅に眠っている金製のネックレスが買取店でいくらの値段を付けてもらえるか気になるなら、刻印を見てみるのがいいと思います。


金製品にはほぼ必ず、「K18」や「K24」などの文字が入っており、これを刻印と呼んでいます。


このKというのは、純度を表す「カラット」の略です。


「K○」は24分の○が金という意味、つまりK18なら金は75パーセントだと思えばほぼ間違いありません。


もちろん、この純度が何%であるかによって買取額は大きく変動してきます。


04:06
2019年10月19日(土)
【昔は素人が金買取の情報を得るの】
昔は素人が金買取の情報を得るのも一苦労でしたが、最近では金の高価買取を掲げるお店も大変多くなりましたから、複数のお店の情報を見比べてみましょう。


相場の変動によっても大きく買取金額が変わるので、手放すタイミングはよく検討しなければなりません。


さらに、お店によって鑑定料や手数料のシステムも異なるので、考えなしに店を決めようものなら、他の店と比べて大幅に買取額が下がることもあります。


なお、自宅まで突然やってきて買取を申し出るような業者は、詐欺の可能性も高いので避けておきましょう。


手持ちの金製品を買い取ってもらいたい場合でも、価値が高い内に急いで売ろうというのはあまり賢いやり方とはいえません。


皆さんが思っている以上に、金というのは、とにかく市場価値が上下しやすいという性質があるからです。


そこで、毎日変動する金相場を気をつけて見ておいて、上がるところまで上がったタイミングで手放すことが重要です。


せっかくの金買取。


留意すべき点は、何より相場の変動に気を配ることでしょう。


安く手放しすぎて後から悔やまないためにも、刻一刻と変わる相場を慎重に確認し、最適のタイミングで買取に出しましょう。


店が買い取る額は、申込の時の相場によって決まるのが原則です。


上手く相場の波に乗り、高値で売れるようになれば一人前です。


最近メジャーになっているのが、直接お店に行かなくても、郵送で金買取をしてくれるスタイルです。


この形態は、売却したい品物を専用のパックに入れ、郵送などでお店に送付し、あとは査定結果の連絡があるまで待つだけです。


買取金額の連絡が来たら、売却を決定するか、額が低いと思えば無償でキャンセルできます。


普通はお店が空いている時間に行く必要がありますが、これならメールやフォーム送信でいつでも申込できるため、店に行く時間がなかなか取れない人を対象としたサービスといえるでしょう。


金に限った話ではないですが、古物買取においては、多くの店では買取時の身分確認を徹底しています。


店舗で直接買取してもらう場合は勿論として、商品を先に送ってお金を振り込んでもらうなどの形式も何らかの形で身分確認をしなければなりません。


買取手続を進める前に、免許証や保険証などを提示することで、誰が売ったかを明確にするのです。


商品を発送して後日お金を振り込んでもらう形式なら、そういった身分証の写しを一緒に送ることを求められる場合が多いですね。


01:00
2019年10月18日(金)
【この前、身内が他界して、祖母の子である母】
この前、身内が他界して、祖母の子である母ももうこの世にいないので、私が指輪などの遺品を相続したのですが、傷物や色褪せているものも中には混ざっていました。


金買取に出すのがいいと聞いても、今まで使ったことがなく、本当に大丈夫か心配だったのですが、ホームページがしっかりしていたので、思い切って利用してみました。


査定してくれた方は、目利きのプロといった風情で、店も明るい感じで緊張しませんでした。


買取額も十分納得できるもので、今後も機会があれば利用してみたいと思いました。


身につけなくなって久しい金やプラチナのアイテムをお持ちの方も多いと思います。


そのまま眠らせておくより、買取に出すことをお勧めします。


貴金属を買取してくれる店を探して、サイトやチラシで買取額を調べ、最も良い条件で売却できる店はどこか、色々と見て比べてみるといいでしょう。


買取価格の他にも、様々な手数料を取る店と取らない店があるので、よく調べて、有利な店を探してください。


派手に遊んでいる子は未成年でも貴金属を当たり前に持っていたりしますが、金買取の店舗では未成年への利用規制が設けられている場合が多いです。


このため、未成年者は買取の利用を断られてしまうことになります。


ただ、一部では、年齢制限が20歳未満ではなく18際未満の場合もありますが、法定代理人である親が署名捺印した同意書が必要です。


加えて、たとえ18歳からOKの店でも、職業を確認され、高校生なら買取は不可というのが一般的です。


もう要らなくなった金やプラチナの装飾品があったら、買取ショップに引き取ってもらうことをオススメします。


しかし、同じ品物であっても、どこに売却するかによって買取額の基準や、手数料のシステムが異なるため、色々なお店のウェブサイトなどをチェックした上で、慎重に店を選びましょう。


たくさんの商品を売る場合は特に、買取総額はかなり変わってきますから、なるべく多くの情報を集め、お店選びに活かしましょう。


要らなくなった金のアクセサリー等の売却時には、以下の内容を頭に入れておいてください。


金の価値は相場でも変わる上、利用する店舗や業者により、鑑定料や手数料を引かれた、実際に受け取る買取金額は全く異なるという点です。


WEBサイトに載っている情報などをくまなく調べ、お店選びを熟慮して判断するべきでしょう。


00:48
2019年10月16日(水)
【金買取を利用する時のポイントとして、価値が高い】
金買取を利用する時のポイントとして、価値が高い内に急いで売ろうというのはあまり賢いやり方とはいえません。


その理由としては、金やプラチナといった貴金属は、市場での価格の変動が頻繁に起こるからです。


こういった理由から、金相場の変動をチェックしておいて、高値になるタイミングを見逃さないことが大事になってきます。


金買取のサービスが最近流行っています。


金の装飾品などは、昔もらったものでも、今では飽きてしまったなどの理由でもうずっと取り出してもいないという場合もあると思います。


自宅にそうした商品を眠らせている方は、最近流行りの金買取を利用してみるのも一案です。


しかし、偽物はもちろん買い取ってもらえません。


本物と言われて買っても、プロが見ると偽物の可能性もあります。


そういう事態に直面してしまったら、買ったときに騙されていたのだと諦めるしかありません。


最近はどこでも金買取の店を見かけるようになりました。


利用時の注意点は、詐欺まがいの店の被害に遭わないよう、慎重に店を選ぶことだといえます。


最初に目が行くのは買取金額かもしれませんが、様々な観点から、その業者が信用できるかどうかを入念に考えないといけません。


ネットのレビューで評価が低い店などはトラブルに遭う前に避けて通ることです。


買取額が他と比べて高い場合は特に注意してください。


手数料の額によっては、結局他の店と変わらない金額しか受け取れないので、利用する前に確認しておきたいところです。


今では身に着けなくなった金製のアクセサリーなどを専門店で買取してもらうにも、事前に次のことに気をつけてください。


すなわち、ある金製品を買取に持ち込むとしても、どの店舗を利用するかで、諸々の手数料などを差し引かれた上での買取代金はかなり差の付いたものになるという事実です。


店舗ごとの買取価格やその他の条件をネットで調べて、何処に売るのが一番得になるか色々な情報を総動員して判断しましょう。


金製品の買取をしてもらう際には、買取ショップに売りたいものを直接持っていく形式が普通ですね。


目利きに長けた専門家がその場で鑑定を行い、適切な価格で買い取ってくれるので、郵送買取などと違って安心できます。


利用者のために、成約の前にしっかりと説明を設けているケースが最近は多いですから、満足いくような価格で手続を進めることができるようになっています。


20:54
2019年10月15日(火)
【金買取のシステムは店によって千差万別で】
金買取のシステムは店によって千差万別です。


買取額の何パーセントといった手数料や、鑑定の費用などを有償で設定している店もあります。


その他、目減り、重量の端数分などの減額も有り得ます。


手数料を設けている店に買取を依頼すると、当然、そのぶん最終的に受け取る現金の額が低くなることになります。


上手いこと騙されてるような気がしますね。


皆さんも、利用するお店を選ぶときには、費用の有償・無償はチェックしておいてください。


貴金属を購入しても、盗まれるのが怖いので置き場所に困りますよね。


大した量でなければ自宅に置いておいてもいいのですが、いくらか厳重な金庫を持っておけば、さらに安全ですね。


数千万円、数億円といった価値の金塊を保有する資産家の場合は、最悪、強盗殺人の被害などにも遭いかねないので、安心という点では申し分ない、銀行の金庫に保管することが多いですし、金の販売業者によっては、購入した金を有償で保管しておいてくれるところもあるのです。


しかし、どんな形を取っても結局心配だという方は、専門業者に売って現金化し、不安から開放されるのも良い方法だと思います。


貴金属買取を扱うお店では、本当に多くの種類のアイテムに値段をつけてもらえます。


金買取というとおカネ持ちの世界という気がしますし、金の延べ棒であるとか、貴重な金貨であるとかが一般的にイメージされるのかもしれませんが、買取店で取引される品物はそれだけにとどまりません。


例を挙げれば、金縁の眼鏡がそうでしょう。


金製のメガネフレームや、使わなくなった金歯なども金製品として立派に買取の対象になります。


リーマンショック以降、金の買取サービスを利用する人は増えており、これを新たな商機と見て、金買取に参入する業者が増えてきました。


全国規模でチェーン店を出している業者もいくつかある模様です。


自宅の近くなど、行動範囲内にお店ができると便利ですし、ライバルが増えればそれだけ高値の買取を掲げるお店も増え、より良いサービスを提供しようという方向に次第に変わっていく可能性が高いです。


店員の接客の質までも上がる可能性があります。


買取をお願いするお客さんには、望んでいたシチュエーションといえるでしょう。


金で最も高価なのはもちろん純金ですが、他にも色々な金があります。


純度は「○K」という形で表され、最大は24K(純金)です。


銀や銅など他の金属との合金であるものは、「18金(18K)」などの表現になります。


金の割合が75パーセントなら、100分の75ですから24分の18で、18Kになります。


18Kの中でも、金に何をどれだけ混ぜるかによって種類が変わり、銀と銅が五分五分ならイエローゴールド、パラジウムが25%入ればホワイトゴールドなどのバリエーションがあります。


金製品の価値を測る上で、こうした純度によって価値が違うということを覚えておきましょう。


20:42
2019年10月14日(月)
【金の価格高騰に伴い、友人が金を売却】
金の価格高騰に伴い、友人が金を売却してそこそこのお金になったと聞いて、タンスの奥に眠っていた金製品を、金買取ののぼりを出している店に持って行ったら、刻印が入っていないものは買取れないと言われてしまいました。


刻印の入っているものもあったので、それだけ買取してもらってもよかったのですが、査定金額も低くなる上、手数料を引かれるとほとんど残りません。


刻印ありも無しもまとめて買い取ってくれる店を求め、金買取で有名な御徒町まで足を延ばしてみました。


御徒町なら、専門のプロが常駐しているようなお店ばかりなので、比重検査、試金石検査などで金の純度を調べてくれて、私の持ち込んだ金製品に全て値段を付けてくれました。


金の価値が高騰していると聞いたので、私もその機会に使わなくなった金の指輪を買い取ってもらいました。


それまでそういうお店とは縁がなかったため、どういうお店に持って行くのが一番いいのか迷って、色々なホームページをネットで見て調べてみました。


そうすると、御徒町の専門店街が信用できるとの情報がありました。


貴金属買取の専門店が所狭しと並んでいる一帯があるということなので、その中でホームページがちゃんとしていた店舗を選びました。


実際行ってみるとちゃんとしたお店でしたし、買取金額も高かったので、上機嫌で帰りました。


金を買ったはいいが、どうやって保管すればいいか?という問題があります。


そこまで多くの量がないなら、自宅での保存で十分となりますが、いくらか厳重な金庫を持っておけば、さらに安全ですね。


アクセサリー程度ならともかく、大量の金を保有しておくなら、最悪、強盗殺人の被害などにも遭いかねないので、自宅に置かずに銀行の貸金庫に入れていることもありますし、金を販売している業者が保管設備を持っていて、有償で保存を受け付けているケースもあります。


そうは言っても、どの方法にも一長一短あると思いますから、気になる方は専門業者に売って現金化し、不安から開放されるのも解決法としてアリでしょうね。


貴金属の買取を行う店舗が最近増えてきましたが、多くの店では買取時の身分確認を徹底しています。


店舗で直接買取してもらう場合は勿論として、最近ネットでよくある、郵送後に買取代金を振り込んでもらうような形式でも同様です。


免許証や保険証、パスポートなど、公的機関の発行した身分証を店に提示し、個人情報を控えさせることになります。


郵送した商品を査定してもらう場合は、身分証の写しと合わせての発送で確認に変えるのが一般的です。


最近メジャーになっているのが、宅配と振込でやりとりが完結する、宅配による金買取サービスです。


その中身を説明すると、まず買取対象の品物を専用の梱包パックでお店に送り、あとは査定結果の連絡があるまで待つだけです。


お店は数日以内に査定額を通知してきますから、そうしたらその額で買取してもらうかを決めればいいのです。


店頭での買取はそんなに夜遅くまで空いていませんが、郵送買取ならネットで24時間いつでも申し込めるので、地方にお住まいの方や、お店に商品を持って行くのが億劫だという方には嬉しいですね。


18:48

次n→ 





w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++