金買取の知識


[記事を書く]
[月別]
[更新アラート]
2018年02月21日(水)
【ずっと前から使わなくなってしまった貴金属のアクセサリー】
ずっと前から使わなくなってしまった貴金属のアクセサリーをお持ちの方は、専門店に売却しておカネに変えるのもありでしょう。


ただし、同じ量の金でも店によって買取金額は大きく違ってくるので、ネット上のランキングや口コミなどをよく調べて好条件の買取をしている店舗に売るのが得策です。


一点だけならともかく、いくつも売る場合は、店の違いによって金額も大違いになりますから、なるべく多くの情報を集め、お店選びに活かしましょう。


業者の人間が突然自宅を訪れ、強引に金製品の売却を迫るという迷惑な事例があります。


これは訪問購入と呼ばれます。


お店に売りに行く場合に比べて、買取金額が非常に低かったり、ちゃんと検討できないまま強引に買取を進められてしまったなどで、後悔しても時既に遅し、というケースも多かったのです。


悪質な訪問購入で被害に遭ってしまった場合でも、平成24年の特定商取引法改正に伴い、クーリングオフ制度の対象となったので、買取に応じてしまった後でも、8日以内は自由にキャンセルができることを知っておき、悪徳業者のゴリ押しに負けないようにしましょう。


金製の指輪やネックレスなどは、昔もらったものでも、ずっと使い続けるのが嫌で何年も使わずじまいという方も多いと思います。


家にそういうものがあれば、買取店に持ち込み、現金化するのもありでしょう。


しかし、偽物はもちろん買い取ってもらえません。


本物だと信じて持っていても、実は偽物だったというケースがあります。


鑑定士にそのように言われたら、買ったときに騙されていたのだと諦めるしかありません。


金の市場価値が上がっているとはいえ、買取の利用を急ぎすぎるのは賢明ではないといえます。


あまり意識されないことですが、僅かな情勢変化により、金は買取額の変動が頻繁に起こるからです。


そうした事情があるので、金相場の変動をチェックしておいて、最適のタイミングで買取を依頼することこそが、買取で得をするカギとなります。


先日、祖母が鬼籍に入り、私も遺品の指輪をもらったのですが、金製といっても、時代が行っているので値段は付かないと思っていました。


金買取のお店で買取してくれるとのことで、初めてなので不安も大きかったですが、ホームページがしっかりしていたので、思い切って利用してみました。


私はほとんど価値はないと思っていたのですが、真剣に査定してくれましたし、店も明るい感じで緊張しませんでした。


気になる買取金額も、思ったより高かったので、今後も機会があれば利用してみたいと思いました。


11:12
2018年02月20日(火)
【今は金の価値が上がっている時代です。金製のアクセ】
今は金の価値が上がっている時代です。


金製のアクセサリーなどは、昔もらったものでも、時代遅れのデザインだったりしてもうずっと取り出してもいないという場合もあると思います。


家にそういうものがあれば、買取ショップを利用してみてはどうでしょうか。


でも、ここで落とし穴があります。


メッキ加工の偽物の場合もあります。


鑑定士にそのように言われたら、運が悪かったと思って諦めることです。


金買取の世界には、業者の方から個人宅を訪れて、しつこく金を買い取ろうとしてくる迷惑な形式がはびこっており、訪問購入と呼ばれています。


業者の提示した買取金額がどう考えても安すぎだったり、執拗に勧誘されて断り切れず売ってしまったといって、後悔しても時既に遅し、というケースも多かったのです。


ですが、対処法もあります。


金買取の訪問購入に対しては、平成24年の特定商取引法改正に伴い、クーリングオフ制度の対象となったので、買取に応じてしまった後でも、8日以内は自由にキャンセルができるのを覚えておき、いざという時に備えてください。


未だ記憶に新しいリーマンショック。


それから現在までの数年間で、徐々にですが、金を売却する際の買取価格が上がってきているようです。


また世界の金融を巡る動きとしては最近、EU加盟国であるギリシャの経済危機により、銀行預金が自由に引き出せなくなってしまいました。


こうした事態もまた、買取市場における金の価格が上昇する要因の一つになったとみられています。


要らなくなった金のアクセサリー等を専門店で買取してもらうにも、事前に留意すべき点があるのです。


金買取のルールは明確に決まっているわけではないので、どこに持っていくかによっても実際に自分が受け取れる金額は全く異なるという点です。


買取額の基準や、手数料などのルールを確認しておいて、お店選びを熟慮して判断するべきでしょう。


金もプラチナも高級品として有名ですが、どっちが高いかは知っていますか?プラチナの方が原則的には高価です。


一時期は金の3倍ほどしたのです。


理由としては、金と比べても圧倒的に少ない産出量が多分に影響しているのです。


人類が現在までに産出したプラチナの量は、金の30分の1に過ぎません。


金やプラチナは光沢も美しく、化学的にも非常に安定した物質なので、国際情勢に関係なく世界中で需要の高い物質ですが、有史以前から現在まででオリンピックプール3倍分(金の場合)に過ぎないという、圧倒的な流通量の少なさが、1グラム5000円を超えるほどの高値の理由になっています。


11:00
2018年02月19日(月)
【金を買ったはいいが、どうやって保管すればいいか?という】
金を買ったはいいが、どうやって保管すればいいか?という問題があります。


大した量でなければ自宅に置いておいてもいいのですが、書斎に金庫を置いておくくらいの安心感は欲しいですよね。


数千万円、数億円といった価値の金塊を保有する資産家の場合は、自宅に置いておくと盗みに入られる不安もあるので、自宅には流石に置かず、銀行で大きな貸金庫を借りている場合や、最近では金を買った会社に有料で保管を依頼することもできます。


そうは言っても、どの方法にも一長一短あると思いますから、気になる方は金で財産を保有することを諦め、現金にしてしまうのも良い方法だと思います。


長いこと自宅に眠っている金製のネックレスを買取ショップに持っていこうとしている方は、金の純度を示す刻印を見てください。


ニセモノの金でなければ、「K24」や「K18」など、刻印が入っていると思います。


Kはカラットの略で、この数値は金の純度を表しています。


K24というのは純度100パーセント、K18なら純度75パーセントだという意味です。


純度が高いか低いかにより、その金製品の買取価格も違ってくるということになります。


手持ちの金製品を売却したいと思ったとき、多くの方が思い浮かべるのは、最近多い「金・プラチナ買取」系のお店ですよね。


とはいえ、専門店は素人には敷居が高かったり、どうしても信用しきれないという人が少なくないと思われます。


そんな方でも安心して利用できるのが、デパートの金買取ですね。


催事場で限定出店のこともあれば、専門の店が入っていることもあります。


一般の買取ショップと比べると安心感があり、一見さんでも利用しやすいので人気なのでしょう。


不要な金を買い取りますという電話を先日受けました。


勧誘の電話にも色々あるとはいえ、そういう電話は初めてだったので、どういう話か気になってつい耳を傾けていました。


色々と聴いてみたら、貴金属製品でもう要らない商品をその業者に売却できるという話でした。


確か、長年使っていない金のネックレスなどがあったので、ネットでさらなる情報収集をしてみることにしました。


金やプラチナ製のアクセサリーは、自宅のタンスの奥などに仕舞い込んではあっても、年齢に似合わなくなってしまったりしてもうずっと取り出してもいないという場合もあると思います。


そうしたアイテムをお持ちの方は、最近流行りの金買取を利用してみるのも一案です。


ただ、それが本物の金やプラチナかどうかは気をつけないといけません。


本物だと信じて持っていても、実は偽物だったというケースがあります。


そういう事態に直面してしまったら、泣き寝入りするしかないですね。


10:30
2018年02月18日(日)
【プラチナと言われてプレゼントされたアクセサリー】
プラチナと言われてプレゼントされたアクセサリーを買取に出すと、全く別の金属であるホワイトゴールドだと言われたといった経験をお持ちの方もいるのではないでしょうか。


見た目は似ていますが、両者は全く違う金属で、価値も大きく異なります。


プラチナは大変希少で、金を上回るほど高価なので、その代替品としてホワイトゴールドが出回るようになったのです。


ホワイトゴールドは金とニッケル系やパラジウム系の合金で、「K18WG」などの刻印があれば金が半分以上含まれているホワイトゴールドです。


プラチナより価値は劣るとはいえ、れっきとした金の一種なので、買取ショップでお金に変えることは勿論可能です。


世界的な不況で金の市場価値が上がっている昨今、一般の人々からも金買取の需要が高まっているので、その需要に応じて、従来の質屋や買取ショップでも、金買取の広告を前面に出すところが増えました。


全国規模でチェーン店を出している業者もいくつかある模様です。


確かに、お店は多くあったほうが便利でしょうし、同業他社に負けじと買取額を上げてくるなど、利用客に優しい方向に全体が変わっていくのではないでしょうか。


接客態度が悪い店は生き残れないということで、スタッフの質も上がるでしょう。


利用客の立場からすれば、プラスの影響が大きいといえます。


最近、金の価格が上がっていると聞いたので、手持ちの金製品を買取店に持ち込んでみましたが、そのお店では、刻印の打たれていないものは買取を扱っていませんでした。


持ち込んだ品の内、刻印がある分だけなら買い取れると言われましたが、査定金額も低くなる上、手数料を引かれるとほとんど残りません。


それよりは一括で買ってくれる店を探した方がいいと思って、日本有数の宝飾店街である御徒町へ行ってみることにしました。


御徒町のお店は、町の買取ショップとは違う、本当の専門家揃いでした。


純度を測定するための比重検査、試金石検査など様々な手段を用いて、全ての品物を無事に買い取ってもらうことができ、大満足でした。


金の買取がお得だと聞いて興味を持ったけど、近くに買取店がない場合もあるでしょう。


そういうときは、郵送で買取してもらえるサービスもあります。


WEB上で簡単に申し込みできます。


まず、郵送用の梱包パックが手元に送られてきます。


その後、それに売却したい金製品を入れて返送するだけでOKです。


早ければ翌日には、査定の金額と確認の連絡が来て、金額に同意の返事をしたら、振込でお金が支払われます。


簡単ですね。


買取店の鑑定士は常に偽物の可能性に目を光らせています。


精巧に作られた贋物を金と偽って店に持ち込む輩もいます。


金メッキ製品の表面にレーザーで本物同様の刻印を入れるなどして、買取店のスタッフを欺き、買取代金を騙し取ろうとする悪意のケースもあります。


しかし、磁石による検査、刻印周りのキズでも判別できますし、比重計を使えば刻印通りの金かどうかは簡単に判ります。


中には、金と同じ比重になるように精巧に作られた偽物もありますが、試金石という、ケイ酸を多く含む特殊な石を用いて検査すれば、どんなによくできた偽物でも、本物の金でないことはすぐにわかります。


09:36
2018年02月17日(土)
【もう使っていない金製品などをどこかに】
もう使っていない金製品などをどこかに売却したいというときには、次のことに気をつけてください。


金の買取価格は、相場に従って日々変動している上、持ち込む店舗により、鑑定料や手数料を引かれた、実際に受け取る買取金額は大きく変わってくることです。


そのため、買取額の基準や、手数料などのルールを確認しておいて、どの店舗の買取を利用するか、じっくり検討してください。


昔は使っていたけど今は不要だという金やプラチナの装飾品があったら、専門店に売却しておカネに変えるのもありでしょう。


ただし、同じ量の金でも店によって買取額の基準や、手数料のシステムが異なるため、ネットで事前に情報を調べて好条件の買取をしている店舗に売るのが得策です。


売却する品物の総量が多ければ、買取額にも大きな差が出てきますので、店の選択には注意しましょう。


この中には初めて金買取を利用する方も多いと思います。


まず重要なことは、売却先としてどんなお店を選ぶかということです。


高い値段を付けてくれるかも大事ですが、買取までの流れや、振込ならそのタイミングなど、見るべき点は多いです。


しかし、色々ある中で最も大事な条件というと、その店に信用と実績があるかどうかです。


それを測る上で使えるのはそのお店で実際に買取をしてもらった人のレビューです。


口コミやレビューの点数が高ければ安心なので、そういう店を選びたいものですね。


貴金属の便利な換金手段である金買取。


その利用において大切なのは、売りたい金製品はいくらの値段になるのかを正確に知りたいということですよね。


目安として、日本における金価格の算出法を知っておきましょう。


その時点での金の国際価格を、1トロイオンス(およそ31グラム)で割って、ドル円レートを掛けると、国内金価格が算出できるのです。


買取で損しないためにも、こうした計算法や相場を知っておいて、適正価格での買取が行われているのか注意深く判断してください。


未だ記憶に新しいリーマンショック。


それから今までの間に、ゆっくりとではありますが、金を買取に出す際の買取価格が高くなってきました。


さらに、これも記憶に新しいことですが、ユーロに加盟していたギリシャが経済破綻を起こし、預金の引き出しにストップが掛けられました。


リーマンショックに続き、この経済破綻も金製品の買取価格が上がる要因となったと推測されます。


09:00
2018年02月16日(金)
【デザインが古いとか、年齢が合わなくなったと】
デザインが古いとか、年齢が合わなくなったとかで、もう使わない貴金属のネックレスや指輪などを持て余している人は案外多いようです。


そこで役立つのが金買取ショップです。


金やプラチナの買取を扱っている店舗を探し、ウェブサイトなどに載っている買取価格を参考にして、一番高く売れるのはどこか、比べてみるのをおすすめします。


買取価格の他にも、様々な手数料を取る店と取らない店があるので、情報収集を怠らないことが肝要です。


金買取業者の多くは法律を守って適正に買取を行っていますが、中には明らかな詐欺もあるので気を付けてください。


中でも「訪問購入」のケースは悪質なものが多いので気を付けましょう。


主婦やお年寄りを狙って家を訪問し、しつこく金製品の買取を勧めてくるという事例です。


押し売りならぬ「押し買い」と言えるでしょう。


納得できない安価で買い叩かれてしまったり、後から売却のキャンセルを申し入れても応じなかったりと非常に悪質です。


話に応じる素振りを少しでも見せると、後が面倒なので、怪しい人間が訪ねてきたら、きっぱりと拒絶してください。


ここ十年ほどで金の価格が上昇し続けていると聞き、手持ちの金製品を買取店に持ち込んでみましたが、純度を示す刻印が入っていないから、値段は付けられないと言われてしまいました。


中には刻印ありの品もありましたが、数が少なく、手数料も考慮すると割に合わないので、刻印ありも無しもまとめて買い取ってくれる店を求め、日本有数の宝飾店街である御徒町へ行ってみることにしました。


御徒町のお店は、町の買取ショップとは違う、本当の専門家揃いでした。


見た目の検査はもちろん、比重を測るための色々な機械を駆使して、私の持ち込んだ金製品に全て値段を付けてくれました。


普段意識しないことですが、我々の周囲には貴金属と同様に扱われる金製品が結構たくさんあったりします。


金歯はその一例と言えるでしょう。


こういうものも金買取で値段が付くので侮れません。


モノが金であれば、形状は何でもいいというわけです。


意外な形での臨時収入が入ってくることが見込めるので、歯医者さんで治療を受け、金歯が不要になったときは捨てずに買取店に持ち込むのをお勧めします。


ここのところ、金相場の高騰に伴って、金やプラチナの高価買取の宣伝を行うお店が急増してきたイメージです。


実店舗のみならず、ネット上でもそういう広告が増えていて、「金製品 買取」や「プラチナ 買取」といった言葉で検索したら、買取ショップの広告がごまんと出てきます。


いくらかでも現金になるのなら、店はどこでもいいという人も多いのかもしれませんが、金などの買取価格は相場と連動して毎日変わっているので、少しでも高く売りたければ、相場を日々確認しておきましょう。


08:42
2018年02月15日(木)
【貴金属の買取を扱う店舗では、】
貴金属の買取を扱う店舗では、未成年者とお店自身、両方の安全を守るため、年齢による利用制限があるのが当たり前です。


そのため、未成年の人は買取を利用できないのが一般的です。


僅かながら、年齢制限が20歳未満ではなく18際未満の場合もありますが、未成年であれば保護者のサインなどが必要になってきます。


加えて、たとえ18歳からOKの店でも、多くの店では高校生からは買取をしてくれません。


金買取がメジャーになった現在では、色々な店舗で貴金属の買取サービスを謳って営業しています。


中でも有力なのが、リサイクルショップですね。


こうしたお店は、家庭での不要な品を買取してくれるのが基本ですが、サービスを拡大し、金などの買取を扱うようになるお店が最近は多いようです。


専門知識を持った買取スタッフも常駐しているので安心です。


不要になった貴金属の売却を考えているなら、試しに査定だけしてもらうのもいいですね。


数万円程度の買取額を得た程度なら、貴金属を売却して利益を得ても、税金を課せられることはほぼありません。


専門に金買取を扱う業者などだと、膨大な量の商品を日々売ったり買ったりしているので、利益分を届け出て多額の税金を納めていることと思います。


その点、個人ではよほどの資産家でもない限り、課税対象になるほどの取引はしませんよね。


もっとも、税法が改正されることも有り得るので、税理士法人のホームページなどで情報を検索してみるといいかもしれません。


買取店の鑑定士は常に偽物の可能性に目を光らせています。


買取ショップに偽物の金製品を持ち込む詐欺のケースもあります。


メッキの一部に本物の金を厚く盛り、巧妙に刻印を施すなどの方法で、専門家の目までも誤魔化そうとしてくる場合もあります。


ですが、比重計という、品物の重さを測定して比重を割り出す器具を使えば、比重の違いから、偽物であることはすぐに判明します。


中には、金と同じ比重になるように精巧に作られた偽物もありますが、試金石という、ケイ酸を多く含む特殊な石を用いて検査すれば、硝酸や王水に融けるかどうかも検査することができ、あっという間にメッキが剥がれ、偽物と判ってしまいます。


バブルの崩壊以降、現在にかけて、金の買取サービスを利用する人は増えており、それをビジネスチャンスと見てか、従来の質屋や買取ショップでも、金買取の広告を前面に出すところが増えました。


複数の系列店を出すところも増えているようです。


そういう店舗がどこにでもあるのは便利なことでしょうし、同業他社に負けじと買取額を上げてくるなど、より良いサービスを提供しようという方向に次第に変わっていく可能性が高いです。


スタッフもより丁寧な接客を心掛けるようになるでしょう。


買取を利用するお客さんにとっては、いいことづくめですね。


07:18
2018年02月14日(水)
【近年では、店頭ではなくネットを通じて金買取を行う】
近年では、店頭ではなくネットを通じて金買取を行う業者も出てきています。


メールやラインで商品の画像を送ると、おおよその査定をしてくれるケースも多く、お客さんにとっては便利ですよね。


郵送などで買い取ってもらう場合も、店頭の場合と同様、買い取ってもらう品物と合わせて、身分証のコピーを送ります。


できる限り高額で手放すためには、色々なお店のサイトを見比べて、一番良い所を選びましょう。


店によっては手数料が高い場合もありますが、それらの費用を無料にしている店舗も増えてきましたので、色々な情報をもとに売却先を検討してください。


金製の指輪やネックレスなどは、昔もらったものでも、ずっと使い続けるのが嫌でさっぱり身に着けなくなってしまったものもあるでしょう。


自宅にそうした商品を眠らせている方は、買取店に持ち込み、現金化するのもありでしょう。


でも、ここで落とし穴があります。


金やプラチナのように見えても、精巧に作られた偽物かもしれません。


鑑定士にそのように言われたら、不運だったと泣き寝入りするしかないと思います。


最近数が増えてきた金買取ですが、その中にはタチの悪い詐欺もはびこっているので気を付けなければなりません。


悪質な詐欺のケースは、訪問型の買取に多いと言われています。


主婦やお年寄りを狙って家を訪問し、強迫的な態度で金製品の買取を迫ってくるのです。


訪問販売の「押し売り」とよく似た「押し買い」のケースですが、あれやこれやと理由を付けて非常に安価に買い取ったり、後から売却のキャンセルを申し入れても応じなかったりと非常に悪質です。


弱々しい態度で話に応じていると、ひどい被害を受けてしまうので、そうなる前に拒絶の意思を示し、追い帰すのが得策です。


もう使っていない金製品などを買取に出す際は、注意するポイントがあります。


金の買取価格は、相場に従って日々変動している上、どこに持っていくかによっても買取額や手数料などの諸条件がかなり差の付いたものになるという事実です。


買取額の基準や、手数料などのルールを確認しておいて、損しない売却先はどこか、よく検討して判断する必要があります。


資産を現金の形で銀行に預けておくのに加えて、資産を保存する方法としてメジャーなのが、総資産の10%から15%を金に変えて持っておくスタイルです。


しかし気になる点もあります。


それは、果たしてどこで金を買えばいいのかという情報です。


金の購入をご検討されている方は、ホームページや店頭で金の売買価格をしっかり公表している、実績・信頼のしっかりしたお店を選択するようにしましょう。


買った時の店がちゃんとしていれば、逆に売る時も不安にならなくて済むと思います。


06:18
2018年02月13日(火)
【最近は金買取が流行っているようですね。私も少し前、タ】
最近は金買取が流行っているようですね。


私も少し前、タンスの奥に仕舞い込んでいた金製品を買取に出しました。


今までに経験がなかったですから、買取してもらうお店をすぐには決められず、色々なホームページをネットで見て調べてみました。


そうすると、御徒町の専門店街が信用できるとの情報がありました。


貴金属買取の専門店が所狭しと並んでいる一帯があるということなので、中でもお勧めと書かれている店に持っていきました。


専門の鑑定士の人が丁寧に査定してくれて、予想よりずっといい価格で買い取ってもらえました。


普段意識しないことですが、我々の周囲には金製品というのが結構たくさんあったりします。


金歯はその一例と言えるでしょう。


金買取のお店では、こうした製品もちゃんと買い取ってくれます。


金買取では、金の形状はほぼ査定に影響しません。


タナボタ感覚でのお小遣いも夢ではないので、用済みとなった金歯をお持ちの人は、そのまま捨てるのではなく、買取に出してみましょう。


不要な貴金属を買取店に持ち込む前に、次のことに気をつけてください。


同量の金を買取に出す場合でも、店舗ごとの基準によって、実際に自分が受け取れる金額は大きく変わってくることです。


そのため、店舗ごとの買取価格やその他の条件をネットで調べて、お店選びをよく検討して判断する必要があります。


残念ながら金買取には悪質なケースもあります。


業者が家を訪れ、使っていない金製品を買い取りますなどと言い、二束三文で買い叩いていく、悪質な訪問購入の事案が増えているようで、法規制も行われています。


まるで持ち主に利益があるかのようなことを言い、簡単に応じないと見るや、態度を豹変させ、無理やり買取を進めるという場合が多いようです。


後から売却をキャンセルされまいと、見積書や契約書などの書面を渡してくれないケースも多いので、こういう人間が来ても一切相手にせず、追い返すようにしてください。


昨今、街には金買取のショップが溢れていますが、その中では専門家による鑑定の費用や、買取に伴う手数料などを無償にしている店ならいいですが、有料の店も少なくありません。


こうした費用を有料にしている店舗では、これらが差し引かれることで、実際に受け取る金額が結局、低額になってしまいます。


なんだか、業者にしてやられたような気分になります。


後から損した気分にならないためにも、事前にこのあたりを確認しておきましょう。


05:18
2018年02月12日(月)
【初めて金買取を利用する際のスタートラインは、店の選】
初めて金買取を利用する際のスタートラインは、店の選択がすべてです。


高値で買ってくれる店を選ぶことに加え、面倒な手続きが少ない店がいいですし、郵送買取なら振込が早い所の方がいいですよね。


また、何より大事なこととして、その店に信用と実績があるかどうかです。


ネット上で信頼できるソースは利用者からの生の声です。


これは口コミやレビューの形で確認できます。


レビューで高得点を得ている業者を選択するようにしましょう。


リーマンショック以降、一般の人々からも金買取の需要が高まっているので、これを新たな商機と見て、街には金・プラチナ買取系の店が乱立するようになりました。


フランチャイズでチェーン展開する例もあるようです。


確かに、お店は多くあったほうが便利でしょうし、他の店との競争になることで買取価格が上がるなど、全体的に店のレベルの底上げが見込めるでしょう。


お店の人も、よりお客さんに優しくなるかもしれないですね。


利用客の立場からすれば、プラスの影響が大きいといえます。


最近は金買取を利用する方も増えてきましたが、初めて利用する際にはいくらで売れるか誰もが気にしますが、金の価格は一定ではなく、その時の相場によって変わってきます。


景気や需要に応じて、金の相場は刻一刻と動いているため、店頭で買取してもらう際の金額もそれに伴って変わることになります。


そういうカラクリになっているので、少しでも高値での買取をご希望の方は、ネットで情報を見て、価値が上がるタイミングを見計らうことが重要だといえます。


要らなくなった金のネックレスがいくらで売れるか気になる人は、刻印を見てみるのがいいと思います。


金製品にはほぼ必ず、金のグレードを証明する「K24」などの文字が刻印されていることが多いです。


このKというのは、純度を表す「カラット」の略です。


「K○」は24分の○が金という意味、つまりK18なら金は75パーセントと解釈してください。


金に限らずプラチナなどの貴金属では、純度の割合で販売や買取における価格が大きく変わるのです。


貴金属を購入しても、盗まれるのが怖いので置き場所に困りますよね。


大した量でなければ自宅に置いておいてもいいのですが、金庫くらいは無ければ安心できないでしょう。


アクセサリー程度ならともかく、大量の金を保有しておくなら、安心安全を求め、安心という点では申し分ない、銀行の金庫に保管することが多いですし、金を売買する業者でも有料の保管サービスを受け付けています。


そうは言っても、どの方法にも一長一短あると思いますから、気になる方は専門業者に売って現金化し、不安から開放されるのも選択肢の一つです。


02:54

次n→ 





w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++