金買取の知識


[記事を書く]
[月別]
[更新アラート]
2017年08月16日(水)
【今も昔も、金のような貴重品は保存場所が一番のネックの】
今も昔も、金のような貴重品は保存場所が一番のネックのようです。


大資産家はともかく、普通の人は自宅に保管しておくことになりますが、いくらか厳重な金庫を持っておけば、さらに安全ですね。


自宅に置いておける限度を超えて金を所有するときは、最悪、強盗殺人の被害などにも遭いかねないので、安心という点では申し分ない、銀行の金庫に保管することが多いですし、金を購入した業者で厳重に保管するサービスを利用していることも多いようです。


とはいえ、どこに置いておいてもリスクが完全に0ということはないでしょうから、心配なら専門業者に売って現金化し、不安から開放されるのも選択肢の一つです。


リーマンショック以降、金の価格が高騰しているそうなので、手持ちの金製品を買取店に持ち込んでみましたが、そのお店では、刻印の打たれていないものは買取を扱っていませんでした。


持ち込んだ品の内、刻印がある分だけなら買い取れると言われましたが、査定金額も低くなる上、手数料を引かれるとほとんど残りません。


どうせなら全て一括で売却した方がおカネになると思い、日本有数の宝飾店街である御徒町へ行ってみることにしました。


すると、スタッフや設備のレベルが他とはまるで違うのでびっくりしました。


専用の機械を使って、金性という金の純度の測定をしてくれ、刻印無しでも全て買取してもらえました。


やはり行ってよかったです。


金買取をめぐる詐欺や類似の事件が多発しています。


買取業者が自宅を訪問し、言葉巧みに金の買取を持ち掛け、相場より遥かに安い価格で買い取っていく、悪質な訪問購入の事案が増えているようで、法規制も行われています。


最初は誠実そうな業者のふりをしていますが、こちらが申し出に応じなければ、しつこく粘ったり、強引な態度で無理やり買い叩くなど当たり前です。


後から売却をキャンセルされまいと、見積書や契約書などの書面を渡してくれないケースも多いので、少しでも怪しいと思ったらすぐに追い帰すのが吉です。


金の取引は昔から犯罪と切っても切り離せない仲であり、時には一般の人が買取に持ち込んだ金製品が、実は偽物だったという場合もあります。


中には、金メッキの表面に本物同様の刻印を施して、業者を誤魔化して、本物の金として買取させる詐欺も古くからあります。


とはいえ、比重計を用いて品物の重さを測定すれば、それが金かどうか、純度は何%かなどが容易に判別できます。


また、中には比重計で見破れないタングステン製の偽物なども存在しますが、試金石と呼ばれる黒い石に品物を擦り付けて色合いを見る「試金石検査」なら、どんなによくできた偽物でも、簡単に見分けられます。


この方法は江戸時代には既に使われていたといいます。


もう使っていない金製品などを買取に出す際は、注意するポイントがあります。


金の価値は相場でも変わる上、持ち込む店舗により、諸々の手数料などを差し引かれた上での買取代金は大きく変わってくることです。


そのため、お店が掲げている買取額や手数料をチェックし、どの店に売却するか真剣に考えるのがいいですね。


23:42
2017年08月15日(火)
【近頃は、金買取を扱うお店も増えてきたので、色々と調べ】
近頃は、金買取を扱うお店も増えてきたので、色々と調べて比較検討してみるのもいいでしょう。


その時の相場に基づいて買取額は決まるため、現在の価格をチェックして、最適のタイミングで売りましょう。


また、買取価格から手数料や鑑定料が引かれる場合もありますから、他と比較検討しないままお店を決めたら、表向きの買取額よりずっと低い金額しか受け取れないこともあります。


また、訪問購入といって、向こうから自宅にやってくるタイプの業者は、詐欺の可能性も高いので避けておきましょう。


一口に投資といっても対象は色々あります。


昔からその代表といえば金です。


今も昔も、金はほとんど資産価値が崩れないことで知られています。


国際関係に左右される外貨と違って、金の価値は一定だからです。


世界のどこに行っても貴重品として認識されていることも、外貨や株式と比べて金が値崩れしない要因です。


そうは言っても、全く変わらないわけではないので、手放す際には、ネットなどで金相場を把握する必要があるでしょうね。


十年以上にわたって使用していない金の装飾品はどなたにもあるかと思われます。


もう使わないことが分かりきっているなら、専門のお店で売却することも有力な選択肢ですね。


金・プラチナの高額買取をウリにした店も街頭、ネット問わず多いですから、実際にその品物が何円くらいになるのか複数のお店で見てもらって検討してみてください。


ご自宅に眠っている金製品を、少しでも高く手放したければ、買取手数料などが無料、あるいはなるべく安い店舗を粘り強く探してみるといいでしょう。


また、金の価格は日々変動するものなので、常に相場をチェックしておくのも重要でしょう。


一度に売却する金の量が多ければ、それだけ査定額も有利になるので、少しだけの買取、具体的には10グラム以下なら、それほど相場は気にしなくていいでしょう。


WEB上には、高額での金買取を掲げた広告がたくさんありますが、悪徳業者や詐欺の可能性が高いでしょうから、鵜呑みにしないことが大事です。


金の市場価値が上がっているとはいえ、善は急げとばかりに、すぐに買取に持ち込むのは得策ではありません。


それがどうしてかというと、貴金属は買取時の値段がコロコロと変わるためです。


そのため、毎日変動する金相場を気をつけて見ておいて、高くなったタイミングを見計らって売却することが重要です。


22:12
2017年08月14日(月)
【最近はどこでも金買取の店を見かけるよ】
最近はどこでも金買取の店を見かけるようになりました。


利用時の注意点は、詐欺まがいの店の被害に遭わないよう、慎重に店を選ぶことだといえます。


買取額の高さなど、表面的な部分だけではなく、様々な観点から、その業者が信用できるかどうかを十分見極める必要があるでしょう。


少しでも怪しげな点がある店はどんなに広告の文句が良くても、利用してはいけません。


買取額が他と比べて高い場合は特に注意してください。


手数料の額によっては、結局他の店と変わらない金額しか受け取れないので、できれば見積に出す前に確かめられるといいでしょう。


金の買取がお得だと聞いて興味を持ったけど、気軽に行ける距離には買取ショップがないケースもあります。


その時は、郵送で買取してもらえるサービスもあります。


ネットで簡単なフォームに個人情報を書き込んで送信すると、商品を入れる容器が自宅に届くので、商品をそれで梱包して、郵送や宅配便で送るだけです。


早ければ翌日には、査定の金額と確認の連絡が来て、その金額でよければ承諾の連絡を返し、その後、直ちに買取金額が口座に入金されます。


相次ぐ不況で金の市場価値が上がっていると聞き、もう使わなくなった金のアクセサリーを買取ショップに持っていったところ、そのお店では、刻印の打たれていないものは買取を扱っていませんでした。


刻印のあるものだけ買い取ってもらうとしても、手数料がかかることを考えると大した金額にはなりません。


できることなら手持ちの品物をまとめて全部売りたいと思って、金買取で有名な御徒町まで足を延ばしてみました。


御徒町のお店は、町の買取ショップとは違う、本当の専門家揃いでした。


見た目の検査はもちろん、比重を測るための色々な機械を駆使して、刻印の入っていない金にも全て買取額を付けてくれたのです。


買った頃とは好みやセンスが変わった、時代遅れになったなどで、今では全然身に付けていないという金製品をずっと死蔵していても一円の得にもなりません。


自分のことかなと思ったあなたには、貴金属買取のお店に売却することをお勧めします。


金製品ならどこの店でも買取可能なことが多いです。


純金(K24)なら、現在の相場は1グラムあたりおよそ4800円であり、その流通相場よりは若干安い買取額にはなりますが、それでも、買取の一般イメージからすれば、いい意味で予想を裏切るような値段には十分なることと思います。


初めて金買取を利用する際のスタートラインは、店の選択がすべてです。


高い値段を付けてくれるかも大事ですが、買取の手続が面倒でないか、郵送買取なら素早くお金を振り込んでくれるか、最後の決め手としては、店の取引実績や評判を確認しなければなりません。


WEBの場合、何より参考にできるのは口コミ、レビューといった形で寄せられる利用者の声です。


口コミやレビューの点数が高ければ安心なので、そういう店を選択するようにしましょう。


21:00
2017年08月13日(日)
【全資産を現金で保有するのは少し不安で】
全資産を現金で保有するのは少し不安ですよね。


そこで、よく見聞きするのは、値崩れなどの可能性が低い金の形で持っておく方法です。


ここで注意しなければならないのは、数百万円もの金を、どこで、どのように買えばいいのかです。


新たに金の購入を始められるなら、購入時の価格や条件が店舗ごとに違うので、そうした情報をサイトに明記している、実績のしっかりしたお店で購入するようにしてください。


そういうお店で買った金なら、売却時にも贋物の心配などと無縁で済みます。


金買取は、直接店に行かなくても、ネットでも可能です。


サイト上で大体の買取価格を載せている店もあります。


どこも様々な工夫を凝らしているのですね。


店頭での買取でも身分証を提示しますが、郵送で買取してもらう場合も、買い取ってもらう品物と合わせて、身分証のコピーを送ります。


また、なるべく高値での買取を狙うなら、念入りに業者を探さなければなりません。


査定にかかる手数料や、目減りによる減額をゼロと謳っている店も最近は多いですので、店舗選びの際の参考にできます。


金の買取を利用する上で、気にすることは、なにを置いても、良い店を選ぶことに尽きるでしょう。


広告に出ている買取額以上に、様々な観点から、その業者が信用できるかどうかをよく調べてから利用しましょう。


ちょっとでも悪評判が付いている店はトラブルに遭う前に避けて通ることです。


買取金額だけが高くても油断はできません。


鑑定料や手数料と称してお金を取る店もあるので、できれば見積に出す前に確かめられるといいでしょう。


もう使っていない金製品などを買取に出す際は、注意するポイントがあります。


同量の金を買取に出す場合でも、利用する店舗や業者により、最終的な買取価格はピンキリだということなのです。


なので、WEBサイトに載っている情報などをくまなく調べ、どの店に売却するかよく検討して判断する必要があります。


金に優るとも劣らない高級品といえばプラチナですが、プラチナの指輪などを店で見てもらうと、それより価値の劣るホワイトゴールドの品だったというエピソードはよく聞きます。


見た目は似ていますが、両者は全く違う金属で、価値も大きく異なります。


プラチナはあまりに高価で、一昔前は金の3倍ほどしたくらいですから、プラチナに手を出せない人は代わりにホワイトゴールドを身に付けるようになったのです。


ホワイトゴールドは一般に18金か14金です、K18WG、K14WGなどの刻印があれば、ホワイトゴールドだという証です。


なんだか安っぽいように思えるかもしれませんが、これだって金の一種ですから、買取ショップでお金に変えることは勿論可能です。


20:36
2017年08月12日(土)
【金買取業者の多くは法律を守って適正に】
金買取業者の多くは法律を守って適正に買取を行っていますが、中にはタチの悪い詐欺もはびこっているので気を付けなければなりません。


訪問購入には悪質なケースが多いと言われています。


呼んでもいないのに自宅を訪れ、金製品を買取させてくれと一方的に言って居座ってくるのです。


こちらが相場などを知らないのをいいことに、買取価格も異様に安かったり、売らないと言ったものまで勝手に持って帰られるケースまであります。


詐欺や強迫のペースに嵌ってからでは遅いので、そういう業者がやって来ても、一切相手にしないようにしましょう。


株式や外貨など、投資の対象となるものは多いですが、最たるものが金でしょう。


今も昔も、金はほとんど資産価値が崩れないことで知られています。


国際関係に左右される外貨と違って、金の価値は一定だからです。


金イコール高級品という認識が世界中に浸透していることも、昔から金が投資の対象にされてきた理由の一つです。


しかし、大きな情勢の変化があれば金の相場も変動することがあるので、売却を検討しているなら、ネットなどで金相場を把握しておくのが無難です。


金買取がブームですね。


古いネックレスがいくらで売れるか気になる人は、金の純度を示す刻印を見てください。


金製品にはほぼ必ず、製品のクオリティを示すため、「K24」などの文字が刻印されています。


よく「18金」や「24金」などと言われるのがこの数値です。


金の純度は伝統的に24分率で表されており、K24なら純金だという意味です。


もちろん、この純度が何%であるかによって専門店に売却する際の価格も全く違ったものになります。


買取店の鑑定士は常に偽物の可能性に目を光らせています。


精巧に作られた贋物を金と偽って店に持ち込む輩もいます。


素人には当然判別できないような、巧妙に作られた贋物で、専門家の目までも誤魔化そうとしてくる場合もあります。


ですが、比重計という、品物の重さを測定して比重を割り出す器具を使えば、水に沈めた場合の重さの変動をもとに、比重を求め、金の純度を判別することが可能です。


タングステン合金で作られた偽物などは比重計でも判別できませんが、試金石という、ケイ酸を多く含む特殊な石を用いて検査すれば、たとえ見た目や比重を似せてあっても、容易に真贋を判別できるのです。


昔は素人が金買取の情報を得るのも一苦労でしたが、最近では実に多くのお店が金の買取をしていますから、調べて利用してみるのもいいと思います。


金は相場変動によって買取額が変わってくるため、いつ売るかで大きく買取額が変わってきます。


店舗や業者によって、手数料の有無なども違いますので、他と比較検討しないままお店を決めたら、他の店と比べて大幅に買取額が下がることもあります。


また、不要な金を買い取るといって自宅に来るタイプもありますが、そうした業者は、相場より大幅に安い額での買取を無理に迫ったりするので論外です。


19:42
2017年08月11日(金)
【手持ちの金製品を買い取ってもらいたい場合】
手持ちの金製品を買い取ってもらいたい場合でも、善は急げとばかりに、すぐに買取に持ち込むのは賢明ではないといえます。


何と言っても、貴金属は買取時の値段に上がり下がりがあるためです。


そこで、毎日変動する金相場を気をつけて見ておいて、高値になるタイミングを見逃さないことが重要です。


資産を現金の形で銀行に預けておくのに加えて、資産を保存する方法としてメジャーなのが、景気や国際情勢の影響を受けない金を保有しておく形です。


まず調べておきたいのは、数百万円もの金を、どこで、どのように買えばいいのかです。


金の購入をご検討されている方は、店ごとに価格が異なりますので、その日の金単価をサイトなどに載せている、ちゃんとした信頼のある店舗で買うようにするといいでしょう。


買った時の店がちゃんとしていれば、逆に売る時もセーフティですよね。


最近はどこでも金買取の店を見かけるようになりました。


利用時の注意点は、悪質な店に騙されないよう、お店選びに慎重になることです。


買取額の高さなど、表面的な部分だけではなく、怪しげな店ではないか、本当に信用していいのかを十分見極める必要があるでしょう。


ちょっとでも悪評判が付いている店はどんなに広告の文句が良くても、利用してはいけません。


買取額が他と比べて高い場合は特に注意してください。


そういう店ほど高額な手数料を取るケースがあるので、利用する前に確認しておきたいところです。


少し前の話ですが、使わなくなった金の指輪を買い取ってもらいました。


今までに経験がなかったですから、適切な売却先がよく分からなくて、ひとまずネットで情報を集めてみました。


そしたら、東京都台東区の御徒町という地域に、貴金属買取の専門店が所狭しと並んでいる一帯があるということなので、その中でホームページがちゃんとしていた店舗を選びました。


実際行ってみるとちゃんとしたお店でしたし、妥当と思われる金額で買取してもらうことができました。


金やプラチナなどの貴金属製品の売却時には、注意するポイントがあります。


金の買取価格は、相場に従って日々変動している上、持ち込む店舗により、最終的な買取価格はピンキリだということなのです。


なので、事前にホームページなどで情報収集し、お店選びをじっくり検討してください。


18:54
2017年08月10日(木)
【全世界を混乱に陥れたリーマンショック。その時】
全世界を混乱に陥れたリーマンショック。


その時からこの頃までに、やや遅めのペースながら、市場における金の買取価格が上がりつつあります。


近頃はそれに加えて、EU加盟国であるギリシャの経済危機により、預金の引き出しにストップが掛けられました。


このことも、先のリーマンショックと同じく、金の価値が高騰する引き金であると言えるでしょう。


そこのお店で売却すればいい値段になるという売り文句につられて行ってみたところ、高価買取は全くのデタラメで、実際は安い金額で金を手放してしまったという話はネットを見ていても散見されます。


多くの業者は真っ当に商売をしていますが、中には客の無知に付け込んで悪質な営業を行っているところも存在するので、よくよく調べてから利用するといいでしょう。


どうにも腹の虫がおさまらないという方は、消費者センターに相談すれば、調査、是正勧告などをしてもらえることと思います。


金の買取店舗を選ぶ際に参考になるのが、金額のシステムです。


鑑定にかかる鑑定料や、買取時の店の取り分である買取手数料を買取時の金額から差し引いてくるお店も少なくないようです。


買取時、こういった費用を取る店だったら、最初の提示価格は高くても、諸経費の分、最終的に受け取る現金の額が随分減らされてしまうのです。


こうなると売らない方がよかったかも?と思ってしまいます。


特に初めての方は、利用する店舗を決める際に、この点を確認しておくことをお勧めします。


金の価値が上がっている現在では、金の高価買取を掲げるお店も大変多くなりましたから、複数のお店の情報を見比べてみましょう。


その時の相場に基づいて買取額は決まるため、現在の価格をチェックして、最適のタイミングで売りましょう。


さらに、お店によって鑑定料や手数料のシステムも異なるので、たまたま見かけただけのお店を選んだ結果、他の店と比べて大幅に買取額が下がることもあります。


また、訪問購入といって、向こうから自宅にやってくるタイプの買取業者はトラブルや詐欺も多いので、気をつけてください。


一口に投資といっても対象は色々あります。


最たるものが金でしょう。


何と言っても金は値崩れしにくいのです。


通貨は国際情勢でレートが変わりますが、金はその影響をほぼ受けないからです。


世界中どこでも通用する価値を持っているということも、外貨や株式と比べて金が値崩れしない要因です。


しかし、大きな情勢の変化があれば金の相場も変動することがあるので、手放す際には、今、金相場が下がっていないか、一度チェックする必要があるでしょうね。


18:48
2017年08月09日(水)
【日本経済にも大幅な景気後退をもたら】
日本経済にも大幅な景気後退をもたらしたリーマンショック以降、今までの間に、ゆっくりとではありますが、金を売却する際の買取価格が上がってきているようです。


加えて、ここ最近、ギリシャ国内では、経済危機が限界に達したため、国民が銀行から預金を下ろせなくなってしまいました。


こうした事態もまた、金の価値が高騰する引き金の一つになったとみられています。


金製の指輪やネックレスなどは、かつては気に入って使っていても、ブームが過ぎてしまったなどでさっぱり身に着けなくなってしまったものもあるでしょう。


家にそういうものがあれば、お近くの金買取店で売却することもできます。


しかし、偽物はもちろん買い取ってもらえません。


本物と言われて買っても、プロが見ると偽物の可能性もあります。


そういう事態に直面してしまったら、泣き寝入りするしかないですね。


金とプラチナはどちらが値段が高いのかを即答できる人は少ないかもしれません。


基本的には、プラチナの方が金より高価とされています。


その理由には、金と比べて特定の地域だけに偏在していることや、総生産量の圧倒的な少なさが挙げられます。


ちなみに金の年間生産量約2500トンに対し、プラチナは約200トンしかありません。


これらはいずれも、永遠に劣化せず輝きを保ち続ける金属なので、遥か昔から、世界中の至る所で富の象徴となってきましたが、全世界の埋蔵量が非常に少なく、人工的にも作り出せないという希少性が、その価値を担保しているのです。


金には色々な種類があります。


種類を決めているのは主に金の純度です。


純度は「○K」という形で表され、最大は24K(純金)です。


金以外の金属が入っている場合(合金)なら、18Kなどと表現します。


「18金」などと言われるのはこれですね。


この18Kというのは簡単に言えば4分の3が金ということです。


そして、金に何を混ぜているかによって、金の色や呼び方が違うのです。


18Kレッドゴールドなら銅が多め、18Kホワイトゴールドならパラジウム入りなどと変化します。


金を売りたいなら、純度は大事ですので、気に留めておくといいでしょう。


現在の金相場は、1グラムいくらという形で表され、現在は約5000円ほどですが、それは24金、すなわち純金の話です。


これが例えば18金(75%の合金)のアクセサリーなどであれば、純金5000円に対し、その75%の3500円になるのです。


100グラムで35万円ですから、仮に200万円以上を超えるような量というと600グラム弱です。


ちなみに指輪一つが5グラムから10グラム前後、喜平ネックレスなら40グラムから100グラムでしょうか。


18金より安い10金のジュエリーも最近は増えてきましたが、これはもはや金の純度が半分以下。


価値は1グラムあたり2000円強にしかなりません。


買取額が200万円を超えるためには1キロほども必要です。


ちょっと現実的ではないですね。


18:42
2017年08月08日(火)
【業者の人間が突然自宅を訪れ、言葉巧】
業者の人間が突然自宅を訪れ、言葉巧みに、あるいは強迫的な態度で金製品の買取を申し出てくるケースがあり、「訪問購入」と呼ばれています。


買取価格が通常に比べて異様に低かったり、強引に売却に同意させられてしまったなどで、後悔するも、泣き寝入りするしかない被害者が多くなっていました。


しかし、安心してください。


訪問購入については平成24年の特定商取引法改正に伴い、クーリングオフ制度の対象となったので、売却から8日以内なら、売った品物を取り戻すことができることを知っておいてください。


金の買取は、古物の取引になるので、お店は、売却する人の身分確認をしなければならないと法律で決まっています。


買取ショップや専門店に持ち込む場合に加えて、ネットを通じて郵送で買取を進める場合も何らかの形で身分確認をしなければなりません。


最も一般的なのは免許証ですが、他にも保険証などの身分証で身分確認を行うことが法律で義務付けられています。


商品を郵送で送って買い取ってもらう場合は、身分証の写しと合わせての発送によって店はお客さんの身分確認を行います。


ショップやネットなどの金買取の市場では、多種多様な品物を現金化することができるのです。


金買取というとおカネ持ちの世界という気がしますし、投資目的の地金を最初に思い浮かべるケースが多いようですが、意外にも日用品にも金が使われているものがあるのです。


金歯や金縁の眼鏡などは、お持ちの方も多いでしょう。


金で出来てさえいれば、眼鏡のフレームや金歯も金製品として立派に買取の対象になります。


普段意識しないことですが、我々の周囲には金でできていたり、一部に金が使われている製品が結構たくさんあったりします。


その代表的なものが金歯です。


こういうものも金買取で値段が付くので侮れません。


豪華な形をしていなくても、実際に金で出来ていれば大丈夫なのです。


タナボタ感覚でのお小遣いも夢ではないので、もう使わなくなった金歯がある方は、捨てずに買取店に持ち込むのをお勧めします。


相場よりも高い金額で金を買い取るという売り文句につられて行ってみたところ、あれやこれやと理由をつけて結局定額で言いくるめるように買取を進められてしまったといった苦い経験をした方もいるかもしれません。


誠実なお店ならよいのですが、一部では犯罪めいたことに手を染めている店もありますから、十分気を付けなければなりません。


どうにも腹の虫がおさまらないという方は、消費者センターに相談すれば、調査、是正勧告などをしてもらえることと思います。


18:36
2017年08月07日(月)
【一口に投資といっても対象は色々あります。中でもゴールド】
一口に投資といっても対象は色々あります。


中でもゴールド(金)は代表的なものでしょう。


何と言っても金は値崩れしにくいのです。


ドルや円のように、世界情勢の影響で価値が変わることがあまりないためです。


高級品として世界中で認知されているのも、金の値崩れが少ない理由なのです。


しかし、大きな情勢の変化があれば金の相場も変動することがあるので、手元の金を売ろうとする前に、今、金相場が下がっていないか、一度チェックしておくのが無難です。


最近メジャーになっているのが、宅配と振込でやりとりが完結する、宅配による金買取サービスです。


その中身を説明すると、まず買取対象の品物を専用の梱包パックでお店に送り、あとは店頭に持ち込んだ場合と同様に査定を受けるというものです。


買取額の通知を受けたら、その額で買取してもらうかを決めればいいのです。


店頭での買取はそんなに夜遅くまで空いていませんが、郵送買取ならネットで24時間いつでも申し込めるので、お店に行く時間がないという方から好評を得ています。


ずっとプラチナだと思っていた指輪などを買取ショップに持って行ったら、実はプラチナの代替品であるホワイトゴールドだと判明したという何とも残念なケースがままあると聞きます。


こうなると、残念ながらプラチナと比べて金銭的価値は著しく下がります。


プラチナは大変希少で、金を上回るほど高価なので、プラチナに手を出せない人は代わりにホワイトゴールドを身に付けるようになったのです。


K18WG、K14WGなどの刻印が入っていれば、プラチナではなくホワイトゴールドだということになります。


代替品と聞くと安そうな印象ですが、金であることに変わりはないので、勿論、金買取の対象になります。


高価な貴金属の保管場所には皆さん気を遣われるようです。


そこまで多くの量がないなら、自宅での保存で十分となりますが、一定量を保管するなら金庫は必須となるでしょう。


自宅に置いておける限度を超えて金を所有するときは、安心安全を求め、安心という点では申し分ない、銀行の金庫に保管することが多いですし、金を売買する業者でも有料の保管サービスを受け付けています。


それでも、どうしても不安なら、思い切って専門店に売却して現金化するのも解決法としてアリでしょうね。


ここのところ、金相場の高騰に伴って、不要になった金製品やプラチナ製品をお売り下さいという内容のテレビCMをよくやっている印象です。


実店舗のみならず、ネット上でもそういう広告が増えていて、「金製品 買取」や「プラチナ 買取」といった言葉で検索したら、高価買取を謳う宣伝のページがたくさんヒットします。


どうせ不要の品物を売るのなら、お店選びにまでこだわる必要はないと感じるかもしれませんが、貴金属の価値というのは、相場の変動があるので、相場を見て、最適のタイミングを狙って売るといいです。


16:24

次n→ 





w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++