金買取の知識


[記事を書く]
[月別]
[更新アラート]
2020年02月18日(火)
【金買取を利用するにあたっては、お店選びで慣れていないと】
金買取を利用するにあたっては、お店選びで慣れていないと悩む人が多いみたいですね。


わざわざ売りに行く以上、可能な限り高く売却できるのがいいというのは利用客としては当たり前の話です。


いいお店を選ぶ時の要点は、口コミやレビューなどでの評価です。


ここで評価が高い店であれば、それだけ買取に満足だったケースが多いことを示しており、参考になります。


金の買取がお得だと聞いて興味を持ったけど、気軽に行ける距離には買取ショップがないケースもあります。


その時は、郵送で買取してもらえるサービスもあります。


ネットで個人情報などを登録すると、郵送用の梱包パックが手元に送られてきます。


その後、商品をそれで梱包して、郵送や宅配便で送るだけです。


しばらくして、電話やメールなどで査定額の提示があるので、その額が納得いくものであれば、承諾の返事をすると、直ちに買取金額が口座に入金されます。


金の買取店舗を選ぶ際に参考になるのが、金額のシステムです。


専門家による鑑定の費用や、買取に伴う手数料などを買取金額から差し引いてくるところと、それらが無料のところがあります。


こうした費用を有料にしている店舗では、最初の提示価格は高くても、諸経費の分、買取の対価として実際に手元に入る金額は減ってしまう結果になります。


なんだか、業者にしてやられたような気分になります。


皆さんも、利用するお店を選ぶときには、買取のシステムの確認は怠らないようにしてください。


せっかく金買取を利用するなら高く売りたいもの。


高額で売却するためには、買取時の諸々の手数料がかからないお店を頑張って探してみるのが第一歩だといえます。


少しでも高額で手放すため、日々の相場の変動をチェックしておくのも重要でしょう。


買取では、グラム数が多いほど査定額も高めに付けてもらえるのが一般的なので、10グラム程度を手放すだけであれば、そこまでシビアに気にすることはないです。


「相場より高く買い取ります」などの広告もネットでは見かけますが、そういう業者に手を出すと無用なトラブルに巻き込まれることが多いので、十分気を付けてください。


最近は、ネットを通じ、郵送で金を買取してもらえるサービスも増えてきました。


メールやラインで商品の画像を送ると、おおよその査定をしてくれる場合もあり、ネットでお客さんを掴もうという営業努力が見られます。


ネットを通じて買取をしてもらう時は、身分証のコピーを送らなければならないことが法律で定められています。


少しでも高い金額で売却するためには、念入りに業者を探さなければなりません。


査定にかかる手数料や、目減りによる減額が一切ない店も少なくないため、そうした情報も参考にして、売却するお店を選ぶといいです。


04:48
2020年02月17日(月)
【金の買取において、少しでも高値を付けて】
金の買取において、少しでも高値を付けてもらうことを目指すなら、買取時の諸々の手数料がかからないお店を粘り強く探してみるといいでしょう。


加えて、日々変わりゆく金の相場に目を光らせておくという努力も欠かせません。


買取では、グラム数が多いほど査定額も高めに付けてもらえるのが一般的なので、ごく少量、例えば10グラム程の買取なら、相場であまり差は出ません。


「相場より高く買い取ります」などの広告もネットでは見かけますが、そういう業者に手を出すと無用なトラブルに巻き込まれることが多いので、上手い話に騙されないようにしましょう。


金のネックレスやブレスレットといった装飾品、あるいは指輪など、今では全然身に付けていないという金製品をずっと死蔵していても一円の得にもなりません。


使わない貴金属の処分に困ったときは、買取をやっているお店に持ち込んでみましょう。


中でも金製品は大抵の店で喜んで買取ってくれます。


最も純度の高い24金(純金)の流通相場が4800円(1グラムあたり)ですから、お店の利益が引かれるので、流通相場より安い買取額になりますが、それでも、買取の一般イメージからすれば、いい意味で予想を裏切るような値段には十分なることと思います。


金買取がメジャーになってきていますが、前に私も買取店を利用して、古い指輪やネックレスを買取してもらいました。


今までに経験がなかったですから、どこに売ったものか迷い、色々なホームページをネットで見て調べてみました。


その結果、御徒町が貴金属の買取では有名だとわかりました。


様々な金買取店が並んでいるところがあったため、その中でホームページがちゃんとしていた店舗を選びました。


実際行ってみるとちゃんとしたお店でしたし、妥当と思われる金額で買取してもらうことができました。


高級品の代名詞でもある金とプラチナ。


しかし、どちらがより高いのかは普段意識することがないでしょう。


基本的には、プラチナの方が金より高価とされています。


その理由には、元々の埋蔵量の少なさを無視できないでしょう。


これらはいずれも、永遠に劣化せず輝きを保ち続ける金属なので、有史以前から世界中で高い価値を認められてきましたが、全世界の埋蔵量が非常に少なく、人工的にも作り出せないという希少性が、その価格を引き上げる要因となっているのです。


家に眠っている貴金属を買取してもらおうかと思ったとき、第一に思いつく選択肢は、「高価買取」などの看板を出している買取店などです。


そうは言っても、一見さんお断りのような雰囲気があったり、そうでなくても恥ずかしくて入りにくいと感じる人も多くいるのではないでしょうか。


そんな方にオススメなのが、デパートで実施している金買取です。


デパートの中にお店を構えている場合もあれば、催事場でやっている場合もあります。


デパートなら変なトラブルは無いだろうという安心感から、初めての方でも利用しやすいでしょう。


04:42
2020年02月16日(日)
【手持ちの金製品を高額で買い取ってくれるとい】
手持ちの金製品を高額で買い取ってくれるという売り文句につられて行ってみたところ、納得できないような安い金額で無理やり売却させられてしまったなどの苦い経験をした方もいるかもしれません。


信用の置けるお店も沢山ありますが、一方、こうした悪質なことをしている店も少なくないようですから、少しでも怪しげなところは利用を避けるべきです。


どうにも腹の虫がおさまらないという方は、次の被害者を防ぐためにも、消費者センターに事態を報告するべきでしょう。


金のネックレスやブレスレットといった装飾品、あるいは指輪など、今となっては身に付けることのなくなった貴金属を自宅に置いたままにしておくのはいかにもムダでしょう。


「でも実際使わないし。


」そんなあなたには、買取をやっているお店に持ち込んでみましょう。


金は劣化しないので、古いアクセサリーでも価値があるのです。


最も純度の高い24金(純金)の流通相場が4800円(1グラムあたり)ですから、それと比べればやや低めの買取金額になりますが、だとしても十分、思った以上の値段で換金することができますね。


株式や外貨など、投資の対象となるものは多いですが、最たるものが金でしょう。


今も昔も、金はほとんど資産価値が崩れないことで知られています。


国際関係に左右される外貨と違って、金の価値は一定だからです。


高級品として世界中で認知されているのも、昔から金が投資の対象にされてきた理由の一つです。


まあ、それでも急に相場が変わることもありますので、手元の金を売ろうとする前に、金の相場に大きな動きがないか確認する必要があるでしょうね。


リーマンショック以降、金製品やプラチナを買い取ってくれるという内容の宣伝を行うお店が急増してきたイメージです。


パソコンやスマホでネットを見ていてもよく広告が表示されますし、ためしにgoogleなどで検索してみても、買取ショップの広告がごまんと出てきます。


元々使わなくなって自宅に眠っていたアクセサリーなら、売る店がどこでも大して変わらないだろうという考えはもっともですが、貴金属の価値というのは、相場の変動があるので、相場の変動を確認しておき、高くなった時に売るのが賢いといえます。


金やプラチナなどの貴金属製品をどこかに売却したいというときには、次のことに気をつけてください。


同量の金を買取に出す場合でも、持ち込む店舗により、買取額や手数料などの諸条件が全く異なるという点です。


店舗ごとの買取価格やその他の条件をネットで調べて、お店選びを熟慮して判断するべきでしょう。


03:18
2020年02月15日(土)
【リーマンショック以降、金製品やプラチナを買い取】
リーマンショック以降、金製品やプラチナを買い取ってくれるという内容の広告や看板が街に溢れています。


WEB上でも、「金 買取」などのワードで検索をかけると、金買取のお店のページがずらずらと出てくるのです。


どうせ不要の品物を売るのなら、沢山あるお店の中のどこに持って行っても同じと感じるかもしれませんが、金の価格は相場によって変わります。


それに伴って買取価格も変わるので、相場を見て、最適のタイミングを狙って売るといいです。


残念ながら金買取には悪質なケースもあります。


業者が家を訪れ、自宅にある金製品の売却を迫り、相場以下の値段で買取を行う、いわゆる「訪問購入」による被害が多くなっていると聞きます。


最初は誠実そうな業者のふりをしていますが、こちらが申し出に応じなければ、一転して強引な態度に出て、金を買い叩くことがあります。


後から売却をキャンセルされまいと、契約書などの手続もいい加減に済まされることが多いです。


少しでも怪しいと思ったらすぐに追い帰すのが吉です。


プラチナの価格が上がっていると聞き、アクセサリーを買取店に持ち込んでみると、鑑定の結果、白金(プラチナ)ではなく、白色金(ホワイトゴールド)だと言われたなどの話は昔からよく聞かれます。


こうなると、残念ながらプラチナと比べて金銭的価値は著しく下がります。


プラチナはあまりに高価で、一昔前は金の3倍ほどしたくらいですから、プラチナに手を出せない人は代わりにホワイトゴールドを身に付けるようになったのです。


K18WG、K14WGなどの刻印が入っていれば、金が半分以上含まれているホワイトゴールドです。


ホワイトゴールドも金を含んでいますから、プラチナには価格で劣るとはいえ、金買取を扱っているお店ならどこでも買い取ってもらえるでしょう。


金の指輪やネックレス、ブレスレットなど、かつて気に入っていたけど今では全然身に付けていないという金製品をそのまま眠らせておくのは得策とは言えませんね。


心当たりのある方は、専門のお店に持っていけば買い取ってくれます。


金は劣化しないので、古いアクセサリーでも価値があるのです。


24金(K24、純金)であれば、今は1グラム約4800で流通しています。


お店の利益が引かれるので、流通相場より安い買取額になりますが、二束三文で買い叩かれるのではないかと思っているなら、その予想を覆す高い金額で手放すことができるでしょう。


最近は金買取を掲げるお店が増えてきましたが、そこではアクセサリーをはじめとして色々なものに値段をつけてもらえます。


「金の買取」などと言うと、豪華な屋敷の金庫に入っている金の延べ棒などにばかり考えが至りがちですが、買取店で取引される品物はそれだけにとどまりません。


意外なところではメガネなどです。


形がどうあれ金は金ですから、ごく普通の金縁眼鏡などでも買い取ってくれる場合が多いです。


03:00
2020年02月14日(金)
【少し前の話ですが、金買取のお店を利用したこ】
少し前の話ですが、金買取のお店を利用したことがあります。


それまでそういうお店とは縁がなかったため、適切な売却先がよく分からなくて、試しにネットで検索してみたのです。


その結果、御徒町が貴金属の買取では有名だとわかりました。


昔から多くの金買取業者が店を構えているエリアがあり、その中でも特に老舗と言われるお店を選びました。


店員さんの対応も丁寧だったし、そこそこ良い金額で手放せたので満足でした。


金に限った話ではないですが、買取は贋物との戦いです。


精巧に作られた贋物を金と偽って店に持ち込む輩もいます。


中には、金メッキの表面に本物同様の刻印を施して、業者を誤魔化して、本物の金として買取させる詐欺も古くからあります。


しかし、鑑定士は贋物に対して無力ではありません。


比重計という道具を用いれば、それが金かどうか、純度は何%かなどが容易に判別できます。


最近では、タングステン合金を利用して金と似た比重を実現した偽物もありますが、試金石と呼ばれる黒い石に品物を擦り付けて色合いを見る「試金石検査」なら、たとえ見た目や比重を似せてあっても、本物の金でないことはすぐにわかります。


金もプラチナも高級品として有名ですが、どっちが高いかはあまり知られていないのではないでしょうか。


基本的には、プラチナの方が金より高価とされています。


理由としては、市場規模の小ささに加え、元々の埋蔵量の少なさが多分に影響しているのです。


人類が現在までに産出したプラチナの量は、金の30分の1に過ぎません。


プラチナや金はその美しさに加え、化学的に安定していて決して劣化しないという性質があり、遥か昔から、世界中の至る所で富の象徴となってきましたが、有史以前から現在まででオリンピックプール3倍分(金の場合)に過ぎないという、圧倒的な流通量の少なさが、その価値を担保しているのです。


金の買取を利用する際には、買取価格が最も気になるところです。


金の買取価格は相場によって変動するものです。


金の値段を決める金相場は、毎日変動しており、同一の金製品でも、売る日によって値段が全く違うということがあり得ます。


こういう事情がありますから、買ったとき以上の金額で売却することを望むなら、ネットで情報を見て、金の値段が上がったタイミングを見逃さないことが重要だといえます。


最近は、ネットを通じ、郵送で金を買取してもらえるサービスも増えてきました。


メールやラインで商品の画像を送ると、おおよその査定をしてくれるケースも多く、お客さんにとっては便利ですよね。


しかし、郵送で買取を行う場合、身分証のコピーやその他の必要な書類を送らなければなりません。


少しでも高い金額で売却するためには、念入りに業者を探さなければなりません。


買取額が高くても手数料を引かれてしまう場合もありますが、手数料をゼロと謳っている店も最近は多いですので、店舗選びの際の参考にできます。


02:54
2020年02月13日(木)
【貴金属の買取を扱う店舗では、20歳未満からの買取の禁】
貴金属の買取を扱う店舗では、20歳未満からの買取の禁止が設けられている場合が多いです。


そのため、未成年の人は買取を利用できないことになります。


ごくまれに、利用を20歳からではなく18歳からと定めている店も存在します。


ですが、その場合でも保護者の同意書は必要です。


しかし、たとえ親の同意があっても、高校卒業までは駄目というケースがほとんどです。


金買取を利用する上では店のシステムを確認することが大事です。


手数料や「目減り」などを無償にしている店ならいいですが、有料の店も少なくありません。


これらの費用を設定している店で買取してもらうと、当然、そのぶん現実に買取額として受け取れる金額は少なくなります。


こうなると売らない方がよかったかも?と思ってしまいます。


皆さんも、利用するお店を選ぶときには、買取のシステムの確認は怠らないようにしてください。


金買取を利用する時のポイントとして、思い立ってすぐさま買取店に走るのは考えものです。


それがどうしてかというと、景気の変化などにより、貴金属は価値が上下しやすいという性質があるからです。


そのため、金相場の変動をチェックしておいて、高値になるタイミングを見逃さないことこそが、買取で得をするカギとなります。


金の売却において気を付けなければならないのは、何より相場の変動に気を配ることでしょう。


買取価格で後悔しないためにも、毎日変動する相場を入念にチェックし、最も得する時を狙って売却するのです。


申し込む時の相場によって、買取価格が決まることがほとんどです。


相場変動を逆手にとって、少しでも高値で金を売るのが賢い方法です。


手持ちの金製品を高額で買い取ってくれるという売り文句につられて行ってみたところ、査定の段になってから色々と難癖をつけられ、結局は安価で最後は半ば強引に買い取られてしまった、などのケースはよく耳にするところです。


金買取もピンキリであり、ちゃんとした業者も多くある一方で、客の無知に付け込んで悪質な営業を行っているところも存在するので、十分気を付けなければなりません。


こういう悪質な店に当たってしまったときは、警察よりも消費者センターにまず相談してみるのが効果的です。


02:30
2020年02月12日(水)
【少し前の話ですが、ずっと身に】
少し前の話ですが、ずっと身に付けていなかった金のアクセサリーを売却しました。


なにぶん、そうしたことは初めてだったので、適切な売却先がよく分からなくて、ひとまずネットで情報を集めてみました。


調べた結果、御徒町のあたりに、様々な金買取店が並んでいるところがあったため、最終的にはその中から一つのお店に絞り込みました。


実際行ってみるとちゃんとしたお店でしたし、予想よりずっといい価格で買い取ってもらえました。


買取ショップが街に溢れる昨今。


初めて金買取をしてもらう場合は、実際いくらになるのか、買取額の目安が気になりますが、金の買取価格は相場によって変動するものです。


国際情勢や景気の良しあしなどにより、金の相場はその都度変わるので、実際の買取額もそれに応じて変わります。


こういう事情がありますから、買ったとき以上の金額での買取をご希望の方は、毎日の金相場をネットなどで確認して、相場変動の情報に強くなっておくことが大事になってきます。


現在の金相場は、1グラムいくらという形で表され、現在は約5000円ほどですが、純金でなければ当然それより安い額になります。


例えば75パーセントが金である18金の場合、5000円×75%なので3500円くらいでしょうか。


それなりの額、例えば200万円になるような18金は、重さで言えば600グラムほどです。


指輪なら数十個、昔流行った喜平ネックレスでも5本以上は必要でしょう。


10金のアクセサリーをお持ちの方もいるかもしれませんが、10金までいくと純度は半分以下の41%程度。


1グラムあたりの価格は2000円ほどです。


ネックレスなら10本から20本ほど、合計1キロも集めなければ200万円に達しないのです。


18歳に達していない青少年は、古物営業法という法律の定めるところにより、金買取の利用は不可能です(金製品に限った話ではありませんが)。


加えて、未成年と取引するのは危険なので、店が独自に制限を課している場合があり、未成年者は、たとえ18歳以上でも、古物売買の利用はできないところがほとんどです。


18歳以上20歳未満で買取ができる場合でも、法定代理人である親が書いた同意書がなければ買取してもらえません。


手持ちの金製品を買取に出すとしても、一番肝心なお店選びの段階で迷うというのはよく聞く話です。


少しでも高値を付けてくれるお店を選びたいというのは当然ですよね。


いいお店を選ぶ時の要点は、口コミやレビューなどでの評価です。


ネットレビューで高評価のところは、それだけ買取に満足だったケースが多いことを示しており、参考になります。


02:24
2020年02月11日(火)
【近頃は、色々なお店が金の買取サービスを実】
近頃は、色々なお店が金の買取サービスを実施しているので、ネットで情報収集することもお勧めです。


金は相場変動によって買取額が変わってくるため、現在の価格をチェックして、最適のタイミングで売りましょう。


お店によっては手数料を買取額から差し引いてくるところもあるので、考えなしに店を決めようものなら、後からひどく後悔するケースも有り得るのです。


尚、頼んでもないのに勝手に家に来て買取を申し出るという業者は、詐欺の可能性も高いので避けておきましょう。


ショップやネットなどの金買取の市場では、意外なほど様々な種類のものの買取を受け付けてくれます。


金というといかにも富豪の趣味という気がして、インゴットや金貨、あるいは指輪などの高級品を連想する人が多いでしょうが、買取店で取引される品物はそれだけにとどまりません。


意外なところではメガネなどです。


メガネのフレームで金が使われているものや、古い金歯などにも価値をちゃんと付けてくれる店が多いです。


金といえば純金を思い浮かべる人が多いでしょうが、実際には色々なものがあります。


金の純度は伝統的に24分率で表現され、金の純度が100%未満であれば、18Kなどと表現します。


「18金」などと言われるのはこれですね。


金の割合が75パーセントなら、100分の75ですから24分の18で、18Kになります。


18Kの中でも、金に何をどれだけ混ぜるかによって種類が変わり、18Kレッドゴールドなら銅が多め、18Kホワイトゴールドならパラジウム入りなどと様々に色合いが変わるのです。


手持ちの金を買取してもらうときに、純度によって大きく値段が変わるのだと思っておいてください。


金買取といっても様々な形式があります。


今、少しずつ流行り出しているのは、宅配と振込でやりとりが完結する、宅配による金買取サービスです。


その中身を説明すると、まず買取対象の品物を専用の梱包パックでお店に送り、あとは査定結果の連絡があるまで待つだけです。


お店からメールや電話で査定額の連絡を受け、承諾の返事をし、取引成立になります。


もちろん金額に納得できなければキャンセルできます。


営業時間の制約がある店頭買取と違い、メールやフォーム送信でいつでも申込できるため、お店に行く時間がないという方が主に利用しているようです。


せっかく金買取を利用するなら高く売りたいもの。


高額で売却するためには、手数料、鑑定料などの費用が安価か無料になっているところを選択するのが何よりの基本になります。


また、金の価格は日々変動するものなので、常に相場をチェックしておくのも重要でしょう。


少しずつ売るより一度に多く持ち込んだ方が買取額で有利になりますから、10グラム程度を手放すだけであれば、そこまでシビアに気にすることはないです。


WEB上には、高額での金買取を掲げた広告がたくさんありますが、相場より高く買い取るなどといった広告はほぼ詐欺か悪質業者ですので、本当に信用できる業者か、慎重に見極めるようにしてください。


01:54
2020年02月10日(月)
【身につけなくなって久しいアクセサリーや腕時計といっ】
身につけなくなって久しいアクセサリーや腕時計といった金製品を持て余している人は案外多いようです。


そんなときは買取ショップで換金しましょう。


ここ十年くらいで、そうしたお店は一気に増えてきたので、公開されている参考買取額をもとに、より高い値段で買取してくれるのはどの店か複数の店の情報を見て比較するといいと思います。


店によっては手数料や査定料を買取価格から差し引いてくるので、手数料の有無などは必ずチェックしてください。


贅沢品の代名詞である金。


しかし、実は我々の日常生活の中にも、金でできていたり、一部に金が使われている製品がそこかしこに潜んでいるものです。


中でも金歯はよく知られていると思います。


金買取店は、こうしたものも買取の対象にしています。


モノが金であれば、形状は何でもいいというわけです。


予想していなかった収入にありつける可能性が高いですから、もう使わなくなった金歯がある方は、迷わず買取に出してしまいましょう。


金の買取は、古物の取引になるので、警察の指導もあり、多くの店舗では本人確認を厳しく行っています。


買取を依頼する際には、お店で直接買取する場合のみならず、郵送買取など、直接店に行かないケースも何らかの形で身分確認をしなければなりません。


最も一般的なのは免許証ですが、他にも保険証などの身分証を提示することで、誰が売ったかを明確にするのです。


郵送した商品を査定してもらう場合は、荷物に同梱する形で身分証のコピーを送ることで法律の要件を満たすことになります。


多くの金買取は法律に則って誠実に行われていますが、一方で、一部では明らかな詐欺もあるので気を付けてください。


悪質な詐欺のケースは、訪問型の買取に多いと言われています。


呼んでもいないのに自宅を訪れ、強引に金の売却を迫ってくるものです。


最近では法規制の対象になりましたが、そんなのどこ吹く風といって、納得できない安価で買い叩かれてしまったり、後から売却のキャンセルを申し入れても応じなかったりと非常に悪質です。


玄関先に上げてしまうと非常に危険なので、はっきり断って追い帰すようにしてください。


貴金属の便利な換金手段である金買取。


その利用において大切なのは、その金製品は現実にどれだけの金額で売却できるかという一点に尽きると思います。


基本的な算出方法を以下に示します。


その時点での金の国際価格を、1トロイオンス(およそ31グラム)で割って、ドル円レートを掛ける。


これによって日本国内の金価格が計算できます。


こうした基本的な計算法を活用し、お店の買取提示額が適切かどうか判るようになっておけば怖いものなしですね。


00:48
2020年02月09日(日)
【昔買ったきりでずっとご無沙汰という金の装飾品】
昔買ったきりでずっとご無沙汰という金の装飾品をお持ちの方も少なくないと思います。


タダで手放すのは惜しいという場合には、買取ショップへの持込みがいいのではないでしょうか。


金・プラチナの高額買取をウリにした店も街に溢れていますから、手持ちの金製品がいくらになるか鑑定に持ち込んでみるのをオススメします。


普通のサラリーマンが普通に手持ちの金製品を売る程度では、金の買取で課税されることなどないでしょう。


お店のほうでは、売買で動くお金も莫大ですから、所得額の申告を行い、多額の税金を納めていることと思います。


それに対して、個人の取引額は微々たるものです。


基本的には気にしなくていいと言えますが、しかし税法も割と頻繁に変わるものなので、お店の人に確認してみることで不安を払拭しておきましょう。


長年身に付けていない指輪などの金製品を持っている人は、買取ショップに引き取ってもらうことをオススメします。


でも、それぞれのお店で基準額や、鑑定料・手数料などが違うので、複数のお店の情報を比較検討してなるべく高値になりそうな店を選ぶべきです。


特に、売りたいものが多い場合、買取額にも大きな差が出てきますので、それだけお店の選択が重要になるのです。


初めてで不安も多い金買取。


安心して利用する上で大事なのはまず、どのお店に買取をお願いするかということです。


判断基準はまず買取価格の高さですが、それに加えて、手続の簡便さも重要なポイントです。


郵送なら振込の早さも大事です。


また、初めて利用する際には、他のどんな条件よりも、詐欺まがいの業者に引っかからないように、その店の実績や評判を確認しておくことです。


信頼のおける情報といえば、口コミ、レビューといった形で寄せられる利用者の声です。


目についた中で最も口コミの良いお店を選択するようにしましょう。


金やプラチナ製のアクセサリーは、昔もらったものでも、時代遅れのデザインだったりして処分を検討している人もいるでしょう。


そうしたアイテムをお持ちの方は、金買取のお店で売ってしまうのも正解でしょうね。


しかし、偽物はもちろん買い取ってもらえません。


自分は本物だと思っていたのに、鑑定してもらうと贋物だった事例もあるのです。


鑑定士にそのように言われたら、残念ですが、勉強になったと思って諦める他にないでしょうね。


00:42

次n→ 





w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++