金買取の知識


[記事を書く]
[月別]
[更新アラート]
2022年05月19日(木)
【金やプラチナなどの買取ショップでは、トラ】
金やプラチナなどの買取ショップでは、トラブルを避けるため、年齢制限が設けられている場合が多いです。


そのため、未成年の人は買取を利用できないケースが大半だと思われます。


とはいえ、例外的に、利用を20歳からではなく18歳からと定めている店も存在します。


ですが、未成年者単独でお店に行く場合、保護者の同意書が必要になります。


また、18歳以上で親の同意書がある場合でも、高校生ならやはり買取は不可能です。


税金は何をしても掛かるものですが、ごく少量の取引であれば、貴金属を売却して利益を得ても、税金を課せられることはほぼありません。


お店のほうでは、取引の量が個人とは違いますから、利益分を届け出て何重もの税金を支払っていることでしょう。


しかし、個人でそのような取引をすることは無いですよね。


基本的には気にしなくていいと言えますが、しかし税法も割と頻繁に変わるものなので、税理士法人のホームページなどで情報を検索してみるというのも一つの手だと思います。


多くの資産がある方は、なるべく形をバラけさせておきたいものです。


定番といえば、金の形で資産を保全しておく方法です。


これなら景気の影響を受けませんからね。


自分がそういうお金持ちではなくても、知っておきたいのは、金をどこで買うかということですね。


新たに金の購入を始められるなら、購入時の価格や条件が店舗ごとに違うので、そうした情報をサイトに明記している、信用できそうなお店から買うことが大切です。


それならば、金の価格が高騰して、いざ手放したいとなった時にも贋物の心配などと無縁で済みます。


指輪やネックレス、イヤリングなどの金製品は、かつては気に入って使っていても、年齢に似合わなくなってしまったりして長らくご無沙汰という場合もあるでしょう。


そのような金やプラチナ製品をお持ちの場合、買取店に持ち込み、現金化するのもありでしょう。


ただ、それが本物の金やプラチナかどうかは気をつけないといけません。


メッキ加工の偽物の場合もあります。


鑑定士にそのように言われたら、泣き寝入りするしかないですね。


最近はやりの金買取。


色々な形式があるようですが、代表的なものとしては、買取ショップに売りたいものを直接持っていく形が基本であるといえます。


目利きに長けた専門家がその場で鑑定を行い、適正価格で見積を出してくれますから、不安要素はありません。


売る前に、入念に査定額の説明などをしてくれるお店も少なくないですから、十分納得のいく金額で買取してもらうことが可能なのです。


金買取は、直接店に行かなくても、ネットでも可能です。


実際に申し込む前に、オンライン査定で大体の目安がわかるケースも多く、お客さんにとっては便利ですよね。


ネットを通じて買取をしてもらう時は、免許証など身分を証明するもののコピーを送る必要があります。


また、なるべく高値での買取を狙うなら、店ごとの条件を比較検討して、合った店を選択することです。


買取にかかってくる様々な手数料を取らない店も中にはあるため、店舗選びの際の参考にできます。


金のネックレスやブレスレットといった装飾品、あるいは指輪など、今となっては身に付けることのなくなった貴金属をただタンスの奥に仕舞っておくのは何だかもったいない気がしますよね。


心当たりのある方は、買取をやっているお店に持ち込んでみましょう。


主な買取対象といえば金ですね。


24金(K24、純金)であれば、今は1グラム約4800で流通しています。


買取相場は一般的にその価格より若干安くなるとはいえ、だとしても十分、思った以上の値段には十分なることと思います。


昔買った貴金属のアクセサリーなどを買取に出したいとき、第一に思いつく選択肢は、買取ショップや質屋さんなどでしょう。


しかし、そういう店はなんとなくコワイという人や、裏から怖いお兄さんが出てくるのではないか、などと思っている人も一定数いるでしょう。


そうした人に嬉しいのが、デパートで利用できる金買取です。


デパートの中にお店を構えている場合もあれば、催事場でやっている場合もあります。


やはり小さなお店よりもデパートの方が信用があり、街の買取ショップより人気の場合もあります。


相次ぐ不況で金の市場価値が上がっていると聞き、家に眠っていた金製品を近所の買取ショップに持っていったのですが、刻印がないものは純度が分からないから買取できないと言われました。


持ち込んだ品の内、刻印がある分だけなら買い取れると言われましたが、手数料がかかることを考えると大した金額にはなりません。


できることなら手持ちの品物をまとめて全部売りたいと思って、貴金属のメッカである御徒町まで行ってきました。


すると、スタッフや設備のレベルが他とはまるで違うのでびっくりしました。


純度を測定するための比重検査、試金石検査など様々な手段を用いて、全ての品物を無事に買い取ってもらうことができ、大満足でした。


手持ちの金製品を買取に出すとしても、一番肝心なお店選びの段階で初めての方はよく迷うようです。


わざわざ売りに行く以上、可能な限り高く売却できるのがいいというのは誰だって考えることですよね。


お店選びの最もわかりやすい基準は、何と言っても、お客さんからの人気でしょう。


多くのお客さんから高く評価されているお店なら、お客さんからの満足度が高いということです。


これを参考に、信頼できるお店を選びましょう。


18:36
2022年05月18日(水)
【リーマンショック以降、金の価格が高騰している】
リーマンショック以降、金の価格が高騰しているそうなので、手持ちの金製品を買取店に持ち込んでみましたが、私が持って行ったものの多くは、刻印がないから買い取れないとのことでした。


持ち込んだ品の内、刻印がある分だけなら買い取れると言われましたが、査定金額も低くなる上、手数料を引かれるとほとんど残りません。


刻印ありも無しもまとめて買い取ってくれる店を求め、金買取で有名な御徒町まで足を延ばしてみました。


御徒町なら、専門のプロが常駐しているようなお店ばかりなので、町のショップではとてもできないような専門的な検査をしてくれて、刻印無しでも全て買取してもらえました。


やはり行ってよかったです。


銀行預金や投資信託などと併せて、定番といえば、景気や国際情勢の影響を受けない金を保有しておく形です。


ここで注意しなければならないのは、数百万円もの金を、どこで、どのように買えばいいのかです。


金を買ってみるのも悪くないなとお思いの方は、ウェブサイトがしっかりしていて、金の単価などが明示されている、取引実績の豊富な業者を選ぶことが肝要だといえます。


信用のおける店から買った金であれば、いつか手放すときにも失敗しないでしょう。


誰でも気軽に利用できる金買取ですが、重要なのは、相場というか、現実に何円くらいの価格になるのかを事前に知っておくことでしょう。


金の純度や加工によって価格は異なるのですが、金そのものの価格の計算法は決まっています。


金の国際価格はその都度変動しています。


その数値を、重量単位の1トロイオンスで割って、ドル円レートを乗じると、日本における金の価格が割り出せます。


よく知らないまま安く売却してしまわないように、正確な相場を把握しておき、店舗に出ている買取価格が適正な数字かどうか自分で見極められるようにしておきたいですね。


タンスの奥に仕舞いっぱなしの貴金属製のアクセサリーなどがある人は多くいるようです。


ただ捨てるだけではしのびないという方は、お店で買取を依頼するのも有力な選択肢ですね。


そうした買取を専門としているお店もここ十年ほどで急激に増えてきたので、手持ちの金製品がいくらになるか一度見てもらうのもいいでしょう。


金買取といっても様々な形式があります。


今、少しずつ流行り出しているのは、ネットで申し込める、金買取の郵送買取サービスです。


その中身を説明すると、まず買取対象の品物を専用の梱包パックでお店に送り、数日で査定結果が出るのを待ちます。


お店は数日以内に査定額を通知してきますから、そうしたらその額でよければ売却し、納得いく金額でなければ品物を送り返してもらいます。


営業時間の制約がある店頭買取と違い、メールやフォーム送信でいつでも申込できるため、周りに買取店が無い人はもちろん、忙しくてお店に行けない人には嬉しいですね。


最近問題になっている事件についてお伝えします。


自宅に業者がやってきて、納得できないような安価で強引に金を買い取っていく、いわゆる「訪問購入」による被害が最近増えているようです。


この手の業者は、最初こそ優しそうな顔をして話をしてきますが、売却を渋る場合には、強引に買取を強行してくることもあるのです。


このような業者は詐欺も同然であり、契約書などの手続もいい加減に済まされることが多いです。


取り合わず追い帰すか、警察を呼んだ方がいいでしょう。


金買取を利用する上では店のシステムを確認することが大事です。


鑑定にかかる鑑定料や、買取時の店の取り分である買取手数料を買取時の金額から差し引いてくるお店も少なくないようです。


高額買取を掲げている店でも、こうした費用が設定されていたら、色々な名目で買取額が減額されて、最終的に受け取る現金の額が随分減らされてしまうのです。


こうなると売らない方がよかったかも?と思ってしまいます。


買取を利用する際には、買取のシステムの確認は怠らないようにしてください。


未だ記憶に新しいリーマンショック。


それから現在までの数年間で、やや遅めのペースながら、市場における金の買取価格が上がりつつあります。


近頃はそれに加えて、EU加盟国であるギリシャの経済危機により、預金の引き出しにストップが掛けられました。


この出来事もまた、リーマンショックと並んで、市場での金の価格が上がる切っ掛けの一つになったとみられています。


ここ数年、金の市場価値が高くなっているので、この機会に買取に出そうという方が多いようです。


この時は、原則としては、税務署で確定申告を行う必要が出てきます。


金の売却によって生じた利益(売却額から購入時の価格や雑費を引いたもの)は、事業でなければ「譲渡所得」として計上されますが、インゴットなどの地金の売却であれば、50万円までは控除されて非課税になります。


売却した金を取得した時期によっても計算式は異なりますが、概ね50万円以下の利益なら実質的には税金は課されないということです。


家のタンスなどに眠ったままの指輪などの金製品を持っている人は、買取に出すのも手です。


ただし、同じ量の金でも店によって価格は変わるので、複数のお店の情報を比較検討して好条件の買取をしている店舗に売るのが得策です。


高価な品物であればあるほど、僅かな基準額の差で大きな違いが出るため、事前の情報収集は欠かせません。


17:06
2022年05月17日(火)
【金製の指輪やネックレスなどは、昔もらったも】
金製の指輪やネックレスなどは、昔もらったものでも、今では飽きてしまったなどの理由で何年も使わずじまいという方も多いと思います。


そうしたアイテムをお持ちの方は、最近流行りの金買取を利用してみるのも一案です。


注意するべきは、手元の金やプラチナ製品が本物かどうかです。


本物と言われて買っても、プロが見ると偽物の可能性もあります。


そのようなケースでは、買ったときに騙されていたのだと諦めるしかありません。


金買取を利用する時のポイントとして、価値が高い内に急いで売ろうというのは賢明ではないといえます。


皆さんが思っている以上に、貴金属は買取時の値段に上がり下がりがあるためです。


こういった理由から、金の相場変動に敏感になり、高値になるタイミングを見逃さないことを意識するといいでしょう。


昨今、街には金買取のショップが溢れていますが、その中では鑑定料、手数料などといった諸費用を取る店もあります。


金の溶解時に目減りする分を差し引いてくる店もあります。


高額買取を掲げている店でも、こうした費用が設定されていたら、色々な名目で買取額が減額されて、買取の対価として実際に手元に入る金額は少なくなります。


こうなると売らない方がよかったかも?と思ってしまいます。


後から損した気分にならないためにも、どういう費用が発生するかは事前に確認しておくことです。


ここ十年ほどで金の価格が上昇し続けていると聞き、家に眠っていた金製品を近所の買取ショップに持っていったのですが、刻印がないものは純度が分からないから買取できないと言われました。


持ち込んだ品の内、刻印がある分だけなら買い取れると言われましたが、手数料も考慮すると割に合わないので、できることなら手持ちの品物をまとめて全部売りたいと思って、貴金属のメッカである御徒町まで行ってきました。


御徒町のお店は、町の買取ショップとは違う、本当の専門家揃いでした。


専用の機械を使って、金性という金の純度の測定をしてくれ、全ての品物を無事に買い取ってもらうことができ、大満足でした。


最近はやりの金買取。


色々な形式があるようですが、代表的なものとしては、近隣の買取専門店に品物を持って行って買い取ってもらうスタイルが最もオーソドックスでしょう。


お店に常駐している目利きのプロが商品を鑑定し、その場で現金を受け取れますから、不安要素はありません。


お客さんが不安にならないよう、金額の説明などをしっかり行っている店舗も多いですので、その場でよく考え、本当に納得してから買取ってもらえます。


これなら安全だと思いませんか。


ここ十年くらい、いわゆる「金プラ買取」系の宣伝を街中でもよく見かけるようになりました。


WEB上でも、自分の地域プラス「金買取」などで検索したら、多くのヒットがあり、いかにそういうお店が多いか思い知らされます。


要らないものを買い取ってもらえるのだから、沢山あるお店の中のどこに持って行っても同じと感じるかもしれませんが、金などの買取価格は相場と連動して毎日変わっているので、少しでも高く売りたければ、相場を日々確認しておきましょう。


金を買取に出そうと考えたとき、普通に思い至る売却先といえば、最近多い「金・プラチナ買取」系のお店ですよね。


ですが、その手のお店は馴染みがなく不安だったり、どうしても信用しきれないという人が少なくないと思われます。


そんな人もご安心下さい。


デパートで買取を実施する場合があるのです。


よく見かけるのは、催事場で期間限定のイベントとして開催している場合です。


やはり小さなお店よりもデパートの方が信用があり、あまり慣れていない方にはぴったりだと言えます。


便利な金買取ですが、一部では悪質な詐欺の事例も存在しています。


中でも「訪問購入」のケースは悪質なものが多いので気を付けましょう。


主婦やお年寄りを狙って家を訪問し、要らない金製品を買い取るとゴリ押しするものです。


最近では法規制の対象になりましたが、そんなのどこ吹く風といって、ほとんど二束三文の値段で換金させられたり、ひどい場合には現金すら渡さず、粗品と引換にされてしまうケースもあります。


話に応じる素振りを少しでも見せると、後が面倒なので、はっきり断って追い帰すようにしてください。


都心から離れたところにお住まいの方などは、ネットを通じた金買取も便利です。


メールやラインで商品の画像を送ると、おおよその査定をしてくれるケースも多く、お客さんにとっては便利ですよね。


ネットを通じて買取をしてもらう時は、買い取ってもらう品物と合わせて、身分証のコピーを送ります。


出来る限り高い値を付けてもらうには、念入りに業者を探さなければなりません。


買取額が高くても手数料を引かれてしまう場合もありますが、手数料を無料にしている店舗も増えてきましたので、なるべくそういう店を選びたいものですね。


金の相場価格はネットでも簡単に見ることができます。


今は1グラム5000円くらいですね。


その価格は純金の状態で取引するときの話ですから、例えば75パーセントが金である18金の場合、純金5000円に対し、その75%の3500円になるのです。


それなりの額、例えば200万円になるような18金の重さというのは、単純計算で550グラムから600グラムほどでしょうね。


近頃は18金よりも安価な10金も増えてきましたが、24分の10は約41%ですから、純金が5000円なら10金は2000円程度です。


これで200万円を稼ごうと思えば、1キログラム以上も必要なのです。


14:06
2022年05月16日(月)
【少し前に、金買取業者を名乗る人から電話がかか】
少し前に、金買取業者を名乗る人から電話がかかってきたことがあります。


勧誘の電話にも色々あるとはいえ、商品を売りに来るんじゃなくて買い取るというのは初めて聞いたので、ちょっと中身を聞いてみようかという気になりました。


電話の人が説明してくれたところによると、家にある貴金属、例えば金のアクセサリーなどで、不要な品を買い取ってくれるという内容でした。


それなら色々あったなあと思って、そのお店の名を控え、ネットでも調べてみました。


今も昔も、金のような貴重品は保存場所が一番のネックのようです。


普通の家庭なら、家に置いておくのも一般的だと思いますが、一定量を保管するなら金庫は必須となるでしょう。


お金持ちが一定量の金塊を保有するケースなどでは、自宅に置いておくと盗みに入られる不安もあるので、警備の厳重な、銀行の貸金庫を使って保管していたり、金を売買する業者でも有料の保管サービスを受け付けています。


とはいえ、どこに置いておいてもリスクが完全に0ということはないでしょうから、心配なら思い切って専門店に売却して現金化するのも選択肢の一つです。


お手持ちの金製品を売却したい方は、買取店の店頭で直接品物を見てもらい、買取をしてもらう形が基本であるといえます。


自分も見ている前で商品を誠実に鑑定してくれ、適切な価格で買い取ってくれるので、不安要素はありません。


査定額の理由などをちゃんと説明してくれる場合が多いため、その場でよく考え、本当に納得してから買取してもらうことが可能なのです。


この中には初めて金買取を利用する方も多いと思います。


まず重要なことは、売却先としてどんなお店を選ぶかということです。


判断基準はまず買取価格の高さですが、それに加えて、面倒な手続きが少ない店がいいですし、郵送買取なら振込が早い所の方がいいですよね。


また、何より大事なこととして、詐欺まがいの業者に引っかからないように、その店の実績や評判を確認しておくことです。


それを測る上で使えるのは口コミ、レビューといった形で寄せられる利用者の声です。


レビューで高得点を得ている業者を選択すれば損することはありません。


金買取を利用する上では店のシステムを確認することが大事です。


鑑定にかかる鑑定料や、買取時の店の取り分である買取手数料を買取時の金額から差し引いてくるお店も少なくないようです。


買取時、こういった費用を取る店だったら、これらが差し引かれることで、最終的に受け取る現金の額が結局、低額になってしまいます。


こうなると売らない方がよかったかも?と思ってしまいます。


特に初めての方は、利用する店舗を決める際に、買取のシステムの確認は怠らないようにしてください。


日常の生活の範囲内にも、金でできていたり、一部に金が使われている製品があちらこちらに存在しています。


例を挙げれば、歯医者さんで付けてもらう金歯がそうですね。


こういうものも金買取で値段が付くので侮れません。


豪華な形をしていなくても、実際に金で出来ていれば大丈夫なのです。


予想していなかった収入をゲットできるチャンスですし、作り直しなどでもう要らなくなった金歯があるなら、そのまま捨てるのではなく、買取に出してみましょう。


リーマンショックやギリシャの経済危機の影響を受け、金の価格が次第に上がってきているので、専門店で買い取ってもらったという時、年間20万円以上の利益が出ている場合などは、税務署で確定申告を行う必要が出てきます。


インゴットなどの地金を売却した際の利益は、事業でなければ「譲渡所得」として計上されますが、インゴットなどの地金の売却であれば、50万円までは控除されて非課税になります。


金を売却した利益が、他の譲渡所得と合わせても50万円以内なら、実質的には税金は課されないということです。


先日、祖母が鬼籍に入り、形見の指輪などを相続で受け取ったのですが、金製といっても、時代が行っているので値段は付かないと思っていました。


金買取に出すのがいいと聞いても、今まで使ったことがなく、どういうものか分からないので何となく不安だったのですが、金買取は怖くないと知人から聞いていたので、利用してみることにしました。


私はほとんど価値はないと思っていたのですが、真剣に査定してくれましたし、お店の雰囲気も思ったより開放的でいい感じでした。


肝心の金額も予想以上のもので、このお店ならまた来てみたいなと思わせるものでした。


金買取がメジャーになった現在では、街中で見かける様々な店で、貴金属の買取を取り扱うようになりました。


評判がいいのは、リサイクル・ショップでしょう。


家電や衣料品などの買取をしてくれるのがメインですが、金、プラチナなどの高価買取を謳う店も一般的になってきたのです。


専門のスタッフがいるので、査定も問題ありません。


金買取の利用を検討している場合は、試しに査定だけしてもらうのもいいですね。


最近数が増えてきた金買取ですが、その中にはタチの悪い詐欺もはびこっているので気を付けなければなりません。


訪問購入には悪質なケースが多いと言われています。


金買取業者を名乗るものが自宅までやって来て、強引に金の売却を迫ってくるものです。


こちらが相場などを知らないのをいいことに、ほとんど二束三文の値段で換金させられたり、売らないと言ったものまで勝手に持って帰られるケースまであります。


話に応じる素振りを少しでも見せると、後が面倒なので、怪しい人間が訪ねてきたら、きっぱりと拒絶してください。


14:00
2022年05月15日(日)
【買取店にとって真贋鑑定は重要です。時として、お】
買取店にとって真贋鑑定は重要です。


時として、お客さん本人が本物と信じていても、当然ニセモノのケースもあります。


メッキの一部に本物の金を厚く盛り、巧妙に刻印を施すなどの方法で、プロの鑑定士を欺こうとしてくる悪質な手口もあります。


しかし、鑑定士は贋物に対して無力ではありません。


比重計という道具を用いれば、比重の違いから、偽物であることはすぐに判明します。


タングステン合金で作られた偽物などは比重計でも判別できませんが、昔から使われている試金石検査という方法ならば、金の表面を少し削り取ることで、あっという間にメッキが剥がれ、偽物と判ってしまいます。


最近数が増えてきた金買取ですが、その中には詐欺まがいの悪質なケースも発生しているので注意が必要です。


特に注意するべきは、訪問型の買取を名乗る詐欺です。


主婦しか居ないような時間帯を狙って家を訪れ、強迫的な態度で金製品の買取を迫ってくるのです。


こちらが相場などを知らないのをいいことに、買取価格も異様に安かったり、売らないと言ったものまで勝手に持って帰られるケースまであります。


弱々しい態度で話に応じていると、ひどい被害を受けてしまうので、そうなる前に拒絶の意思を示し、追い帰すのが得策です。


年間50万円以上の利益が出ている場合などでなければ、金の買取で課税されることなどないでしょう。


お店のほうでは、取引の量が個人とは違いますから、所得額の申告を行い、納税しています。


しかし、個人でそのような取引をすることは無いですよね。


そうは言っても、法律が変わることもあるので、お店の人に確認してみるというのも一つの手だと思います。


原則として、18歳未満の子供は、古物営業法という法律の定めるところにより、金製品などの古物買取の利用を禁止されています。


加えて、未成年と取引するのは危険なので、法律だけではなく業者側でも買取時のルールを定めており、18歳を過ぎていても未成年であれば買取を断られることが多いようです。


また、そもそも未成年は取引行為ができないのが基本であり、親の同伴か、同意書の提示は絶対に必要です。


それ無しで買取している店はマトモではないので注意しましょう。


手持ちの金製品を買い取ってもらいたい場合でも、買取の利用を急ぎすぎるのはあまり賢いやり方とはいえません。


その理由としては、景気の変化などにより、貴金属は価値がコロコロと変わるためです。


そうした事情があるので、ネットなどで金の相場を日々確認しておき、上がるところまで上がったタイミングで手放すことが大事になってきます。


金の買取を初めて利用する際、ぜひ注意してほしいのは、詐欺まがいの店の被害に遭わないよう、慎重に店を選ぶことだといえます。


金額だけを前面に出した広告に釣られることなく、その店が本当に信用できるのかどうかを入念に考えないといけません。


昨今はネットで調べればすぐ情報が出てくるので、悪いことを書かれている店は利用しないほうがいいでしょう。


買取金額だけが高くても油断はできません。


手数料の額によっては、結局他の店と変わらない金額しか受け取れないので、利用する前に確認しておきたいところです。


金買取を利用する上では店のシステムを確認することが大事です。


鑑定料、手数料などといった諸費用を取る店もあります。


金の溶解時に目減りする分を差し引いてくる店もあります。


高額買取を掲げている店でも、こうした費用が設定されていたら、色々な名目で買取額が減額されて、最終的に受け取る現金の額が少なくなります。


ズルイ業者だなあ、と思う方もいるでしょう。


買取を利用する際には、費用の有償・無償はチェックしておいてください。


もう身に着けなくなり、自宅で眠っているプラチナや金製の指輪などの装飾品は案外多いのではないでしょうか。


もう使わないことが分かりきっているなら、お店で買取を依頼するのを考えてみてはどうでしょう。


貴金属の買取を受け付けているショップも街頭、ネット問わず多いですから、本当に高額で売却できるかどうか一度見てもらうのもいいでしょう。


初めて金買取を利用する方が必ず気にされることといえば、実際幾らくらいの金額で買い取ってくれるのかを事前に知っておくことでしょう。


基本的な算出方法を以下に示します。


ドル建ての国際価格を、金の重量単位として使われる1トロイオンス(日本では31グラムほど)で割り、ドル円レートを掛ける。


これによって日本国内の金価格が計算できます。


買取で損しないためにも、こうした計算法や相場を知っておいて、お店が妥当な金額で買取を行っているかどうか判るようになっておけば怖いものなしですね。


この中には初めて金買取を利用する方も多いと思います。


まず重要なことは、売却先としてどんなお店を選ぶかということです。


高値で買ってくれる店を選ぶことに加え、面倒な手続きが少ない店がいいですし、郵送買取なら振込が早い所の方がいいですよね。


また、初めて利用する際には、他のどんな条件よりも、その店がちゃんとした業者かどうかを確認することは避けて通れません。


ネット上で信頼できるソースはそのお店で実際に買取をしてもらった人のレビューです。


レビューで高得点を得ている業者を見極めて利用してください。


13:30
2022年05月14日(土)
【金の買取を利用する上で、気にすることは】
金の買取を利用する上で、気にすることは、一にお店選び、二にも三にもお店選びです。


買取額の高さなど、表面的な部分だけではなく、周りの口コミやレビューなどから、その店の信頼性を十分見極める必要があるでしょう。


レビューの内容が悪かったり、そもそもレビューが少ないお店は買取を依頼するべきではありません。


買取額が他と比べて高い場合は特に注意してください。


それで客を釣っておいて、いざ査定の段で様々な手数料を取ろうとする店もあるので、利用する前に確認しておきたいところです。


金買取の世界には、業者の方から個人宅を訪れて、言葉巧みに、あるいは強迫的な態度で金製品の買取を申し出てくるケースがあり、「訪問購入」と呼ばれています。


買取価格が通常に比べて異様に低かったり、売るつもりはなかったのに、ゴリ押しに負けて売却してしまったなどと、後悔するも、泣き寝入りするしかない被害者が多くなっていました。


しかし、安心してください。


訪問購入については訪問販売と同様、クーリングオフ制度の対象になったため、8日間は品物を渡す必要もないですし、やっぱり嫌になったら契約解除できるのを覚えておき、いざという時に備えてください。


2008年のリーマンショック以降、今までの間に、やや遅めのペースながら、買取市場では金の買取価格が上昇に転じているようです。


また世界の金融を巡る動きとしては最近、ギリシャ国内では、経済危機が限界に達したため、銀行預金の引き出しが無期限で封鎖されました。


この出来事もまた、リーマンショックと並んで、市場での金の価格が上がる切っ掛けの一つになったとみられています。


手元の金製品を処分したいといっても、買取ショップが近所にない方は、郵送での買取を受け付けている店をネットで探してみましょう。


利用を申請すると、郵送用の梱包パックが手元に送られてきます。


その後、買取を依頼したい商品をそれに入れ、送り返すだけです。


その到着後、メールで査定額を教えてもらえるので、金額に同意の返事をしたら、直ちに買取金額が口座に入金されます。


一昔前と違い、今は実に多くのお店が金の買取をしていますから、調べて利用してみるのもいいと思います。


相場の変動によっても大きく買取金額が変わるので、慌てて売るのはよくありません。


手数料などのシステムも店舗によりけりなので、近所のお店に考えなしに買取を依頼すると、他の店と比べて大幅に買取額が下がることもあります。


尚、頼んでもないのに勝手に家に来て買取を申し出るというところは、詐欺スレスレの酷い営業をしている場合が多いです。


せっかく金買取を利用するなら高く売りたいもの。


高額で売却するためには、手数料、鑑定料などの費用が安価か無料になっているところを選択するのが何よりの基本になります。


また、金の価格は日々変動するものなので、常に相場をチェックしておくのも重要でしょう。


持ち込む量が多いほど査定額も高くなるものなので、全部で10グラム程しかないのであれば、相場を気にしたところであまり意味はありません。


「相場より高く買い取ります」などの広告もネットでは見かけますが、相場より高く買い取るなどといった広告はほぼ詐欺か悪質業者ですので、本当に信用できる業者か、慎重に見極めるようにしてください。


買取ショップに金を持ち込む時、一番大事なことといえば、売りたい金製品はいくらの値段で売却できるかを事前に知っておくことでしょう。


基本的な算出方法を以下に示します。


その時点での金の国際価格を、1トロイオンス(およそ31グラム)で割って、現時点でのドル円為替レートをかけたものが、その時の日本国内における金価格です。


よく知らないまま安く売却してしまわないように、正確な相場を把握しておき、お店が妥当な金額で買取を行っているかどうか注意深く判断してください。


金で最も高価なのはもちろん純金ですが、他にも色々な金があります。


カラットの略であるKを用い、純金なら「24K」などと表現します。


合金、つまり純金ではなく他の金属が混ざっている場合は、「18金(18K)」などの表現になります。


18Kは1000分の750という純度です。


割金(金以外の部分)の種類や混合比率によって金の種類は変わります。


銀と銅が五分五分ならイエローゴールド、パラジウムが25%入ればホワイトゴールドなどと様々に色合いが変わるのです。


ある金製品が幾らで売れるかの目安として、結果を左右するのは純度というわけです。


金の市場価値が上がっているとはいえ、善は急げとばかりに、すぐに買取に持ち込むのは考えものです。


それがどうしてかというと、景気の変化などにより、貴金属は価値の変動が頻繁に起こるからです。


なので、金の相場変動に敏感になり、高くなったタイミングを見計らって売却することが重要です。


最近は、ネットを通じ、郵送で金を買取してもらえるサービスも増えてきました。


買取額の目安がサイト上で見られたり、メールで簡単査定を受け付けている場合もあり、ネットでお客さんを掴もうという営業努力が見られます。


ネットを通じて買取をしてもらう時は、身分証のコピーやその他の必要な書類を送らなければなりません。


できる限り高額で手放すためには、色々なお店のサイトを見比べて、一番良い所を選びましょう。


買取額が高くても手数料を引かれてしまう場合もありますが、手数料を無料にしている店舗も増えてきましたので、店舗選びの際の参考にできます。


11:54
2022年05月13日(金)
【全世界を混乱に陥れたリーマンショック。その時】
全世界を混乱に陥れたリーマンショック。


その時から今日に至るまでで、やや遅めのペースながら、金の市場買取価格が上がってきています。


最近ではさらに、ギリシャ国内では、経済危機が限界に達したため、預金の引き出し制限も発動されました。


リーマンショックと同様、ギリシャのこの事態も、買取市場における金の価格が上昇する要因であると言えるでしょう。


金買取を利用するにあたっては、良い買取店を見極める方法で頭を悩ませてしまう人もいるかと思います。


少しでも高値を付けてくれるお店を選びたいというのは当然ですよね。


いいお店を選ぶ時の要点は、ネットで見られる、お客さんからのレビューや口コミです。


多くの人が良かったと言っているお店は、それだけ買取に満足だったケースが多いのが容易に見て取れます。


リーマンショック以降、金の価格が高騰しているそうなので、タンスの奥に眠っていた金製品を、金買取ののぼりを出している店に持って行ったら、私が持って行ったものの多くは、刻印がないから買い取れないとのことでした。


刻印がある商品だけなら買取査定できるとのことでしたが、それでは点数も少なく、手数料がかかることを考えると大した金額にはなりません。


できることなら手持ちの品物をまとめて全部売りたいと思って、初めて御徒町の専門店に足を踏み入れました。


すると、買取店のスタッフや設備も流石にレベルが違い、専用の機械を使って、金性という金の純度の測定をしてくれ、無事に全ての金製品を買い取ってもらうことができました。


若い頃に買ったけどもう身に付けていないといった金製の指輪やネックレス、イヤリングなどをお持ちの方も多いと思います。


ただ家に置いておくより、いっそ買取に出してはどうでしょう。


買取ショップは非常に多くなっているので、相場の動きや、その店での買取額がいくらになるのかを見て、一番高く売れるのはどこか、複数の店の情報を見て比較するといいと思います。


また、手数料の有無などでも大きな差が出るので、よく調べて、有利な店を探してください。


リーマンショック以降の金の高騰を受けて、今は街中で見かける様々な店で、貴金属の買取をするケースが増えています。


街でよく見かけるリサイクルショップもその一例です。


こうしたお店は、家庭での不要な品を買取してくれるのが基本ですが、金やプラチナの買取を大きく扱う事例が現在では多くなっています。


専門のスタッフがいるので、査定も問題ありません。


金買取の利用を検討している場合は、専門店と並んで有力な候補になります。


相場よりも高い金額で金を買い取るなどと言うからお店に行ってみたら、全くそんなことはなく、むしろ相場より低い額で言いくるめるように買取を進められてしまったといった「被害」に遭ってしまった経験をお持ちの方もいるでしょう。


信用の置けるお店も沢山ありますが、一方、こうした悪質なことをしている店も少なくないようですから、よく見極めたうえで利用しないといけません。


黙って泣き寝入りするのが嫌な人は、弁護士もいいですが、先に消費者センターに相談するのをお勧めします。


リーマンショックからこっち、金の価格が高騰している今では、実に多くのお店が金の買取をしていますから、調べて利用してみるのもいいと思います。


その時の相場に基づいて買取額は決まるため、手放すタイミングはよく検討しなければなりません。


また、買取価格から手数料や鑑定料が引かれる場合もありますから、たまたま見かけただけのお店を選んだ結果、思ったほどのお金にならない可能性もあるのです。


また、不要な金を買い取るといって自宅に来るタイプもありますが、そうした業者は、相場より大幅に安い額での買取を無理に迫ったりするので論外です。


もう何年も使っていない貴金属製のアクセサリーなどが沢山あるという方もいるでしょう。


ただ捨てるだけではしのびないという方は、買取店に持ち込んで買取してもらうことを考えてみてはどうでしょう。


「高価買取」などの看板を掲げたお店もあちらこちらにありますので、いくらの値段が付くかまずは確かめてみてはいかがでしょうか。


皆さんもいよいよ金買取を利用してみましょう。


まず最初に大切なのは無数にある買取店の中から売る店を選ぶことです。


価格の多寡もさることながら、買取までの流れや、振込ならそのタイミングなど、見るべき点は多いです。


最後の決め手としては、店の信用度や取引実績をチェックすること。


これに尽きます。


それを測る上で使えるのはそのお店で実際に買取をしてもらった人のレビューです。


目についた中で最も口コミの良いお店を選択すれば損することはありません。


貴金属の代表といえば金とプラチナですが、より高価なのがどちらかまで把握している人はあまり居ないように思います。


最近は金の価格も高騰してきましたが、基本的により高価なのはプラチナです。


昔は特にそうでした。


要因としては、元々の埋蔵量の少なさが挙げられます。


ちなみに金の年間生産量約2500トンに対し、プラチナは約200トンしかありません。


金とプラチナは、いずれも安定した分子構造を持ち決して経年劣化がないので、世界共通の価値を持つ国際商品としての地位を確立していますが、あまりの希少性の高さが、その価値を担保しているのです。


11:36
2022年05月12日(木)
【金製品を売却したいと思っても、一番肝心なお店選びの段】
金製品を売却したいと思っても、一番肝心なお店選びの段階で初めての方はよく迷うようです。


いくらかでも高い金額にしてくれる店がいいというのは、すべてのお客さんが思うことでしょう。


お店選びの最もわかりやすい基準は、実際に利用した人からのレビューなどです。


口コミでの人気が高ければ、ちゃんとした買取をしてお客さんを満足させているということです。


これを参考に、信頼できるお店を選びましょう。


18歳に達していない青少年は、青少年保護の観点から、法律や条例によって、金製品などの古物買取の利用を禁止されています。


未成年者の非行を防ぐ意味合いでも、法律だけではなく業者側でも買取時のルールを定めており、18歳を過ぎていても未成年であれば少なくとも一人では買取を利用できません。


そもそも、未成年者は民法上も、単独では取引ができませんから、保護者が署名捺印した同意書が必要な場合がほとんどでしょう。


初めて金買取を利用する方に押さえてほしいポイントは、なにを置いても、良い店を選ぶことに尽きるでしょう。


買取額の高さなど、表面的な部分だけではなく、怪しげな店ではないか、本当に信用していいのかをよく検討した上で利用する必要があります。


ネットのレビューで評価が低い店などはどんなに広告の文句が良くても、利用してはいけません。


買取額が他と比べて高い場合は特に注意してください。


そういう店ほど高額な手数料を取るケースがあるので、事前に入念に確認することが大事です。


もう要らなくなった指輪などの金製品を持っている人は、金・プラチナ買取系のお店に持って行くのもいいですね。


しかし、どこの店舗に持っていくかによって売却金額は変わりますから、ランキングやレビューなど、ネットで見られる情報を調べた上で、なるべく高値になりそうな店を選ぶべきです。


一点だけならともかく、いくつも売る場合は、買取額にも大きな差が出てきますので、事前の情報収集は欠かせません。


金の買取において、少しでも高値を付けてもらうことを目指すなら、買取時の諸々の手数料がかからないお店を選ぶ必要があります。


少しでも高額で手放すため、日々の相場の変動をチェックしておくのも重要でしょう。


持ち込む量が多いほど査定額も高くなるものなので、少しだけの買取、具体的には10グラム以下なら、それほど相場は気にしなくていいでしょう。


ネットでは、やたらと高額の買取を謳ったサイトが多いですが、悪徳業者や詐欺の可能性が高いでしょうから、本当に信用できる業者か、慎重に見極めるようにしてください。


消費税が5%から8%に上がったのは記憶に新しいですね。


金の購入時には、例えば300万円の金を買って消費税率8%なら24万円の消費税がかかりますが、ここからがポイント。


金を買取に出す際には、自分が受け取る買取額は、本体価格に消費税が上乗せされた額になるのです。


このことを利用して、金をあらかじめ買っておけば、消費税が上がったタイミングで売ることで、何万円か得することになるのです。


今まで反発しかなかった消費増税が投機チャンスに思えてきますね。


ちなみに、日本の8%という消費税率は国際的にはまだまだ安い方なので、国内で買った金を消費税率の高い国に持って行って売却することでも同じような稼ぎ方ができますが、これは高等テクニックと言えますね。


頼んでもいないのに家に業者が訪問してきて、使わなくなった金製品を買取りますなどとしつこく言ってくる迷惑な形式がはびこっており、訪問購入と呼ばれています。


買取価格が通常に比べて異様に低かったり、強迫的な態度に負けて売却に合意してしまったなどと、後悔しても時既に遅し、というケースも多かったのです。


このように問題の多い訪問購入ですが、これに関しては平成24年の特定商取引法改正に伴い、クーリングオフ制度の対象となったので、8日間は品物を渡す必要もないですし、やっぱり嫌になったら契約解除できることを知っておき、悪徳業者のゴリ押しに負けないようにしましょう。


金持ちは全ての資産を現金で持っておくなどしないものです。


ある程度の資産がある人がよく行っているのは、金(ゴールド)の形で資産を保全するというやり方です。


自分がそういうお金持ちではなくても、知っておきたいのは、果たしてどこで金を買えばいいのかという情報です。


新たに金の購入を始められるなら、金相場に基づくその日の販売価格、買取価格を表に出している、信用できそうなお店から買うことが大切です。


信用のおける店から買った金であれば、いつか手放すときにもセーフティですよね。


金製品の買取をしてもらう際には、お客さんの方から店に直接品物を持って行くスタイルが最もオーソドックスでしょう。


お店に常駐している目利きのプロが商品を鑑定し、その場で現金を受け取れますから、詐欺やトラブルとは無縁だといえます。


お客さんが不安にならないよう、金額の説明などをしっかり行っているケースが最近は多いですから、金額をうやむやにされることもなく、しっかり納得して買取ってもらえます。


これなら安全だと思いませんか。


金の買取を利用する際には、古物営業法の規定に基づき、買取時の身分確認が徹底されています。


従来通りにお店に行って買取してもらう場合は勿論のこと、非店舗型の業者など、対面せず郵送と振込でやりとりする場合でも同様です。


最も一般的なのは免許証ですが、他にも保険証などの身分証を店に提示し、個人情報を控えさせることになります。


対面でない場合、商品を発送する際に荷物に同梱する形で身分証のコピーを送ることで法律の要件を満たすことになります。


09:42
2022年05月11日(水)
【金の買取を利用するとしても、思い立ってすぐ】
金の買取を利用するとしても、思い立ってすぐさま買取店に走るのは得策ではありません。


あまり意識されないことですが、金というのは、とにかく市場価値の変動が頻繁に起こるからです。


そのため、金の相場変動に敏感になり、上がるところまで上がったタイミングで手放すことが重要です。


金を買ったはいいが、どうやって保管すればいいか?という問題があります。


あまり量が多くなければ自宅に保管することになるでしょうが、一定量を保管するなら金庫は必須となるでしょう。


アクセサリー程度ならともかく、大量の金を保有しておくなら、最悪、強盗殺人の被害などにも遭いかねないので、安心という点では申し分ない、銀行の金庫に保管することが多いですし、金を売買する業者でも有料の保管サービスを受け付けています。


しかし、どこまでいっても不安だという人は、専門業者に売って現金化し、不安から開放されるのも一つの手でしょう。


一口に金と言っても、その純度によって色々な種類があります。


金の純度は伝統的に24分率で表現され、金の純度が100%未満であれば、18Kなどと表現します。


「18金」などと言われるのはこれですね。


この18Kというのは簡単に言えば4分の3が金ということです。


18Kの中でも、金に何をどれだけ混ぜるかによって種類が変わり、銅と銀を同量ずつ混ぜたイエローゴールドをはじめ、レッド、ピンク、グリーン、ホワイトと、金以外の部分の比率によって合金自体の色合いが変わるのです。


買取店に金製品を持ち込む際に、こうした純度によって価値が違うということを覚えておきましょう。


未だ記憶に新しいリーマンショック。


それからここ数年で、やや遅めのペースながら、買取市場では金の買取価格が上昇に転じているようです。


近頃はそれに加えて、EU加盟国であるギリシャの経済危機により、預金の引き出し制限も発動されました。


こうした事態もまた、金の市場価格を引き上げる起爆剤だったと考えられます。


多くの金買取は法律に則って誠実に行われていますが、一方で、一部では残念ながら詐欺のケースも存在します。


訪問購入には悪質なケースが多いと言われています。


主婦しか居ないような時間帯を狙って家を訪れ、強迫的な態度で金製品の買取を迫ってくるのです。


訪問販売の「押し売り」とよく似た「押し買い」のケースですが、買取価格も異様に安かったり、廃品回収か何かのように、粗品を渡して金を持って行ってしまう場合すらあります。


玄関先に上げてしまうと非常に危険なので、そうなる前に拒絶の意思を示し、追い帰すのが得策です。


金を買取に出そうと考えたとき、普通に思い至る売却先といえば、買取ショップや質屋さんなどでしょう。


ただ、そうした店には独特の雰囲気があって、裏から怖いお兄さんが出てくるのではないか、などと思っている人は、やはり少なくないようです。


さて、そういう場合には、デパートでの買取がお勧めです。


常設のお店がなくても、期間限定の催しとして行っている場合も少なくありません。


デパートならば信用もあるということで、初めての方でも利用しやすいでしょう。


最近は未成年が高額な品物を身に付けていることも多いですが、金買取のお店では未成年者とお店自身、両方の安全を守るため、年齢による利用制限が設けられている場合が多いです。


なので、成人である証明がなければ買取の利用はできないことになります。


ただ、一部では、利用を20歳からではなく18歳からと定めている店も存在します。


ですが、未成年者単独でお店に行く場合、保護者の同意書が必要になります。


この場合でも、18歳を超えていたとしても、高校生ならやはり買取は不可能です。


最近はどこでも金買取の店を見かけるようになりました。


利用時の注意点は、一にお店選び、二にも三にもお店選びです。


広告に出ている買取額以上に、その店が本当に信用できるのかどうかをよく調べてから利用しましょう。


ちょっとでも悪評判が付いている店は買取を依頼するべきではありません。


素人は買取金額が高いお店に飛びつきがちですが、手数料の額によっては、結局他の店と変わらない金額しか受け取れないので、事前に入念に確認することが大事です。


もう使っていない金製品などを専門店で買取してもらうにも、事前に考えておかねばならない点があるのです。


金買取のルールは明確に決まっているわけではないので、どこに持っていくかによっても買取額や手数料などの諸条件がそれぞれ異なっていることです。


ですから、WEBサイトに載っている情報などをくまなく調べ、どの店に売却するか色々な情報を総動員して判断しましょう。


原則として、18歳未満の子供は、青少年保護の観点から、法律や条例によって、金買取の利用は不可能です(金製品に限った話ではありませんが)。


加えて、未成年と取引するのは危険なので、店ではそれ以外にも独自の規定を設けているケースが多く、成人しない内は、売却できないのが通例です。


18歳以上20歳未満で買取ができる場合でも、法定代理人である親が書いた同意書がなければ買取してもらえません。


09:00
2022年05月10日(火)
【最近流行りの金買取ショップでは】
最近流行りの金買取ショップでは、アクセサリーをはじめとして色々なものを売却することができます。


一般に、金買取という言葉からは、豪華な屋敷の金庫に入っている金の延べ棒などが一般的にイメージされるのかもしれませんが、私達の手の届く範囲にも金製品は意外と多いものです。


メガネや金歯などもその一例です。


金製のメガネフレームや、使わなくなった金歯などだって値段をつけてもらえるのです。


最近問題になっている事件についてお伝えします。


自宅に業者がやってきて、不要な金製品を買い取るなどと言って、安い値段で買取を進める、訪問購入と言われるスタイルで被害に遭ったという方が増加しており、警察や消費者センターの対応も追いついていないようです。


買取が持ち主にとってもメリットであるかのようなことを言いながら、こちらが申し出に応じなければ、態度を豹変させ、無理やり買取を進めるという場合が多いようです。


このような業者は詐欺も同然であり、後々の証拠となるような書類もほとんど渡してくれないので、少しでも怪しいと思ったらすぐに追い帰すのが吉です。


プラチナの価格が上がっていると聞き、アクセサリーを買取店に持ち込んでみると、全く別の金属であるホワイトゴールドだと言われたなどというケースが割と多いようです。


ホワイトゴールドも装飾品によく使われますが、プラチナとは全く異なります。


古くはロシア革命の頃、プラチナの供給が激減したため、その代替品としてホワイトゴールドが出回るようになったのです。


アクセサリーのどこかに「K18WG」や「K14WG」といった表記が刻まれていれば、ホワイトゴールドです。


ちなみにプラチナなら「Pt」などの刻印になります。


代替品と聞くと安そうな印象ですが、金であることに変わりはないので、それなりの値段で買い取ってもらえるのは確かです。


最近はブランド物を持っている子供も多いですが、18歳未満は法律や都道府県の条例の定めに従い、単独で買取サービスを利用することができません。


青少年が犯罪被害に巻き込まれることを防ぐためにも、法律だけではなく業者側でも買取時のルールを定めており、成人しない内は、古物売買の利用はできないところがほとんどです。


また、そもそも未成年は取引行為ができないのが基本であり、親が付いて行って代わりに申し込むか、親の書いた同意書の提示は絶対に必要です。


それ無しで買取している店はマトモではないので注意しましょう。


金を買取に出そうと考えたとき、第一に思いつく選択肢は、金の高価買取を掲げているような、街のお店でしょう。


ですが、その手のお店は馴染みがなく不安だったり、一人で入るのは勇気が要るという方は、やはり少なくないようです。


そんな方でも安心して利用できるのが、デパートの金買取ですね。


常設のお店がなくても、期間限定の催しとして行っている場合も少なくありません。


デパートならば信用もあるということで、一見さんでも利用しやすいので人気なのでしょう。


今、金の値段が高騰しているのは確かですが、価値が高い内に急いで売ろうというのは賢明ではないといえます。


何と言っても、金というのは、とにかく市場価値に上がり下がりがあるためです。


そうした事情があるので、刻々と変わる相場に目をつけ、上がるところまで上がったタイミングで手放すことこそが、買取で得をするカギとなります。


金には色々な種類があります。


種類を決めているのは主に金の純度です。


純度は「○K」という形で表され、最大は24K(純金)です。


銀や銅など他の金属との合金であるものは、18Kなどと表現します。


「18金」などと言われるのはこれですね。


金の割合が75パーセントなら、100分の75ですから24分の18で、18Kになります。


18Kの中でも、金に何をどれだけ混ぜるかによって種類が変わり、18Kレッドゴールドなら銅が多め、18Kホワイトゴールドならパラジウム入りなどと、金以外の部分の比率によって合金自体の色合いが変わるのです。


金製品の価値を測る上で、結果を左右するのは純度というわけです。


初めての金買取。


たくさんあるお店の中でどこを選ぶかで、慣れていないと悩む人が多いみたいですね。


わざわざ売りに行く以上、可能な限り高く売却できるのがいいというのは誰だって考えることですよね。


初めての方が注目するべきは、口コミやレビューなどでの評価です。


口コミでの人気が高ければ、買取に不備がなく、信用が置けるお店であると言えます。


初めて利用する際にはそういうお店を選ぶといいですよ。


年間50万円以上の利益が出ている場合などでなければ、貴金属を売却して利益を得ても、税金を課せられることはほぼありません。


買取店であれば、取引の量が個人とは違いますから、その利益に応じて納税しています。


ですが、そこまでの金額を個人がやりとりすることはないでしょう。


基本的には気にしなくていいと言えますが、しかし税法も割と頻繁に変わるものなので、買取店の人に教えてもらうか、事前に税理士さんなどに聞いて調べるのもいいでしょう。


金の買取を利用する上で多くの方が気にするのは、自分の手元の金製品は、一体いくらの値段での買取が見込めるのかという一点に尽きると思います。


目安として、日本における金価格の算出法を知っておきましょう。


金の国際価格はその都度変動しています。


その数値を、重量単位の1トロイオンスで割って、ドル円レートを乗じると、日本における金の価格が割り出せます。


こういう情報一つでも、知ると知らないとでは大きな差があります。


計算法を知っておき、店舗に出ている買取価格が適正な数字かどうかが自分で分かるようにしておくことをお勧めします。


08:12

次n→ 





w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++