金買取の知識


[記事を書く]
[月別]
[更新アラート]
2018年10月20日(土)
【金の価値が高騰していると聞いたので、私もそ】
金の価値が高騰していると聞いたので、私もその機会にずっと身に付けていなかった金のアクセサリーを売却しました。


なにぶん、そうしたことは初めてだったので、どこに売ったものか迷い、試しにネットで検索してみたのです。


そうしたら、貴金属のメッカといわれる御徒町に、昔から多くの金買取業者が店を構えているエリアがあり、その中でホームページがちゃんとしていた店舗を選びました。


店員さんの対応も丁寧だったし、妥当と思われる金額で買取してもらうことができました。


金買取といっても様々な形式があります。


今、少しずつ流行り出しているのは、郵送買取と呼ばれる、貴金属を送って買取査定をしてくれるサービスなのです。


どんなものかというと、買取してほしい品物をまずは店に送って、あとは店頭に持ち込んだ場合と同様に査定を受けるというものです。


お店は数日以内に査定額を通知してきますから、そうしたら納得いく金額であれば了承の返事をし、契約成立となります。


営業時間内にお店に行かなければならない店頭買取と異なり、時間や地域の制約を受けることもなく、お店に行く時間がないという方から好評を得ています。


ともに高級品として知られる金とプラチナですが、どちらが高価かは普段意識することがないでしょう。


基本的には、プラチナの方が金より高価とされています。


百年ほど前は今よりもっと顕著でした。


それには、金と比べても圧倒的に少ない産出量を抜きにしては語れません。


プラチナは南アフリカやロシアのごく限られた地域でしか産出されないのです。


プラチナや金はその美しさに加え、化学的に安定していて決して劣化しないという性質があり、有史以前から世界中で高い価値を認められてきましたが、有史以前から現在まででオリンピックプール3倍分(金の場合)に過ぎないという、圧倒的な流通量の少なさが、その価値を形作っているというわけですね。


お金持ちは色々なものに資金を投資して儲けようとしています。


中でもゴールド(金)は代表的なものでしょう。


今も昔も、金はほとんど資産価値が崩れないことで知られています。


高低の激しい株式や外貨取引と異なり、金は価値がほとんど変わらないのです。


金イコール高級品という認識が世界中に浸透していることも、金の値崩れが少ない理由なのです。


そうは言っても、全く変わらないわけではないので、手放す際には、その時の相場をチェックする必要があるでしょうね。


金の相場が上がっている近頃、一般の人々からも金買取の需要が高まっているので、その需要に応じて、街には金・プラチナ買取系の店が乱立するようになりました。


フランチャイズでチェーン展開する例もあるようです。


沢山のお店の中から選べるほうが利用の敷居が低くなりますし、同業他社に負けじと買取額を上げてくるなど、より良いサービスを提供しようという方向に次第に変わっていく可能性が高いです。


接客態度が悪い店は生き残れないということで、スタッフの質も上がるでしょう。


われわれ利用者の側としては、嬉しいことだらけですよね。


20:12
2018年10月19日(金)
【ここ十年ほどで金の価格が上昇し続けていると聞】
ここ十年ほどで金の価格が上昇し続けていると聞き、タンスの奥に眠っていた金製品を、金買取ののぼりを出している店に持って行ったら、私が持って行ったものの多くは、刻印がないから買い取れないとのことでした。


持ち込んだ品の内、刻印がある分だけなら買い取れると言われましたが、買取手数料の分だけワリを食ってしまうので、それよりは一括で買ってくれる店を探した方がいいと思って、初めて御徒町の専門店に足を踏み入れました。


そこでは、金の買取を専門とするプロのスタッフが査定を担当してくれました。


専用の機械を使って、金性という金の純度の測定をしてくれ、私の持ち込んだ金製品に全て値段を付けてくれました。


一口に金と言っても、その純度によって色々な種類があります。


純金、つまり100%の金であれば「24K」となり、合金、つまり純金ではなく他の金属が混ざっている場合は、その純度に応じて、18Kなどと数値が変わっていきます。


この18Kというのは簡単に言えば4分の3が金ということです。


割金(金以外の部分)の種類や混合比率によって金の種類は変わります。


銅を多く混ぜればレッドゴールド、銀を多く混ぜればグリーンゴールド等と様々に色合いが変わるのです。


金を売りたいなら、大切なのは純度だということです。


最近は、ネットを通じ、郵送で金を買取してもらえるサービスも増えてきました。


買取額の目安がサイト上で見られたり、メールで簡単査定を受け付けている場合もあり、ネットでお客さんを掴もうという営業努力が見られます。


店頭での買取でも身分証を提示しますが、郵送で買取してもらう場合も、商品と一緒に、免許証などの写しを送ることになります。


買取で少しでも得をしようと思えば、条件の良いお店を選ぶことが大切です。


買取にかかってくる様々な手数料が一切ない店も少なくないため、それも主軸としてお店選びを進めるといいでしょう。


元手があるなら投資を考えてもいいですね。


投資対象は色々ありますが、最たるものが金でしょう。


今も昔も、金はほとんど資産価値が崩れないことで知られています。


国際関係に左右される外貨と違って、金の価値は一定だからです。


世界中どこでも通用する価値を持っているということも、外貨や株式と比べて金が値崩れしない要因です。


そうは言っても、全く変わらないわけではないので、売却を検討しているなら、新聞やネットで相場の上がり下がりを確認した上で決断するのが得策でしょう。


もう使っていない金製品などを専門店で買取してもらうにも、事前に次のことに気をつけてください。


金の価値は相場でも変わる上、店舗ごとの基準によって、買取額や手数料などの諸条件が大きく変わってくることです。


そのため、WEBサイトに載っている情報などをくまなく調べ、どの店舗の買取を利用するか、よく検討して判断する必要があります。


19:30
2018年10月18日(木)
【お金持ちは色々なものに資金を投資して儲けようとしてい】
お金持ちは色々なものに資金を投資して儲けようとしています。


中でもゴールド(金)は代表的なものでしょう。


金というものは、資産価値があまり下がらないという特徴があるのです。


ドルや円のように、世界情勢の影響で価値が変わることがあまりないためです。


世界のどこに行っても貴重品として認識されていることも、金が投資対象として魅力的である一因です。


まあ、それでも急に相場が変わることもありますので、手元の金を売ろうとする前に、その時の相場をチェックした上で決断するのが得策でしょう。


金を買取に出す上で、まず大事なのは売却先としてどんなお店を選ぶかということです。


価格の多寡もさることながら、買取までの流れや、振込ならそのタイミングなど、見るべき点は多いです。


しかし、色々ある中で最も大事な条件というと、その店がちゃんとした業者かどうかを確認することは避けて通れません。


それを測る上で使えるのは利用者からの生の声です。


これは口コミやレビューの形で確認できます。


レビューで高得点を得ている業者を優先して利用するのがいいでしょう。


最近数が増えてきた金買取ですが、その中には残念ながら詐欺のケースも存在します。


特に注意するべきは、訪問型の買取を名乗る詐欺です。


呼んでもいないのに自宅を訪れ、強迫的な態度で金製品の買取を迫ってくるのです。


最近では法規制の対象になりましたが、そんなのどこ吹く風といって、ほとんど二束三文の値段で換金させられたり、廃品回収か何かのように、粗品を渡して金を持って行ってしまう場合すらあります。


弱々しい態度で話に応じていると、ひどい被害を受けてしまうので、怪しい人間が訪ねてきたら、きっぱりと拒絶してください。


リーマンショック以降、金の価格が高騰しているそうなので、自宅にあった金製品の買取をショップに依頼してみると、純度を示す刻印が入っていないから、値段は付けられないと言われてしまいました。


刻印の入っているものもあったので、それだけ買取してもらってもよかったのですが、買取手数料の分だけワリを食ってしまうので、それよりは一括で買ってくれる店を探した方がいいと思って、貴金属のメッカである御徒町まで行ってきました。


御徒町なら、専門のプロが常駐しているようなお店ばかりなので、専用の機械を使って、金性という金の純度の測定をしてくれ、刻印の入っていない金にも全て買取額を付けてくれたのです。


昔は素人が金買取の情報を得るのも一苦労でしたが、最近では実に多くのお店が金の買取をしていますから、色々と調べて比較検討してみるのもいいでしょう。


金に限った話ではないですが、貴金属は相場変動が激しいので、慌てて売るのはよくありません。


また、買取価格から手数料や鑑定料が引かれる場合もありますから、近所のお店に考えなしに買取を依頼すると、「他所で売ればもっと高くなったのに!」と後悔する可能性もあります。


ちなみに、自宅をいきなり訪問して金の買取を行う「訪問購入」のところは、詐欺スレスレの酷い営業をしている場合が多いです。


19:00
2018年10月17日(水)
【株式や外貨など、投資の対象とな】
株式や外貨など、投資の対象となるものは多いですが、昔からその代表といえば金です。


何と言っても金は値崩れしにくいのです。


高低の激しい株式や外貨取引と異なり、金は価値がほとんど変わらないのです。


世界のどこに行っても貴重品として認識されていることも、金の値段が崩れない根拠になっているのです。


しかし、大きな情勢の変化があれば金の相場も変動することがあるので、売却を検討しているなら、ネットなどで金相場を把握することをオススメします。


今の金相場はグラム5000円くらいでしょうか。


これはあくまで純金の価格ですから、これが例えば18金(75%の合金)のアクセサリーなどであれば、純金が1グラム5000円であれば、75%なので3500円ほどということです。


ですから、現実の買取では、それだけで200万円に達するには、必要な量は600グラムほどです。


指輪なら数十個、昔流行った喜平ネックレスでも5本以上は必要でしょう。


10金のアクセサリーをお持ちの方もいるかもしれませんが、10金は約41%の純度なので、1グラム約2000円ということになり、1キロほど寄せ集めないと200万円にはなりません。


最近、国際価格の高騰に伴って金の買取相場が高くなっているので、金買取を利用して小金を得る方もいるでしょう。


金を売ったら、その金額や状況によりますが、これを譲渡所得として、確定申告を行わなければなりません。


購入時の価格以上で売れた場合など、売却によって生じた利益は、通常は譲渡所得として総合課税に含まれるのですが、地金(インゴットなど)の場合、50万円の特別控除が受けられます。


色々と複雑な計算はありますが、要約すると、50万円以下の譲渡所得であれば実質的には税金は課されないということです。


デザインが古いとか、年齢が合わなくなったとかで、もう使わない金やプラチナのアイテムの処分に困っている方もいるかもしれません。


そこで役立つのが金買取ショップです。


貴金属買取のお店はたくさんありますが、公開されている参考買取額をもとに、どこが一番高値を付けてくれるか色々と見て比べてみるといいでしょう。


買取価格の他にも、様々な手数料を取る店と取らない店があるので、情報収集を怠らないことが肝要です。


もう使っていない金製品などを買取店に持ち込む前に、留意すべき点があるのです。


すなわち、ある金製品を買取に持ち込むとしても、店舗ごとの基準によって、最終的な買取価格は大きく変わってくることです。


そのため、買取額の基準や、手数料などのルールを確認しておいて、どの店舗の買取を利用するか、熟慮して判断するべきでしょう。


16:48
2018年10月16日(火)
【ここのところ、金相場の高騰に伴って、金製品やプ】
ここのところ、金相場の高騰に伴って、金製品やプラチナを買い取ってくれるという内容の宣伝を街中でもよく見かけるようになりました。


実店舗のみならず、ネット上でもそういう広告が増えていて、気になって検索してみたら、金買取のお店のページがずらずらと出てくるのです。


いくらかでも現金になるのなら、沢山あるお店の中のどこに持って行っても同じと感じるかもしれませんが、金などの買取価格は相場と連動して毎日変わっているので、相場の変動を確認しておき、高くなった時に売るのが賢いといえます。


ショップやネットなどの金買取の市場では、意外なほど様々な種類のものを売却することができます。


金製品を買い取るなどと言われると、投資目的の地金を連想する人が多いでしょうが、買取店で取引される品物はそれだけにとどまりません。


金歯などは典型的な例でしょう。


メガネのフレームで金が使われているものや、古い金歯などだって値段をつけてもらえるのです。


この前、身内が他界して、私も遺品の指輪をもらったのですが、傷物や色褪せているものも中には混ざっていました。


今まで金の買取は利用した経験がなく、素人が手を出して大丈夫なのか不安もありましたが、金買取は怖くないと知人から聞いていたので、利用してみることにしました。


査定してくれた方は、目利きのプロといった風情で、気持ちよく買取手続を終えることができました。


買取額も十分納得できるもので、このお店ならまた来てみたいなと思わせるものでした。


身につけなくなって久しい金やプラチナのアイテムを持て余している人は案外多いようです。


最近は金やプラチナの買取を掲げた店が多いので、利用してみてはどうでしょうか。


ここ十年くらいで、そうしたお店は一気に増えてきたので、サイトやチラシで買取額を調べ、より高い値段で買取してくれるのはどの店か色々と見て比べてみるといいでしょう。


その他にも様々な条件で買取価格が変わるので、よく調べて、有利な店を探してください。


最近はどこでも金買取の店を見かけるようになりました。


利用時の注意点は、詐欺まがいの店の被害に遭わないよう、慎重に店を選ぶことだといえます。


買取額だけに注目するのではなく、周りの口コミやレビューなどから、その店の信頼性を厳しくチェックしてください。


レビューの内容が悪かったり、そもそもレビューが少ないお店はどんなに広告の文句が良くても、利用してはいけません。


素人は買取金額が高いお店に飛びつきがちですが、見た目の買取額だけ釣り上げ、手数料やその他の名目でお金を取る場合もあるので、できれば見積に出す前に確かめられるといいでしょう。


16:18
2018年10月15日(月)
【銀行預金や投資信託などと併せて、定番といえば】
銀行預金や投資信託などと併せて、定番といえば、景気や国際情勢の影響を受けない金を保有しておく形です。


しかし気になる点もあります。


それは、実際にその金をどこで購入するかです。


金を買ってみるのも悪くないなとお思いの方は、店ごとに価格が異なりますので、その日の金単価をサイトなどに載せている、取引実績の豊富な業者を選ぶことが肝要だといえます。


そういうお店で買った金なら、売却時にも本物だという信頼があるので大丈夫です。


初めて金買取を利用してみようと思っている方は、実際いくらになるのか、買取額の目安が気になりますが、金の買取価格は相場によって変動するものです。


金の値段を決める金相場は、毎日変動しており、店頭で買取してもらう際の金額もそれに伴って変わることになります。


なので、手元の金を少しでも高い値段で売りたいと思う方は、ネットで情報を見て、価値が上がるタイミングを見計らうことに努力を捧げてもいいと思います。


金の買取がお得だと聞いて興味を持ったけど、近くに買取店がない場合もあるでしょう。


そういうときは、郵送で買取してもらえるサービスもあります。


まずは住所・氏名などを書いてフォームで送信することで、貴金属を安全に送る用の梱包パックが自宅に届きます。


そして、買取を依頼したい商品をそれに入れ、送り返すだけです。


その到着後、買取価格がメールなどで知らされるので、その金額でよければ承諾の連絡を返し、その後、銀行口座への振込で買取代金を受け取れます。


貴金属を購入しても、盗まれるのが怖いので置き場所に困りますよね。


大資産家はともかく、普通の人は自宅に保管しておくことになりますが、書斎に金庫を置いておくくらいの安心感は欲しいですよね。


数千万円、数億円といった価値の金塊を保有する資産家の場合は、自宅に置いておくと盗みに入られる不安もあるので、自宅には流石に置かず、銀行で大きな貸金庫を借りている場合や、金を売買する業者でも有料の保管サービスを受け付けています。


しかし、どこまでいっても不安だという人は、思い切って専門店に売却して現金化するのも解決法としてアリでしょうね。


最近はどこでも金買取の店を見かけるようになりました。


利用時の注意点は、誠実で信頼できるお店を選ぶことです。


広告に出ている買取額以上に、様々な観点から、その業者が信用できるかどうかを十分見極める必要があるでしょう。


ちょっとでも悪評判が付いている店はトラブルに遭う前に避けて通ることです。


素人は買取金額が高いお店に飛びつきがちですが、手数料の額によっては、結局他の店と変わらない金額しか受け取れないので、事前に入念に確認することが大事です。


15:42
2018年10月14日(日)
【一口に金と言っても、その純度によって】
一口に金と言っても、その純度によって色々な種類があります。


よく聞く「24金(24K)」というのは純度100パーセントの金を指します。


純金でなく他の金属との合金の場合は、18Kなどと表現します。


「18金」などと言われるのはこれですね。


18Kは1000分の750という純度です。


18Kの中でも、金に何をどれだけ混ぜるかによって種類が変わり、銀と銅がほぼ同量ならイエロー、銅が多ければレッド、銀が多ければグリーンなどと変化します。


金製品の価値を測る上で、大切なのは純度だということです。


最近はブランド物を持っている子供も多いですが、18歳未満は青少年保護の観点から、法律や条例によって、お店に行っても買取してもらえないのが原則です。


さらに、取引の安全を守る意味でも、店が独自に制限を課している場合があり、未成年者は、たとえ18歳以上でも、単独では利用できないのが一般的でしょう。


また、そもそも未成年は取引行為ができないのが基本であり、親が付いて行って代わりに申し込むか、親の書いた同意書の提示が必要な場合がほとんどでしょう。


3%→5%→8%と上がってきた消費税。


金の購入時にも、例えば300万円の金を買って消費税率8%なら24万円の消費税がかかりますが、買った金を買取店に持って行って売ると、なんと消費税分が買取価格に上乗せして受け取れるのです。


なので、一度金を買っておけば、その後の売却によって、消費税の増税分を得できるということになります。


さらに、日本は諸外国と比べて消費税率が低いので、日本で金を購入し、ヨーロッパ諸国など、消費税率の高い国で売ることでも同じような稼ぎ方ができますが、これは高等テクニックと言えますね。


家に眠っている貴金属を買取してもらおうかと思ったとき、候補に挙がってくるのは、「高価買取」などの看板を出している買取店などです。


しかし、そういう店はなんとなくコワイという人や、詐欺やトラブルが有り得るのではないかと感じてしまう方も一定数いるでしょう。


そんな方にオススメなのが、デパートで実施している金買取です。


常設のお店がなくても、期間限定の催しとして行っている場合も少なくありません。


デパートなら変なトラブルは無いだろうという安心感から、街の買取ショップより人気の場合もあります。


手持ちの金製品を買い取ってもらいたい場合でも、思い立ってすぐさま買取店に走るのはあまり賢いやり方とはいえません。


それがどうしてかというと、金というのは、とにかく市場価値がコロコロと変わるためです。


なので、刻々と変わる相場に目をつけ、高くなったタイミングを見計らって売却することを意識するといいでしょう。


15:00
2018年10月13日(土)
【業者の人間が突然自宅を訪れ、しつこく金を買い】
業者の人間が突然自宅を訪れ、しつこく金を買い取ろうとしてくる場合があり、「訪問購入」として法規制の対象になっています。


業者の提示した買取金額がどう考えても安すぎだったり、強迫的な態度に負けて売却に合意してしまったなどと、後悔するも、泣き寝入りするしかない被害者が多くなっていました。


このように問題の多い訪問購入ですが、これに関しては訪問販売と同様、クーリングオフ制度の対象になったため、売却から8日以内なら、売った品物を取り戻すことができることを知っておき、悪徳業者のゴリ押しに負けないようにしましょう。


最近はブランド物を持っている子供も多いですが、18歳未満は古物営業法や青少年健全育成条例に基づき、金製品などの古物買取の利用を禁止されています。


未成年者の非行を防ぐ意味合いでも、お店にもそれぞれの決まりがあり、18歳を過ぎていても未成年であれば古物売買の利用はできないところがほとんどです。


未成年が利用できる場合もありますが、そこにも制限があり、保護者(主に親)が署名した同意書の持参が必要ですし、それをしていない店があれば逆に怪しいので気を付けてください。


高価な貴金属の保管場所には皆さん気を遣われるようです。


あまり量が多くなければ自宅に保管することになるでしょうが、一定量を保管するなら金庫は必須となるでしょう。


アクセサリー程度ならともかく、大量の金を保有しておくなら、やはり自宅保管では心配なので、安心という点では申し分ない、銀行の金庫に保管することが多いですし、金を販売している業者が保管設備を持っていて、有償で保存を受け付けているケースもあります。


とはいえ、どこに置いておいてもリスクが完全に0ということはないでしょうから、心配なら金の形で資産を保全することにこだわらず、専門業者の買取に出してしまうのも良い方法だと思います。


消費税は今後も更に上がると言われていますが、ここでお得な話を一つ。


金を購入する際には、例えば300万円の金を買って消費税率8%なら24万円の消費税がかかりますが、その金を買取ショップで買い取ってもらうと、なんと消費税分が買取価格に上乗せして受け取れるのです。


そのため、元々金を持っていれば、消費税が上がったタイミングで売ることで、何万円か得することになることになります。


消費増税サマサマじゃありませんか。


他にも、日本や台湾、カナダなど消費税率の安い国で買った金を、ヨーロッパなどの消費税が高い国に持ち込んで売ることでも同様に利益を上げられる可能性があります。


金の買取を利用するとしても、善は急げとばかりに、すぐに買取に持ち込むのは正直、正解とは言えないのです。


皆さんが思っている以上に、金やプラチナといった貴金属は、市場での価格が上下しやすいという性質があるからです。


こういった理由から、金の相場変動に敏感になり、高くなったタイミングを見計らって売却することが大事になってきます。


14:00
2018年10月12日(金)
【そこのお店で売却すればいい値段になるという売り】
そこのお店で売却すればいい値段になるという売り文句につられて行ってみたところ、納得できないような安い金額で金を手放してしまったという「被害」に遭ってしまった経験をお持ちの方もいるでしょう。


信用の置けるお店も沢山ありますが、一方、客の無知に付け込んで悪質な営業を行っているところも存在するので、店を選ぶ際には慎重になりすぎるくらいが丁度よいでしょう。


どうにも腹の虫がおさまらないという方は、警察よりも消費者センターにまず相談してみるのが効果的です。


金に優るとも劣らない高級品といえばプラチナですが、プラチナの指輪などを店で見てもらうと、実はプラチナの代替品であるホワイトゴールドだと判明したというエピソードはよく聞きます。


ホワイトゴールドも装飾品によく使われますが、プラチナとは全く異なります。


古くはロシア革命の頃、プラチナの供給が激減したため、プラチナに手を出せない人は代わりにホワイトゴールドを身に付けるようになったのです。


合金であるホワイトゴールドは、一般に18金か14金なので、K18WGやK14WGなどとあればホワイトゴールドだという証です。


なんだか安っぽいように思えるかもしれませんが、これだって金の一種ですから、買取ショップでお金に変えることは勿論可能です。


よほど大量の取引をしていない限り、金を専門店に売却しても税金はかかりません。


買取店であれば、日々多くの金製品を売り買いしていますので、所得額の申告を行い、結構高い税金を課せられているでしょう。


一方、個人の取引でそこまでの額になることはほぼありません。


もっとも、税法が改正されることも有り得るので、お店の人に確認してみることで不安を払拭しておきましょう。


金の価値が高騰していると聞いたので、私もその機会に買取店を利用して、古い指輪やネックレスを買取してもらいました。


金買取はそれまで利用したことがなく、買取してもらうお店をすぐには決められず、WEB上で情報収集することにしました。


そうすると、御徒町の専門店街が信用できるとの情報がありました。


昔から多くの金買取業者が店を構えているエリアがあり、中でもお勧めと書かれている店に持っていきました。


実際行ってみるとちゃんとしたお店でしたし、そこそこ良い金額で手放せたので満足でした。


指輪やネックレス、イヤリングなどの金製品は、十年以上前に買ったものでも、今では飽きてしまったなどの理由で長らくご無沙汰という場合もあるでしょう。


自宅にそうした商品を眠らせている方は、最近流行りの金買取を利用してみるのも一案です。


でも、ここで落とし穴があります。


自分は本物だと思っていたのに、鑑定してもらうと贋物だった事例もあるのです。


買取に行ってそういうことになったら、買ったときに騙されていたのだと諦めるしかありません。


13:48
2018年10月11日(木)
【金の買取において、少しでも高値を付けてもらうこと】
金の買取において、少しでも高値を付けてもらうことを目指すなら、手数料や査定費用といった名目でお金を取るような業者を避け、良心的な店を選ぶ必要があります。


加えて、日々変わりゆく金の相場に目を光らせておくといった工夫もできるといいでしょう。


買取では、グラム数が多いほど査定額も高めに付けてもらえるのが一般的なので、10グラム程度を手放すだけであれば、そこまでシビアに気にすることはないです。


また、高額買取を前面に出したWEB広告を最近は多く見かけるようになりましたが、そういうところは大抵が悪徳業者なので、十分気を付けてください。


不要な金を買い取りますという電話を先日受けました。


生命保険や、子供の塾の勧誘ならよくありますが、商品を売りに来るんじゃなくて買い取るというのは初めて聞いたので、ちょっと中身を聞いてみようかという気になりました。


電話の人が説明してくれたところによると、手持ちの宝飾品や貴金属で不要な品を高値で買取してくれるというのです。


それなら色々あったなあと思って、そのお店の名を控え、ネットでも調べてみました。


デザインが古いとか、年齢が合わなくなったとかで、もう使わない金やプラチナのアイテムを持て余している人は案外多いようです。


そのまま眠らせておくより、買取に出すことをお勧めします。


貴金属買取のお店はたくさんありますが、サイトやチラシで買取額を調べ、どの店で買取してもらうのが一番得になるか、比較検討するのが賢いやり方です。


また、手数料の有無などでも大きな差が出るので、表面的な買取価格だけではなく、色々な情報を確認しておきましょう。


リーマンショック以降の金の高騰を受けて、今は多くの店舗や業者が、金やプラチナといった高級貴金属の買取をするケースが増えています。


街でよく見かけるリサイクルショップもその一例です。


一般的には、着なくなった服などを売りに行く所ですが、需要の拡大に応え、金やプラチナの買取サービスを始める店も一般的になってきたのです。


専門のスタッフがいるので、査定も問題ありません。


自宅に眠っている貴金属を売りたい人は、買取価格などを調べてみてもいいと思います。


不要な貴金属の売却時には、注意するポイントがあります。


金買取のルールは明確に決まっているわけではないので、店舗ごとの基準によって、買取額や手数料などの諸条件が大きく変わってくることです。


そのため、お店が掲げている買取額や手数料をチェックし、どの店に売却するか色々な情報を総動員して判断しましょう。


12:54

次n→ 





w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++