金買取の知識


[記事を書く]
[月別]
[更新アラート]
2017年10月22日(日)
【金を買ったはいいが、どうやって保管すればいいか?という】
金を買ったはいいが、どうやって保管すればいいか?という問題があります。


あまり量が多くなければ自宅に保管することになるでしょうが、金庫くらいは無ければ安心できないでしょう。もっと桁違いの量、例えば資産家が金の延べ棒を大量に保有する場合などなら、強固なセキュリティが必要になるので、取引のある銀行で貸金庫を借りている例も多いですし、金の販売業者によっては、購入した金を有償で保管しておいてくれるところもあるのです。しかし、どこまでいっても不安だという人は、思い切って専門店に売却して現金化するのも一つの手でしょう。初めて金買取を利用する方が必ず気にされることといえば、その金製品は現実にどれだけの金額で買い取ってくれるのかを正確に知りたいということですよね。基本的な算出方法を以下に示します。

ドル建ての国際価格を、金の重量単位として使われる1トロイオンス(日本では31グラムほど)で割り、現時点でのドル円為替レートをかけたものが、その時の日本国内における金価格です。こういう情報一つでも、知ると知らないとでは大きな差があります。
計算法を知っておき、適正価格での買取が行われているのか自分で見極められるようにしておきたいですね。せっかく金買取を利用するなら高く売りたいもの。高額で売却するためには、手数料、鑑定料などの費用が安価か無料になっているところを粘り強く探してみるといいでしょう。


加えて、日々変わりゆく金の相場に目を光らせておくという努力も欠かせません。

少しずつ売るより一度に多く持ち込んだ方が買取額で有利になりますから、少しだけの買取、具体的には10グラム以下なら、それほど相場は気にしなくていいでしょう。
「相場より高く買い取ります」などの広告もネットでは見かけますが、そういうところは大抵が悪徳業者なので、その手の広告を出している店はなるべく避けるのがいいでしょう。金の相場が1グラム5000円というと、かなり高騰していると言えますが、それは24金、すなわち純金の話です。

純度によって額は下がります。例えば18金なら、5000円×75%なので3500円くらいでしょうか。

100グラムで35万円ですから、仮に200万円以上に達するには、必要な量は600グラムほどです。指輪なら数十個、昔流行った喜平ネックレスでも5本以上は必要でしょう。
これがさらに10金だとどうでしょうか。これはもはや金の純度が半分以下。
価値は1グラムあたり2000円強にしかなりません。
10金だけで200万円の買取価格になるためには、必要な量は1キロほどにもなります。


高価な貴金属には偽物も付き物であり、精巧に作られた贋物を金と偽って店に持ち込む輩もいます。
素人には当然判別できないような、巧妙に作られた贋物で、業者を誤魔化して、本物の金として買取させる詐欺も古くからあります。



とはいえ、比重計を用いて品物の重さを測定すれば、通常時の重さと水に沈めたときの重さの差から、比重はすぐにわかります。中には、金と同じ比重になるように精巧に作られた偽物もありますが、昔から使われている試金石検査という方法ならば、金の表面を少し削り取ることで、あっという間にメッキが剥がれ、偽物と判ってしまいます。


08:12
2017年10月21日(土)
【リーマンショック以降の金の高騰を受けて、】
リーマンショック以降の金の高騰を受けて、今は実に多くのお店が買取サービスをするケースが増えています。
一例を挙げると、リサイクル・ショップなどです。


自宅で使わなくなった不要品を持ち込める店ですが、ブームに乗って貴金属の買取も扱い始めるお店が最近は多いようです。専門知識を持った買取スタッフも常駐しているので安心です。金買取の利用を検討している場合は、買取価格などを調べてみてもいいと思います。


金の相場が上がっている近頃は、「ご自宅に眠っている金・プラチナを買い取ります」といった宣伝を街中でもよく見かけるようになりました。



ネット上でも至るところに広告が出ている印象ですし、「金 買取」などのワードで検索をかけると、大変多くの店が出てくるので驚きます。


いくらかでも現金になるのなら、別にどこの店を選んでも大差ないと思う人もいるでしょうが、金などの買取価格は相場と連動して毎日変わっているので、少しでも高く売りたければ、相場を日々確認しておきましょう。金買取では売る側にも責任が生じます。
そのため、18歳未満は、古物営業法という法律の定めるところにより、金製品に限らず、お店で品物の買取をしてもらうことはできません。さらに、法律の趣旨を拡張する形で、店舗としても年齢制限を設けていることがほとんどであり、18歳を過ぎていても未成年であれば少なくとも一人では買取を利用できません。



未成年が利用できる場合もありますが、そこにも制限があり、保護者(主に親)が署名した同意書の持参を求められるのが普通です。

買取店の鑑定士は常に偽物の可能性に目を光らせています。


一般の人が買取に持ち込んだ金製品が、実は偽物だったという場合もあります。金メッキ製品の表面にレーザーで本物同様の刻印を入れるなどして、プロの鑑定士を欺こうとしてくる悪質な手口もあります。対して、偽物を見抜く方法も色々あります。

磁石、刻印の入り方に加え、比重計があれば刻印通りの金かどうかは簡単に判ります。最近では、タングステン合金を利用して金と似た比重を実現した偽物もありますが、試金石検査という由緒正しい鑑定方法ならば、一定の薬剤に融けるか否かで、本物の金かどうかを判別できるので、本物の金でないことはすぐにわかります。

年間50万円以上の利益が出ている場合などでなければ、金の買取で課税されることなどないでしょう。お店のほうでは、売買で動くお金も莫大ですから、しっかり利益を計上し、納税しています。その点、個人ではよほどの資産家でもない限り、課税対象になるほどの取引はしませんよね。基本的には気にしなくていいと言えますが、しかし税法も割と頻繁に変わるものなので、お店の人に確認してみるといいかもしれません。


07:48
2017年10月20日(金)
【最近はブランド物を持っている子供も】
最近はブランド物を持っている子供も多いですが、18歳未満は古物営業法という法律の定めるところにより、お店に行っても買取してもらえないのが原則です。


未成年者の非行を防ぐ意味合いでも、店ではそれ以外にも独自の規定を設けているケースが多く、成年に達するまでは古物売買の利用はできないところがほとんどです。
また、そもそも未成年は取引行為ができないのが基本であり、保護者(主に親)が署名した同意書の持参がなければ買取してもらえません。

現在の金相場は、1グラムいくらという形で表され、現在は約5000円ほどですが、純金でなければ当然それより安い額になります。



純度によって額は下がります。

例えば18金なら、純金が1グラム5000円であれば、75%なので3500円ほどということです。


なので、高額の取引が発生する量、例えば200万円以上になるような18金の重さというのは、600グラムほどです。


指輪なら数十個、昔流行った喜平ネックレスでも5本以上は必要でしょう。


これがさらに10金だとどうでしょうか。
10金までいくと純度は半分以下の41%程度。
1グラムあたりの価格は2000円ほどです。これで200万円を稼ごうと思えば、1キログラム以上も必要なのです。最近メジャーになっているのが、宅配と振込でやりとりが完結する、宅配による金買取サービスです。
これは何かというと、事前に送られてくる梱包パックに商品を入れて店に送り返し、あとは査定結果の連絡があるまで待つだけです。


買取額の通知を受けたら、その額でよければ売却し、納得いく金額でなければ品物を送り返してもらいます。
店頭での買取はそんなに夜遅くまで空いていませんが、郵送買取ならメールやフォーム送信でいつでも申込できるため、お店に行く時間がないという方のための形態と考えてもいいかもしれません。
金に限った話ではないですが、買取は贋物との戦いです。



精巧に作られた贋物を金と偽って店に持ち込む輩もいます。金メッキ製品の表面にレーザーで本物同様の刻印を入れるなどして、真贋鑑定を突破しようとする詐欺師もいるほどです。対して、偽物を見抜く方法も色々あります。

磁石、刻印の入り方に加え、比重計があれば比重の違いから、偽物であることはすぐに判明します。中には、金と同じ比重になるように精巧に作られた偽物もありますが、昔から使われている試金石検査という方法ならば、一定の薬剤に融けるか否かで、本物の金かどうかを判別できるので、簡単に見分けられます。



この方法は江戸時代には既に使われていたといいます。今も昔も、金持ちはさらに儲けるために色々なものに投資をします。



最たるものが金でしょう。



金に投資するメリットは、それほど値崩れが無いことです。ドルや円のように、世界情勢の影響で価値が変わることがあまりないためです。


世界のどこに行っても貴重品として認識されていることも、金の値崩れが少ない理由なのです。
そうは言っても、全く変わらないわけではないので、手元の金を売ろうとする前に、今、金相場が下がっていないか、一度チェックしてから売るのがいいと思います。


07:24
2017年10月19日(木)
【2008年のリーマンショック以降、ここ数年で、やや遅め】
2008年のリーマンショック以降、ここ数年で、やや遅めのペースながら、金の市場買取価格が上がってきています。

加えて、ここ最近、EU加盟国であるギリシャの経済危機により、国民が銀行から預金を下ろせなくなってしまいました。

こうした事態もまた、市場での金の価格が上がる切っ掛けとなったと推測されます。今は金の価値が上がっている時代です。金製のアクセサリーなどは、昔もらったものでも、ずっと使い続けるのが嫌で処分を検討している人もいるでしょう。
そうしたアイテムをお持ちの方は、お近くの金買取店で売却することもできます。
ただ、それが本物の金やプラチナかどうかは気をつけないといけません。金やプラチナのように見えても、精巧に作られた偽物かもしれません。
買取に行ってそういうことになったら、不運だったと泣き寝入りするしかないと思います。

金には色々な種類があります。種類を決めているのは主に金の純度です。金の純度は伝統的に24分率で表現され、銀や銅など他の金属との合金であるものは、18Kなどと表現します。
「18金」などと言われるのはこれですね。金の割合が75パーセントなら、100分の75ですから24分の18で、18Kになります。



18Kの中でも、金に何をどれだけ混ぜるかによって種類が変わり、18Kレッドゴールドなら銅が多め、18Kホワイトゴールドならパラジウム入りなどと様々に色合いが変わるのです。買取店に金製品を持ち込む際に、こうした純度によって価値が違うということを覚えておきましょう。

金買取というのが流行っているそうですが、先日はその業者から電話がありました。


他の種類の営業電話はよく受けますが、商品を売りに来るんじゃなくて買い取るというのは初めて聞いたので、ちょっと中身を聞いてみようかという気になりました。

その業者によれば、貴金属製品でもう要らない商品を高値で買取してくれるというのです。



確か、長年使っていない金のネックレスなどがあったので、ネットでさらなる情報収集をしてみることにしました。


貴金属を購入しても、盗まれるのが怖いので置き場所に困りますよね。


そこまで多くの量がないなら、自宅での保存で十分となりますが、書斎に金庫を置いておくくらいの安心感は欲しいですよね。


もっと桁違いの量、例えば資産家が金の延べ棒を大量に保有する場合などなら、自宅に置いておくと盗みに入られる不安もあるので、自宅に置かずに銀行の貸金庫に入れていることもありますし、金を販売している業者が保管設備を持っていて、有償で保存を受け付けているケースもあります。

そうは言っても、どの方法にも一長一短あると思いますから、気になる方は金の形で資産を保全することにこだわらず、専門業者の買取に出してしまうのも一つの手でしょう。


06:48
2017年10月18日(水)
【初めてで不安も多い金買取。安心して利用する上で大】
初めてで不安も多い金買取。
安心して利用する上で大事なのはまず、売却先としてどんなお店を選ぶかということです。高値で買ってくれる店を選ぶことに加え、面倒な手続きが少ない店がいいですし、郵送買取なら振込が早い所の方がいいですよね。また、初めて利用する際には、他のどんな条件よりも、その店がちゃんとした業者かどうかを確認することは避けて通れません。

WEBの場合、何より参考にできるのはそのお店で実際に買取をしてもらった人のレビューです。

レビューで高得点を得ている業者を優先して利用するのがいいでしょう。
十年以上にわたって使用していない金の装飾品は案外多いのではないでしょうか。タダで手放すのは惜しいという場合には、買取ショップへの持込みをオススメします。



金やプラチナを専門に買い取ってくれるところも街に溢れていますから、手持ちの金製品がいくらになるか簡単に査定してもらってもいいかもしれません。買取店の鑑定士は常に偽物の可能性に目を光らせています。
買取ショップに偽物の金製品を持ち込む詐欺のケースもあります。
金メッキ製品の表面にレーザーで本物同様の刻印を入れるなどして、真贋鑑定を突破しようとする詐欺師もいるほどです。対して、偽物を見抜く方法も色々あります。磁石、刻印の入り方に加え、比重計があれば刻印通りの金かどうかは簡単に判ります。また、中には比重計で見破れないタングステン製の偽物なども存在しますが、試金石という、ケイ酸を多く含む特殊な石を用いて検査すれば、一定の薬剤に融けるか否かで、本物の金かどうかを判別できるので、容易に真贋を判別できるのです。
3%→5%→8%と上がってきた消費税。

金の購入時にも、買物である以上、消費税が勿論かかりますが、ここからがポイント。

金を買取に出す際には、買取額に消費税分がプラスされます。

つまり金の購入には実質、消費税がかからないようなもの。このことを利用して、金をあらかじめ買っておけば、消費税が上がったタイミングで売ることで、何万円か得することになるということになります。さらに、日本は諸外国と比べて消費税率が低いので、日本で金を購入し、消費税率の高い国に持って行って売却するといった利益の上げ方も有り得るかもしれません。

金というのは特別なものではありません。

日常の中にも、金製品というのが割と色々な形であるのです。

金歯が本物の金でできているのは有名な話ですね。



こういうものも金買取で値段が付くので侮れません。



とにかく金で出来ていれば、形は問わないわけです。予想していなかった収入をゲットできるチャンスですし、作り直しなどでもう要らなくなった金歯があるなら、捨てずに買取店に持ち込むのをお勧めします。


06:30
2017年10月17日(火)
【依頼してもいないのに自宅にやってきて】
依頼してもいないのに自宅にやってきて、言葉巧みに金の買取を持ち掛け、相場より遥かに安い価格で買い取っていく、いわゆる「訪問購入」による被害が増えているようで、法規制も行われています。買取が持ち主にとってもメリットであるかのようなことを言いながら、売却を渋る場合には、しつこく粘ったり、強引な態度で無理やり買い叩くなど当たり前です。こうした業者は、ハナから真っ当な取引をするつもりなどなく、見積書や契約書などの書面を渡してくれないケースも多いので、怪しい業者が訪ねてきても相手にしないようにしましょう。元手があるなら投資を考えてもいいですね。投資対象は色々ありますが、昔からその代表といえば金です。金に投資するメリットは、それほど値崩れが無いことです。

ドルや円のように、世界情勢の影響で価値が変わることがあまりないためです。高級品として世界中で認知されているのも、金の値崩れが少ない理由なのです。とはいえ、相場の変動も当然あるので、実際に買取に持ち込むなら、事前にその時の相場をチェックすることをオススメします。


この前、金買取の業者からウチに電話がありました。保険や不動産の営業なら珍しくもありませんが、金買取の話はこれまでになかったので、どういう話か気になってつい耳を傾けていました。



色々と聴いてみたら、貴金属製品で不要な品をその業者に売却できるという話でした。それなら色々あったなあと思って、トントン拍子で、査定に来てもらう話がまとまりました。



ここのところ金買取のCMをテレビでもよく見ます。先日、私も使わなくなった金の指輪を買い取ってもらいました。とはいえ、初めてのことで、売却先をどこにするか、自分では思いつかず、試しにネットで検索してみたのです。

その結果、御徒町が貴金属の買取では有名だとわかりました。


様々な金買取店が並んでいるところがあったため、その中でホームページがちゃんとしていた店舗を選びました。専門の鑑定士の人が丁寧に査定してくれて、妥当と思われる金額で買取してもらうことができました。

不要になったプラチナのアクセサリーを売却しようと思って店に持って行くと、実はホワイトゴールドで、プラチナとは全く別物だったというエピソードはよく聞きます。実はホワイトゴールドだったということなら、プラチナと比べると大幅に価格は下がります。古くはロシア革命の頃、プラチナの供給が激減したため、その代替品としてホワイトゴールドが出回るようになったのです。

アクセサリーのどこかに「K18WG」や「K14WG」といった表記が刻まれていれば、ホワイトゴールドだという証です。ホワイトゴールドも金を含んでいますから、プラチナには価格で劣るとはいえ、それなりの値段で買い取ってもらえるのは確かです。


06:24
2017年10月16日(月)
【皆さんもいよいよ金買取を利用してみ】
皆さんもいよいよ金買取を利用してみましょう。
まず最初に大切なのはどこの店に売るかを決めることです。

高い値段を付けてくれるかも大事ですが、お店での手続きが簡単かどうか、あるいは郵送買取の場合の振込タイミングなどの諸条件、最後の決め手としては、詐欺まがいの業者に引っかからないように、その店の実績や評判を確認しておくことです。



ネット上で信頼できるソースは実際に買取をしてもらった人の体験談です。

ネット上で簡単に見ることができます。口コミやレビューの点数が高ければ安心なので、そういう店を選択すれば損することはありません。金の買取を利用する上で多くの方が気にするのは、その金製品は現実にどれだけの金額で売却できるかを正確に知りたいということですよね。
品物によっても異なりますが、金の値段の基本的な計算法は、その時点での金の国際価格を、1トロイオンス(およそ31グラム)で割って、現時点でのドル円為替レートをかけたものが、その時の日本国内における金価格です。

買取で損しないためにも、こうした計算法や相場を知っておいて、店舗に出ている買取価格が適正な数字かどうか注意深く判断してください。


リーマンショックからこっち、金の価格が高騰している今では、金の高価買取を掲げるお店も大変多くなりましたから、ネットで情報収集することもお勧めです。金に限った話ではないですが、貴金属は相場変動が激しいので、いつ売るかで大きく買取額が変わってきます。
さらに、お店によって鑑定料や手数料のシステムも異なるので、考えなしに店を決めようものなら、表向きの買取額よりずっと低い金額しか受け取れないこともあります。


尚、頼んでもないのに勝手に家に来て買取を申し出るというところは、詐欺スレスレの酷い営業をしている場合が多いです。
原則として、18歳未満の子供は、青少年保護の観点から、法律や条例によって、単独で買取サービスを利用することができません。
さらに、取引の安全を守る意味でも、お店にもそれぞれの決まりがあり、20歳未満は買取を断られることが多いようです。

未成年が利用できる場合もありますが、そこにも制限があり、保護者(主に親)が署名した同意書の持参が必要ですし、それをしていない店があれば逆に怪しいので気を付けてください。昔貰ったけどもう使わない、というネックレスの売却を望む方は、刻印を確認してみましょう。ニセモノの金でなければ、金のグレードを証明する「K24」などの文字が刻印されていることが多いです。
よく「18金」や「24金」などと言われるのがこの数値です。



K24なら24分の24で100%が金、K18なら24分の18で75%が金という印です。金やプラチナ、シルバーなどでは、全て純度により専門店に売却する際の価格も全く違ったものになります。


06:06
2017年10月15日(日)
【買取店にとって真贋鑑定は重要です。】
買取店にとって真贋鑑定は重要です。時として、お客さん本人が本物と信じていても、当然ニセモノのケースもあります。
素人には当然判別できないような、巧妙に作られた贋物で、専門家の目までも誤魔化そうとしてくる場合もあります。とはいえ、比重計を用いて品物の重さを測定すれば、刻印通りの金かどうかは簡単に判ります。



最近では、タングステン合金を利用して金と似た比重を実現した偽物もありますが、昔から使われている試金石検査という方法ならば、どんなによくできた偽物でも、簡単に見分けられます。この方法は江戸時代には既に使われていたといいます。贅沢品の代名詞である金。

しかし、実は我々の日常生活の中にも、貴金属と同様に扱われる金製品が割と色々な形であるのです。例を挙げれば、歯医者さんで付けてもらう金歯がそうですね。

金買取のお店では、こうした製品もちゃんと買い取ってくれます。
とにかく金で出来ていれば、形は問わないわけです。ちょっと豪華なランチ代程度の臨時収入も夢ではないので、用済みとなった金歯をお持ちの人は、金買取のお店に早速持って行ってみるのをお勧めします。

もう要らなくなった貴金属があれば、金・プラチナ買取系のお店に持って行くのもいいですね。
しかし、どこの店舗に持っていくかによって買取金額は大きく違ってくるので、ネットで事前に情報を調べて好条件の買取をしている店舗に売るのが得策です。
たくさんの商品を売る場合は特に、買取額にも大きな差が出てきますので、店の選択には注意しましょう。
ここ数年、金の市場価値が高くなっているので、買取に出す場合も多いでしょう。
金を売却した際には、自営業の方は勿論、サラリーマンの方でも場合によっては必要な書類を揃え、確定申告の手続きをしなければなりません。
金の売却によって生じた利益(売却額から購入時の価格や雑費を引いたもの)は、給与取得者であれば原則的には譲渡所得として扱われますが、50万円の控除枠があるので、所得のうち50万円までは非課税です。
一年間の譲渡所得や他の利益の合計が50万円を上回らなければ、税金はかかりません。
また、年収2000万以下のサラリーマンでその他の所得も20万円以内なら、確定申告も必要ありません。



年間50万円以上の利益が出ている場合などでなければ、貴金属を売却して利益を得ても、税金を課せられることはほぼありません。



金買取を行っている業者のほうは、売買で動くお金も莫大ですから、事業所得として金額を申告し、何重もの税金を支払っていることでしょう。

それに対して、個人の取引額は微々たるものです。もっとも、税法が改正されることも有り得るので、どうにも不安な方は、事前に調べておくといいかもしれません。


06:06
2017年10月14日(土)
【長年身に付けていない金製の指輪や】
長年身に付けていない金製の指輪や腕時計などがあるのならば、金・プラチナ買取系のお店に持って行くのもいいですね。でも、それぞれのお店で基準額や、鑑定料・手数料などが違うので、ネットで事前に情報を調べて慎重に店を選びましょう。たくさんの商品を売る場合は特に、店の違いによって金額も大違いになりますから、それだけお店の選択が重要になるのです。

株式や外貨など、投資の対象となるものは多いですが、最たるものが金でしょう。
金に投資するメリットは、それほど値崩れが無いことです。


ドルや円のように、世界情勢の影響で価値が変わることがあまりないためです。

全世界で普遍的な価値を有していることも、外貨や株式と比べて金が値崩れしない要因です。
ですが、時には相場が大きく変わる場合もあるため、売却を検討しているなら、ネットなどで金相場を把握することをオススメします。
近頃では、「ご自宅に眠っている金・プラチナを買い取ります」といった宣伝を街中でもよく見かけるようになりました。
パソコンやスマホでネットを見ていてもよく広告が表示されますし、「金 買取」などのワードで検索をかけると、金買取のお店のページがずらずらと出てくるのです。
元々使わなくなって自宅に眠っていたアクセサリーなら、店はどこでもいいという人も多いのかもしれませんが、金の相場が大きく変われば当然、買取金額にも影響が出るので、常に相場の変動を見ておいて、上がった時に売るのが一番お得です。
長年使っていない金やプラチナのアイテムの処分に困っている方もいるかもしれません。
ただ家に置いておくより、いっそ買取に出してはどうでしょう。
貴金属を買取してくれる店を探して、ウェブサイトなどに載っている買取価格を参考にして、どの店で買取してもらうのが一番得になるか、複数の店の情報を見て比較するといいと思います。
鑑定料や手数料、目減り分の減額も店によって異なるため、情報は隅々まで目を通しましょう。


最近流行りの金買取ショップでは、意外なほど様々な種類のものに値段をつけてもらえます。
金製品を買い取るなどと言われると、何百万円もする高級品を思い浮かべる場合がほとんどかもしれませんが、意外にも日用品にも金が使われているものがあるのです。メガネや金歯などもその一例です。

どんな品物でも溶かせばまた金として再利用できますから、眼鏡や金歯も買取ショップでは売却することができます。


05:48
2017年10月13日(金)
【元手があるなら投資を考えてもいいです】
元手があるなら投資を考えてもいいですね。投資対象は色々ありますが、金に代表される貴金属はその典型です。

金というものは、資産価値があまり下がらないという特徴があるのです。

金の値段はあまり国際情勢や景気の影響を受けないためです。金イコール高級品という認識が世界中に浸透していることも、金が投資対象として魅力的である一因です。まあ、それでも急に相場が変わることもありますので、売却を検討しているなら、金の相場に大きな動きがないか確認することをオススメします。


金買取店は最近増えてきましたが、田舎に住んでいるなどで生活圏内には買取店がないこともあります。



そんな方は、郵送で買取してもらえるサービスもあります。

利用を申請すると、貴金属を安全に送る用の梱包パックが自宅に届きます。

そして、売りたい金製品を入れ、業者に返送すればいいのです。
その到着後、メールで査定額を教えてもらえるので、自分がその金額を承諾すれば、買取代金が振り込まれます。

これならどこに居ても利用できますね。

不況の影響か、金買取の相場が次第に上がってきているので、この機会に買取に出そうという方が多いようです。この時は、原則としては、確定申告が必要なケースが出てきます。購入時の価格以上で売れた場合など、売却によって生じた利益は、事業でなければ「譲渡所得」として計上されますが、50万円の控除枠があるので、所得のうち50万円までは非課税です。

本当はもう少し複雑なのですが、ざっくり言って、利益が50万円未満なら課税はありません。あなたが一般的なサラリーマンで、譲渡所得20万円以内なら、基本的に確定申告をする必要もないのです。

長年使っていない金やプラチナのアイテムを持て余している人は案外多いようです。そんなときは買取ショップで換金しましょう。ここ十年くらいで、そうしたお店は一気に増えてきたので、サイトやチラシで買取額を調べ、どの店で買取してもらうのが一番得になるか、比べてみるのをおすすめします。その他にも様々な条件で買取価格が変わるので、表面的な買取価格だけではなく、色々な情報を確認しておきましょう。
3%→5%→8%と上がってきた消費税。



金の購入時にも、その時の消費税率に応じて消費税を支払うわけですが、今度はその金をお店で買い取ってもらう際には、自分が受け取る買取額は、本体価格に消費税が上乗せされた額になるのです。
ということは、消費税が上がる前に金を買っておくと、消費増税に伴って、売約時の受取額が少しだけ上がって得をするのです。



今まで反発しかなかった消費増税が投機チャンスに思えてきますね。



他にも、日本や台湾、カナダなど消費税率の安い国で買った金を、消費税率が20%を超えるヨーロッパ諸国のような国に持って行って売却することでも同様に利益を上げられる可能性があります。


05:48

次n→ 






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++