金買取の知識


[記事を書く]
[月別]
[更新アラート]
2017年06月23日(金)
【昔は使っていたけど今は不要だ】
昔は使っていたけど今は不要だという貴金属があれば、売却して臨時収入を得るのもいいと思います。


しかし、同じ品物であっても、どこに売却するかによって価格は変わるので、ランキングやレビューなど、ネットで見られる情報を調べた上で、なるべく高値になりそうな店を選ぶべきです。


たくさんの商品を売る場合は特に、買取総額はかなり変わってきますから、なるべく多くの情報を集め、お店選びに活かしましょう。


ここのところ、金相場の高騰に伴って、金やプラチナの高価買取のテレビCMをよくやっている印象です。


実店舗のみならず、ネット上でもそういう広告が増えていて、ためしにgoogleなどで検索してみても、買取ショップの広告がごまんと出てきます。


要らないものを買い取ってもらえるのだから、別にどこの店を選んでも大差ないと思う人もいるでしょうが、相場の上下によって買取額が大きく変わるのが金買取というものですから、少しでも高く売りたければ、相場を日々確認しておきましょう。


最近は金買取を利用する方も増えてきましたが、初めて利用する際にはいくらで売れるか誰もが気にしますが、でも、買取額は一概には言えません。


金の値段を決める金相場は、毎日変動しており、同じ量の金でも日によって価格が変わってくるのです。


こういう事情がありますから、買ったとき以上の金額で売却することを望むなら、毎日の金相場をネットなどで確認して、金の値段が上がったタイミングを見逃さないことで、得できる可能性は高まります。


金の買取を利用する際には、多くの店では買取時の身分確認を徹底しています。


買取ショップや専門店に持ち込む場合に加えて、最近ネットでよくある、郵送後に買取代金を振り込んでもらうような形式でも、やはり本人確認は必要です。


免許証や保険証、パスポートなど、公的機関の発行した身分証を提示する必要があります。


郵送した商品を査定してもらう場合は、身分証の写しと合わせての発送によって店はお客さんの身分確認を行います。


全世界を混乱に陥れたリーマンショック。


その時から今日に至るまでで、少しずつとはいえ、市場における金の買取価格が上がりつつあります。


また世界の金融を巡る動きとしては最近、経済破綻を起こしたギリシャの国内において、預金の引き出し制限も発動されました。


このことも、先のリーマンショックと同じく、金製品の買取価格が上がる要因であると言えるでしょう。


23:30
2017年06月22日(木)
【金やプラチナなどの貴金属製品を買取に出】
金やプラチナなどの貴金属製品を買取に出す際は、注意するポイントがあります。


同量の金を買取に出す場合でも、持ち込む店舗により、実際に自分が受け取れる金額は大きく変わってくることです。


そのため、事前にホームページなどで情報収集し、どの店に売却するか色々な情報を総動員して判断しましょう。


先日、祖母が鬼籍に入り、金の指輪を遺産として相続しましたが、中にはあまり保存状態がよくないものもありました。


買い取ってもらえると噂に聞いたものの、これまで経験がなかったので、素人が手を出して大丈夫なのか不安もありましたが、ちゃんと古物商の許可も受けているようなので、利用を決心しました。


そうしたら、古い品物でも誠実な査定をしてくれ、店も明るい感じで緊張しませんでした。


肝心の金額も予想以上のもので、今後も機会があれば利用してみたいと思いました。


金の相場が上がっている近頃、手持ちの金を売却したい人が増えているので、それをビジネスチャンスと見てか、色々な会社が金やプラチナの買取ショップを出店するようになりました。


中には全国に展開しているようなところもあります。


自宅の近くなど、行動範囲内にお店ができると便利ですし、価格競争になることで、買取金額が全体的に高くなったり、良い方向への変化が期待できると思います。


お客さんに横柄な態度を取るような店は淘汰され、接客の質の良い店だけが残りそうです。


利用客の立場からすれば、プラスの影響が大きいといえます。


金の購入と売却でちょっとした利鞘を稼げるチャンスがあります。


金を購入する際は、買物である以上、消費税が勿論かかりますが、今度はその金をお店で買い取ってもらう際には、その時の消費税率に応じて、消費税分が買取価格への上乗せという形で自分のもとに戻ってきます。


ということは、消費税が上がる前に金を買っておくと、増税後の売却により、消費税の差額分が利益になると言えます。


どうせ消費税が上がるなら、それを利用して得してやりたいですね。


この応用としては、消費税率が低めの国で金を購入し、ヨーロッパ諸国など、消費税率の高い国で売るという方法で利鞘を得ることも可能かもしれません。


金の買取を利用する際には、何より買取額を気にされていることでしょう。


金の買取価格は相場によって変動するものです。


金の値段を決める金相場は、毎日変動しており、同一の金製品でも、売る日によって値段が全く違うということがあり得ます。


なので、手元の金を少しでも高い値段で手放したいなら、毎日の金相場をネットなどで確認して、刻一刻と変わる相場の情報を押さえることが重要だといえます。


23:30
2017年06月21日(水)
【今、金の値段が高騰しているのは確かですが、思】
今、金の値段が高騰しているのは確かですが、思い立ってすぐさま買取店に走るのはあまり賢いやり方とはいえません。


あまり意識されないことですが、金やプラチナといった貴金属は、市場での価格がコロコロと変わるためです。


そこで、刻々と変わる相場に目をつけ、最適のタイミングで買取を依頼することこそが、買取で得をするカギとなります。


金の買取において、少しでも高値を付けてもらうことを目指すなら、手数料、鑑定料などの費用が安価か無料になっているところを選択するのが何よりの基本になります。


また、金の価格は日々変動するものなので、常に相場をチェックしておくという努力も欠かせません。


買取では、グラム数が多いほど査定額も高めに付けてもらえるのが一般的なので、少しだけの買取、具体的には10グラム以下なら、それほど相場は気にしなくていいでしょう。


貴金属の高額買取という広告やサイトが最近はネット上に溢れていますが、そういう業者に手を出すと無用なトラブルに巻き込まれることが多いので、その手の広告を出している店はなるべく避けるのがいいでしょう。


貴金属買取を扱うお店では、装飾品以外にも、様々な商品の買取を受け付けてくれます。


金買取というとおカネ持ちの世界という気がしますし、金の延べ棒であるとか、貴重な金貨であるとかが一般的にイメージされるのかもしれませんが、買取店で取引される品物はそれだけにとどまりません。


メガネや金歯などもその一例です。


金製のメガネフレームや、使わなくなった金歯などでも買い取ってくれる場合が多いです。


お手持ちの金製品を買取に出す際、気に留めておくべきことは、何と言っても相場の見極めに尽きるでしょう。


できるだけ高い価格で買い取ってもらえるよう、刻一刻と変わる相場を慎重に確認し、最も得する時を狙って売却するのです。


店が買い取る額は、申込の時の相場によって決まるというケースが多くなっています。


上手く相場の波に乗り、高値で売れるようになれば一人前です。


初めて金買取を利用してみようと思っている方は、実際いくらになるのか、買取額の目安が気になりますが、それはその時によって異なるとしか言えないのです。


貴金属の価値というものは、国際的な相場によって変動するので、同一の金製品でも、売る日によって値段が全く違うということがあり得ます。


なので、手元の金を少しでも高い値段で売りたいと思う方は、常に情報収集を怠らず、金の値段が上がったタイミングを見逃さないことが重要だといえます。


23:18
2017年06月20日(火)
【金製品の買取をしてもらう際には、買取】
金製品の買取をしてもらう際には、買取してもらいたい商品を、ショップに直接持ち込むケースが最も多いようです。


目利きに長けた専門家がその場で鑑定を行い、すぐに現金化できるため、初めての人でも安心して利用できます。


査定額の理由などをちゃんと説明してくれるお店も少なくないですから、十分納得のいく金額で買取してもらうことが可能なのです。


貴金属はどうやって保管すればいいのでしょうか。


あまり量が多くなければ自宅に保管することになるでしょうが、一定量を保管するなら金庫は必須となるでしょう。


アクセサリー程度ならともかく、大量の金を保有しておくなら、安心安全を求め、取引のある銀行で貸金庫を借りている例も多いですし、金の販売業者によっては、購入した金を有償で保管しておいてくれるところもあるのです。


しかし、どんな形を取っても結局心配だという方は、金の形で資産を保全することにこだわらず、専門業者の買取に出してしまうのも良い方法だと思います。


長年使っていない金やプラチナのアイテムの処分に困っている方もいるかもしれません。


最近は金やプラチナの買取を掲げた店が多いので、利用してみてはどうでしょうか。


貴金属買取のお店はたくさんありますが、サイトやチラシで買取額を調べ、一番高く売れるのはどこか、比較検討するのが賢いやり方です。


鑑定料や手数料、目減り分の減額も店によって異なるため、よく調べて、有利な店を探してください。


手持ちの金製品を買い取ってもらいたい場合でも、善は急げとばかりに、すぐに買取に持ち込むのは正直、正解とは言えないのです。


何と言っても、金やプラチナといった貴金属は、市場での価格に大きな変動が生じやすいためです。


そのため、金相場の変動をチェックしておいて、高くなったタイミングを見計らって売却することを意識するといいでしょう。


中学生や高校生など、18歳未満は基本的に、古物営業法や青少年健全育成条例に基づき、金製品に限らず、お店で品物の買取をしてもらうことはできません。


さらに、取引の安全を守る意味でも、店舗としても年齢制限を設けていることがほとんどであり、未成年者は、たとえ18歳以上でも、買取を断られることが多いようです。


また、そもそも未成年は取引行為ができないのが基本であり、親の同伴か、同意書の提示が必要ですし、それをしていない店があれば逆に怪しいので気を付けてください。


21:30
2017年06月19日(月)
【リーマンショックやギリシャの経済危機】
リーマンショックやギリシャの経済危機の影響を受け、金の価格が高くなっているので、金買取を利用して小金を得る方もいるでしょう。


金を売ったら、例外も多いですが、基本的には必要な書類を揃え、確定申告の手続きをしなければなりません。


インゴットなどの地金を売却した際の利益は、通常は譲渡所得として総合課税に含まれるのですが、地金(インゴットなど)の場合、50万円の特別控除が受けられます。


色々と複雑な計算はありますが、要約すると、50万円以下の譲渡所得であれば実質的には税金は課されないということです。


金買取の業者って電話でも営業してるんですね。


この前そういう電話がかかってきました。


他の種類の営業電話はよく受けますが、金買取の話はこれまでになかったので、続きを聞いてみたくなりました。


その業者によれば、アクセサリーなどの貴金属や宝飾品で、もう要らない商品を高い値段で買い取ってくれるそうです。


丁度、昔買った宝石がタンスに眠っているのを思い出し、試しに査定してもらうことにしました。


金の相場が上がっている近頃、手持ちの金を売却したい人が増えているので、これを新たな商機と見て、街には金・プラチナ買取系の店が乱立するようになりました。


全国規模でチェーン店を出している業者もいくつかある模様です。


買取を頼める店が多くなるのはいいことですし、店が地域に一つしかない状況と比べると、価格競争で買取額が上がるなど、より良いサービスを提供しようという方向に次第に変わっていく可能性が高いです。


接客態度が悪い店は生き残れないということで、スタッフの質も上がるでしょう。


われわれ利用者の側としては、嬉しいことだらけですよね。


金買取を利用してみたいと思っても、買取ショップが近所にない方は、WEB上で気軽に申し込める郵送買取がオススメです。


ネットで簡単なフォームに個人情報を書き込んで送信すると、お店から品物用のパックが届きます。


そうしたら、それに売却したい金製品を入れて返送するだけでOKです。


数日と経たない内に、メールで査定額を教えてもらえるので、その金額でよければ承諾の連絡を返し、その後、銀行口座への振込で買取代金を受け取れます。


純金以外にも、金には沢山の種類があることを知っていますか。


純度は「○K」という形で表され、最大は24K(純金)です。


純金でなく他の金属との合金の場合は、「18金(18K)」などの表現になります。


18Kは1000分の750という純度です。


金に混ぜる「割金」(銀や銅、パラジウムなど)の組合せにより、銀と銅がほぼ同量ならイエロー、銅が多ければレッド、銀が多ければグリーンなどと、金以外の部分の比率によって合金自体の色合いが変わるのです。


買取店に金製品を持ち込む際に、こうした純度によって価値が違うということを覚えておきましょう。


20:54
2017年06月18日(日)
【金の価値が高騰していると聞いたので、私もそ】
金の価値が高騰していると聞いたので、私もその機会に金買取のお店を利用したことがあります。


なにぶん、そうしたことは初めてだったので、どういうお店に持って行くのが一番いいのか迷って、ネットの情報に頼ることになりました。


そうすると、御徒町の専門店街が信用できるとの情報がありました。


貴金属買取の専門店が所狭しと並んでいる一帯があるということなので、その中でホームページがちゃんとしていた店舗を選びました。


じかに見たところ、お店はしっかりしていましたし、妥当と思われる金額で買取してもらうことができました。


要らなくなった金のネックレスがいくらで売れるか気になる人は、刻印を確認してみましょう。


ニセモノの金でなければ、日本製なら「K24」、外国製は「24K」などの刻印が押されています。


このKというのは、純度を表す「カラット」の略です。


K24というのは純度100パーセント、K18なら純度75パーセントだと思えばほぼ間違いありません。


金やプラチナ、シルバーなどでは、全て純度により市場価値は変わってくるということです。


金製品の買取で出来る限り高値を付けてもらうためには、手数料、鑑定料などの費用が安価か無料になっているところを選択するのが何よりの基本になります。


金の価格は日によって上下するので、最適の売却タイミングを狙うことも必須であるといえます。


少しずつ売るより一度に多く持ち込んだ方が買取額で有利になりますから、少しだけの買取、具体的には10グラム以下なら、それほど相場は気にしなくていいでしょう。


貴金属の高額買取という広告やサイトが最近はネット上に溢れていますが、相場より高く買い取るなどといった広告はほぼ詐欺か悪質業者ですので、十分気を付けてください。


デザインが古いとか、年齢が合わなくなったとかで、もう使わない金やプラチナのアイテムを自宅のどこかに仕舞んでいませんか?ただ家に置いておくより、いっそ買取に出してはどうでしょう。


金やプラチナの買取を扱っている店舗を探し、ウェブサイトなどに載っている買取価格を参考にして、どこが一番高値を付けてくれるか見比べて選びましょう。


鑑定料や手数料、目減り分の減額も店によって異なるため、表面的な買取価格だけではなく、色々な情報を確認しておきましょう。


今では身に着けなくなった金製のアクセサリーなどを専門店で買取してもらうにも、事前に以下の内容を頭に入れておいてください。


金買取のルールは明確に決まっているわけではないので、利用する店舗や業者により、諸々の手数料などを差し引かれた上での買取代金は大きく変わってくることです。


そのため、事前にホームページなどで情報収集し、お店選びを真剣に考えるのがいいですね。


20:06
2017年06月17日(土)
【お金持ちは色々なものに資金を投資して儲けよう】
お金持ちは色々なものに資金を投資して儲けようとしています。


中でもゴールド(金)は代表的なものでしょう。


今も昔も、金はほとんど資産価値が崩れないことで知られています。


金の値段はあまり国際情勢や景気の影響を受けないためです。


高級品として世界中で認知されているのも、金の値段が崩れない根拠になっているのです。


まあ、それでも急に相場が変わることもありますので、手放す際には、その時の相場をチェックする必要があるでしょうね。


金の価値が高騰していると聞いたので、私もその機会にタンスの奥に仕舞い込んでいた金製品を買取に出しました。


なにぶん、そうしたことは初めてだったので、適切な売却先がよく分からなくて、ネットの情報に頼ることになりました。


調べた結果、御徒町のあたりに、様々な金買取店が並んでいるところがあったため、その中でも特に老舗と言われるお店を選びました。


じかに見たところ、お店はしっかりしていましたし、買取金額も高かったので、上機嫌で帰りました。


普段意識しないことですが、我々の周囲には貴金属と同様に扱われる金製品が案外多いものです。


中でも金歯はよく知られていると思います。


こういうものも金買取で値段が付くので侮れません。


とにかく金で出来ていれば、形は問わないわけです。


予想していなかった収入を得られる可能性もあるので、金歯がもう要らなくなってしまったという方は、買取店に持ち込んでみるのも一興です。


今では身に着けなくなった金製のアクセサリーなどを買取に出す際は、次のことに気をつけてください。


金買取のルールは明確に決まっているわけではないので、どこに持っていくかによっても鑑定料や手数料を引かれた、実際に受け取る買取金額はピンキリだということなのです。


なので、事前にホームページなどで情報収集し、どの店舗の買取を利用するか、色々な情報を総動員して判断しましょう。


長いこと自宅に眠っている金製のネックレスを買取ショップに持っていこうとしている方は、そのネックレスの裏面などをよく見てみてください。


金製品にはほぼ必ず、「K18」や「K24」などの文字が入っており、これを刻印と呼んでいます。


K24が純金で、数字が小さくなるほどに純度が低くなります。


K24というのは純度100パーセント、K18なら純度75パーセントという印です。


金に限らずプラチナなどの貴金属では、純度の割合で市場価値は変わってくるということです。


19:54
2017年06月16日(金)
【株式や外貨など、投資の対象とな】
株式や外貨など、投資の対象となるものは多いですが、中でもゴールド(金)は代表的なものでしょう。


値段が崩れないのが金の魅力です。


国際関係に左右される外貨と違って、金の価値は一定だからです。


高級品として世界中で認知されているのも、金の値段が崩れない根拠になっているのです。


しかし、大きな情勢の変化があれば金の相場も変動することがあるので、念のため、買取を利用する前に、ネットなどで金相場を把握してから売るのがいいと思います。


金製品の買取で出来る限り高値を付けてもらうためには、買取や査定自体に費用を取っていない良心的なお店を選ぶ必要があります。


少しでも高額で手放すため、日々の相場の変動をチェックしておくという努力も欠かせません。


一度に売却する金の量が多ければ、それだけ査定額も有利になるので、10グラム程度を手放すだけであれば、そこまでシビアに気にすることはないです。


貴金属の高額買取という広告やサイトが最近はネット上に溢れていますが、そういう業者に手を出すと無用なトラブルに巻き込まれることが多いので、本当に信用できる業者か、慎重に見極めるようにしてください。


この中には初めて金買取を利用する方も多いと思います。


まず重要なことは、店の選択がすべてです。


判断基準はまず買取価格の高さですが、それに加えて、面倒な手続きが少ない店がいいですし、郵送買取なら振込が早い所の方がいいですよね。


しかし、色々ある中で最も大事な条件というと、店の信用度や取引実績をチェックすること。


これに尽きます。


それを測る上で使えるのは実際に買取をしてもらった人の体験談です。


ネット上で簡単に見ることができます。


多くの人から好評を得ている店舗を選びたいものですね。


昔もらったけど今ではもう使っていないようなアクセサリーや腕時計といった金製品を持て余している人は案外多いようです。


ただ家に置いておくより、いっそ買取に出してはどうでしょう。


金やプラチナの買取を扱っている店舗を探し、公開されている参考買取額をもとに、どの店で買取してもらうのが一番得になるか、比較検討するのが賢いやり方です。


買取価格の他にも、様々な手数料を取る店と取らない店があるので、よく調べて、有利な店を探してください。


昨今、街には金買取のショップが溢れていますが、その中では手数料や「目減り」などを無償にしている店ならいいですが、有料の店も少なくありません。


こうした費用を有料にしている店舗では、表向きの買取額が高くても、現実に買取額として受け取れる金額は減ってしまう結果になります。


ズルイ業者だなあ、と思う方もいるでしょう。


せっかくの買取で後悔しないように、事前にこのあたりを確認しておきましょう。


17:18
2017年06月15日(木)
【買取にも色々な方式がありますが、最】
買取にも色々な方式がありますが、最近増えてきたのが、貴金属を簡単なやりとりで買取してくれる、宅配買取というものです。


その中身を説明すると、まず買取対象の品物を専用の梱包パックでお店に送り、数日で査定結果が出るのを待ちます。


査定結果をメールなどで確認したら、売却を決定するか、額が低いと思えば無償でキャンセルできます。


営業時間の制約がある店頭買取と違い、メールやフォーム送信でいつでも申込できるため、地方にお住まいの方や、お店に商品を持って行くのが億劫だという方から好評を得ています。


年間50万円以上の利益が出ている場合などでなければ、貴金属を売却して利益を得ても、税金を課せられることはほぼありません。


専門に金買取を扱う業者などだと、膨大な量の商品を日々売ったり買ったりしているので、しっかり利益を計上し、結構高い税金を課せられているでしょう。


しかし、個人でそのような取引をすることは無いですよね。


そうは言っても、法律が変わることもあるので、知り合いに詳しい人がいれば聞いておくのもいいでしょう。


金で最も高価なのはもちろん純金ですが、他にも色々な金があります。


よく聞く「24金(24K)」というのは純度100パーセントの金を指します。


合金、つまり純金ではなく他の金属が混ざっている場合は、「18金(18K)」などの表現になります。


金の割合が75パーセントなら、100分の75ですから24分の18で、18Kになります。


18Kの中でも、金に何をどれだけ混ぜるかによって種類が変わり、銀と銅がほぼ同量ならイエロー、銅が多ければレッド、銀が多ければグリーンなどと、金以外の部分の比率によって合金自体の色合いが変わるのです。


金を売りたいなら、大切なのは純度だということです。


全資産を現金で保有するのは少し不安ですよね。


そこで、ある程度の資産がある人がよく行っているのは、景気や国際情勢の影響を受けない金を保有しておく形です。


しかし気になる点もあります。


それは、実際にその金をどこで購入するかです。


初めて金を買うときには、金相場に基づくその日の販売価格、買取価格を表に出している、信用できそうなお店から買うことが大切です。


買った時の店がちゃんとしていれば、逆に売る時も贋物の心配などと無縁で済みます。


金の買取が今流行りですね。


近年では、色々な店舗で貴金属の買取サービスをするケースが増えています。


リサイクルショップなどはその好例でしょう。


家電や衣料品などの買取をしてくれるのがメインですが、ブームに乗って貴金属の買取も扱い始める事例が現在では多くなっています。


鑑定眼もしっかりしているので、安心して利用できます。


自宅に眠っている貴金属を売りたい人は、一度査定してもらってもいいのではないでしょうか。


16:54
2017年06月14日(水)
【貴金属の代表といえば金とプラチナです】
貴金属の代表といえば金とプラチナですが、より高価なのがどちらかは普段意識することがないでしょう。


一般に、プラチナは金よりも一段高いと言われています。


その理由には、金の20分の1とも言われる、産出量の少なさを無視できないでしょう。


金やプラチナは光沢も美しく、化学的にも非常に安定した物質なので、国際情勢に関係なく世界中で需要の高い物質ですが、あまりの希少性の高さが、その価値を担保しているのです。


リーマンショックからこっち、金の価格が高騰している今では、色々なお店が金の買取サービスを実施しているので、複数のお店の情報を見比べてみましょう。


金に限った話ではないですが、貴金属は相場変動が激しいので、慌てて売るのはよくありません。


手数料などのシステムも店舗によりけりなので、近所のお店に考えなしに買取を依頼すると、思ったほどのお金にならない可能性もあるのです。


また、不要な金を買い取るといって自宅に来るタイプもありますが、そうした買取業者はトラブルや詐欺も多いので、気をつけてください。


この前、金買取の業者からウチに電話がありました。


他の種類の営業電話はよく受けますが、商品を売りに来るんじゃなくて買い取るというのは初めて聞いたので、まずは話を聴いてみることにしたのです。


色々と聴いてみたら、指輪やネックレス、腕時計などの金製品の中で、ずっと身に付けていない品があったら買い取ってくれるという内容でした。


それなら色々あったなあと思って、試しに査定してもらうことにしました。


ここ数年、金の市場価値が高くなっているので、金買取を利用して小金を得る方もいるでしょう。


金を売ったら、原則としては、これを譲渡所得として、確定申告を行わなければなりません。


売却額から購入時の費用などを差し引いた利益は、事業でなければ「譲渡所得」として計上されますが、この内50万円までは特別控除、つまり税金を払わなくていい部分になります。


売却した金を取得した時期によっても計算式は異なりますが、概ね50万円以下の利益なら全額控除が可能なので、金売却に税金はかかりません。


リーマンショック以降、金の買取サービスを利用する人は増えており、それをビジネスチャンスと見てか、街には金・プラチナ買取系の店が乱立するようになりました。


景気良く何店舗も出している業者もあります。


自宅の近くなど、行動範囲内にお店ができると便利ですし、同業他社に負けじと買取額を上げてくるなど、良い方向への変化が期待できると思います。


接客態度が悪い店は生き残れないということで、スタッフの質も上がるでしょう。


買取を利用するお客さんにとっては、いいことづくめですね。


12:36

次n→ 





w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++