金買取の知識


[記事を書く]
[月別]
[更新アラート]
2019年08月25日(日)
【リーマンショックやギリシャの経済危機に伴って高騰してい】
リーマンショックやギリシャの経済危機に伴って高騰している金相場。


今は1グラム5000円ほどです。


これはあくまで純金の価格ですから、これが例えば18金(75%の合金)のアクセサリーなどであれば、純金5000円に対し、その75%の3500円になるのです。


それなりの額、例えば200万円になるような18金は、重さで言えば600グラムほどです。


指輪なら数十個、昔流行った喜平ネックレスでも5本以上は必要でしょう。


また、さらに安価な10金のアクセサリーの場合ですと、10金になると市場価格は1グラム2000円ほどでしかありません。


ネックレスなら10本から20本ほど、合計1キロも集めなければ200万円に達しないのです。


長年身に付けていない指輪などの金製品を持っている人は、買取ショップに引き取ってもらうことをオススメします。


とはいえ、店舗ごとに買取額の基準や、手数料のシステムが異なるため、ネットで事前に情報を調べてなるべく高値になりそうな店を選ぶべきです。


特に、売りたいものが多い場合、僅かな基準額の差で大きな違いが出るため、なるべく多くの情報を集め、お店選びに活かしましょう。


普段意識しないことですが、我々の周囲には貴金属と同様に扱われる金製品がそこかしこに潜んでいるものです。


金歯はその一例と言えるでしょう。


金買取店は、こうしたものも買取の対象にしています。


モノが金であれば、形状は何でもいいというわけです。


意外な形での臨時収入をゲットできるチャンスですし、金歯がもう要らなくなってしまったという方は、そのまま捨てるのではなく、買取に出してみましょう。


プラチナと言われてプレゼントされたアクセサリーを買取に出すと、実はホワイトゴールドで、プラチナとは全く別物だったなどの話は昔からよく聞かれます。


こうなると、残念ながらプラチナと比べて金銭的価値は著しく下がります。


古くはロシア革命の頃、プラチナの供給が激減したため、代わりに使われるようになったものです。


日本でも昭和50年代までは代替品の認識でした。


アクセサリーのどこかに「K18WG」や「K14WG」といった表記が刻まれていれば、ホワイトゴールドです。


ちなみにプラチナなら「Pt」などの刻印になります。


代替品と聞くと安そうな印象ですが、金であることに変わりはないので、勿論、金買取の対象になります。


買取店にとって真贋鑑定は重要です。


時として、偽物の金をつかまされていた人が、本物と信じたまま買取に持ってくることもあります。


メッキの一部に本物の金を厚く盛り、巧妙に刻印を施すなどの方法で、プロの鑑定士を欺こうとしてくる悪質な手口もあります。


しかし、磁石による検査、刻印周りのキズでも判別できますし、比重計を使えば刻印通りの金かどうかは簡単に判ります。


タングステン合金で作られた偽物などは比重計でも判別できませんが、試金石と呼ばれる黒い石に品物を擦り付けて色合いを見る「試金石検査」なら、一定の薬剤に融けるか否かで、本物の金かどうかを判別できるので、簡単に見分けられます。


この方法は江戸時代には既に使われていたといいます。


10:24
2019年08月24日(土)
【リーマンショックからこっち、金の価格が高騰している今】
リーマンショックからこっち、金の価格が高騰している今では、実に多くのお店が金の買取をしていますから、ネットで情報収集することもお勧めです。


相場の変動によっても大きく買取金額が変わるので、いつ売るかで大きく買取額が変わってきます。


また、買取価格から手数料や鑑定料が引かれる場合もありますから、よく調べないまま店舗に行ってしまうと、他の店と比べて大幅に買取額が下がることもあります。


なお、自宅まで突然やってきて買取を申し出るような業者は、詐欺の可能性も高いので避けておきましょう。


最近はやりの金買取。


色々な形式があるようですが、代表的なものとしては、買取店の店頭で直接品物を見てもらい、買取をしてもらうのが最も一般的な方法ではないかと思います。


お店に常駐している目利きのプロが商品を鑑定し、その場で現金を受け取れますから、不安要素はありません。


どうしてその値段になったのかなど、丁寧に説明してくれるケースが最近は多いですから、その場でよく考え、本当に納得してから手続を進めることができるようになっています。


金買取業者は大抵の場合、20歳未満からの買取の禁止を定めているとところが大半でしょう。


したがって、中高生など未成年は買取してもらえないことになります。


とはいえ、例外的に、年齢制限が20歳未満ではなく18際未満の場合もありますが、その場合でも保護者の同意書は必要です。


また、18歳以上で親の同意書がある場合でも、職業を確認され、高校生なら買取は不可というのが一般的です。


買取店にとって真贋鑑定は重要です。


時として、偽物の金をつかまされていた人が、本物と信じたまま買取に持ってくることもあります。


メッキの一部に本物の金を厚く盛り、巧妙に刻印を施すなどの方法で、専門家の目までも誤魔化そうとしてくる場合もあります。


しかし、鑑定士は贋物に対して無力ではありません。


比重計という道具を用いれば、比重の違いから、偽物であることはすぐに判明します。


最近では、タングステン合金を利用して金と似た比重を実現した偽物もありますが、昔から使われている試金石検査という方法ならば、金の表面を少し削り取ることで、本物の金でないことはすぐにわかります。


金の買取において、少しでも高値を付けてもらうことを目指すなら、買取や査定自体に費用を取っていない良心的なお店を頑張って探してみるのが第一歩だといえます。


金の価格は日によって上下するので、最適の売却タイミングを狙うといった工夫もできるといいでしょう。


一度に売却する金の量が多ければ、それだけ査定額も有利になるので、ごく少量、例えば10グラム程の買取なら、相場であまり差は出ません。


ネットでは、やたらと高額の買取を謳ったサイトが多いですが、悪徳業者や詐欺の可能性が高いでしょうから、その手の広告を出している店はなるべく避けるのがいいでしょう。


10:06
2019年08月22日(木)
【金買取では売る側にも責任が生じ】
金買取では売る側にも責任が生じます。


そのため、18歳未満は、古物営業法という法律の定めるところにより、お店に行っても買取してもらえないのが原則です。


未成年者の非行を防ぐ意味合いでも、お店にもそれぞれの決まりがあり、20歳未満は少なくとも一人では買取を利用できません。


たとえ未成年者からの買取を受け付けている店舗であっても、保護者(主に親)が署名した同意書の持参は絶対に必要です。


それ無しで買取している店はマトモではないので注意しましょう。


ずっと前から使わなくなってしまった貴金属があれば、専門店に売却しておカネに変えるのもありでしょう。


ただし、同じ量の金でも店によって基準額や、鑑定料・手数料などが違うので、複数のお店の情報を比較検討して条件の良いお店を選択するといいでしょう。


高価な品物であればあるほど、買取総額はかなり変わってきますから、よほど慎重に店舗を比較検討する必要があります。


昔もらったけど今ではもう使っていないような指輪やネックレスなどの金製品を持て余している人は案外多いようです。


そんなときは買取ショップで換金しましょう。


金やプラチナの買取を扱っている店舗を探し、公開されている参考買取額をもとに、より高い値段で買取してくれるのはどの店か比較検討するのが賢いやり方です。


その他にも様々な条件で買取価格が変わるので、情報は隅々まで目を通しましょう。


貴金属の買取を行う店舗が最近増えてきましたが、古物営業法の規定に基づき、買取時の身分確認が徹底されています。


買取を依頼する際には、お店で直接買取する場合のみならず、郵送買取など、直接店に行かないケースでも、やはり本人確認は必要です。


免許証や保険証、パスポートなど、公的機関の発行した身分証を提示することで、誰が売ったかを明確にするのです。


直接店に行かず、郵送で買取を進めるなら、身分証のコピーを同時に送ることを求められる場合が多いですね。


金買取を利用するにあたっては、一番肝心なお店選びの段階で最初は迷うものですよね。


折角売るなら、高値をつけてほしいというのはすべてのお客さんが思うことでしょう。


お店選びの最もわかりやすい基準は、ネットで見られる、お客さんからのレビューや口コミです。


ネットレビューで高評価のところは、買取に不備がなく、信用が置けるお店であると見ていいでしょう。


初心者の方でも当てにできる指標になりますね。


07:42
2019年08月21日(水)
【買取店の鑑定士は常に偽物の可能】
買取店の鑑定士は常に偽物の可能性に目を光らせています。


お客さん本人が本物と信じていても、当然ニセモノのケースもあります。


中には、金メッキの表面に本物同様の刻印を施して、業者を誤魔化して、本物の金として買取させる詐欺も古くからあります。


ですが、比重計という、品物の重さを測定して比重を割り出す器具を使えば、通常時の重さと水に沈めたときの重さの差から、比重はすぐにわかります。


仮に比重計で見抜けないように重さを調整された贋物であっても、試金石という、ケイ酸を多く含む特殊な石を用いて検査すれば、たとえ見た目や比重を似せてあっても、容易に真贋を判別できるのです。


昔もらったけど今ではもう使っていないような貴金属のネックレスや指輪などというのは、どなたの家にも結構あるのではないでしょうか。


最近は金やプラチナの買取を掲げた店が多いので、利用してみてはどうでしょうか。


買取ショップは非常に多くなっているので、相場の動きや、その店での買取額がいくらになるのかを見て、一番高く売れるのはどこか、色々と見て比べてみるといいでしょう。


その他にも様々な条件で買取価格が変わるので、表面的な買取価格だけではなく、色々な情報を確認しておきましょう。


万が一、盗品だった時のためにも、金買取時には、お客さんの身分証の提示が必須になっています。


お店に直接持ち込む場合はもちろんですが、郵送買取など、直接店に行かないケースでも同様です。


免許証や保険証、パスポートなど、公的機関の発行した身分証で身分確認を行うことが法律で義務付けられています。


商品を発送して後日お金を振り込んでもらう形式なら、そういった身分証の写しを一緒に送ることで必要な手続きに変えるというのが普通です。


不要な貴金属を専門店で買取してもらうにも、事前に以下の内容を頭に入れておいてください。


すなわち、ある金製品を買取に持ち込むとしても、持ち込む店舗により、実際に自分が受け取れる金額はピンキリだということなのです。


なので、お店が掲げている買取額や手数料をチェックし、損しない売却先はどこか、真剣に考えるのがいいですね。


貴金属を購入しても、盗まれるのが怖いので置き場所に困りますよね。


あまり量が多くなければ自宅に保管することになるでしょうが、書斎に金庫を置いておくくらいの安心感は欲しいですよね。


お金持ちが一定量の金塊を保有するケースなどでは、最悪、強盗殺人の被害などにも遭いかねないので、自宅には流石に置かず、銀行で大きな貸金庫を借りている場合や、金を販売している業者が保管設備を持っていて、有償で保存を受け付けているケースもあります。


とはいえ、どこに置いておいてもリスクが完全に0ということはないでしょうから、心配なら専門業者に売って現金化し、不安から開放されるのも一つの手でしょう。


07:42
2019年08月20日(火)
【近頃は、色々なお店が金の買取サービス】
近頃は、色々なお店が金の買取サービスを実施しているので、昔より利用を検討しやすくなりました。


金に限った話ではないですが、貴金属は相場変動が激しいので、現在の価格をチェックして、最適のタイミングで売りましょう。


また、買取価格から手数料や鑑定料が引かれる場合もありますから、近所のお店に考えなしに買取を依頼すると、思ったほどのお金にならない可能性もあるのです。


ちなみに、自宅をいきなり訪問して金の買取を行う「訪問購入」の買取業者は、詐欺や強引な買取のケースが多く、お勧め出来ません。


少し前の話ですが、タンスの奥に仕舞い込んでいた金製品を買取に出しました。


金買取はそれまで利用したことがなく、売却先をどこにするか、自分では思いつかず、試しにネットで検索してみたのです。


その結果、御徒町が貴金属の買取では有名だとわかりました。


昔から多くの金買取業者が店を構えているエリアがあり、その中でも特に老舗と言われるお店を選びました。


専門の鑑定士の人が丁寧に査定してくれて、そこそこ良い金額で手放せたので満足でした。


金の買取がお得だと聞いて興味を持ったけど、近くに買取店がない場合もあるでしょう。


そういうときは、郵送での買取を受け付けている店をネットで探してみましょう。


利用を申請すると、商品を入れる容器が自宅に届くので、売りたい金製品を入れ、業者に返送すればいいのです。


早ければ翌日には、買取価格がメールなどで知らされるので、金額に同意の返事をしたら、買取代金が振り込まれます。


これならどこに居ても利用できますね。


最近は金買取を掲げるお店が増えてきましたが、そこでは装飾品以外にも、様々な商品を現金化することができるのです。


一般に、金買取という言葉からは、豪華な屋敷の金庫に入っている金の延べ棒などが一般的にイメージされるのかもしれませんが、意外にも日用品にも金が使われているものがあるのです。


例を挙げれば、金縁の眼鏡がそうでしょう。


メガネのフレームで金が使われているものや、古い金歯なども金製品として立派に買取の対象になります。


よほど大量の取引をしていない限り、金を専門店に売却しても税金はかかりません。


買取店であれば、売買で動くお金も莫大ですから、しっかり利益を計上し、結構高い税金を課せられているでしょう。


一方、個人の取引でそこまでの額になることはほぼありません。


基本的には気にしなくていいと言えますが、しかし税法も割と頻繁に変わるものなので、税理士法人のホームページなどで情報を検索してみるというのも一つの手だと思います。


06:30
2019年08月19日(月)
【初めて金買取を利用する方に押さえてほしいポ】
初めて金買取を利用する方に押さえてほしいポイントは、詐欺まがいの店の被害に遭わないよう、慎重に店を選ぶことだといえます。


金額だけを前面に出した広告に釣られることなく、詐欺などではなく本当に信頼できる商売をしているのかを厳しくチェックしてください。


少しでも怪しげな点がある店は利用しないほうがいいでしょう。


素人は買取金額が高いお店に飛びつきがちですが、そういう店ほど高額な手数料を取るケースがあるので、事前に入念に確認することが大事です。


そこのお店で売却すればいい値段になるという売り文句につられて行ってみたところ、高価買取は全くのデタラメで、実際は安い金額で無理やり売却させられてしまったなどの話はネットを見ていても散見されます。


多くの業者は真っ当に商売をしていますが、中には詐欺まがいの悪質な営業をしているところもあるので、店を選ぶ際には慎重になりすぎるくらいが丁度よいでしょう。


黙って泣き寝入りするのが嫌な人は、弁護士もいいですが、先に消費者センターに相談するのをお勧めします。


最近は色々なスタイルの金買取サービスが増えてきましたが、中でも近隣の買取専門店に品物を持って行って買い取ってもらうスタイルが最もオーソドックスでしょう。


お店に常駐している目利きのプロが商品を鑑定し、商品を引き替えに直接現金を渡してもらえるので、最も安心できる買取スタイルと言えるでしょう。


お客さんが不安にならないよう、金額の説明などをしっかり行っている場合が多いため、十分納得のいく金額で買取してもらうことが可能なのです。


金の買取がお得だと聞いて興味を持ったけど、生活圏内には買取店がないこともあります。


そんな方は、郵送で買取してもらえるサービスもあります。


ネットで個人情報などを登録すると、お店から品物用のパックが届きます。


そうしたら、売りたい金製品を入れ、業者に返送すればいいのです。


その到着後、買取額を通知するメールなどが届きますから、承諾の返事をした時点で買取が成立となり、すぐに振込があります。


忙しくて店に行けない方にも便利です。


若い頃やバブルの頃に調子に乗って買い集め、今となっては身に付けることのなくなった貴金属を自宅に置いたままにしておくのはいかにもムダでしょう。


使わない貴金属の処分に困ったときは、専門のお店に持っていけば買い取ってくれます。


主な買取対象といえば金ですね。


最も純度の高い24金(純金)の流通相場が4800円(1グラムあたり)ですから、買取相場は一般的にその価格より若干安くなるとはいえ、それでも、買取の一般イメージからすれば、いい意味で予想を裏切るような値段で手放すことができるでしょう。


06:18
2019年08月18日(日)
【便利な金買取ですが、一部では明らかな詐欺もある】
便利な金買取ですが、一部では明らかな詐欺もあるので気を付けてください。


訪問購入には悪質なケースが多いと言われています。


いきなり家にやってきたかと思うと、しつこく金製品の買取を勧めてくるという事例です。


こうした訪問購入は近年問題視され、法規制もされていますが、買取価格も異様に安かったり、売却に同意するまで玄関先に居座って帰らないなどの悪質さも目立ちます。


話に応じる素振りを少しでも見せると、後が面倒なので、そうなる前に拒絶の意思を示し、追い帰すのが得策です。


資産を現金の形で銀行に預けておくのに加えて、定番といえば、景気や国際情勢の影響を受けない金を保有しておく形です。


この方法を採用するなら、まず考えることは、金をどこで買うかということですね。


自分も金による資産保全が気になるという方は、ウェブサイトがしっかりしていて、金の単価などが明示されている、実績・信頼のしっかりしたお店を選択するようにしましょう。


買った時の店がちゃんとしていれば、逆に売る時も贋物の心配などと無縁で済みます。


金製品の買取をしてもらう際には、買取してもらいたい商品を、ショップに直接持ち込む形が基本であるといえます。


お店に常駐している目利きのプロが商品を鑑定し、適切な価格で買い取ってくれるので、最も安心できる買取スタイルと言えるでしょう。


お客さんが不安にならないよう、金額の説明などをしっかり行っているショップも増えてきましたので、その場でよく考え、本当に納得してから買取ってもらえます。


これなら安全だと思いませんか。


最近は金買取のお店も増えてきましたが、その中には専門家による鑑定の費用や、買取に伴う手数料などを買取金額から差し引いてくるところと、それらが無料のところがあります。


買取時、こういった費用を取る店だったら、色々な名目で買取額が減額されて、本当に自分が受け取れる額は結局、低額になってしまいます。


ズルイ業者だなあ、と思う方もいるでしょう。


特に初めての方は、利用する店舗を決める際に、この点を確認しておくことをお勧めします。


金買取業者は大抵の場合、20歳未満からの買取の禁止があるのが当たり前です。


このため、未成年者は買取の利用を断られてしまうのが一般的です。


僅かながら、利用を20歳からではなく18歳からと定めている店も存在します。


ですが、未成年であれば保護者のサインなどが必要になってきます。


加えて、たとえ18歳からOKの店でも、職業を確認され、高校生なら買取は不可というのが一般的です。


04:30
2019年08月17日(土)
【昔買ったきりでずっとご無沙汰という指輪やイヤリン】
昔買ったきりでずっとご無沙汰という指輪やイヤリング、ネックレスなどの貴金属をお持ちの方も少なくないと思います。


タダで手放すのは惜しいという場合には、買取店に持ち込んで買取してもらうことを考えてみてはどうでしょう。


金やプラチナを専門に買い取ってくれるところも街頭、ネット問わず多いですから、実際にその品物が何円くらいになるのか簡単に査定してもらってもいいかもしれません。


買取にも色々な方式がありますが、最近増えてきたのが、ネットで申し込める、金買取の郵送買取サービスです。


これは何かというと、事前に送られてくる梱包パックに商品を入れて店に送り返し、あとは査定結果の連絡があるまで待つだけです。


お店からメールや電話で査定額の連絡を受け、納得いく金額であれば了承の返事をし、契約成立となります。


店頭での買取はそんなに夜遅くまで空いていませんが、郵送買取ならメールやフォーム送信でいつでも申込できるため、田舎に住んでいる人や、仕事が忙しい人が主に利用しているようです。


最近は金買取を利用する方も増えてきましたが、初めて利用する際には何より買取額を気にされていることでしょう。


それはその時によって異なるとしか言えないのです。


国際情勢や景気の良しあしなどにより、金の相場はその都度変わるので、いつ売るかによって値段が大きく変わってくることもあります。


そのため、少しでも高い金額で売却することを望むなら、テレビやネットの情報に目を光らせ、相場変動の情報に強くなっておくことに努力を捧げてもいいと思います。


金に限った話ではないですが、古物買取においては、警察の指導もあり、多くの店舗では本人確認を厳しく行っています。


お店に直接持ち込む場合はもちろんですが、ネットを通じて郵送で買取を進める場合も何らかの形で身分確認をしなければなりません。


買取の際には、免許証など公に認められた身分証明証の提示を受け、店はお客さんの個人情報を記録します。


直接店に行かず、郵送で買取を進めるなら、身分証のコピーを同時に送ることによって店はお客さんの身分確認を行います。


せっかくの金買取。


気を付けなければならないのは、買取価格の相場を把握することに尽きます。


少しでも高値で手放すことができるよう、相場を小刻みに確認しておき、最適のタイミングで買取に出しましょう。


実際の買取額は、申込時の相場で決定されるというケースが多くなっています。


相場変動を逆手にとって、少しでも高値で金を売るのが賢い方法です。


03:36
2019年08月16日(金)
【ここ十年ほどで一気に増えてきた金買取。今では、実に多く】
ここ十年ほどで一気に増えてきた金買取。


今では、実に多くのお店が買取サービスを取り扱うようになりました。


街でよく見かけるリサイクルショップもその一例です。


自宅で使わなくなった不要品を持ち込める店ですが、ブームに乗って貴金属の買取も扱い始めるお店が最近は多いようです。


鑑定眼もしっかりしているので、安心して利用できます。


金買取の利用を検討している場合は、一度査定してもらってもいいのではないでしょうか。


金の買取を利用する際には、お客さんの身分証の提示が必須になっています。


店舗で直接買取してもらう場合は勿論として、ネットを通じて郵送で買取を進める場合も必ず身分証の提示が必要です。


公的な身分証明書、たとえば免許証や保険証などを提示する必要があります。


対面でない場合、商品を発送する際に荷物に同梱する形で身分証のコピーを送ることを求められる場合が多いですね。


近年では、店頭ではなくネットを通じて金買取を行う業者も出てきています。


サイト上で大体の買取価格を載せているケースも多く、お客さんにとっては便利ですよね。


しかし、郵送で買取を行う場合、商品と一緒に、免許証などの写しを送ることになります。


また、なるべく高値での買取を狙うなら、条件の良いお店を選ぶことが大切です。


鑑定料や、買取時にかかる手数料が一切ない店も少なくないため、店舗選びの際の参考にできます。


昔買ったきりでずっとご無沙汰という貴金属製のアクセサリーなどをお持ちの方も少なくないと思います。


ただ捨てるだけではしのびないという方は、お店で買取を依頼するのも有力な選択肢ですね。


そうした買取を専門としているお店もあちらこちらにありますので、本当に高額で売却できるかどうか簡単に査定してもらってもいいかもしれません。


相次ぐ不況で金の市場価値が上がっていると聞き、もう使わなくなった金のアクセサリーを買取ショップに持っていったところ、純度を示す刻印が入っていないから、値段は付けられないと言われてしまいました。


刻印がある商品だけなら買取査定できるとのことでしたが、それでは点数も少なく、査定金額も低くなる上、手数料を引かれるとほとんど残りません。


刻印の無いものでも一括で買取してくれるお店はないかと思い、多くの貴金属店が軒を連ねる御徒町に足を運んでみました。


すると、買取店のスタッフや設備も流石にレベルが違い、町のショップではとてもできないような専門的な検査をしてくれて、全ての品物を無事に買い取ってもらうことができ、大満足でした。


03:36
2019年08月15日(木)
【貴金属の買取を行う店舗が最近増えてきましたが】
貴金属の買取を行う店舗が最近増えてきましたが、お客さんの身分証の提示が必須になっています。


買取ショップや専門店に持ち込む場合に加えて、郵送買取など、直接店に行かないケースも何らかの形で身分確認をしなければなりません。


公的な身分証明書、たとえば免許証や保険証などを提示することで、誰が売ったかを明確にするのです。


郵送した商品を査定してもらう場合は、身分証のコピーを同時に送ることを求められる場合が多いですね。


元手があるなら投資を考えてもいいですね。


投資対象は色々ありますが、典型的なものが金(ゴールド)ですね。


金というものは、資産価値があまり下がらないという特徴があるのです。


ドルや円のように、世界情勢の影響で価値が変わることがあまりないためです。


高級品として世界中で認知されているのも、金の値崩れが少ない理由なのです。


とはいえ、相場の変動も当然あるので、売却を検討しているなら、今、金相場が下がっていないか、一度チェックしてから売るのがいいと思います。


2008年のリーマンショック以降、今までの間に、少しずつとはいえ、金を買取に出す際の買取価格が高くなってきました。


近頃はそれに加えて、ユーロに加盟していたギリシャが経済破綻を起こし、国民が銀行から預金を下ろせなくなってしまいました。


リーマンショックに続き、この経済破綻も買取市場における金の価格が上昇する要因であると言えるでしょう。


金に優るとも劣らない高級品といえばプラチナですが、プラチナの指輪などを店で見てもらうと、鑑定の結果、白金(プラチナ)ではなく、白色金(ホワイトゴールド)だと言われたなどの話は昔からよく聞かれます。


こうなると、残念ながらプラチナと比べて金銭的価値は著しく下がります。


プラチナはあまりに高価で、一昔前は金の3倍ほどしたくらいですから、よく似た見栄えの代替品としてホワイトゴールドが作られるようになりました。


合金であるホワイトゴールドは、一般に18金か14金なので、K18WGやK14WGなどとあればその純度で金を含んだホワイトゴールドだということです。


プラチナより価値は劣るとはいえ、れっきとした金の一種なので、金製品を買い取ってくれる店であれば、現金化は可能だと思います。


初めてで不安も多い金買取。


安心して利用する上で大事なのはまず、無数にある買取店の中から売る店を選ぶことです。


判断基準はまず買取価格の高さですが、それに加えて、面倒な手続きが少ない店がいいですし、郵送買取なら振込が早い所の方がいいですよね。


最後の決め手としては、店の取引実績や評判を確認しなければなりません。


信用できる情報源は利用者からの生の声です。


これは口コミやレビューの形で確認できます。


レビューで高得点を得ている業者を選択すれば損することはありません。


02:54

次n→ 





w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++