金買取の知識


[記事を書く]
[月別]
[更新アラート]
2018年08月19日(日)
【もう要らなくなった貴金属があれば、売却して臨時収入を】
もう要らなくなった貴金属があれば、売却して臨時収入を得るのもいいと思います。


しかし、どこの店舗に持っていくかによって基準額や、鑑定料・手数料などが違うので、ネットで事前に情報を調べてなるべく高値になりそうな店を選ぶべきです。


売却する品物の総量が多ければ、店の違いによって金額も大違いになりますから、店の選択には注意しましょう。


最近数が増えてきた金買取ですが、その中にはタチの悪い詐欺もはびこっているので気を付けなければなりません。


特に注意するべきは、訪問型の買取を名乗る詐欺です。


いきなり家にやってきたかと思うと、要らない金製品を買い取るとゴリ押しするものです。


押し売りならぬ「押し買い」と言えるでしょう。


店に売りに行く場合と比べて非常に買取金額が低かったり、後から売却のキャンセルを申し入れても応じなかったりと非常に悪質です。


玄関先に上げてしまうと非常に危険なので、はっきり断って追い帰すようにしてください。


金買取業者は大抵の場合、業者自身の取引の安全を守るためにも、未成年者への利用制限を定めているとところが大半でしょう。


このため、未成年者は買取の利用を断られてしまうのが一般的です。


ごくまれに、利用を20歳からではなく18歳からと定めている店も存在します。


ですが、その場合でも保護者の同意書は必要です。


加えて、たとえ18歳からOKの店でも、高校卒業までは駄目というケースがほとんどです。


自分で買ったり人からプレゼントしてもらったりしたけど、今となっては身に付けることのなくなった貴金属をずっと死蔵していても一円の得にもなりません。


心当たりのある方は、買取をやっているお店に持ち込んでみましょう。


中でも金製品は大抵の店で喜んで買取ってくれます。


24カラットの純金の場合、購入時の相場はグラム4800円くらいでしょうか。


お店の利益が引かれるので、流通相場より安い買取額になりますが、多くの人が想像しているよりは十分高い額で売却できる可能性が高いです。


金の市場価値が上がっているとはいえ、価値が高い内に急いで売ろうというのは得策ではありません。


あまり意識されないことですが、金やプラチナといった貴金属は、市場での価格の変動が頻繁に起こるからです。


そうした事情があるので、毎日変動する金相場を気をつけて見ておいて、高くなったタイミングを見計らって売却することが大事になってきます。


08:12
2018年08月18日(土)
【貴金属の買取を行う店舗が最近増えてきましたが、お店は】
貴金属の買取を行う店舗が最近増えてきましたが、お店は、売却する人の身分確認をしなければならないと法律で決まっています。


買取を依頼する際には、お店で直接買取する場合のみならず、非店舗型の業者など、対面せず郵送と振込でやりとりする場合でも同様です。


買取手続を進める前に、免許証や保険証などで身分確認を行うことが法律で義務付けられています。


直接店に行かず、郵送で買取を進めるなら、免許証などをコピーして同封することを求められる場合が多いですね。


金を買取に出す上で、まず大事なのはどのお店に買取をお願いするかということです。


判断基準はまず買取価格の高さですが、それに加えて、手続の簡便さも重要なポイントです。


郵送なら振込の早さも大事です。


また、初めて利用する際には、他のどんな条件よりも、店の取引実績や評判を確認しなければなりません。


信頼のおける情報といえば、利用者からの生の声です。


これは口コミやレビューの形で確認できます。


レビューで高得点を得ている業者を優先して利用するのがいいでしょう。


長いこと自宅に眠っている金製のネックレスを買取ショップに持っていこうとしている方は、そのネックレスの裏面などをよく見てみてください。


金製品にはほぼ必ず、日本製なら「K24」、外国製は「24K」などの刻印が押されています。


Kはカラットの略で、この数値は金の純度を表しています。


K24というのは純度100パーセント、K18なら純度75パーセントだと思えばほぼ間違いありません。


金に限らずプラチナなどの貴金属では、純度の割合で買取額は大きく変動してきます。


金買取といっても様々な形式があります。


今、少しずつ流行り出しているのは、郵送買取と呼ばれる、貴金属を送って買取査定をしてくれるサービスなのです。


どんなものかというと、買取してほしい品物をまずは店に送って、お店での買取と同様、買取金額を査定してもらいます。


買取金額の連絡が来たら、その額でよければ売却し、納得いく金額でなければ品物を送り返してもらいます。


普通はお店が空いている時間に行く必要がありますが、これならメールやフォーム送信でいつでも申込できるため、お店に行く時間がないという方を対象としたサービスといえるでしょう。


近頃では、いわゆる「金プラ買取」系の宣伝を街中でもよく見かけるようになりました。


実店舗のみならず、ネット上でもそういう広告が増えていて、「金製品 買取」や「プラチナ 買取」といった言葉で検索したら、金買取のお店のページがずらずらと出てくるのです。


いくらかでも現金になるのなら、お店選びにまでこだわる必要はないと感じるかもしれませんが、相場の上下によって買取額が大きく変わるのが金買取というものですから、相場を見て、最適のタイミングを狙って売るといいです。


07:54
2018年08月17日(金)
【都心から離れたところにお住まいの方などは】
都心から離れたところにお住まいの方などは、ネットを通じた金買取も便利です。


メールやラインで商品の画像を送ると、おおよその査定をしてくれる店もあります。


どこも様々な工夫を凝らしているのですね。


直接お店に行かない形式の買取でも、買い取ってもらう品物と合わせて、身分証のコピーを送ります。


少しでも高い金額で売却するためには、色々なお店のサイトを見比べて、一番良い所を選びましょう。


査定にかかる手数料や、目減りによる減額が引かれないところも多いですから、色々な情報をもとに売却先を検討してください。


買取サービスには昔から色々なものがあります。


最近人気なのは、貴金属を簡単なやりとりで買取してくれる、宅配買取というものです。


どんなものかというと、買取してほしい品物をまずは店に送って、お店での買取と同様、買取金額を査定してもらいます。


買取金額の連絡が来たら、承諾の返事をし、取引成立になります。


もちろん金額に納得できなければキャンセルできます。


店頭での買取はそんなに夜遅くまで空いていませんが、郵送買取ならネットの申込なら時間や場所は関係ないので、店に行く時間がなかなか取れない人のための形態と考えてもいいかもしれません。


これまで金の買取を利用したことがない場合、良い買取店を見極める方法で迷うというのはよく聞く話です。


いくらかでも高い金額にしてくれる店がいいというのは、利用客としては当たり前の話です。


お店選びの最もわかりやすい基準は、「利用者からの人気」が第一です。


多くの人が良かったと言っているお店は、それだけ買取に満足だったケースが多いことを示しており、参考になります。


金買取店は最近増えてきましたが、田舎に住んでいるなどで近くに買取店がない場合もあるでしょう。


そういうときは、WEB上で気軽に申し込める郵送買取がオススメです。


まずは住所・氏名などを書いてフォームで送信することで、品物を送る専用の容器が送られてくるので、買取を依頼したい商品をそれに入れ、送り返すだけです。


その到着後、買取価格がメールなどで知らされるので、その金額でよければ承諾の連絡を返し、その後、買取代金が振り込まれます。


これならどこに居ても利用できますね。


金買取の業者って電話でも営業してるんですね。


この前そういう電話がかかってきました。


他の種類の営業電話はよく受けますが、商品を売りに来るんじゃなくて買い取るというのは初めて聞いたので、続きを聞いてみたくなりました。


そうすると、家にある貴金属、例えば金のアクセサリーなどで、ずっと身に付けていない品があったら買い取ってくれるという内容でした。


それなら色々あったなあと思って、トントン拍子で、査定に来てもらう話がまとまりました。


07:48
2018年08月16日(木)
【デザインが古いとか、年齢が合わなくなったとかで、もう】
デザインが古いとか、年齢が合わなくなったとかで、もう使わない金やプラチナのアイテムを持て余している人は案外多いようです。


そんなときは買取ショップで換金しましょう。


貴金属買取のお店はたくさんありますが、ウェブサイトなどに載っている買取価格を参考にして、最も良い条件で売却できる店はどこか、見比べて選びましょう。


また、手数料の有無などでも大きな差が出るので、手数料の有無などは必ずチェックしてください。


先日、祖母が鬼籍に入り、金の指輪を遺産として相続しましたが、中にはあまり保存状態がよくないものもありました。


買い取ってもらえると噂に聞いたものの、これまで経験がなかったので、なんとなく怪しげなイメージもあったのですが、ちゃんと古物商の許可も受けているようなので、利用を決心しました。


私はほとんど価値はないと思っていたのですが、真剣に査定してくれましたし、お店の雰囲気も思ったより開放的でいい感じでした。


買取金額もそこそこの値になったので、結果的には正解でした。


昨今、街には金買取のショップが溢れていますが、その中では買取額の何パーセントといった手数料や、鑑定の費用などを買取時の金額から差し引いてくるお店も少なくないようです。


手数料を設けている店に買取を依頼すると、当然、そのぶん実際に受け取る金額が少なくなります。


ズルイ業者だなあ、と思う方もいるでしょう。


せっかくの買取で後悔しないように、どういう費用が発生するかは事前に確認しておくことです。


家に眠っている貴金属を買取してもらおうかと思ったとき、多くの方が思い浮かべるのは、最近多い「金・プラチナ買取」系のお店ですよね。


そうは言っても、一見さんお断りのような雰囲気があったり、一人で入るのは勇気が要るという方が私の周りにも多くいます。


そんな方でも安心して利用できるのが、デパートの金買取ですね。


よく見かけるのは、催事場で期間限定のイベントとして開催している場合です。


デパートなら変なトラブルは無いだろうという安心感から、あまり慣れていない方にはぴったりだと言えます。


買取店の鑑定士は常に偽物の可能性に目を光らせています。


買取ショップに偽物の金製品を持ち込む詐欺のケースもあります。


素人には当然判別できないような、巧妙に作られた贋物で、真贋鑑定を突破しようとする詐欺師もいるほどです。


しかし、磁石による検査、刻印周りのキズでも判別できますし、比重計を使えば水に沈めた場合の重さの変動をもとに、比重を求め、金の純度を判別することが可能です。


タングステン合金で作られた偽物などは比重計でも判別できませんが、試金石という、ケイ酸を多く含む特殊な石を用いて検査すれば、硝酸や王水に融けるかどうかも検査することができ、簡単に見分けられます。


この方法は江戸時代には既に使われていたといいます。


05:48
2018年08月15日(水)
【金買取を利用してみたいと思っても、生】
金買取を利用してみたいと思っても、生活圏内には買取店がないこともあります。


そんな方は、ネットを通じた郵送買取を利用してみましょう。


まずは住所・氏名などを書いてフォームで送信することで、品物を送る専用の容器が送られてくるので、売りたい金製品を入れ、業者に返送すればいいのです。


数日と経たない内に、電話やメールなどで査定額の提示があるので、その金額でよければ承諾の連絡を返し、その後、買取代金が振り込まれます。


これならどこに居ても利用できますね。


数万円程度の買取額を得た程度なら、金の買取で課税されることなどないでしょう。


金買取を行っている業者のほうは、取引の量が個人とは違いますから、事業所得として金額を申告し、納税しています。


その点、個人ではよほどの資産家でもない限り、課税対象になるほどの取引はしませんよね。


もっとも、税法が改正されることも有り得るので、どうにも不安な方は、事前に調べておくことで不安を払拭しておきましょう。


要らなくなった金のネックレスをおカネに変えたいと思っている人は、金の純度を示す刻印を見てください。


それが本当に金製であれば、日本製なら「K24」、外国製は「24K」などの刻印が押されています。


よく「18金」や「24金」などと言われるのがこの数値です。


K24なら24分の24で100%が金、K18なら24分の18で75%が金だと思えばほぼ間違いありません。


もちろん、この純度が何%であるかによって販売や買取における価格が大きく変わるのです。


金もプラチナも高級品として有名ですが、どっちが高いかを即答できる人は少ないかもしれません。


ここのところ金の価格も追いついてきましたが、元々高かったのはプラチナです。


一時期は金の3倍ほどしたのです。


理由としては、金と比べて特定の地域だけに偏在していることや、総生産量の圧倒的な少なさを無視できないでしょう。


これらはいずれも、永遠に劣化せず輝きを保ち続ける金属なので、遥か昔から、世界中の至る所で富の象徴となってきましたが、全世界の埋蔵量が非常に少なく、人工的にも作り出せないという希少性が、その価格を引き上げる要因となっているのです。


金買取といっても様々な形式があります。


今、少しずつ流行り出しているのは、直接お店に行かなくても、郵送で金買取をしてくれるスタイルです。


これは何かというと、事前に送られてくる梱包パックに商品を入れて店に送り返し、あとは店頭に持ち込んだ場合と同様に査定を受けるというものです。


お店からメールや電話で査定額の連絡を受け、納得いく金額であれば了承の返事をし、契約成立となります。


店頭での買取はそんなに夜遅くまで空いていませんが、郵送買取ならネットの申込なら時間や場所は関係ないので、お店に行く時間がないという方のための形態と考えてもいいかもしれません。


05:18
2018年08月14日(火)
【買取サービスには昔から色々なものがあります。最近人気】
買取サービスには昔から色々なものがあります。


最近人気なのは、郵送買取と呼ばれる、貴金属を送って買取査定をしてくれるサービスなのです。


これは何かというと、事前に送られてくる梱包パックに商品を入れて店に送り返し、数日で査定結果が出るのを待ちます。


お店からメールや電話で査定額の連絡を受け、その額で買取してもらうかを決めればいいのです。


営業時間の制約がある店頭買取と違い、時間を気にせず利用できるので、お店に行く時間がないという方が主に利用しているようです。


初めてで不安も多い金買取。


安心して利用する上で大事なのはまず、売却先としてどんなお店を選ぶかということです。


店を選ぶ秘訣は、買取価格を見ることは勿論、買取までの流れや、振込ならそのタイミングなど、見るべき点は多いです。


最後の決め手としては、店の取引実績や評判を確認しなければなりません。


それを測る上で使えるのは利用者からの生の声です。


これは口コミやレビューの形で確認できます。


多くの人から好評を得ている店舗を選びたいものですね。


これまで金の買取を利用したことがない場合、たくさんあるお店の中でどこを選ぶかで、頭を悩ませてしまう人もいるかと思います。


いくらかでも高い金額にしてくれる店がいいというのは、すべてのお客さんが思うことでしょう。


お店選びの最もわかりやすい基準は、実際に利用した人からのレビューなどです。


多くの人が良かったと言っているお店は、ちゃんとした買取をしてお客さんを満足させているということです。


これを参考に、信頼できるお店を選びましょう。


ご自宅に眠っている金製品を、少しでも高く手放したければ、手数料、鑑定料などの費用が安価か無料になっているところを選択するのが何よりの基本になります。


金の価格は日によって上下するので、最適の売却タイミングを狙うのも重要でしょう。


一度に売却する金の量が多ければ、それだけ査定額も有利になるので、ごく少量、例えば10グラム程の買取なら、相場であまり差は出ません。


ネットでは、やたらと高額の買取を謳ったサイトが多いですが、相場より高く買い取るなどといった広告はほぼ詐欺か悪質業者ですので、本当に信用できる業者か、慎重に見極めるようにしてください。


高価な貴金属には偽物も付き物であり、買取ショップに偽物の金製品を持ち込む詐欺のケースもあります。


金メッキ製品の表面にレーザーで本物同様の刻印を入れるなどして、真贋鑑定を突破しようとする詐欺師もいるほどです。


ですが、比重計という、品物の重さを測定して比重を割り出す器具を使えば、それが金かどうか、純度は何%かなどが容易に判別できます。


仮に比重計で見抜けないように重さを調整された贋物であっても、試金石という、ケイ酸を多く含む特殊な石を用いて検査すれば、どんなによくできた偽物でも、容易に真贋を判別できるのです。


02:54
2018年08月13日(月)
【中学生や高校生など、18歳未満は基本的に、古物営業法や】
中学生や高校生など、18歳未満は基本的に、古物営業法や青少年健全育成条例に基づき、金製品に限らず、お店で品物の買取をしてもらうことはできません。


未成年者の非行を防ぐ意味合いでも、法律だけではなく業者側でも買取時のルールを定めており、18歳を過ぎていても未成年であれば古物売買の利用はできないところがほとんどです。


また、そもそも未成年は取引行為ができないのが基本であり、親の同伴か、同意書の提示がなければ買取してもらえません。


昔もらったけど今ではもう使っていないような金やプラチナのアイテムを自宅のどこかに仕舞んでいませんか?ただ家に置いておくより、いっそ買取に出してはどうでしょう。


金やプラチナの買取を扱っている店舗を探し、現在の金相場や、店ごとの買取価格を確認し、より高い値段で買取してくれるのはどの店か見比べて選びましょう。


鑑定料や手数料、目減り分の減額も店によって異なるため、表面的な買取価格だけではなく、色々な情報を確認しておきましょう。


近頃は、金買取を扱うお店も増えてきたので、調べて利用してみるのもいいと思います。


金に限った話ではないですが、貴金属は相場変動が激しいので、慌てて売るのはよくありません。


手数料などのシステムも店舗によりけりなので、たまたま見かけただけのお店を選んだ結果、「他所で売ればもっと高くなったのに!」と後悔する可能性もあります。


ちなみに、自宅をいきなり訪問して金の買取を行う「訪問購入」の業者は、相場より大幅に安い額での買取を無理に迫ったりするので論外です。


買取価格には自信があります、などと言うからお店に行ってみたら、納得できないような安い金額で無理やり売却させられてしまったなどの経験をして後悔している人もいるのではないでしょうか。


金買取もピンキリであり、ちゃんとした業者も多くある一方で、犯罪めいたことに手を染めている店もありますから、店を選ぶ際には慎重になりすぎるくらいが丁度よいでしょう。


こういう悪質な店に当たってしまったときは、次の被害者を防ぐためにも、消費者センターに事態を報告するべきでしょう。


少し前に、金買取業者を名乗る人から電話がかかってきたことがあります。


営業の電話は普段から色々かかってきますが、買取というのは今まで聞いたことがなかったため、どういう話か気になってつい耳を傾けていました。


いわく、家にある貴金属、例えば金のアクセサリーなどで、処分を検討している品物があれば高額買取で引き取ってくれるということなのです。


そういえば金のアクセサリーがあったなあと思い、試しに査定してもらうことにしました。


02:12
2018年08月12日(日)
【金の相場価格はネットでも簡単に見ることができま】
金の相場価格はネットでも簡単に見ることができます。


今は1グラム5000円くらいですね。


純金でなければ当然それより安い額になります。


例えば75パーセントが金である18金の場合、純金が1グラム5000円であれば、75%なので3500円ほどということです。


そのため、例えば200万円以上の額面を超えるような量というと大体570グラムといったところでしょうか。


10金のアクセサリーをお持ちの方もいるかもしれませんが、10金までいくと純度は半分以下の41%程度。


1グラムあたりの価格は2000円ほどです。


これで200万円を稼ごうと思えば、1キログラム以上も必要なのです。


お手持ちの金製品を買取に出す際、必ず気にしなければならない点としては、金の相場をちゃんと知っておくことです。


安く手放しすぎて後から悔やまないためにも、相場を欠かさずチェックして、買取のタイミングを決めるべきです。


実際の買取額は、申込時の相場で決定されるというケースが多くなっています。


相場の確認を欠かさず、少しでも高値で金を売るのが賢い方法です。


身につけなくなって久しいアクセサリーや腕時計といった金製品の処分に困っている方もいるかもしれません。


そこで役立つのが金買取ショップです。


ここ十年くらいで、そうしたお店は一気に増えてきたので、現在の金相場や、店ごとの買取価格を確認し、どの店で買取してもらうのが一番得になるか、色々と見て比べてみるといいでしょう。


店によっては手数料や査定料を買取価格から差し引いてくるので、情報は隅々まで目を通しましょう。


昔買ったきりでずっとご無沙汰という貴金属製のアクセサリーなどがある人は多くいるようです。


知人にあげるのも捨てるのも何だかなあ、という場合は、買取ショップへの持込みも有力な選択肢ですね。


金やプラチナを専門に買い取ってくれるところも街頭、ネット問わず多いですから、手持ちの金製品がいくらになるか鑑定に持ち込んでみるのをオススメします。


自宅にある貴金属を買い取ってもらう場合は、近隣の買取専門店に品物を持って行って買い取ってもらうのが最も一般的な方法ではないかと思います。


お店に常駐している目利きのプロが商品を鑑定し、適切な価格で買い取ってくれるので、詐欺やトラブルとは無縁だといえます。


お客さんが不安にならないよう、金額の説明などをしっかり行っているお店も少なくないですから、その場でよく考え、本当に納得してから手放すことが可能です。


初めての方でも安心ですね。


01:24
2018年08月11日(土)
【金の買取を利用するとしても、善】
金の買取を利用するとしても、善は急げとばかりに、すぐに買取に持ち込むのは賢明ではないといえます。


それがどうしてかというと、貴金属は買取時の値段が上下しやすいという性質があるからです。


こういった理由から、金の相場変動に敏感になり、最適のタイミングで買取を依頼することが大事になってきます。


手持ちの金製品を高額で買い取ってくれるなどと言うからお店に行ってみたら、あれやこれやと理由をつけて結局定額で買取に応じてしまった、などという経験をして後悔している人もいるのではないでしょうか。


多くの業者は真っ当に商売をしていますが、中には詐欺まがいの悪質な営業をしているところもあるので、店を選ぶ際には慎重になりすぎるくらいが丁度よいでしょう。


こうした被害に遭ってしまった時には警察よりも消費者センターにまず相談してみるのが効果的です。


お手持ちの金製品を売却したい方は、買取店の店頭で直接品物を見てもらい、買取をしてもらうケースが最も多いようです。


目利きに長けた専門家がその場で鑑定を行い、すぐに現金化できるため、初めての人でも安心して利用できます。


査定額の理由などをちゃんと説明してくれる店舗も多いですので、十分納得のいく金額で売却できます。


安心して利用できますね。


近年、金の買取ショップが増え、買取価格が全体的に上昇しているようなので、専門店で買い取ってもらったという時、その金額や状況によりますが、必要な書類を揃え、確定申告の手続きをしなければなりません。


購入時の価格以上で売れた場合など、売却によって生じた利益は、事業でなければ「譲渡所得」として計上されますが、この内50万円までは特別控除、つまり税金を払わなくていい部分になります。


一年間の譲渡所得や他の利益の合計が50万円を上回らなければ、全額控除が可能なので、金売却に税金はかかりません。


バブルの崩壊以降、現在にかけて、タンスの肥やしになっていた金製品を売りたがる人が多くなり、それをビジネスチャンスと見てか、街には金・プラチナ買取系の店が乱立するようになりました。


中には全国に展開しているようなところもあります。


沢山のお店の中から選べるほうが利用の敷居が低くなりますし、価格競争になることで、買取金額が全体的に高くなったり、より良いサービスを提供しようという方向に次第に変わっていく可能性が高いです。


店員の接客の質までも上がる可能性があります。


われわれ利用者の側としては、嬉しいことだらけですよね。


00:12
2018年08月09日(木)
【最近はやりの金買取。色々な形式】
最近はやりの金買取。


色々な形式があるようですが、代表的なものとしては、お客さんの方から店に直接品物を持って行くのが最も一般的な方法ではないかと思います。


お店に常駐している目利きのプロが商品を鑑定し、すぐに現金化できるため、不安要素はありません。


どうしてその値段になったのかなど、丁寧に説明してくれるケースが最近は多いですから、満足いくような価格で買取ってもらえます。


これなら安全だと思いませんか。


ネットや宅配の利便化に伴い、今にわかに人気なのが、貴金属を簡単なやりとりで買取してくれる、宅配買取というものです。


どんなものかというと、買取してほしい品物をまずは店に送って、鑑定・査定をしてもらうというもので、買取金額の連絡が来たら、その額でよければ売却し、納得いく金額でなければ品物を送り返してもらいます。


営業時間の制約がある店頭買取と違い、時間を気にせず利用できるので、周りに買取店が無い人はもちろん、忙しくてお店に行けない人には嬉しいですね。


金の価格高騰に伴い、友人が金を売却してそこそこのお金になったと聞いて、タンスの奥に眠っていた金製品を、金買取ののぼりを出している店に持って行ったら、純度を示す刻印が入っていないから、値段は付けられないと言われてしまいました。


刻印のあるものだけ買い取ってもらうとしても、少ない点数では手数料を引くとあまりおカネにならないので、どうせなら全て一括で売却した方がおカネになると思い、貴金属のメッカである御徒町まで行ってきました。


そこでは、金の買取を専門とするプロのスタッフが査定を担当してくれました。


専用の機械を使って、金性という金の純度の測定をしてくれ、全ての品物を無事に買い取ってもらうことができ、大満足でした。


お手元の金製品を買い取ってもらうにあたり押さえておくポイントとしては、金の相場をちゃんと知っておくことです。


できるだけ高い価格で買い取ってもらえるよう、毎日変動する相場を入念にチェックし、最適のタイミングで買取に出しましょう。


実際の買取額は、申込時の相場で決定されるのが原則です。


相場変動を逆手にとって、高値で売れるようになれば一人前です。


消費税は今後も更に上がると言われていますが、ここでお得な話を一つ。


金を購入する際には、普通の買い物と同じく、消費税をとられますが、その金を買取ショップで買い取ってもらうと、自分が受け取る買取額は、本体価格に消費税が上乗せされた額になるのです。


つまりどうなるか?消費税が低い内に金を購入しておくと、増税後に売却することで、消費税額の差額分をまるまる得できることになります。


消費増税サマサマじゃありませんか。


この応用としては、消費税率が低めの国で金を購入し、ハンガリーやノルウェー、スウェーデンなど消費税率の高い国で売却するといった利益の上げ方も有り得るかもしれません。


23:06

次n→ 





w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++