金買取の知識


[記事を書く]
[月別]
[更新アラート]
2020年09月27日(日)
【金もプラチナも高級品として有名】
金もプラチナも高級品として有名ですが、どっちが高いかは普段意識することがないでしょう。


基本的には、プラチナの方が金より高価とされています。


その理由には、金の20分の1とも言われる、産出量の少なさが挙げられます。


ちなみに金の年間生産量約2500トンに対し、プラチナは約200トンしかありません。


これらはいずれも、永遠に劣化せず輝きを保ち続ける金属なので、世界共通の価値を持つ国際商品としての地位を確立していますが、全世界の埋蔵量が非常に少なく、人工的にも作り出せないという希少性が、その価値を形作っているというわけですね。


金の買取において、少しでも高値を付けてもらうことを目指すなら、手数料、鑑定料などの費用が安価か無料になっているところを選択するのが何よりの基本になります。


それに、現状の金の価格相場がどうなっているか常に把握するという努力も欠かせません。


少しずつ売るより一度に多く持ち込んだ方が買取額で有利になりますから、全部で10グラム程しかないのであれば、相場を気にしたところであまり意味はありません。


貴金属の高額買取という広告やサイトが最近はネット上に溢れていますが、相場より高く買い取るなどといった広告はほぼ詐欺か悪質業者ですので、その手の広告を出している店はなるべく避けるのがいいでしょう。


最近、金の価値が上がっています。


金製のネックレスを買取ショップに持っていこうとしている方は、刻印を確認してみましょう。


市場において金の純度を証明するため、製品のクオリティを示すため、「K24」などの文字が刻印されています。


Kはカラットの略で、この数値は金の純度を表しています。


K24というのは純度100パーセント、K18なら純度75パーセントという印です。


もちろん、この純度が何%であるかによって専門店に売却する際の価格も全く違ったものになります。


貴金属の買取を扱う店舗では、未成年への利用規制が原則としてあります。


したがって、中高生など未成年は買取してもらえないのが一般的です。


ごくまれに、利用が18歳から可能なケースもあるのですが、その場合でも保護者の同意書は必要です。


また、18歳以上で親の同意書がある場合でも、職業を確認され、高校生なら買取は不可というのが一般的です。


相次ぐ不況で金の市場価値が上がっていると聞き、自宅にあった金製品の買取をショップに依頼してみると、刻印が入っていないものは買取れないと言われてしまいました。


中には刻印ありの品もありましたが、数が少なく、手数料がかかることを考えると大した金額にはなりません。


刻印の無いものでも一括で買取してくれるお店はないかと思い、初めて御徒町の専門店に足を踏み入れました。


御徒町なら、専門のプロが常駐しているようなお店ばかりなので、見た目の検査はもちろん、比重を測るための色々な機械を駆使して、無事に全ての金製品を買い取ってもらうことができました。


13:42
2020年09月26日(土)
【近年、金の買取ショップが増え、買取価格が全体】
近年、金の買取ショップが増え、買取価格が全体的に高くなっているので、手持ちの金製品を買取に出したというケースでは、原則としては、必要な書類を揃え、確定申告の手続きをしなければなりません。


金の売却によって生じた利益(売却額から購入時の価格や雑費を引いたもの)は、給与取得者であれば原則的には譲渡所得として扱われますが、地金(インゴットなど)の場合、50万円の特別控除が受けられます。


色々と複雑な計算はありますが、要約すると、50万円以下の譲渡所得であれば課税はありません。


あなたが一般的なサラリーマンで、譲渡所得20万円以内なら、基本的に確定申告をする必要もないのです。


金買取の世界には、業者の方から個人宅を訪れて、言葉巧みに、あるいは強迫的な態度で金製品の買取を申し出てくるという迷惑な事例があります。


これは訪問購入と呼ばれます。


買取価格が通常に比べて異様に低かったり、強引に売却に同意させられてしまったなどで、後悔するも、泣き寝入りするしかない被害者が多くなっていました。


しかし、安心してください。


訪問購入については平成25年以降、クーリングオフ制度が適用されるようになったので、売却から8日以内なら、売った品物を取り戻すことができると覚えておいてください。


悪徳業者が来た時にこの知識が武器になります。


久しく会っていなかった祖母が先日亡くなり、私も遺品の指輪をもらったのですが、古いものですから、中には石が欠けているのもありました。


金買取に出すのがいいと聞いても、今まで使ったことがなく、素人が手を出して大丈夫なのか不安もありましたが、全国展開しているちゃんとしたお店のようなので、利用を決めました。


そうしたら、古い品物でも誠実な査定をしてくれ、気持ちよく買取手続を終えることができました。


肝心の金額も予想以上のもので、このお店ならまた来てみたいなと思わせるものでした。


貴金属買取を扱うお店では、アクセサリーをはじめとして色々なものが買取の対象になっています。


一般に、金買取という言葉からは、何百万円もする高級品を連想する人が多いでしょうが、高級品だけが金買取の対象ではありません。


メガネや金歯などもその一例です。


どんな品物でも溶かせばまた金として再利用できますから、眼鏡や金歯でも買い取ってくれる場合が多いです。


3%→5%→8%と上がってきた消費税。


金の購入時にも、もちろん消費税も課されるのですが、ここからがポイント。


金を買取に出す際には、買取額に消費税分がプラスされます。


つまり金の購入には実質、消費税がかからないようなもの。


つまりどうなるか?消費税が低い内に金を購入しておくと、増税後の売却により、消費税の差額分が利益になるわけです。


にっくき消費増税が逆に味方になるわけですね。


この応用としては、消費税率が低めの国で金を購入し、ハンガリーやノルウェー、スウェーデンなど消費税率の高い国で売却するといった利益の上げ方も有り得るかもしれません。


12:30
2020年09月25日(金)
【買取業者が自宅までやって来て、しつこく金を買い取ろ】
買取業者が自宅までやって来て、しつこく金を買い取ろうとしてくるケースがあり、「訪問購入」と呼ばれています。


業者の提示した買取金額がどう考えても安すぎだったり、強引に売却に同意させられてしまったなどで、後悔しても時既に遅し、というケースも多かったのです。


こうした訪問購入のケースに対しては、訪問販売と同様、クーリングオフ制度の対象になったため、売却から8日以内なら、売った品物を取り戻すことができるのを頭に入れておくことをお勧めします。


最近は未成年が高額な品物を身に付けていることも多いですが、金買取のお店では未成年への利用規制が設けられている場合が多いです。


よって、未成年が金製品を持ち込んでも買取を断られるというのが原則です。


ただ、一部では、年齢制限が20歳未満ではなく18際未満の場合もありますが、法定代理人である親が署名捺印した同意書が必要です。


しかし、たとえ親の同意があっても、本人が高校生であれば買取はできないのが普通です。


金買取といっても様々な形式があります。


今、少しずつ流行り出しているのは、直接お店に行かなくても、郵送で金買取をしてくれるスタイルです。


これは何かというと、事前に送られてくる梱包パックに商品を入れて店に送り返し、お店での買取と同様、買取金額を査定してもらいます。


査定結果をメールなどで確認したら、その額で買取してもらうかを決めればいいのです。


店頭での買取はそんなに夜遅くまで空いていませんが、郵送買取なら時間を気にせず利用できるので、田舎に住んでいる人や、仕事が忙しい人を対象としたサービスといえるでしょう。


金を買取に出す上で、まず大事なのは店の選択がすべてです。


価格の多寡もさることながら、手続の簡便さも重要なポイントです。


郵送なら振込の早さも大事です。


そして最も基本の部分としては、店の取引実績や評判を確認しなければなりません。


信用できる情報源は利用者からの生の声です。


これは口コミやレビューの形で確認できます。


目についた中で最も口コミの良いお店を選びたいものですね。


少し前に、金買取業者を名乗る人から電話がかかってきたことがあります。


営業の電話は普段から色々かかってきますが、商品を売りに来るんじゃなくて買い取るというのは初めて聞いたので、ちょっと中身を聞いてみようかという気になりました。


色々と聴いてみたら、アクセサリーなどの貴金属や宝飾品で、今は使っていないものがあったら高額買取で引き取ってくれるということなのです。


丁度、昔買った宝石がタンスに眠っているのを思い出し、そのお店の名を控え、ネットでも調べてみました。


12:00
2020年09月24日(木)
【金の指輪やネックレス、ブレスレ】
金の指輪やネックレス、ブレスレットなど、かつて気に入っていたけど今となっては身に付けることのなくなった貴金属をずっと死蔵していても一円の得にもなりません。


貴金属を持て余している方は、「金・プラチナ買取」を掲げている店に買取をお願いしてみましょう。


金は劣化しないので、古いアクセサリーでも価値があるのです。


24カラットの純金の場合、購入時の相場はグラム4800円くらいでしょうか。


その流通相場よりは若干安い買取額にはなりますが、二束三文で買い叩かれるのではないかと思っているなら、その予想を覆す高い金額の臨時収入が期待できます。


金やプラチナ製のアクセサリーは、十年以上前に買ったものでも、今では飽きてしまったなどの理由で何年も使わずじまいという方も多いと思います。


そのような金やプラチナ製品をお持ちの場合、金買取のお店で売ってしまうのも正解でしょうね。


注意するべきは、手元の金やプラチナ製品が本物かどうかです。


金やプラチナのように見えても、精巧に作られた偽物かもしれません。


そういう事態に直面してしまったら、買ったときに騙されていたのだと諦めるしかありません。


金買取は誰でも手軽に利用できて便利ですが、一部においては明らかな詐欺もあるので気を付けてください。


中でも「訪問購入」のケースは悪質なものが多いので気を付けましょう。


金買取業者を名乗るものが自宅までやって来て、しつこく金製品の買取を勧めてくるという事例です。


こちらが相場などを知らないのをいいことに、買取価格も異様に安かったり、売らないと言ったものまで勝手に持って帰られるケースまであります。


玄関先に上げてしまうと非常に危険なので、そういう業者がやって来ても、一切相手にしないようにしましょう。


最近、国際価格の高騰に伴って金の買取相場が上がり続けているようなので、金買取を利用して小金を得る方もいるでしょう。


金を売ったら、原則としては、確定申告が必要なケースが出てきます。


売却の利益、つまり買取価格から購入時の価格や諸費用を引いた額は税務上、譲渡所得として確定申告の対象となりますが、50万円の控除枠があるので、所得のうち50万円までは非課税です。


金を売却した利益が、他の譲渡所得と合わせても50万円以内なら、税金はかかりません。


また、年収2000万以下のサラリーマンでその他の所得も20万円以内なら、確定申告も必要ありません。


高級品の代名詞でもある金とプラチナ。


しかし、どちらがより高いのかは普段意識することがないでしょう。


ここのところ金の価格も追いついてきましたが、元々高かったのはプラチナです。


一時期は金の3倍ほどしたのです。


理由としては、元々の埋蔵量の少なさが挙げられます。


ちなみに金の年間生産量約2500トンに対し、プラチナは約200トンしかありません。


金とプラチナは、いずれも安定した分子構造を持ち決して経年劣化がないので、遥か昔から、世界中の至る所で富の象徴となってきましたが、あまりの希少性の高さが、価値の根底にあるわけです。


11:30
2020年09月23日(水)
【3%→5%→8%と上がってきた消費】
3%→5%→8%と上がってきた消費税。


金の購入時にも、例えば300万円の金を買って消費税率8%なら24万円の消費税がかかりますが、ここからがポイント。


金を買取に出す際には、買取額に消費税分がプラスされます。


つまり金の購入には実質、消費税がかからないようなもの。


このことを利用して、金をあらかじめ買っておけば、増税後の売却により、消費税の差額分が利益になるのです。


今まで反発しかなかった消費増税が投機チャンスに思えてきますね。


さらに、日本は諸外国と比べて消費税率が低いので、日本で金を購入し、消費税率の高い国に持って行って売却するという方法で利鞘を得ることも可能かもしれません。


最近はブランド物を持っている子供も多いですが、18歳未満は法律や都道府県の条例の定めに従い、お店に行っても買取してもらえないのが原則です。


青少年が犯罪被害に巻き込まれることを防ぐためにも、店ではそれ以外にも独自の規定を設けているケースが多く、20歳未満は売却できないのが通例です。


また、そもそも未成年は取引行為ができないのが基本であり、親が付いて行って代わりに申し込むか、親の書いた同意書の提示が必要ですし、それをしていない店があれば逆に怪しいので気を付けてください。


不況の影響か、金買取の相場が上昇しているようなので、買取に出す場合も多いでしょう。


金を売却した際には、年間20万円以上の利益が出ている場合などは、これを譲渡所得として、確定申告を行わなければなりません。


インゴットなどの地金を売却した際の利益は、事業でなければ「譲渡所得」として計上されますが、50万円の控除枠があるので、所得のうち50万円までは非課税です。


一年間の譲渡所得や他の利益の合計が50万円を上回らなければ、実質的には税金は課されないということです。


バブルの崩壊以降、現在にかけて、一般の人々からも金買取の需要が高まっているので、これを新たな商機と見て、従来の質屋や買取ショップでも、金買取の広告を前面に出すところが増えました。


中には全国に展開しているようなところもあります。


自宅の近くなど、行動範囲内にお店ができると便利ですし、同業他社に負けじと買取額を上げてくるなど、全体的に店のレベルの底上げが見込めるでしょう。


接客態度が悪い店は生き残れないということで、スタッフの質も上がるでしょう。


買取を利用するお客さんにとっては、いいことづくめですね。


金の買取を掲げている店舗では、多種多様な品物が買取の対象になっています。


「金の買取」などと言うと、インゴットや金貨、あるいは指輪などの高級品にばかり考えが至りがちですが、高級品だけが金買取の対象ではありません。


意外なところではメガネなどです。


金で出来てさえいれば、眼鏡のフレームや金歯でも買い取ってくれる場合が多いです。


10:24
2020年09月22日(火)
【金やプラチナなどの買取ショップでは、業者自身の取】
金やプラチナなどの買取ショップでは、業者自身の取引の安全を守るためにも、未成年者への利用制限を定めているとところが大半でしょう。


このため、未成年者は買取の利用を断られてしまうことになります。


ただ、一部では、利用を20歳からではなく18歳からと定めている店も存在します。


ですが、未成年であれば保護者のサインなどが必要になってきます。


しかし、たとえ親の同意があっても、高校卒業までは駄目というケースがほとんどです。


手持ちの金製品を買取に出す時には、いくらで売れるか誰もが気にしますが、金の価格は一定ではなく、その時の相場によって変わってきます。


景気や需要に応じて、金の相場は刻一刻と動いているため、店頭で買取してもらう際の金額もそれに伴って変わることになります。


なので、手元の金を少しでも高い値段で買取に出したいのであれば、ネットで情報を見て、金の値段が上がったタイミングを見逃さないことで、得できる可能性は高まります。


金を買取に出す上で、まず大事なのは売却先としてどんなお店を選ぶかということです。


高い値段を付けてくれるかも大事ですが、買取の手続が面倒でないか、郵送買取なら素早くお金を振り込んでくれるか、また、初めて利用する際には、他のどんな条件よりも、詐欺まがいの業者に引っかからないように、その店の実績や評判を確認しておくことです。


WEBの場合、何より参考にできるのは実際に買取をしてもらった人の体験談です。


ネット上で簡単に見ることができます。


不評の店は避け、良い評価が付いているところを選びたいものですね。


金の買取において、少しでも高値を付けてもらうことを目指すなら、買取時の諸々の手数料がかからないお店を選ぶ必要があります。


加えて、日々変わりゆく金の相場に目を光らせておくという努力も欠かせません。


持ち込む量が多いほど査定額も高くなるものなので、10グラム程度を手放すだけであれば、そこまでシビアに気にすることはないです。


また、高額買取を前面に出したWEB広告を最近は多く見かけるようになりましたが、その手の話は詐欺やトラブルと直結しているのがほとんどなので、鵜呑みにしないことが大事です。


買取サービスには昔から色々なものがあります。


最近人気なのは、宅配と振込でやりとりが完結する、宅配による金買取サービスです。


これは何かというと、事前に送られてくる梱包パックに商品を入れて店に送り返し、お店での買取と同様、買取金額を査定してもらいます。


お店からメールや電話で査定額の連絡を受け、その額で買取してもらうかを決めればいいのです。


店まで行くのが大変という人も多い店頭買取と違って、ネットで24時間いつでも申し込めるので、田舎に住んでいる人や、仕事が忙しい人を対象としたサービスといえるでしょう。


08:00
2020年09月21日(月)
【最近メジャーになっているのが、貴金属】
最近メジャーになっているのが、貴金属を簡単なやりとりで買取してくれる、宅配買取というものです。


どんなものかというと、買取してほしい品物をまずは店に送って、お店での買取と同様、買取金額を査定してもらいます。


お店は数日以内に査定額を通知してきますから、そうしたら承諾の返事をし、取引成立になります。


もちろん金額に納得できなければキャンセルできます。


店まで行くのが大変という人も多い店頭買取と違って、ネットで24時間いつでも申し込めるので、田舎に住んでいる人や、仕事が忙しい人には嬉しいですね。


アクセサリーなどの金製品を手放したいと思っていても、金買取を受け付けている店舗が近場にないという場合は、店頭に行かなくても、郵送買取を利用すれば買取してもらえます。


ネットで簡単なフォームに個人情報を書き込んで送信すると、品物を送る専用の容器が送られてくるので、売りたい金製品を入れ、業者に返送すればいいのです。


その到着後、メールで査定額を教えてもらえるので、自分がその金額を承諾すれば、買取代金が振り込まれます。


これならどこに居ても利用できますね。


十年以上にわたって使用していない金の指輪やネックレスなどが沢山あるという方もいるでしょう。


ただ捨てるだけではしのびないという方は、買取ショップへの持込みを検討してもいいと思います。


そうした買取を専門としているお店も街に溢れていますから、手持ちの金製品がいくらになるかまずは確かめてみてはいかがでしょうか。


金買取というのが流行っているそうですが、先日はその業者から電話がありました。


保険や不動産の営業なら珍しくもありませんが、商品を売りに来るんじゃなくて買い取るというのは初めて聞いたので、ちょっと中身を聞いてみようかという気になりました。


色々と聴いてみたら、指輪やネックレス、腕時計などの金製品の中で、処分を検討している品物があれば高い値段で買い取ってくれるそうです。


そういえば金のアクセサリーがあったなあと思い、ネットでさらなる情報収集をしてみることにしました。


一口に投資といっても対象は色々あります。


最たるものが金でしょう。


値段が崩れないのが金の魅力です。


ドルや円のように、世界情勢の影響で価値が変わることがあまりないためです。


世界のどこに行っても貴重品として認識されていることも、金が投資対象として魅力的である一因です。


しかし、大きな情勢の変化があれば金の相場も変動することがあるので、売却を検討しているなら、ネットなどで金相場を把握してから売るのがいいと思います。


07:54
2020年09月20日(日)
【ここ十年ほどで金の価格が上昇し続けている】
ここ十年ほどで金の価格が上昇し続けていると聞き、もう使わなくなった金のアクセサリーを買取ショップに持っていったところ、私が持って行ったものの多くは、刻印がないから買い取れないとのことでした。


持ち込んだ品の内、刻印がある分だけなら買い取れると言われましたが、手数料がかかることを考えると大した金額にはなりません。


できることなら手持ちの品物をまとめて全部売りたいと思って、貴金属のメッカである御徒町まで行ってきました。


そこでは、金の買取を専門とするプロのスタッフが査定を担当してくれました。


専用の機械を使って、金性という金の純度の測定をしてくれ、全ての品物を無事に買い取ってもらうことができ、大満足でした。


消費税が5%から8%に上がったのは記憶に新しいですね。


金の購入時には、例えば300万円の金を買って消費税率8%なら24万円の消費税がかかりますが、その金を買取ショップで買い取ってもらうと、その時の消費税率に応じて、消費税分が買取価格への上乗せという形で自分のもとに戻ってきます。


このことを利用して、金をあらかじめ買っておけば、増税後の売却により、消費税の差額分が利益になるわけです。


にっくき消費増税が逆に味方になるわけですね。


さらに、日本は諸外国と比べて消費税率が低いので、日本で金を購入し、消費税率が20%を超えるヨーロッパ諸国のような国に持って行って売却するという方法で利鞘を得ることも可能かもしれません。


金とプラチナはどちらが値段が高いのかを即答できる人は少ないかもしれません。


基本的には、プラチナの方が金より高価とされています。


百年ほど前は今よりもっと顕著でした。


それには、金と比べても圧倒的に少ない産出量を抜きにしては語れません。


プラチナは南アフリカやロシアのごく限られた地域でしか産出されないのです。


これらはいずれも、永遠に劣化せず輝きを保ち続ける金属なので、国際情勢に関係なく世界中で需要の高い物質ですが、全世界の埋蔵量が非常に少なく、人工的にも作り出せないという希少性が、その価格を引き上げる要因となっているのです。


金買取の業者って電話でも営業してるんですね。


この前そういう電話がかかってきました。


営業の電話は普段から色々かかってきますが、金買取の話はこれまでになかったので、どういう話か気になってつい耳を傾けていました。


電話の人が説明してくれたところによると、手持ちの宝飾品や貴金属でずっと身に付けていない品があったら高額買取で引き取ってくれるということなのです。


若い頃に貰ったアクセサリーをそういえば使っていないなと思い、そのお店の名を控え、ネットでも調べてみました。


金を買取に出す上で、まず大事なのは無数にある買取店の中から売る店を選ぶことです。


高値で買ってくれる店を選ぶことに加え、面倒な手続きが少ない店がいいですし、郵送買取なら振込が早い所の方がいいですよね。


そして最も基本の部分としては、詐欺まがいの業者に引っかからないように、その店の実績や評判を確認しておくことです。


WEBの場合、何より参考にできるのはそのお店で実際に買取をしてもらった人のレビューです。


目についた中で最も口コミの良いお店を選択するようにしましょう。


07:54
2020年09月19日(土)
【最近は金買取を掲げるお店が増えてきまし】
最近は金買取を掲げるお店が増えてきましたが、そこでは装飾品以外にも、様々な商品が買取の対象になっています。


金製品を買い取るなどと言われると、投資目的の地金を連想する人が多いでしょうが、案外、庶民の生活の中にも金製品は溢れているのです。


金歯などは典型的な例でしょう。


メガネのフレームで金が使われているものや、古い金歯なども買取ショップでは売却することができます。


金買取は、直接店に行かなくても、ネットでも可能です。


メールやラインで商品の画像を送ると、おおよその査定をしてくれる店もあります。


どこも様々な工夫を凝らしているのですね。


店頭での買取でも身分証を提示しますが、郵送で買取してもらう場合も、買い取ってもらう品物と合わせて、身分証のコピーを送ります。


できる限り高額で手放すためには、店ごとの条件を比較検討して、合った店を選択することです。


鑑定料や、買取時にかかる手数料を取らない店も中にはあるため、なるべくそういう店を選びたいものですね。


貴金属の買取を扱う店舗では、業者自身の取引の安全を守るためにも、未成年者への利用制限が原則としてあります。


したがって、中高生など未成年は買取してもらえないのが一般的です。


僅かながら、年齢制限が20歳未満ではなく18際未満の場合もありますが、未成年であれば保護者のサインなどが必要になってきます。


この場合でも、18歳を超えていたとしても、高校生ならやはり買取は不可能です。


今、金の値段が高騰しているのは確かですが、勇み足になるのは得策ではありません。


それがどうしてかというと、僅かな情勢変化により、金は買取額の変動が頻繁に起こるからです。


そうした事情があるので、毎日変動する金相場を気をつけて見ておいて、高くなったタイミングを見計らって売却することが大事になってきます。


近頃は、金の高価買取を掲げるお店も大変多くなりましたから、色々と調べて比較検討してみるのもいいでしょう。


金に限った話ではないですが、貴金属は相場変動が激しいので、いつ売るかで大きく買取額が変わってきます。


お店によっては手数料を買取額から差し引いてくるところもあるので、よく調べないまま店舗に行ってしまうと、後からひどく後悔するケースも有り得るのです。


また、不要な金を買い取るといって自宅に来るタイプもありますが、そうしたところは、詐欺スレスレの酷い営業をしている場合が多いです。


03:30
2020年09月18日(金)
【金製品を売却したいと思っても、どこのお店に持ち込】
金製品を売却したいと思っても、どこのお店に持ち込めばいいのか最初は迷うものですよね。


どうせ手放すのなら、少しでも高い金額で買い取ってもらいたいのは利用客としては当たり前の話です。


お店選びの最もわかりやすい基準は、何と言っても、お客さんからの人気でしょう。


口コミでの人気が高ければ、トラブルと無縁のちゃんとした店であると見ていいでしょう。


初心者の方でも当てにできる指標になりますね。


初めてで不安も多い金買取。


安心して利用する上で大事なのはまず、店の選択がすべてです。


判断基準はまず買取価格の高さですが、それに加えて、面倒な手続きが少ない店がいいですし、郵送買取なら振込が早い所の方がいいですよね。


また、何より大事なこととして、店の信用度や取引実績をチェックすること。


これに尽きます。


WEBの場合、何より参考にできるのはそのお店で実際に買取をしてもらった人のレビューです。


多くの人から好評を得ている店舗を選択するようにしましょう。


プラチナと言われてプレゼントされたアクセサリーを買取に出すと、実はホワイトゴールドで、プラチナとは全く別物だったという何とも残念なケースがままあると聞きます。


実はホワイトゴールドだったということなら、プラチナと比べると大幅に価格は下がります。


最近は金高騰で価値が変わらなくなったとはいえ、元々プラチナは金よりも高価でしたから、よく似た見栄えの代替品としてホワイトゴールドが作られるようになりました。


ホワイトゴールドは金とニッケル系やパラジウム系の合金で、「K18WG」などの刻印があればプラチナではなくホワイトゴールドだということになります。


プラチナと比べれば安いですが、それでも金ですから、金製品を買い取ってくれる店であれば、現金化は可能だと思います。


ここ数年、金の市場価値が高くなっているので、金買取を利用して小金を得る方もいるでしょう。


金を売ったら、年間20万円以上の利益が出ている場合などは、税務署で確定申告を行う必要が出てきます。


購入時の価格以上で売れた場合など、売却によって生じた利益は、給与取得者であれば原則的には譲渡所得として扱われますが、これが50万円以下の場合、特別控除の対象となります。


一年間の譲渡所得や他の利益の合計が50万円を上回らなければ、税金はかかりません。


また、年収2000万以下のサラリーマンでその他の所得も20万円以内なら、確定申告も必要ありません。


リーマンショック以降、自宅にある金製品を現金にできないかと考える人が増え、これを新たな商機と見て、色々な会社が金やプラチナの買取ショップを出店するようになりました。


複数の系列店を出すところも増えているようです。


自宅の近くなど、行動範囲内にお店ができると便利ですし、ライバルが増えればそれだけ高値の買取を掲げるお店も増え、利用客に優しい方向に全体が変わっていくのではないでしょうか。


店員の接客の質までも上がる可能性があります。


利用客の立場からすれば、プラスの影響が大きいといえます。


02:42

次n→ 





w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++