金買取の知識


[記事を書く]
[月別]
[更新アラート]
2019年04月17日(水)
【金の売却において留意すべき点は、金の相場】
金の売却において留意すべき点は、金の相場をちゃんと知っておくことです。


なるべく高価の買取になるように、相場を欠かさずチェックして、買取のタイミングを決めるべきです。


申し込む時の相場によって、買取価格が決まるのが一般的といえます。


相場の確認を欠かさず、なるべく高値で買い取ってもらいましょう。


金の相場が上がっている近頃、自宅にある金製品を現金にできないかと考える人が増え、これを新たな商機と見て、従来の質屋や買取ショップでも、金買取の広告を前面に出すところが増えました。


中には全国に展開しているようなところもあります。


沢山のお店の中から選べるほうが利用の敷居が低くなりますし、他の店との競争になることで買取価格が上がるなど、全体的に店のレベルの底上げが見込めるでしょう。


お店の人も、よりお客さんに優しくなるかもしれないですね。


買取を利用するお客さんにとっては、いいことづくめですね。


現在の金相場は、1グラムいくらという形で表され、現在は約5000円ほどですが、それは24金、すなわち純金の話です。


これが例えば18金(75%の合金)のアクセサリーなどであれば、5000円×75%なので3500円くらいでしょうか。


なので、高額の取引が発生する量、例えば200万円以上になるような18金の重さというのは、550から600グラムくらいでしょう。


ちなみに、かつて流行した喜平ネックレスが、重いもので1本100グラム程度です。


また、さらに安価な10金のアクセサリーの場合ですと、10金は約41%の純度なので、1グラム約2000円ということになり、1キロほど寄せ集めないと200万円にはなりません。


今では身に着けなくなった金製のアクセサリーなどを専門店で買取してもらうにも、事前に注意するポイントがあります。


金の価値は相場でも変わる上、持ち込む店舗により、鑑定料や手数料を引かれた、実際に受け取る買取金額はそれぞれ異なっていることです。


ですから、買取額の基準や、手数料などのルールを確認しておいて、どの店に売却するか熟慮して判断するべきでしょう。


2008年のリーマンショック以降、現在までの数年間で、ゆっくりとではありますが、買取市場では金の買取価格が上昇に転じているようです。


近頃はそれに加えて、ユーロに加盟していたギリシャが経済破綻を起こし、銀行預金の引き出しが無期限で封鎖されました。


この出来事もまた、リーマンショックと並んで、金の市場価格を引き上げる起爆剤となったと推測されます。


18:36
2019年04月16日(火)
【貴金属の代表といえば金とプラチナです】
貴金属の代表といえば金とプラチナですが、より高価なのがどちらかは知っていますか?最近は金の価格も高騰してきましたが、基本的により高価なのはプラチナです。


一時期は金の3倍ほどしたのです。


理由としては、金と比べて特定の地域だけに偏在していることや、総生産量の圧倒的な少なさの影響があります。


プラチナは年間約200トンほどしか産出されません。


プラチナや金はその美しさに加え、化学的に安定していて決して劣化しないという性質があり、遥か昔から、世界中の至る所で富の象徴となってきましたが、生産量や流通量のあまりの少なさが、その価値を形作っているというわけですね。


金の買取を利用する上で、気にすることは、なにを置いても、良い店を選ぶことに尽きるでしょう。


広告に出ている買取額以上に、その店が本当に信用できるのかどうかをよく調べてから利用しましょう。


ちょっとでも悪評判が付いている店はどんなに広告の文句が良くても、利用してはいけません。


買取額が他と比べて高い場合は特に注意してください。


鑑定料や手数料と称してお金を取る店もあるので、電話で問い合わせるなどしてよく調べてください。


買取にも色々な方式がありますが、最近増えてきたのが、郵送買取と呼ばれる、貴金属を送って買取査定をしてくれるサービスなのです。


その中身を説明すると、まず買取対象の品物を専用の梱包パックでお店に送り、あとは店頭に持ち込んだ場合と同様に査定を受けるというものです。


買取額の通知を受けたら、その額でよければ売却し、納得いく金額でなければ品物を送り返してもらいます。


営業時間内にお店に行かなければならない店頭買取と異なり、ネットで24時間いつでも申し込めるので、地方にお住まいの方や、お店に商品を持って行くのが億劫だという方を対象としたサービスといえるでしょう。


リーマンショック以降、手持ちの金を売却したい人が増えているので、これを新たな商機と見て、金買取に参入する業者が増えてきました。


フランチャイズでチェーン展開する例もあるようです。


そういう店舗がどこにでもあるのは便利なことでしょうし、他の店との競争になることで買取価格が上がるなど、より良いサービスを提供しようという方向に次第に変わっていく可能性が高いです。


お店の人も、よりお客さんに優しくなるかもしれないですね。


利用客の立場からすれば、プラスの影響が大きいといえます。


日本経済にも大幅な景気後退をもたらしたリーマンショック以降、現在までの数年間で、徐々にですが、買取市場では金の買取価格が上昇に転じているようです。


さらに、これも記憶に新しいことですが、ユーロに加盟していたギリシャが経済破綻を起こし、銀行預金が自由に引き出せなくなってしまいました。


リーマンショックと同様、ギリシャのこの事態も、買取市場における金の価格が上昇する要因だったと考えられます。


15:48
2019年04月15日(月)
【リーマンショック以降、手持ちの】
リーマンショック以降、手持ちの金を売却したい人が増えているので、それをビジネスチャンスと見てか、従来の質屋や買取ショップでも、金買取の広告を前面に出すところが増えました。


複数の系列店を出すところも増えているようです。


沢山のお店の中から選べるほうが利用の敷居が低くなりますし、価格競争になることで、買取金額が全体的に高くなったり、より良質のサービスの提供に努めるお店が増えると思われます。


店員の接客の質までも上がる可能性があります。


買取を利用するお客さんにとっては、いいことづくめですね。


昔は素人が金買取の情報を得るのも一苦労でしたが、最近では金の高価買取を掲げるお店も大変多くなりましたから、昔より利用を検討しやすくなりました。


金は相場変動によって買取額が変わってくるため、慌てて売るのはよくありません。


お店によっては手数料を買取額から差し引いてくるところもあるので、よく調べないまま店舗に行ってしまうと、「他所で売ればもっと高くなったのに!」と後悔する可能性もあります。


ちなみに、自宅をいきなり訪問して金の買取を行う「訪問購入」のところは、詐欺スレスレの酷い営業をしている場合が多いです。


金の買取は、古物の取引になるので、お客さんの身分証の提示が必須になっています。


お店に直接持ち込む場合はもちろんですが、商品を先に送ってお金を振り込んでもらうなどの形式も必ず身分証の提示が必要です。


免許証や保険証、パスポートなど、公的機関の発行した身分証の提示を受け、店はお客さんの個人情報を記録します。


対面でない場合、商品を発送する際に荷物に同梱する形で身分証のコピーを送ることで必要な手続きに変えるというのが普通です。


家のタンスなどに眠ったままの金やプラチナの装飾品があったら、買取ショップに引き取ってもらうことをオススメします。


しかし、どこの店舗に持っていくかによって買取金額は大きく違ってくるので、ネットで事前に情報を調べて慎重に店を選びましょう。


一点だけならともかく、いくつも売る場合は、買取総額はかなり変わってきますから、よほど慎重に店舗を比較検討する必要があります。


依頼してもいないのに自宅にやってきて、言葉巧みに金の買取を持ち掛け、相場より遥かに安い価格で買い取っていく、訪問購入と言われるスタイルで被害に遭ったという方が多くなっていると聞きます。


この手の業者は、最初こそ優しそうな顔をして話をしてきますが、こちらが申し出に応じなければ、強引に買取を強行してくることもあるのです。


当然、こういうことをする業者はまともな商売人ではなく、もちろん、ちゃんとした契約書なども出してくれません。


こういう人間が来ても一切相手にせず、追い返すようにしてください。


15:12
2019年04月14日(日)
【これまで金の買取を利用したこ】
これまで金の買取を利用したことがない場合、どこのお店に持ち込めばいいのか最初は迷うものですよね。


どうせ手放すのなら、少しでも高い金額で買い取ってもらいたいのは誰だって考えることですよね。


初めての方が注目するべきは、ネットで見られる、お客さんからのレビューや口コミです。


多くのお客さんから高く評価されているお店なら、買取に不備がなく、信用が置けるお店であるのが容易に見て取れます。


十年以上にわたって使用していない金の装飾品はどなたにもあるかと思われます。


タダで手放すのは惜しいという場合には、買取サービスを利用して現金化するのを考えてみてはどうでしょう。


そうした買取を専門としているお店もここ十年ほどで急激に増えてきたので、実際にその品物が何円くらいになるのか簡単に査定してもらってもいいかもしれません。


お手元の金製品を買い取ってもらうにあたり押さえておくポイントとしては、何と言っても相場の見極めに尽きるでしょう。


なるべく高価の買取になるように、相場を小刻みに確認しておき、最適のタイミングで買取に出しましょう。


金買取では、申込時の相場により買取額が変動するケースが普通です。


入念に相場をチェックして、最も高い時期に手放しましょう。


金は高級品というイメージがありますが、実は私達の身の周りにも金製品というのがそこかしこに潜んでいるものです。


金歯はその一例と言えるでしょう。


意外でしょうが、これも金買取の店で買い取ってもらえるのです。


装飾品の形状をしていなくてもいいわけですね。


タナボタ感覚でのお小遣いも夢ではないので、作り直しなどでもう要らなくなった金歯があるなら、買取店に持ち込んでみるのも一興です。


金の買取を利用する際には、お店は、売却する人の身分確認をしなければならないと法律で決まっています。


店舗で直接買取してもらう場合は勿論として、最近ネットでよくある、郵送後に買取代金を振り込んでもらうような形式でも同様です。


免許証や保険証、パスポートなど、公的機関の発行した身分証を提示する必要があります。


商品を郵送で送って買い取ってもらう場合は、身分証のコピーを同時に送ることで法律の要件を満たすことになります。


15:12
2019年04月13日(土)
【頼んでもいないのに家に業者が訪問してきて、しつこく金】
頼んでもいないのに家に業者が訪問してきて、しつこく金を買い取ろうとしてくるという迷惑な事例があります。


これは訪問購入と呼ばれます。


業者の提示した買取金額がどう考えても安すぎだったり、強迫的な態度に負けて売却に合意してしまったなどと、後悔しても時既に遅し、というケースも多かったのです。


このように問題の多い訪問購入ですが、これに関しては平成24年の特定商取引法改正に伴い、クーリングオフ制度の対象となったので、買取に応じてしまった後でも、8日以内は自由にキャンセルができるのを頭に入れておくことをお勧めします。


最近は金買取を掲げるお店が増えてきましたが、そこでは本当に多くの種類のアイテムに値段をつけてもらえます。


「金の買取」などと言うと、投資目的の地金を思い浮かべる場合がほとんどかもしれませんが、案外、庶民の生活の中にも金製品は溢れているのです。


金歯や金縁の眼鏡などは、お持ちの方も多いでしょう。


金で出来てさえいれば、眼鏡のフレームや金歯にも価値をちゃんと付けてくれる店が多いです。


金買取業者は大抵の場合、業者自身の取引の安全を守るためにも、未成年者への利用制限が設けられている場合が多いです。


そのため、未成年の人は買取を利用できないと思った方がいいでしょう。


僅かながら、成人していなくても、18歳から利用できる場合もあります。


しかし、未成年者単独でお店に行く場合、保護者の同意書が必要になります。


さらに、保護者が同意していたとしても、高校生ならやはり買取は不可能です。


少し前に、祖母の逝去に伴って、金の指輪を遺産として相続しましたが、金製といっても、時代が行っているので値段は付かないと思っていました。


金買取のお店で買取してくれるとのことで、なんとなく怪しげなイメージもあったのですが、ちゃんと古物商の許可も受けているようなので、利用を決心しました。


いざ行ってみると、査定にいい加減なところもなく、気持ちよく買取手続を終えることができました。


金額もいい意味で予想を裏切るものだったので、今後も機会があれば利用してみたいと思いました。


長年身に付けていない金やプラチナの装飾品があったら、買取ショップに引き取ってもらうことをオススメします。


しかし、どこの店舗に持っていくかによって価格は変わるので、色々なお店のウェブサイトなどをチェックした上で、好条件の買取をしている店舗に売るのが得策です。


特に、売りたいものが多い場合、買取総額はかなり変わってきますから、なるべく多くの情報を集め、お店選びに活かしましょう。


14:48
2019年04月12日(金)
【買取価格には自信があります、とネットで広告が出て】
買取価格には自信があります、とネットで広告が出ていたから利用してみたのに、あれやこれやと理由をつけて結局定額で金を手放してしまったという「被害」に遭ってしまった経験をお持ちの方もいるでしょう。


誠実なお店ならよいのですが、一部では犯罪めいたことに手を染めている店もありますから、少しでも怪しげなところは利用を避けるべきです。


こういう悪質な店に当たってしまったときは、次の被害者を防ぐためにも、消費者センターに事態を報告するべきでしょう。


長年身に付けていない指輪などの金製品を持っている人は、買取ショップに引き取ってもらうことをオススメします。


でも、それぞれのお店で基準額や、鑑定料・手数料などが違うので、色々なお店のウェブサイトなどをチェックした上で、慎重に店を選びましょう。


高価な品物であればあるほど、店の違いによって金額も大違いになりますから、よほど慎重に店舗を比較検討する必要があります。


リーマンショック以降、金の買取サービスを利用する人は増えており、これを新たな商機と見て、色々な会社が金やプラチナの買取ショップを出店するようになりました。


複数の系列店を出すところも増えているようです。


買取を頼める店が多くなるのはいいことですし、店が地域に一つしかない状況と比べると、価格競争で買取額が上がるなど、全体的に店のレベルの底上げが見込めるでしょう。


お店の人も、よりお客さんに優しくなるかもしれないですね。


買取ショップの利用を考えている人にとっては、歓迎すべきことだと思います。


もう何年も使っていない金の指輪やネックレスなどは案外多いのではないでしょうか。


知人にあげるのも捨てるのも何だかなあ、という場合は、買取サービスを利用して現金化するのを検討してもいいと思います。


そうした買取を専門としているお店もここ十年ほどで急激に増えてきたので、高値が付くかどうか鑑定に持ち込んでみるのをオススメします。


金に限った話ではないですが、買取は贋物との戦いです。


一般の人が買取に持ち込んだ金製品が、実は偽物だったという場合もあります。


中には、金メッキの表面に本物同様の刻印を施して、業者を誤魔化して、本物の金として買取させる詐欺も古くからあります。


対して、偽物を見抜く方法も色々あります。


磁石、刻印の入り方に加え、比重計があればそれが金かどうか、純度は何%かなどが容易に判別できます。


また、中には比重計で見破れないタングステン製の偽物なども存在しますが、試金石検査という由緒正しい鑑定方法ならば、どんなによくできた偽物でも、本物の金でないことはすぐにわかります。


14:12
2019年04月11日(木)
【金買取といっても様々な形式が】
金買取といっても様々な形式があります。


今、少しずつ流行り出しているのは、直接お店に行かなくても、郵送で金買取をしてくれるスタイルです。


その中身を説明すると、まず買取対象の品物を専用の梱包パックでお店に送り、あとは店頭に持ち込んだ場合と同様に査定を受けるというものです。


査定結果をメールなどで確認したら、納得いく金額であれば了承の返事をし、契約成立となります。


店頭での買取はそんなに夜遅くまで空いていませんが、郵送買取なら時間を気にせず利用できるので、地方にお住まいの方や、お店に商品を持って行くのが億劫だという方のための形態と考えてもいいかもしれません。


金の価値が上がっている昨今、多くの店舗や業者が、金やプラチナといった高級貴金属の買取を行っているようです。


一例を挙げると、リサイクル・ショップなどです。


こうしたお店は、家庭での不要な品を買取してくれるのが基本ですが、ブームに乗って貴金属の買取も扱い始めるケースが増えてきています。


専門知識を持った買取スタッフも常駐しているので安心です。


金製品を売りたいという方は、試しに査定だけしてもらうのもいいですね。


金やプラチナなどの買取ショップでは、業者自身の取引の安全を守るためにも、未成年者への利用制限があるのが当たり前です。


したがって、中高生など未成年は買取してもらえないというのが原則です。


もっとも、沢山あるお店の中には、18歳以上なら買取を受け付けてくれるところもありますが、その場合でも保護者の同意書は必要です。


加えて、たとえ18歳からOKの店でも、職業を確認され、高校生なら買取は不可というのが一般的です。


昔は素人が金買取の情報を得るのも一苦労でしたが、最近では金の高価買取を掲げるお店も大変多くなりましたから、ネットで情報収集することもお勧めです。


金に限った話ではないですが、貴金属は相場変動が激しいので、慌てて売るのはよくありません。


また、買取価格から手数料や鑑定料が引かれる場合もありますから、よく調べないまま店舗に行ってしまうと、思ったほどのお金にならない可能性もあるのです。


また、不要な金を買い取るといって自宅に来るタイプもありますが、そうした業者は、相場より大幅に安い額での買取を無理に迫ったりするので論外です。


近年、一般的になってきた金買取。


しかしその利用において注意すべきは、一にお店選び、二にも三にもお店選びです。


買取額だけに注目するのではなく、怪しげな店ではないか、本当に信用していいのかを入念に考えないといけません。


ネットのレビューで評価が低い店などは手を出してはいけません。


買取額が他と比べて高い場合は特に注意してください。


手数料の額によっては、結局他の店と変わらない金額しか受け取れないので、見積後、成約の前に必ず確かめてください。


13:36
2019年04月10日(水)
【税金は何をしても掛かるものですが、ごく少】
税金は何をしても掛かるものですが、ごく少量の取引であれば、金を専門店に売却しても税金はかかりません。


もちろん、買取業者の方では、日々多くの金製品を売り買いしていますので、しっかり利益を計上し、課税されているはずです。


その点、個人ではよほどの資産家でもない限り、課税対象になるほどの取引はしませんよね。


なので一旦は安心なのですが、税法が変わることも無いわけではないので、どうにも不安な方は、事前に調べておくといいかもしれません。


金買取を利用するにあたっては、良い買取店を見極める方法で迷うというのはよく聞く話です。


わざわざ売りに行く以上、可能な限り高く売却できるのがいいというのはすべてのお客さんが思うことでしょう。


いいお店を選ぶ時の要点は、何と言っても、お客さんからの人気でしょう。


ネットレビューで高評価のところは、トラブルと無縁のちゃんとした店であるということです。


これを参考に、信頼できるお店を選びましょう。


消費増税が思わぬ儲けのチャンスだと知っていましたか? 金を買う時には、その時の消費税率に応じて消費税を支払うわけですが、今度はその金をお店で買い取ってもらう際には、お店から受け取る買取額には消費税分が上乗せされるのです。


なので、一度金を買っておけば、その後の売却によって、消費税の増税分を得できると言えます。


どうせ消費税が上がるなら、それを利用して得してやりたいですね。


また、消費税の安い日本で買った金を消費税率の高い国に持って行って売却するなどの方法も考えられます。


不要な貴金属を買取に出す際は、考えておかねばならない点があるのです。


すなわち、ある金製品を買取に持ち込むとしても、どこに持っていくかによっても諸々の手数料などを差し引かれた上での買取代金はかなり差の付いたものになるという事実です。


店舗ごとの買取価格やその他の条件をネットで調べて、お店選びを色々な情報を総動員して判断しましょう。


金のアクセサリーを買取に出そうという際に、第一に思いつく選択肢は、金の高価買取を掲げているような、街のお店でしょう。


とはいえ、専門店は素人には敷居が高かったり、一人で入るのは勇気が要るという方は、やはり少なくないようです。


そうした人に嬉しいのが、デパートで利用できる金買取です。


常設のお店がなくても、期間限定の催しとして行っている場合も少なくありません。


一般の買取ショップと比べると安心感があり、一見さんでも利用しやすいので人気なのでしょう。


11:12
2019年04月09日(火)
【手元の金製品を処分したいといっても、近】
手元の金製品を処分したいといっても、近くに買取店がない場合もあるでしょう。


そういうときは、ネットを通じた郵送買取を利用してみましょう。


利用を申請すると、お店から品物用のパックが届きます。


そうしたら、査定してほしい品物を入れて送り返します。


早ければ翌日には、電話やメールなどで査定額の提示があるので、その額が納得いくものであれば、承諾の返事をすると、買取代金が振り込まれます。


これならどこに居ても利用できますね。


手持ちの金製品を売却したいと思ったとき、多くの方が思い浮かべるのは、金の高価買取を掲げているような、街のお店でしょう。


そうは言っても、一見さんお断りのような雰囲気があったり、そうでなくても恥ずかしくて入りにくいと感じる人も多くいるのではないでしょうか。


そんな人もご安心下さい。


デパートで買取を実施する場合があるのです。


催事場で、特定期間のみ出店している場合も多いです。


専門店は敷居が高くても、デパートなら誰でも行きやすく、初めての方でも利用しやすいでしょう。


高級品の代名詞でもある金とプラチナ。


しかし、どちらがより高いのかまで把握している人はあまり居ないように思います。


一般に、プラチナは金よりも一段高いと言われています。


その理由には、金の20分の1とも言われる、産出量の少なさを無視できないでしょう。


これらはいずれも、永遠に劣化せず輝きを保ち続ける金属なので、世界共通の価値を持つ国際商品としての地位を確立していますが、人の手では作り出せず、地球上に眠っている僅かな資源を発掘するしかないという貴重さが、その価値を形作っているというわけですね。


貴金属を購入しても、盗まれるのが怖いので置き場所に困りますよね。


普通の家庭なら、家に置いておくのも一般的だと思いますが、一定量を保管するなら金庫は必須となるでしょう。


お金持ちが一定量の金塊を保有するケースなどでは、強固なセキュリティが必要になるので、自宅に置かずに銀行の貸金庫に入れていることもありますし、金の販売業者によっては、購入した金を有償で保管しておいてくれるところもあるのです。


そうは言っても、どの方法にも一長一短あると思いますから、気になる方は金で財産を保有することを諦め、現金にしてしまうのも解決法としてアリでしょうね。


金といえば純金を思い浮かべる人が多いでしょうが、実際には色々なものがあります。


よく聞く「24金(24K)」というのは純度100パーセントの金を指します。


純金でなく他の金属との合金の場合は、「18金(18K)」などの表現になります。


金の割合が75パーセントなら、100分の75ですから24分の18で、18Kになります。


割金(金以外の部分)の種類や混合比率によって金の種類は変わります。


銅を多く混ぜればレッドゴールド、銀を多く混ぜればグリーンゴールド等と様々に色合いが変わるのです。


ある金製品が幾らで売れるかの目安として、大切なのは純度だということです。


10:54
2019年04月08日(月)
【昔貰ったけどもう使わない、というネックレス】
昔貰ったけどもう使わない、というネックレスをおカネに変えたいと思っている人は、そのネックレスの裏面などをよく見てみてください。


ニセモノの金でなければ、製品のクオリティを示すため、「K24」などの文字が刻印されています。


よく「18金」や「24金」などと言われるのがこの数値です。


金の純度は伝統的に24分率で表されており、K24なら純金だという意味です。


もちろん、この純度が何%であるかによって市場価値は変わってくるということです。


今の金相場はグラム5000円くらいでしょうか。


純金でなければ当然それより安い額になります。


純度によって額は下がります。


例えば18金なら、純金の75%の価格、つまり約3500円です。


それなりの額、例えば200万円を超えるような量というと600グラム弱です。


ちなみに指輪一つが5グラムから10グラム前後、喜平ネックレスなら40グラムから100グラムでしょうか。


18金より安い10金のジュエリーも最近は増えてきましたが、24分の10は約41%ですから、純金が5000円なら10金は2000円程度です。


ネックレスなら10本から20本ほど、合計1キロも集めなければ200万円に達しないのです。


初めて金買取を利用する際のスタートラインは、売却先としてどんなお店を選ぶかということです。


高い値段を付けてくれるかも大事ですが、お店での手続きが簡単かどうか、あるいは郵送買取の場合の振込タイミングなどの諸条件、しかし、色々ある中で最も大事な条件というと、詐欺まがいの業者に引っかからないように、その店の実績や評判を確認しておくことです。


信頼のおける情報といえば、利用者から寄せられた口コミやレビューでしょう。


レビューで高得点を得ている業者を優先して利用するのがいいでしょう。


ここ十年ほどで金の価格が上昇し続けていると聞き、手持ちの金製品を買取店に持ち込んでみましたが、純度を示す刻印が入っていないから、値段は付けられないと言われてしまいました。


中には刻印ありの品もありましたが、数が少なく、買取手数料の分だけワリを食ってしまうので、それよりは一括で買ってくれる店を探した方がいいと思って、初めて御徒町の専門店に足を踏み入れました。


御徒町のお店は、町の買取ショップとは違う、本当の専門家揃いでした。


専用の機械を使って、金性という金の純度の測定をしてくれ、私の持ち込んだ金製品に全て値段を付けてくれました。


もう身に着けなくなり、自宅で眠っている金の指輪やネックレスなどは案外多いのではないでしょうか。


タダで手放すのは惜しいという場合には、お店で買取を依頼するのを検討してもいいと思います。


金やプラチナを専門に買い取ってくれるところも街頭、ネット問わず多いですから、高値が付くかどうか鑑定に持ち込んでみるのをオススメします。


09:36

次n→ 





w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++