金買取の知識


[記事を書く]
[月別]
[更新アラート]
2017年02月22日(水)
【金といえば純金を思い浮かべる人が多い】
金といえば純金を思い浮かべる人が多いでしょうが、実際には色々なものがあります。


純度は「○K」という形で表され、最大は24K(純金)です。


金の純度が100%未満であれば、18Kなど、数字が24以下になります。


18Kは24分の18という意味ですから、つまり75パーセントが金です。


銀や銅、パラジウムなどを混ぜるのですが、その比率によって色が違い、銀と銅が五分五分ならイエローゴールド、パラジウムが25%入ればホワイトゴールドなどと変化します。


手持ちの金を買取してもらうときに、純度は大事ですので、気に留めておくといいでしょう。


手元の金製品を処分したいといっても、生活圏内には買取店がないこともあります。


そんな方は、店頭に行かなくても、郵送買取を利用すれば買取してもらえます。


まずは住所・氏名などを書いてフォームで送信することで、お店から品物用のパックが届きます。


そうしたら、売りたい金製品を入れ、業者に返送すればいいのです。


早ければ翌日には、買取価格がメールなどで知らされるので、その額が納得いくものであれば、承諾の返事をすると、振込でお金が支払われます。


簡単ですね。


未だ記憶に新しいリーマンショック。


それからこの頃までに、ゆっくりとではありますが、金を買取に出す際の買取価格が高くなってきました。


加えて、ここ最近、ギリシャ国内では、経済危機が限界に達したため、預金の引き出しにストップが掛けられました。


この出来事もまた、リーマンショックと並んで、金製品の買取価格が上がる要因であると言えるでしょう。


頼んでもいないのに家に業者が訪問してきて、言葉巧みに、あるいは強迫的な態度で金製品の買取を申し出てくる場合があり、「訪問購入」として法規制の対象になっています。


業者の提示した買取金額がどう考えても安すぎだったり、売るつもりはなかったのに、ゴリ押しに負けて売却してしまったなどと、被害を訴えるケースが最近増えています。


こうした訪問購入のケースに対しては、平成25年以降、クーリングオフ制度が適用されるようになったので、8日以内なら品物を取り戻すことができるし、なんなら8日間は品物を渡す必要すらないのを頭に入れておくことをお勧めします。


昨今、街には金買取のショップが溢れていますが、その中では鑑定にかかる鑑定料や、買取時の店の取り分である買取手数料を取る店もあります。


金の溶解時に目減りする分を差し引いてくる店もあります。


買取時、こういった費用を取る店だったら、最初の提示価格は高くても、諸経費の分、現実に買取額として受け取れる金額は随分減らされてしまうのです。


なんだか損した気分になりますね。


買取を利用する際には、買取のシステムの確認は怠らないようにしてください。


21:00
2017年02月21日(火)
【買取店の鑑定士は常に偽物の可能性に目を光ら】
買取店の鑑定士は常に偽物の可能性に目を光らせています。


偽物の金をつかまされていた人が、本物と信じたまま買取に持ってくることもあります。


本物の金そっくりに巧妙に偽装された金メッキ製品で、買取店のスタッフを欺き、買取代金を騙し取ろうとする悪意のケースもあります。


しかし、磁石による検査、刻印周りのキズでも判別できますし、比重計を使えば比重の違いから、偽物であることはすぐに判明します。


最近では、タングステン合金を利用して金と似た比重を実現した偽物もありますが、試金石と呼ばれる黒い石に品物を擦り付けて色合いを見る「試金石検査」なら、金の表面を少し削り取ることで、あっという間にメッキが剥がれ、偽物と判ってしまいます。


全世界を混乱に陥れたリーマンショック。


その時からここ数年で、徐々にですが、市場における金の買取価格が上がりつつあります。


さらに、これも記憶に新しいことですが、ギリシャ国内では、経済危機が限界に達したため、国民が銀行から預金を下ろせなくなってしまいました。


リーマンショックと同様、ギリシャのこの事態も、市場での金の価格が上がる切っ掛けであると言えるでしょう。


手持ちの金製品を高額で買い取ってくれるとネットで広告が出ていたから利用してみたのに、査定の段になってから色々と難癖をつけられ、結局は安価で買取に応じてしまった、などというケースはよく耳にするところです。


金買取もピンキリであり、ちゃんとした業者も多くある一方で、こうした悪質なことをしている店も少なくないようですから、少しでも怪しげなところは利用を避けるべきです。


黙って泣き寝入りするのが嫌な人は、警察よりも消費者センターにまず相談してみるのが効果的です。


金買取というのが流行っているそうですが、先日はその業者から電話がありました。


生命保険や、子供の塾の勧誘ならよくありますが、買取というのは今まで聞いたことがなかったため、まずは話を聴いてみることにしたのです。


色々と聴いてみたら、指輪やネックレス、腕時計などの金製品の中で、ずっと身に付けていない品があったら買い取ってくれるという内容でした。


そういえば金のアクセサリーがあったなあと思い、そのお店の名を控え、ネットでも調べてみました。


初めて金買取を利用する方が必ず気にされることといえば、自分の手元の金製品は、一体いくらの値段で売却できるかを事前に知っておくことでしょう。


品物によっても異なりますが、金の値段の基本的な計算法は、ドル建ての国際価格を、金の重量単位として使われる1トロイオンス(日本では31グラムほど)で割り、さらにドルと円の為替レートを掛けます。


すると、日本国内の金価格が算出できます。


こうした基本的な計算法を活用し、適正価格での買取が行われているのかが自分で分かるようにしておくことをお勧めします。


20:18
2017年02月20日(月)
【金製品の買取をしてもらう際には、買取ショ】
金製品の買取をしてもらう際には、買取ショップに売りたいものを直接持っていくのが最も一般的な方法ではないかと思います。


鑑定士などと呼ばれる専門スタッフが直ちに商品を鑑定してくれ、すぐに現金化できるため、不安要素はありません。


査定額の理由などをちゃんと説明してくれるお店も少なくないですから、満足いくような価格で手続を進めることができるようになっています。


金の価値が上がっている昨今、色々な店舗で貴金属の買取サービスをするケースが増えています。


評判がいいのは、リサイクル・ショップでしょう。


こうしたお店は、家庭での不要な品を買取してくれるのが基本ですが、需要の拡大に応え、金やプラチナの買取サービスを始めるケースが増えてきています。


専門店と同様の設備を備え、査定も誠実に行っています。


自宅に眠っている貴金属を売りたい人は、買取価格などを調べてみてもいいと思います。


手元の金製品を処分したいといっても、生活圏内には買取店がないこともあります。


そんな方は、ネットを通じた郵送買取を利用してみましょう。


まずは住所・氏名などを書いてフォームで送信することで、貴金属を安全に送る用の梱包パックが自宅に届きます。


そして、査定してほしい品物を入れて送り返します。


早ければ翌日には、電話やメールなどで査定額の提示があるので、その額が納得いくものであれば、承諾の返事をすると、直ちに買取金額が口座に入金されます。


日本経済にも大幅な景気後退をもたらしたリーマンショック以降、この頃までに、やや遅めのペースながら、買取市場では金の買取価格が上昇に転じているようです。


加えて、ここ最近、ギリシャ国内では、経済危機が限界に達したため、預金の引き出し制限も発動されました。


こうした事態もまた、市場での金の価格が上がる切っ掛けであると言えるでしょう。


18歳に達していない青少年は、古物営業法や青少年健全育成条例に基づき、単独で買取サービスを利用することができません。


青少年が犯罪被害に巻き込まれることを防ぐためにも、法律だけではなく業者側でも買取時のルールを定めており、18歳を過ぎていても未成年であれば売却できないのが通例です。


未成年が利用できる場合もありますが、そこにも制限があり、親の同伴か、同意書の提示がなければ買取してもらえません。


20:06
2017年02月19日(日)
【普通のサラリーマンが普通に手持ちの金製品を売る】
普通のサラリーマンが普通に手持ちの金製品を売る程度では、金買取による利益に税金がかかることは無いと考えていいでしょう。


金買取を行っている業者のほうは、日々多くの金製品を売り買いしていますので、所得額の申告を行い、何重もの税金を支払っていることでしょう。


それに対して、個人の取引額は微々たるものです。


基本的には気にしなくていいと言えますが、しかし税法も割と頻繁に変わるものなので、どうにも不安な方は、事前に調べておくのもいいでしょう。


自分で買ったり人からプレゼントしてもらったりしたけど、何年も使っていない貴金属製品を何もせず放っておくのはあまりに惜しい気がします。


「でも実際使わないし。


」そんなあなたには、専門のお店に持っていけば買い取ってくれます。


金は劣化しないので、古いアクセサリーでも価値があるのです。


最も純度の高い24金(純金)の流通相場が4800円(1グラムあたり)ですから、それと比べればやや低めの買取金額になりますが、多くの人が想像しているよりは十分高い額で手放すことができるでしょう。


最近、金の価格が上がっていると聞いたので、手持ちの金製品を買取店に持ち込んでみましたが、私が持って行ったものの多くは、刻印がないから買い取れないとのことでした。


刻印のあるものだけ買い取ってもらうとしても、買取手数料の分だけワリを食ってしまうので、刻印ありも無しもまとめて買い取ってくれる店を求め、初めて御徒町の専門店に足を踏み入れました。


すると、買取店のスタッフや設備も流石にレベルが違い、純度を測定するための比重検査、試金石検査など様々な手段を用いて、刻印の入っていない金にも全て買取額を付けてくれたのです。


リーマンショック以降、手持ちの金を売却したい人が増えているので、その需要に応じて、従来の質屋や買取ショップでも、金買取の広告を前面に出すところが増えました。


フランチャイズでチェーン展開する例もあるようです。


そういう店舗がどこにでもあるのは便利なことでしょうし、同業他社に負けじと買取額を上げてくるなど、良い方向への変化が期待できると思います。


店員の接客の質までも上がる可能性があります。


買取を利用するお客さんにとっては、いいことづくめですね。


店への持ち込みではなく、業者のほうが家に来て、言葉巧みに、あるいは強迫的な態度で金製品の買取を申し出てくるという迷惑な事例があります。


これは訪問購入と呼ばれます。


業者の提示した買取金額がどう考えても安すぎだったり、強迫的な態度に負けて売却に合意してしまったなどと、後悔するも、泣き寝入りするしかない被害者が多くなっていました。


悪質な訪問購入で被害に遭ってしまった場合でも、平成25年以降、クーリングオフ制度が適用されるようになったので、買取に応じてしまった後でも、8日以内は自由にキャンセルができることを知っておき、悪徳業者のゴリ押しに負けないようにしましょう。


19:54
2017年02月18日(土)
【買取ショップが街に溢れる昨今。初めて金買取をして】
買取ショップが街に溢れる昨今。


初めて金買取をしてもらう場合は、果たして満足できる金額になるのか、誰しも気にされるところですよね。


金の価格は一定ではなく、その時の相場によって変わってきます。


国際情勢や景気の良しあしなどにより、金の相場はその都度変わるので、同一の金製品でも、売る日によって値段が全く違うということがあり得ます。


そういうカラクリになっているので、少しでも高値で売りたいと思う方は、ネットで情報を見て、価値が上がるタイミングを見計らうことで、得できる可能性は高まります。


一昔前と違い、今は金の高価買取を掲げるお店も大変多くなりましたから、複数のお店の情報を見比べてみましょう。


貴金属は相場の上下によって売却額が大きく変動しますから、手放すタイミングはよく検討しなければなりません。


お店によっては手数料を買取額から差し引いてくるところもあるので、他と比較検討しないままお店を決めたら、後からひどく後悔するケースも有り得るのです。


ちなみに、自宅をいきなり訪問して金の買取を行う「訪問購入」の買取業者は、詐欺や強引な買取のケースが多く、お勧め出来ません。


日本経済にも大幅な景気後退をもたらしたリーマンショック以降、今日に至るまでで、ゆっくりとではありますが、金を売却する際の買取価格が上がってきているようです。


加えて、ここ最近、ユーロに加盟していたギリシャが経済破綻を起こし、銀行預金の引き出しが無期限で封鎖されました。


リーマンショックに続き、この経済破綻も市場での金の価格が上がる切っ掛けであると言えるでしょう。


金を買ったはいいが、どうやって保管すればいいか?という問題があります。


大した量でなければ自宅に置いておいてもいいのですが、せめてダイヤル式の金庫は備え付けておきたいものです。


アクセサリー程度ならともかく、大量の金を保有しておくなら、自宅に置いておくと盗みに入られる不安もあるので、取引のある銀行で貸金庫を借りている例も多いですし、金を販売している業者が保管設備を持っていて、有償で保存を受け付けているケースもあります。


しかし、どんな形を取っても結局心配だという方は、専門業者に売って現金化し、不安から開放されるのも良い方法だと思います。


金を買取に出そうと考えたとき、多くの方が思い浮かべるのは、買取ショップや質屋さんなどでしょう。


ただ、そうした店には独特の雰囲気があって、そうでなくても恥ずかしくて入りにくいと感じる人は、やはり少なくないようです。


そんな方にオススメなのが、デパートで実施している金買取です。


よく見かけるのは、催事場で期間限定のイベントとして開催している場合です。


デパートなら変なトラブルは無いだろうという安心感から、街の買取ショップより人気の場合もあります。


19:00
2017年02月17日(金)
【貴金属を購入しても、盗まれるの】
貴金属を購入しても、盗まれるのが怖いので置き場所に困りますよね。


大資産家はともかく、普通の人は自宅に保管しておくことになりますが、金庫くらいは無ければ安心できないでしょう。


数千万円、数億円といった価値の金塊を保有する資産家の場合は、自宅に置いておくと盗みに入られる不安もあるので、自宅に置かずに銀行の貸金庫に入れていることもありますし、金を購入した業者で厳重に保管するサービスを利用していることも多いようです。


とはいえ、どこに置いておいてもリスクが完全に0ということはないでしょうから、心配なら思い切って専門店に売却して現金化するのも選択肢の一つです。


買取業者が自宅までやって来て、言葉巧みに、あるいは強迫的な態度で金製品の買取を申し出てくるケースがあり、「訪問購入」と呼ばれています。


業者の提示した買取金額がどう考えても安すぎだったり、強迫的な態度に負けて売却に合意してしまったなどと、悔やんでも悔やみきれない方が少なくありません。


ですが、対処法もあります。


金買取の訪問購入に対しては、法改正によってクーリングオフ制度が使えるようになりましたから、一度売却してしまっても、8日以内なら契約を取り消して品物を取り戻せることを知っておき、悪徳業者のゴリ押しに負けないようにしましょう。


最近は金買取を利用する方も増えてきましたが、初めて利用する際には実際いくらになるのか、買取額の目安が気になりますが、でも、買取額は一概には言えません。


金の値段を決める金相場は、毎日変動しており、いつ売るかによって値段が大きく変わってくることもあります。


ですから、納得いく金額で買取に出したいのであれば、常に情報収集を怠らず、金の値段が上がったタイミングを見逃さないことを意識しましょう。


金製品の買取をしてもらう際には、買取してもらいたい商品を、ショップに直接持ち込む形が基本であるといえます。


自分も見ている前で商品を誠実に鑑定してくれ、商品を引き替えに直接現金を渡してもらえるので、不安要素はありません。


売る前に、入念に査定額の説明などをしてくれるお店も少なくないですから、その場でよく考え、本当に納得してから売却できます。


安心して利用できますね。


金の指輪やネックレス、ブレスレットなど、かつて気に入っていたけど何年も使っていない貴金属製品を自宅に置いたままにしておくのはいかにもムダでしょう。


使わない貴金属の処分に困ったときは、貴金属買取のお店に売却することをお勧めします。


一例として金の買取の場合を考えてみます。


24カラットの純金の場合、購入時の相場はグラム4800円くらいでしょうか。


買取相場は一般的にその価格より若干安くなるとはいえ、だとしても十分、思った以上の値段で手放すことができるでしょう。


18:24
2017年02月16日(木)
【手元の金製品を処分したいといっても、生活圏】
手元の金製品を処分したいといっても、生活圏内には買取店がないこともあります。


そんな方は、郵送での買取を受け付けている店をネットで探してみましょう。


WEB上で簡単に申し込みできます。


まず、貴金属を安全に送る用の梱包パックが自宅に届きます。


そして、それに売却したい金製品を入れて返送するだけでOKです。


早ければ翌日には、メールで査定額を教えてもらえるので、自分がその金額を承諾すれば、銀行口座への振込で買取代金を受け取れます。


貴金属買取を扱うお店では、多種多様な品物に値段をつけてもらえます。


金というといかにも富豪の趣味という気がして、金の延べ棒であるとか、貴重な金貨であるとかを連想する人が多いでしょうが、買取店で取引される品物はそれだけにとどまりません。


例を挙げれば、金縁の眼鏡がそうでしょう。


形がどうあれ金は金ですから、ごく普通の金縁眼鏡なども金製品として立派に買取の対象になります。


貴金属を購入しても、盗まれるのが怖いので置き場所に困りますよね。


大した量でなければ自宅に置いておいてもいいのですが、いくらか厳重な金庫を持っておけば、さらに安全ですね。


アクセサリー程度ならともかく、大量の金を保有しておくなら、強固なセキュリティが必要になるので、自宅には流石に置かず、銀行で大きな貸金庫を借りている場合や、金の販売業者によっては、購入した金を有償で保管しておいてくれるところもあるのです。


とはいえ、どこに置いておいてもリスクが完全に0ということはないでしょうから、心配なら思い切って専門店に売却して現金化するのも得策なのかもしれないですね。


要らなくなった金のネックレスがいくらで売れるか気になる人は、刻印を見てみるのがいいと思います。


金製品にはほぼ必ず、金のグレードを証明する「K24」などの文字が刻印されていることが多いです。


K24が純金で、数字が小さくなるほどに純度が低くなります。


「K○」は24分の○が金という意味、つまりK18なら金は75パーセントというのが一定の目安になります。


同じ金製品でも、何割の金が含まれているかによって買取額は大きく変動してきます。


元手があるなら投資を考えてもいいですね。


投資対象は色々ありますが、最たるものが金でしょう。


金というものは、資産価値があまり下がらないという特徴があるのです。


金の値段はあまり国際情勢や景気の影響を受けないためです。


金イコール高級品という認識が世界中に浸透していることも、昔から金が投資の対象にされてきた理由の一つです。


しかし、大きな情勢の変化があれば金の相場も変動することがあるので、売却を検討しているなら、その時の相場をチェックしておくのが無難です。


18:18
2017年02月15日(水)
【プラチナの価格が上がっていると聞き、アクセサ】
プラチナの価格が上がっていると聞き、アクセサリーを買取店に持ち込んでみると、実はプラチナの代替品であるホワイトゴールドだと判明したというエピソードはよく聞きます。


実はホワイトゴールドだったということなら、プラチナと比べると大幅に価格は下がります。


本来、プラチナは金よりもずっと希少価値が高く、値段も高価だったので、色合いの似ているホワイトゴールドをプラチナの代わりに用いるようになったのです。


K18WG、K14WGなどの刻印が入っていれば、金が半分以上含まれているホワイトゴールドです。


代替品と聞くと安そうな印象ですが、金であることに変わりはないので、それなりの値段で買い取ってもらえるのは確かです。


金の相場が1グラム5000円というと、かなり高騰していると言えますが、これはあくまで純金の価格ですから、一例として、18金(純度75%)ならば、純金5000円に対し、その75%の3500円になるのです。


それなりの額、例えば200万円を超えるような量というと単純計算で550グラムから600グラムほどでしょうね。


10金のアクセサリーをお持ちの方もいるかもしれませんが、これはもはや金の純度が半分以下。


価値は1グラムあたり2000円強にしかなりません。


10金だけで200万円の買取価格になるためには、必要な量は1キロほどにもなります。


よほど大量の取引をしていない限り、金買取による利益に税金がかかることは無いと考えていいでしょう。


専門に金買取を扱う業者などだと、売買で動くお金も莫大ですから、利益分を届け出て何重もの税金を支払っていることでしょう。


それに対して、個人の取引額は微々たるものです。


もっとも、税法が改正されることも有り得るので、どうにも不安な方は、事前に調べておくのもいいでしょう。


一口に金と言っても、その純度によって色々な種類があります。


カラットの略であるKを用い、純金なら「24K」などと表現します。


合金、つまり純金ではなく他の金属が混ざっている場合は、18Kなどと表現します。


「18金」などと言われるのはこれですね。


例えば18Kなら、24分の18なので、金は75%ということになります。


銀や銅、パラジウムなどを混ぜるのですが、その比率によって色が違い、銀と銅が五分五分ならイエローゴールド、パラジウムが25%入ればホワイトゴールドなどと色々な種類があるのです。


金を売りたいなら、純度は大事ですので、気に留めておくといいでしょう。


金の相場が上がっている近頃は、「ご自宅に眠っている金・プラチナを買い取ります」といった広告や看板が街に溢れています。


WEB上でも、自分の地域プラス「金買取」などで検索したら、高価買取を謳う宣伝のページがたくさんヒットします。


要らないものを買い取ってもらえるのだから、店はどこでもいいという人も多いのかもしれませんが、相場の上下によって買取額が大きく変わるのが金買取というものですから、相場を見て、最適のタイミングを狙って売るといいです。


17:54
2017年02月14日(火)
【金買取のサービスが最近流行っています。金の装飾】
金買取のサービスが最近流行っています。


金の装飾品などは、かつては気に入って使っていても、今では飽きてしまったなどの理由で何年も使わずじまいという方も多いと思います。


家にそういうものがあれば、金買取のお店で売ってしまうのも正解でしょうね。


でも、ここで落とし穴があります。


金やプラチナのように見えても、精巧に作られた偽物かもしれません。


そのようなケースでは、残念ですが、勉強になったと思って諦める他にないでしょうね。


手持ちの金製品を買い取ってもらいたい場合でも、価値が高い内に急いで売ろうというのは考えものです。


その理由としては、金やプラチナといった貴金属は、市場での価格に大きな変動が生じやすいためです。


こういった理由から、毎日変動する金相場を気をつけて見ておいて、上がるところまで上がったタイミングで手放すことこそが、買取で得をするカギとなります。


金の相場が1グラム5000円というと、かなり高騰していると言えますが、ここに示される価格は、純度100パーセントの金(純金)の場合です。


例えば75パーセントが金である18金の場合、5000円×75%なので3500円くらいでしょうか。


100グラムで35万円ですから、仮に200万円以上になるような18金の重さというのは、600グラム弱です。


ちなみに指輪一つが5グラムから10グラム前後、喜平ネックレスなら40グラムから100グラムでしょうか。


近頃は18金よりも安価な10金も増えてきましたが、これはもはや金の純度が半分以下。


価値は1グラムあたり2000円強にしかなりません。


10金だけで200万円の買取価格になるためには、必要な量は1キロほどにもなります。


もう要らなくなった金製の指輪や腕時計などがあるのならば、買取に出すのも手です。


しかし、どこの店舗に持っていくかによって買取額の基準や、手数料のシステムが異なるため、ランキングやレビューなど、ネットで見られる情報を調べた上で、好条件の買取をしている店舗に売るのが得策です。


一点だけならともかく、いくつも売る場合は、僅かな基準額の差で大きな違いが出るため、よほど慎重に店舗を比較検討する必要があります。


リーマンショック以降、一般の人々からも金買取の需要が高まっているので、市場の拡大に合わせて、金買取に参入する業者が増えてきました。


複数の系列店を出すところも増えているようです。


沢山のお店の中から選べるほうが利用の敷居が低くなりますし、店が地域に一つしかない状況と比べると、価格競争で買取額が上がるなど、良い方向への変化が期待できると思います。


お店の人も、よりお客さんに優しくなるかもしれないですね。


買取を利用するお客さんにとっては、いいことづくめですね。


17:54
2017年02月13日(月)
【最近は金買取を掲げるお店が増えてきましたが、そ】
最近は金買取を掲げるお店が増えてきましたが、そこでは装飾品以外にも、様々な商品を現金化することができるのです。


金というといかにも富豪の趣味という気がして、金の延べ棒であるとか、貴重な金貨であるとかが一般的にイメージされるのかもしれませんが、買取店で取引される品物はそれだけにとどまりません。


メガネや金歯などもその一例です。


形がどうあれ金は金ですから、ごく普通の金縁眼鏡などでも買い取ってくれる場合が多いです。


金の買取を初めて利用する際、ぜひ注意してほしいのは、悪質な店に騙されないよう、お店選びに慎重になることです。


最初に目が行くのは買取金額かもしれませんが、周りの口コミやレビューなどから、その店の信頼性をよく検討した上で利用する必要があります。


レビューの内容が悪かったり、そもそもレビューが少ないお店は利用しないほうがいいでしょう。


素人は買取金額が高いお店に飛びつきがちですが、鑑定料や手数料と称してお金を取る店もあるので、電話で問い合わせるなどしてよく調べてください。


昨今、街には金買取のショップが溢れていますが、その中では鑑定にかかる鑑定料や、買取時の店の取り分である買取手数料を取る店もあります。


金の溶解時に目減りする分を差し引いてくる店もあります。


買取時、こういった費用を取る店だったら、表向きの買取額が高くても、買取の対価として実際に手元に入る金額は結局、低額になってしまいます。


こうなると売らない方がよかったかも?と思ってしまいます。


特に初めての方は、利用する店舗を決める際に、買取のシステムの確認は怠らないようにしてください。


税金は何をしても掛かるものですが、ごく少量の取引であれば、金の買取で課税されることなどないでしょう。


買取店であれば、取引の量が個人とは違いますから、所得額の申告を行い、納税しています。


その点、個人ではよほどの資産家でもない限り、課税対象になるほどの取引はしませんよね。


そうは言っても、法律が変わることもあるので、お店の人に確認してみるのが得策ですね。


全資産を現金で保有するのは少し不安ですよね。


そこで、定番といえば、総資産の10%から15%を金に変えて持っておくスタイルです。


まず調べておきたいのは、金を売っている場所や、その購入手段です。


金を買ってみるのも悪くないなとお思いの方は、金相場に基づくその日の販売価格、買取価格を表に出している、取引実績の豊富な業者を選ぶことが肝要だといえます。


信用のおける店から買った金であれば、いつか手放すときにも本物だという信頼があるので大丈夫です。


17:24

次n→ 





w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++