金買取の知識


[記事を書く]
[月別]
[更新アラート]
2019年06月17日(月)
【金というのは特別なものではありません。日】
金というのは特別なものではありません。


日常の中にも、貴金属と同様に扱われる金製品が案外多いものです。


金歯はその一例と言えるでしょう。


意外でしょうが、これも金買取の店で買い取ってもらえるのです。


モノが金であれば、形状は何でもいいというわけです。


数千円から一万円程度のお小遣いを得られる可能性もあるので、金歯がもう要らなくなってしまったという方は、買取店に持ち込んでみるのも一興です。


金買取を利用してみたいと思っても、金買取を受け付けている店舗が近場にないという場合は、郵送での買取を受け付けている店をネットで探してみましょう。


ネットで個人情報などを登録すると、郵送用の梱包パックが手元に送られてきます。


その後、買取を依頼したい商品をそれに入れ、送り返すだけです。


何日かすると、査定の金額と確認の連絡が来て、金額に同意の返事をしたら、直ちに買取金額が口座に入金されます。


最近は金買取を掲げるお店が増えてきましたが、そこでは意外なほど様々な種類のものが買取の対象になっています。


金買取というとおカネ持ちの世界という気がしますし、インゴットや金貨、あるいは指輪などの高級品にばかり考えが至りがちですが、意外にも日用品にも金が使われているものがあるのです。


メガネや金歯などもその一例です。


金製のメガネフレームや、使わなくなった金歯などでも買い取ってくれる場合が多いです。


金買取業者の多くは法律を守って適正に買取を行っていますが、中には明らかな詐欺もあるので気を付けてください。


訪問購入と呼ばれる、自宅を訪れて金を買取る形式には特に気を付けてください。


主婦しか居ないような時間帯を狙って家を訪れ、要らない金製品を買い取るとゴリ押しするものです。


こちらが相場などを知らないのをいいことに、ほとんど二束三文の値段で換金させられたり、廃品回収か何かのように、粗品を渡して金を持って行ってしまう場合すらあります。


少しでも話を聴く余地を与えてしまうと強引に押し切られるので、しっかりと拒絶し、自分の財産は自分で守りましょう。


今も昔も、金持ちはさらに儲けるために色々なものに投資をします。


典型的なものが金(ゴールド)ですね。


値段が崩れないのが金の魅力です。


ドルや円のように、世界情勢の影響で価値が変わることがあまりないためです。


高級品として世界中で認知されているのも、金の値段が崩れない根拠になっているのです。


しかし、大きな情勢の変化があれば金の相場も変動することがあるので、売却を検討しているなら、ネットなどで金相場を把握する必要があるでしょうね。


07:36
2019年06月16日(日)
【金の買取を業者に依頼するにあたっ】
金の買取を業者に依頼するにあたって留意すべき点は、買取価格の相場を把握することに尽きます。


少しでも高値で手放すことができるよう、刻一刻と変わる相場を慎重に確認し、最適のタイミングで買取に出しましょう。


店が買い取る額は、申込の時の相場によって決まるケースが普通です。


相場変動を逆手にとって、高値で売れるようになれば一人前です。


金の買取を利用する際には、果たして満足できる金額になるのか、誰しも気にされるところですよね。


金の価格は一定ではなく、その時の相場によって変わってきます。


金の値段を決める金相場は、毎日変動しており、店頭で買取してもらう際の金額もそれに伴って変わることになります。


そのため、少しでも高い金額で買取に出したいのであれば、常に情報収集を怠らず、刻一刻と変わる相場の情報を押さえることが重要だといえます。


手持ちの金製品を買い取ってもらいたい場合でも、勇み足になるのは得策ではありません。


皆さんが思っている以上に、僅かな情勢変化により、金は買取額に大きな変動が生じやすいためです。


なので、金の相場変動に敏感になり、高くなったタイミングを見計らって売却することを意識するといいでしょう。


要らなくなった金のアクセサリー等の売却時には、以下の内容を頭に入れておいてください。


同量の金を買取に出す場合でも、どこに持っていくかによっても実際に自分が受け取れる金額はそれぞれ異なっていることです。


ですから、WEBサイトに載っている情報などをくまなく調べ、何処に売るのが一番得になるかじっくり検討してください。


一口に金と言っても、その純度によって色々な種類があります。


純度は「○K」という形で表され、最大は24K(純金)です。


合金、つまり純金ではなく他の金属が混ざっている場合は、その純度に応じて、18Kなどと数値が変わっていきます。


18Kは24分の18という意味ですから、つまり75パーセントが金です。


割金(金以外の部分)の種類や混合比率によって金の種類は変わります。


銅と銀を同量ずつ混ぜたイエローゴールドをはじめ、レッド、ピンク、グリーン、ホワイトと変化します。


手持ちの金を買取してもらうときに、純度によって大きく値段が変わるのだと思っておいてください。


07:12
2019年06月15日(土)
【自宅にある貴金属を買い取ってもらう場合は、買取し】
自宅にある貴金属を買い取ってもらう場合は、買取してもらいたい商品を、ショップに直接持ち込む形式が普通ですね。


鑑定士などと呼ばれる専門スタッフが直ちに商品を鑑定してくれ、すぐに現金化できるため、詐欺やトラブルとは無縁だといえます。


売る前に、入念に査定額の説明などをしてくれるショップも増えてきましたので、金額をうやむやにされることもなく、しっかり納得して買取ってもらえます。


これなら安全だと思いませんか。


金の価値が上がっている現在では、金買取を扱うお店も増えてきたので、色々と調べて比較検討してみるのもいいでしょう。


貴金属は相場の上下によって売却額が大きく変動しますから、相場の情報を定期的にチェックするようにしましょう。


さらに、お店によって鑑定料や手数料のシステムも異なるので、たまたま見かけただけのお店を選んだ結果、表向きの買取額よりずっと低い金額しか受け取れないこともあります。


尚、頼んでもないのに勝手に家に来て買取を申し出るという業者は、詐欺の可能性も高いので避けておきましょう。


リーマンショックやギリシャの経済危機の影響を受け、金の価格が上がり続けているようなので、金買取を利用して小金を得る方もいるでしょう。


金を売ったら、その金額や状況によりますが、必要な書類を揃え、確定申告の手続きをしなければなりません。


金の売却によって生じた利益(売却額から購入時の価格や雑費を引いたもの)は、給与取得者であれば原則的には譲渡所得として扱われますが、インゴットなどの地金の売却であれば、50万円までは控除されて非課税になります。


色々と複雑な計算はありますが、要約すると、50万円以下の譲渡所得であれば税金はかからないということになります。


ここ十年ほどで金の価格が上昇し続けていると聞き、手持ちの金製品を買取店に持ち込んでみましたが、純度を示す刻印が入っていないから、値段は付けられないと言われてしまいました。


中には刻印ありの品もありましたが、数が少なく、買取手数料の分だけワリを食ってしまうので、できることなら手持ちの品物をまとめて全部売りたいと思って、日本有数の宝飾店街である御徒町へ行ってみることにしました。


御徒町のお店は、町の買取ショップとは違う、本当の専門家揃いでした。


比重検査、試金石検査などで金の純度を調べてくれて、無事に全ての金製品を買い取ってもらうことができました。


今の金相場はグラム5000円くらいでしょうか。


これはあくまで純金の価格ですから、一例として、18金(純度75%)ならば、5000円×75%なので3500円くらいでしょうか。


100グラムで35万円ですから、仮に200万円以上になるような18金の重さというのは、大体570グラムといったところでしょうか。


また、さらに安価な10金のアクセサリーの場合ですと、24分の10は約41%ですから、純金が5000円なら10金は2000円程度です。


これで200万円を稼ごうと思えば、1キログラム以上も必要なのです。


06:30
2019年06月14日(金)
【昔もらったけど今ではもう使っていないような貴金属の】
昔もらったけど今ではもう使っていないような貴金属のネックレスや指輪などをお持ちの方も多いと思います。


最近は金やプラチナの買取を掲げた店が多いので、利用してみてはどうでしょうか。


金やプラチナの買取を扱っている店舗を探し、現在の金相場や、店ごとの買取価格を確認し、どの店で買取してもらうのが一番得になるか、複数の店の情報を見て比較するといいと思います。


その他にも様々な条件で買取価格が変わるので、情報収集を怠らないことが肝要です。


不況の影響か、金買取の相場が上昇しているようなので、買取に出す場合も多いでしょう。


金を売却した際には、その金額や状況によりますが、税務署で確定申告を行う必要が出てきます。


購入時の価格以上で売れた場合など、売却によって生じた利益は、事業でなければ「譲渡所得」として計上されますが、地金(インゴットなど)の場合、50万円の特別控除が受けられます。


売却した金を取得した時期によっても計算式は異なりますが、概ね50万円以下の利益なら全額控除が可能なので、金売却に税金はかかりません。


今の金相場はグラム5000円くらいでしょうか。


純金でなければ当然それより安い額になります。


例えば75パーセントが金である18金の場合、純金の75%の価格、つまり約3500円です。


100グラムで35万円ですから、仮に200万円以上となると、その重さは550から600グラムくらいでしょう。


ちなみに、かつて流行した喜平ネックレスが、重いもので1本100グラム程度です。


これがさらに10金だとどうでしょうか。


10金は約41%の純度なので、1グラム約2000円ということになり、ネックレスなら10本から20本ほど、合計1キロも集めなければ200万円に達しないのです。


金の相場が上がっている近頃、タンスの肥やしになっていた金製品を売りたがる人が多くなり、流行に乗るようにして、金の高価買取などの広告を掲げる店が多くなってきました。


フランチャイズでチェーン展開する例もあるようです。


沢山のお店の中から選べるほうが利用の敷居が低くなりますし、店が地域に一つしかない状況と比べると、価格競争で買取額が上がるなど、全体的に店のレベルの底上げが見込めるでしょう。


店員の接客の質までも上がる可能性があります。


買取を利用するお客さんにとっては、いいことづくめですね。


金やプラチナなどの貴金属製品を買取に出す際は、注意するポイントがあります。


同量の金を買取に出す場合でも、どの店舗を利用するかで、鑑定料や手数料を引かれた、実際に受け取る買取金額は全く異なるという点です。


事前にホームページなどで情報収集し、損しない売却先はどこか、熟慮して判断するべきでしょう。


05:06
2019年06月13日(木)
【ずっと前から使わなくなってしまった金やプラチ】
ずっと前から使わなくなってしまった金やプラチナの装飾品があったら、売却して臨時収入を得るのもいいと思います。


ただし、同じ量の金でも店によって買取金額は大きく違ってくるので、色々なお店のウェブサイトなどをチェックした上で、好条件の買取をしている店舗に売るのが得策です。


たくさんの商品を売る場合は特に、僅かな基準額の差で大きな違いが出るため、店の選択には注意しましょう。


昔貰ったけどもう使わない、というネックレスをおカネに変えたいと思っている人は、ネックレスの裏などに刻印がないか探してみましょう。


ニセモノの金でなければ、製品のクオリティを示すため、「K24」などの文字が刻印されています。


このKというのは、純度を表す「カラット」の略です。


K24というのは純度100パーセント、K18なら純度75パーセントだという意味です。


もちろん、この純度が何%であるかによって市場価値は変わってくるということです。


18歳に達していない青少年は、古物営業法や青少年健全育成条例に基づき、単独で買取サービスを利用することができません。


さらに、法律の趣旨を拡張する形で、法律だけではなく業者側でも買取時のルールを定めており、成年に達するまでは古物売買の利用はできないところがほとんどです。


18歳以上20歳未満で買取ができる場合でも、法定代理人である親が書いた同意書がなければ買取してもらえません。


初めてで不安も多い金買取。


安心して利用する上で大事なのはまず、店の選択がすべてです。


店を選ぶ秘訣は、買取価格を見ることは勿論、手続の簡便さも重要なポイントです。


郵送なら振込の早さも大事です。


最後の決め手としては、店の取引実績や評判を確認しなければなりません。


WEBの場合、何より参考にできるのはそのお店で実際に買取をしてもらった人のレビューです。


口コミやレビューの点数が高ければ安心なので、そういう店を選びたいものですね。


ネットや宅配の利便化に伴い、今にわかに人気なのが、ネットで申し込める、金買取の郵送買取サービスです。


どんなものかというと、買取してほしい品物をまずは店に送って、数日で査定結果が出るのを待ちます。


お店からメールや電話で査定額の連絡を受け、売却を決定するか、額が低いと思えば無償でキャンセルできます。


営業時間内にお店に行かなければならない店頭買取と異なり、時間を気にせず利用できるので、店に行く時間がなかなか取れない人が主に利用しているようです。


05:06
2019年06月12日(水)
【金を買取に出す上で、まず大事】
金を買取に出す上で、まず大事なのは店の選択がすべてです。


高値で買ってくれる店を選ぶことに加え、お店での手続きが簡単かどうか、あるいは郵送買取の場合の振込タイミングなどの諸条件、また、初めて利用する際には、他のどんな条件よりも、その店に信用と実績があるかどうかです。


それを測る上で使えるのは利用者からの生の声です。


これは口コミやレビューの形で確認できます。


不評の店は避け、良い評価が付いているところを見極めて利用してください。


ずっとプラチナだと思っていた指輪などを買取ショップに持って行ったら、鑑定の結果、白金(プラチナ)ではなく、白色金(ホワイトゴールド)だと言われたという何とも残念なケースがままあると聞きます。


見た目は似ていますが、両者は全く違う金属で、価値も大きく異なります。


プラチナはあまりに高価で、一昔前は金の3倍ほどしたくらいですから、代わりに使われるようになったものです。


日本でも昭和50年代までは代替品の認識でした。


ホワイトゴールドは金とニッケル系やパラジウム系の合金で、「K18WG」などの刻印があればホワイトゴールドです。


ちなみにプラチナなら「Pt」などの刻印になります。


プラチナと比べれば安いですが、それでも金ですから、金買取を扱っているお店ならどこでも買い取ってもらえるでしょう。


中学生や高校生など、18歳未満は基本的に、法律や都道府県の条例の定めに従い、お店に行っても買取してもらえないのが原則です。


未成年者の非行を防ぐ意味合いでも、店ではそれ以外にも独自の規定を設けているケースが多く、成人しない内は、単独では利用できないのが一般的でしょう。


そもそも、未成年者は民法上も、単独では取引ができませんから、親の同伴か、同意書の提示がなければ買取してもらえません。


金の価値が上がっている現在では、色々なお店が金の買取サービスを実施しているので、調べて利用してみるのもいいと思います。


相場の変動によっても大きく買取金額が変わるので、現在の価格をチェックして、最適のタイミングで売りましょう。


さらに、お店によって鑑定料や手数料のシステムも異なるので、他と比較検討しないままお店を決めたら、思ったほどのお金にならない可能性もあるのです。


尚、頼んでもないのに勝手に家に来て買取を申し出るという買取業者はトラブルや詐欺も多いので、気をつけてください。


不況の影響もあってか、一般の人々からも金買取の需要が高まっているので、これを新たな商機と見て、金買取に参入する業者が増えてきました。


景気良く何店舗も出している業者もあります。


そういう店舗がどこにでもあるのは便利なことでしょうし、ライバルが増えればそれだけ高値の買取を掲げるお店も増え、全体的に店のレベルの底上げが見込めるでしょう。


接客態度が悪い店は生き残れないということで、スタッフの質も上がるでしょう。


買取をお願いするお客さんには、望んでいたシチュエーションといえるでしょう。


04:42
2019年06月11日(火)
【金買取は、直接店に行かなくても、ネットでも可能です。】
金買取は、直接店に行かなくても、ネットでも可能です。


買取額の目安がサイト上で見られたり、メールで簡単査定を受け付けている店もあります。


どこも様々な工夫を凝らしているのですね。


直接お店に行かない形式の買取でも、免許証など身分を証明するもののコピーを送る必要があります。


少しでも高い金額で売却するためには、条件の良いお店を選ぶことが大切です。


買取にかかってくる様々な手数料をゼロと謳っている店も最近は多いですので、それも主軸としてお店選びを進めるといいでしょう。


今も昔も、金のような貴重品は保存場所が一番のネックのようです。


そこまで多くの量がないなら、自宅での保存で十分となりますが、せめてダイヤル式の金庫は備え付けておきたいものです。


自宅に置いておける限度を超えて金を所有するときは、最悪、強盗殺人の被害などにも遭いかねないので、自宅には流石に置かず、銀行で大きな貸金庫を借りている場合や、金を販売している業者が保管設備を持っていて、有償で保存を受け付けているケースもあります。


それでも、どうしても不安なら、専門業者に売って現金化し、不安から開放されるのも得策なのかもしれないですね。


ずっと前から使わなくなってしまった貴金属のアクセサリーをお持ちの方は、買取ショップに引き取ってもらうことをオススメします。


でも、それぞれのお店で売却金額は変わりますから、ネット上のランキングや口コミなどをよく調べて条件の良いお店を選択するといいでしょう。


高価な品物であればあるほど、僅かな基準額の差で大きな違いが出るため、それだけお店の選択が重要になるのです。


今では身に着けなくなった金製のアクセサリーなどを買取店に持ち込む前に、次のことに気をつけてください。


同量の金を買取に出す場合でも、どの店舗を利用するかで、買取額や手数料などの諸条件がそれぞれ異なっていることです。


ですから、お店が掲げている買取額や手数料をチェックし、損しない売却先はどこか、熟慮して判断するべきでしょう。


リーマンショックからこっち、金の価格が高騰している今では、多くのお店で金買取を取り扱うようになったので、複数のお店の情報を見比べてみましょう。


金に限った話ではないですが、貴金属は相場変動が激しいので、相場の情報を定期的にチェックするようにしましょう。


手数料などのシステムも店舗によりけりなので、他と比較検討しないままお店を決めたら、他の店と比べて大幅に買取額が下がることもあります。


また、訪問購入といって、向こうから自宅にやってくるタイプの買取業者はトラブルや詐欺も多いので、気をつけてください。


02:48
2019年06月10日(月)
【不要な金を買い取りますという電】
不要な金を買い取りますという電話を先日受けました。


勧誘の電話にも色々あるとはいえ、そういう電話は初めてだったので、続きを聞いてみたくなりました。


その業者によれば、手持ちの宝飾品や貴金属で処分を検討している品物があればその業者に売却できるという話でした。


若い頃に貰ったアクセサリーをそういえば使っていないなと思い、ネットでさらなる情報収集をしてみることにしました。


今も昔も、金持ちはさらに儲けるために色々なものに投資をします。


金に代表される貴金属はその典型です。


金に投資するメリットは、それほど値崩れが無いことです。


高低の激しい株式や外貨取引と異なり、金は価値がほとんど変わらないのです。


高級品として世界中で認知されているのも、昔から金が投資の対象にされてきた理由の一つです。


しかし、大きな情勢の変化があれば金の相場も変動することがあるので、売却を検討しているなら、新聞やネットで相場の上がり下がりを確認することをオススメします。


最近、身内が亡くなり、色々あった末に遺品の指輪などを私が受け取ることになったのですが、古いものですから、中には石が欠けているのもありました。


金買取のお店で買取してくれるとのことで、素人が手を出して大丈夫なのか不安もありましたが、ちゃんと古物商の許可も受けているようなので、利用を決心しました。


そうしたら、古い品物でも誠実な査定をしてくれ、気持ちよく買取手続を終えることができました。


気になる買取金額も、思ったより高かったので、利用してみて正解だったと今では思います。


プラチナの価格が上がっていると聞き、アクセサリーを買取店に持ち込んでみると、実はホワイトゴールドで、プラチナとは全く別物だったといった経験をお持ちの方もいるのではないでしょうか。


こうなると、残念ながらプラチナと比べて金銭的価値は著しく下がります。


古くはロシア革命の頃、プラチナの供給が激減したため、プラチナに手を出せない人は代わりにホワイトゴールドを身に付けるようになったのです。


合金であるホワイトゴールドは、一般に18金か14金なので、K18WGやK14WGなどとあればホワイトゴールドです。


ちなみにプラチナなら「Pt」などの刻印になります。


ホワイトゴールドも金を含んでいますから、プラチナには価格で劣るとはいえ、勿論、金買取の対象になります。


金買取を利用する上では店のシステムを確認することが大事です。


手数料や「目減り」などを有償で設定している店もあります。


その他、目減り、重量の端数分などの減額も有り得ます。


これらの費用を設定している店で買取してもらうと、これらが差し引かれることで、実際に受け取る金額が結局、低額になってしまいます。


なんだか、業者にしてやられたような気分になります。


せっかくの買取で後悔しないように、買取のシステムの確認は怠らないようにしてください。


01:00
2019年06月08日(土)
【少し前に、金買取業者を名乗る人から電話がかかってきたこ】
少し前に、金買取業者を名乗る人から電話がかかってきたことがあります。


生命保険や、子供の塾の勧誘ならよくありますが、そういう電話は初めてだったので、どういう話か気になってつい耳を傾けていました。


そうすると、手持ちの宝飾品や貴金属でもう要らない商品を買い取ってくれるという内容でした。


丁度、昔買った宝石がタンスに眠っているのを思い出し、利用してみてもいいかなと思いました。


今も昔も、金持ちはさらに儲けるために色々なものに投資をします。


金に代表される貴金属はその典型です。


金に投資するメリットは、それほど値崩れが無いことです。


金の値段はあまり国際情勢や景気の影響を受けないためです。


全世界で普遍的な価値を有していることも、金が投資対象として魅力的である一因です。


まあ、それでも急に相場が変わることもありますので、手元の金を売ろうとする前に、今、金相場が下がっていないか、一度チェックしておくのが無難です。


ここ十年ほどで金の価格が上昇し続けていると聞き、手持ちの金製品を買取店に持ち込んでみましたが、私が持って行ったものの多くは、刻印がないから買い取れないとのことでした。


持ち込んだ品の内、刻印がある分だけなら買い取れると言われましたが、少ない点数では手数料を引くとあまりおカネにならないので、どうせなら全て一括で売却した方がおカネになると思い、多くの貴金属店が軒を連ねる御徒町に足を運んでみました。


すると、買取店のスタッフや設備も流石にレベルが違い、見た目の検査はもちろん、比重を測るための色々な機械を駆使して、私の持ち込んだ金製品に全て値段を付けてくれました。


依頼してもいないのに自宅にやってきて、納得できないような安価で強引に金を買い取っていく、悪質な訪問購入の事案が最近増えているようです。


最初は誠実そうな業者のふりをしていますが、断ろうとすると、態度を豹変させ、無理やり買取を進めるという場合が多いようです。


後々不利になる証拠をこちらの手元に残さないよう、こうした業者は普通のお店なら出してくれる契約書なども渡されないので、被害に遭わないよう十分注意してください。


3%→5%→8%と上がってきた消費税。


金の購入時にも、もちろん消費税も課されるのですが、自分の方が買取店に金を売却する際にも、なんと消費税分が買取価格に上乗せして受け取れるのです。


このことを利用して、金をあらかじめ買っておけば、増税後の売却により、消費税の差額分が利益になることになります。


消費増税サマサマじゃありませんか。


ちなみに、日本の8%という消費税率は国際的にはまだまだ安い方なので、国内で買った金を消費税率の高い国に持って行って売却するなどの方法も考えられます。


22:12
2019年06月07日(金)
【現在の金相場は、1グラムいくらと】
現在の金相場は、1グラムいくらという形で表され、現在は約5000円ほどですが、その価格は純金の状態で取引するときの話ですから、例えば75パーセントが金である18金の場合、純金5000円に対し、その75%の3500円になるのです。


ですから、現実の買取では、それだけで200万円になるような18金の重さというのは、600グラムほどです。


指輪なら数十個、昔流行った喜平ネックレスでも5本以上は必要でしょう。


これがさらに10金だとどうでしょうか。


10金になると市場価格は1グラム2000円ほどでしかありません。


これで200万円を稼ごうと思えば、1キログラム以上も必要なのです。


買取価格には自信があります、なんて言葉を鵜呑みにして買取依頼してみたら、高価買取は全くのデタラメで、実際は安い金額で言いくるめるように買取を進められてしまったといった話はネットを見ていても散見されます。


最近増えてきた買取ショップの中には、犯罪めいたことに手を染めている店もありますから、十分気を付けなければなりません。


自分や知人がこういう事態に巻き込まれてしまったら、次の被害者を防ぐためにも、消費者センターに事態を報告するべきでしょう。


株式や外貨など、投資の対象となるものは多いですが、金に代表される貴金属はその典型です。


金というものは、資産価値があまり下がらないという特徴があるのです。


通貨は国際情勢でレートが変わりますが、金はその影響をほぼ受けないからです。


世界のどこに行っても貴重品として認識されていることも、金が投資対象として魅力的である一因です。


とはいえ、相場の変動も当然あるので、手放す際には、その時の相場をチェックしてから売るのがいいと思います。


近年、金の買取ショップが増え、買取価格が全体的に上がり続けているようなので、金買取を利用して小金を得る方もいるでしょう。


金を売ったら、年間20万円以上の利益が出ている場合などは、確定申告が必要なケースが出てきます。


金の売却によって生じた利益(売却額から購入時の価格や雑費を引いたもの)は基本的に譲渡所得となり、給与所得などと合わせて総合課税の対象になりますが、この内50万円までは特別控除、つまり税金を払わなくていい部分になります。


本当はもう少し複雑なのですが、ざっくり言って、利益が50万円未満なら全額控除が可能なので、金売却に税金はかかりません。


初めて金買取を利用する方に押さえてほしいポイントは、詐欺まがいの店の被害に遭わないよう、慎重に店を選ぶことだといえます。


最初に目が行くのは買取金額かもしれませんが、周りの口コミやレビューなどから、その店の信頼性をよく検討した上で利用する必要があります。


ネットのレビューで評価が低い店などは買取を依頼するべきではありません。


買取額が他と比べて高い場合は特に注意してください。


見た目の買取額だけ釣り上げ、手数料やその他の名目でお金を取る場合もあるので、事前に入念に確認することが大事です。


20:48

次n→ 





w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++