金買取の知識


[記事を書く]
[月別]
[更新アラート]
2019年09月08日(日)
【デザインが古いとか、年齢が合わなくなった】
デザインが古いとか、年齢が合わなくなったとかで、もう使わない金やプラチナのアイテムというのは、どなたの家にも結構あるのではないでしょうか。


そこで役立つのが金買取ショップです。


貴金属買取のお店はたくさんありますが、公開されている参考買取額をもとに、より高い値段で買取してくれるのはどの店か比べてみるのをおすすめします。


店によっては手数料や査定料を買取価格から差し引いてくるので、表面的な買取価格だけではなく、色々な情報を確認しておきましょう。


お手元の金製品を買い取ってもらうにあたり気に留めておくべきことは、金の相場をちゃんと知っておくことです。


買取価格で後悔しないためにも、その日その日の相場を把握した上で、買取のタイミングを決めるべきです。


店が買い取る額は、申込の時の相場によって決まるケースが普通です。


相場変動を逆手にとって、なるべく高値で買い取ってもらいましょう。


消費税が5%から8%に上がったのは記憶に新しいですね。


金の購入時には、その時の消費税率に応じて消費税を支払うわけですが、自分の方が買取店に金を売却する際にも、お店から受け取る買取額には消費税分が上乗せされるのです。


このことを利用して、金をあらかじめ買っておけば、消費増税に伴って、売約時の受取額が少しだけ上がって得をするのです。


今まで反発しかなかった消費増税が投機チャンスに思えてきますね。


また、消費税の安い日本で買った金をヨーロッパなどの消費税が高い国に持ち込んで売ることでも同様に利益を上げられる可能性があります。


未だ記憶に新しいリーマンショック。


それから今までの間に、徐々にですが、金を買取に出す際の買取価格が高くなってきました。


さらに、これも記憶に新しいことですが、経済破綻を起こしたギリシャの国内において、銀行預金の引き出しが無期限で封鎖されました。


リーマンショックに続き、この経済破綻も金製品の買取価格が上がる要因の一つになったとみられています。


少し前の話ですが、タンスの奥に仕舞い込んでいた金製品を買取に出しました。


なにぶん、そうしたことは初めてだったので、売却先をどこにするか、自分では思いつかず、ネットの情報に頼ることになりました。


そうすると、御徒町の専門店街が信用できるとの情報がありました。


老舗の金買取店が集まる一帯があって、その内の一店舗を利用することにしました。


実際行ってみるとちゃんとしたお店でしたし、買取金額も高かったので、上機嫌で帰りました。


22:24
2019年09月07日(土)
【プラチナの価格が上がっていると聞き、アクセサリーを買取】
プラチナの価格が上がっていると聞き、アクセサリーを買取店に持ち込んでみると、全く別の金属であるホワイトゴールドだと言われたという何とも残念なケースがままあると聞きます。


もちろん、両者は別物です。


プラチナはあまりに高価で、一昔前は金の3倍ほどしたくらいですから、プラチナに手を出せない人は代わりにホワイトゴールドを身に付けるようになったのです。


合金であるホワイトゴールドは、一般に18金か14金なので、K18WGやK14WGなどとあればその純度で金を含んだホワイトゴールドだということです。


なんだか安っぽいように思えるかもしれませんが、これだって金の一種ですから、金製品を買い取ってくれる店であれば、現金化は可能だと思います。


貴金属買取を扱うお店では、多種多様な品物が買取の対象になっています。


金買取というとおカネ持ちの世界という気がしますし、豪華な屋敷の金庫に入っている金の延べ棒などを最初に思い浮かべるケースが多いようですが、買取店で取引される品物はそれだけにとどまりません。


メガネや金歯などもその一例です。


どんな品物でも溶かせばまた金として再利用できますから、眼鏡や金歯だって値段をつけてもらえるのです。


最近問題になっている事件についてお伝えします。


自宅に業者がやってきて、納得できないような安価で強引に金を買い取っていく、いわゆる「訪問購入」による被害がここ数年で急増しています。


まるで持ち主に利益があるかのようなことを言い、なかなか首を縦に振らない人には、態度を豹変させ、無理やり買取を進めるという場合が多いようです。


このような業者は詐欺も同然であり、普通のお店なら出してくれる契約書なども渡されないので、怪しい業者が訪ねてきても相手にしないようにしましょう。


買取サービスには昔から色々なものがあります。


最近人気なのは、ネットで申し込める、金買取の郵送買取サービスです。


この形態は、売却したい品物を専用のパックに入れ、郵送などでお店に送付し、数日で査定結果が出るのを待ちます。


査定結果をメールなどで確認したら、その額でよければ売却し、納得いく金額でなければ品物を送り返してもらいます。


店頭での買取はそんなに夜遅くまで空いていませんが、郵送買取なら時間を気にせず利用できるので、周りに買取店が無い人はもちろん、忙しくてお店に行けない人には嬉しいですね。


十年以上にわたって使用していない指輪やイヤリング、ネックレスなどの貴金属が沢山あるという方もいるでしょう。


そうした品物をお持ちの方は、買取サービスを利用して現金化するのを考えてみてはどうでしょう。


金やプラチナを専門に買い取ってくれるところもここ十年ほどで急激に増えてきたので、本当に高額で売却できるかどうか一度見てもらうのもいいでしょう。


21:54
2019年09月06日(金)
【自分で買ったり人からプレゼントしてもらったりし】
自分で買ったり人からプレゼントしてもらったりしたけど、今では全然身に付けていないという金製品をずっと死蔵していても一円の得にもなりません。


「でも実際使わないし。


」そんなあなたには、専門のお店に持っていけば買い取ってくれます。


主な買取対象といえば金ですね。


純金(K24)なら、現在の相場は1グラムあたりおよそ4800円であり、買取相場は一般的にその価格より若干安くなるとはいえ、多くの人が想像しているよりは十分高い額には十分なることと思います。


金といえば純金を思い浮かべる人が多いでしょうが、実際には色々なものがあります。


金の純度は伝統的に24分率で表現され、銀や銅など他の金属との合金であるものは、「18K」などになります。


勿論これは純金より安いのです。


例えば18Kなら、24分の18なので、金は75%ということになります。


金に混ぜる「割金」(銀や銅、パラジウムなど)の組合せにより、銅を多く混ぜればレッドゴールド、銀を多く混ぜればグリーンゴールド等と色々な種類があるのです。


手持ちの金を買取してもらうときに、大切なのは純度だということです。


頼んでもいないのに家に業者が訪問してきて、一方的に金製品を買取させてくれと居座ってくる場合があり、「訪問購入」として法規制の対象になっています。


お店に売りに行く場合に比べて、買取金額が非常に低かったり、強迫的な態度に負けて売却に合意してしまったなどと、悔やんでも悔やみきれない方が少なくありません。


こうした訪問購入のケースに対しては、訪問販売の場合と同じように、クーリングオフができるように法改正されたので、8日間は品物を渡す必要もないですし、やっぱり嫌になったら契約解除できることを知っておいてください。


身につけなくなって久しい金やプラチナのアイテムの処分に困っている方もいるかもしれません。


最近は金やプラチナの買取を掲げた店が多いので、利用してみてはどうでしょうか。


金やプラチナの買取を扱っている店舗を探し、相場の動きや、その店での買取額がいくらになるのかを見て、どの店で買取してもらうのが一番得になるか、比較検討するのが賢いやり方です。


店によっては手数料や査定料を買取価格から差し引いてくるので、情報は隅々まで目を通しましょう。


近年、金の買取ショップが増え、買取価格が全体的に上がり続けているようなので、買取に出す場合も多いでしょう。


金を売却した際には、例外も多いですが、基本的にはこれを譲渡所得として、確定申告を行わなければなりません。


売却額から購入時の費用などを差し引いた利益は、事業でなければ「譲渡所得」として計上されますが、この内50万円までは特別控除、つまり税金を払わなくていい部分になります。


金を売却した利益が、他の譲渡所得と合わせても50万円以内なら、実質的には税金は課されないということです。


20:54
2019年09月05日(木)
【長いこと自宅に眠っている金製の】
長いこと自宅に眠っている金製のネックレスを買取ショップに持っていこうとしている方は、刻印を見てみるのがいいと思います。


ニセモノの金でなければ、「K24」や「K18」など、刻印が入っていると思います。


数値が大きいほど、純度の高い金です。


含まれる金の割合は、K24で100%、K18で75%という印です。


金に限らずプラチナなどの貴金属では、純度の割合でその金製品の買取価格も違ってくるということになります。


金買取の業者って電話でも営業してるんですね。


この前そういう電話がかかってきました。


保険や不動産の営業なら珍しくもありませんが、何か売るのではなく、逆に買うという話は珍しく、どういう話か気になってつい耳を傾けていました。


電話の人が説明してくれたところによると、貴金属製品でもう要らない商品を高い値段で買い取ってくれるそうです。


丁度、昔買った宝石がタンスに眠っているのを思い出し、トントン拍子で、査定に来てもらう話がまとまりました。


不要になったプラチナのアクセサリーを売却しようと思って店に持って行くと、実はプラチナの代替品であるホワイトゴールドだと判明したといった経験をお持ちの方もいるのではないでしょうか。


実はホワイトゴールドだったということなら、プラチナと比べると大幅に価格は下がります。


プラチナはあまりに高価で、一昔前は金の3倍ほどしたくらいですから、色合いの似ているホワイトゴールドをプラチナの代わりに用いるようになったのです。


ホワイトゴールドは一般に18金か14金です、K18WG、K14WGなどの刻印があれば、ホワイトゴールドです。


ちなみにプラチナなら「Pt」などの刻印になります。


ホワイトゴールドも金を含んでいますから、プラチナには価格で劣るとはいえ、金製品を買い取ってくれる店であれば、現金化は可能だと思います。


金とプラチナはどちらが値段が高いのかは普段意識することがないでしょう。


プラチナの方が原則的には高価です。


理由としては、市場規模の小ささに加え、レアメタルの中でも突出している希少性の高さを抜きにしては語れません。


プラチナは南アフリカやロシアのごく限られた地域でしか産出されないのです。


プラチナや金はその美しさに加え、化学的に安定していて決して劣化しないという性質があり、国際情勢に関係なく世界中で需要の高い物質ですが、あまりの希少性の高さが、その価値を担保しているのです。


最近はブランド物を持っている子供も多いですが、18歳未満は責任を取れないので、法律の規定により金製品に限らず、お店で品物の買取をしてもらうことはできません。


加えて、未成年と取引するのは危険なので、店舗としても年齢制限を設けていることがほとんどであり、成人しない内は、単独では利用できないのが一般的でしょう。


また、そもそも未成年は取引行為ができないのが基本であり、親の同伴か、同意書の提示は絶対に必要です。


それ無しで買取している店はマトモではないので注意しましょう。


20:36
2019年09月04日(水)
【最近はブランド物を持っている】
最近はブランド物を持っている子供も多いですが、18歳未満は責任を取れないので、法律の規定によりお店に行っても買取してもらえないのが原則です。


さらに、法律の趣旨を拡張する形で、法律だけではなく業者側でも買取時のルールを定めており、20歳未満は売却できないのが通例です。


たとえ未成年者からの買取を受け付けている店舗であっても、親が付いて行って代わりに申し込むか、親の書いた同意書の提示が必要な場合がほとんどでしょう。


貴金属の代表といえば金とプラチナですが、より高価なのがどちらかは知っていますか?最近は金の価格も高騰してきましたが、基本的により高価なのはプラチナです。


一時期は金の3倍ほどしたのです。


理由としては、金の20分の1とも言われる、産出量の少なさの影響があります。


プラチナは年間約200トンほどしか産出されません。


金やプラチナは光沢も美しく、化学的にも非常に安定した物質なので、遥か昔から、世界中の至る所で富の象徴となってきましたが、有史以前から現在まででオリンピックプール3倍分(金の場合)に過ぎないという、圧倒的な流通量の少なさが、1グラム5000円を超えるほどの高値の理由になっています。


最近はどこでも金買取の店を見かけるようになりました。


利用時の注意点は、一にお店選び、二にも三にもお店選びです。


広告に出ている買取額以上に、その店が本当に信用できるのかどうかを十分見極める必要があるでしょう。


ちょっとでも悪評判が付いている店はトラブルに遭う前に避けて通ることです。


買取価格は高い方がいいと思うかもしれませんが、それで客を釣っておいて、いざ査定の段で様々な手数料を取ろうとする店もあるので、利用する前に確認しておきたいところです。


最近メジャーになっているのが、郵送買取と呼ばれる、貴金属を送って買取査定をしてくれるサービスなのです。


この形態は、売却したい品物を専用のパックに入れ、郵送などでお店に送付し、お店での買取と同様、買取金額を査定してもらいます。


買取額の通知を受けたら、その額でよければ売却し、納得いく金額でなければ品物を送り返してもらいます。


店まで行くのが大変という人も多い店頭買取と違って、ネットの申込なら時間や場所は関係ないので、店に行く時間がなかなか取れない人には嬉しいですね。


金の買取を業者に依頼するにあたって気を付けなければならないのは、何と言っても相場の見極めに尽きるでしょう。


安く手放しすぎて後から悔やまないためにも、相場を欠かさずチェックして、いつ買取に出すかを決めましょう。


金買取では、申込時の相場により買取額が変動するというケースが多くなっています。


相場の確認を欠かさず、少しでも高値で金を売るのが賢い方法です。


19:00
2019年09月03日(火)
【不要な貴金属を専門店で買取してもら】
不要な貴金属を専門店で買取してもらうにも、事前に注意するポイントがあります。


金の価値は相場でも変わる上、店舗ごとの基準によって、鑑定料や手数料を引かれた、実際に受け取る買取金額は全く異なるという点です。


事前にホームページなどで情報収集し、どの店に売却するか熟慮して判断するべきでしょう。


金の価値が上がっている現在では、金買取を扱うお店も増えてきたので、ネットで情報収集することもお勧めです。


相場の変動によっても大きく買取金額が変わるので、手放すタイミングはよく検討しなければなりません。


お店によっては手数料を買取額から差し引いてくるところもあるので、よく調べないまま店舗に行ってしまうと、思ったほどのお金にならない可能性もあるのです。


ちなみに、自宅をいきなり訪問して金の買取を行う「訪問購入」の業者は、相場より大幅に安い額での買取を無理に迫ったりするので論外です。


手持ちの金製品を買取に出すとしても、どこのお店に持ち込めばいいのか初めての方はよく迷うようです。


折角売るなら、高値をつけてほしいというのは利用客としては当たり前の話です。


では、どんな基準で選べばいいのか。


ポイントは、ネットで見られる、お客さんからのレビューや口コミです。


多くの人が良かったと言っているお店は、トラブルと無縁のちゃんとした店であるのが容易に見て取れます。


未だ記憶に新しいリーマンショック。


それからここ数年で、少しずつとはいえ、金を買取に出す際の買取価格が高くなってきました。


また世界の金融を巡る動きとしては最近、経済破綻を起こしたギリシャの国内において、預金の引き出し制限も発動されました。


こうした事態もまた、金の市場価格を引き上げる起爆剤として機能したのではないでしょうか。


金のアクセサリーを買取に出そうという際に、候補に挙がってくるのは、買取ショップや質屋さんなどでしょう。


ただ、そうした店には独特の雰囲気があって、裏から怖いお兄さんが出てくるのではないか、などと思っている人が私の周りにも多くいます。


そんな方にオススメなのが、デパートで実施している金買取です。


催事場で、特定期間のみ出店している場合も多いです。


デパートなら変なトラブルは無いだろうという安心感から、あまり慣れていない方にはぴったりだと言えます。


18:30
2019年09月02日(月)
【最近は色々なスタイルの金買取サービスが】
最近は色々なスタイルの金買取サービスが増えてきましたが、中でも買取してもらいたい商品を、ショップに直接持ち込む形が基本であるといえます。


プロの鑑定士がその場で商品を鑑定してくれて、その場で現金を受け取れますから、最も安心できる買取スタイルと言えるでしょう。


売る前に、入念に査定額の説明などをしてくれるお店も少なくないですから、お客さんとしても、ちゃんと納得する形で手続を進めることができるようになっています。


ここ十年ほどで金の価格が上昇し続けていると聞き、自宅にあった金製品の買取をショップに依頼してみると、私が持って行ったものの多くは、刻印がないから買い取れないとのことでした。


刻印のあるものだけ買い取ってもらうとしても、手数料も考慮すると割に合わないので、刻印ありも無しもまとめて買い取ってくれる店を求め、多くの貴金属店が軒を連ねる御徒町に足を運んでみました。


御徒町なら、専門のプロが常駐しているようなお店ばかりなので、町のショップではとてもできないような専門的な検査をしてくれて、刻印の入っていない金にも全て買取額を付けてくれたのです。


最近は金買取を利用する方も増えてきましたが、初めて利用する際には何より買取額を気にされていることでしょう。


しかし金の値段は常に決まっているわけではありません。


金の国際価格やドル円レートは日々変わっているので、同じ量の金でも日によって価格が変わってくるのです。


ですから、納得いく金額で売却することを望むなら、常に情報収集を怠らず、価値が上がるタイミングを見計らうことに努力を捧げてもいいと思います。


世界的な不況で金の市場価値が上がっている昨今、タンスの肥やしになっていた金製品を売りたがる人が多くなり、それをビジネスチャンスと見てか、従来の質屋や買取ショップでも、金買取の広告を前面に出すところが増えました。


全国規模でチェーン店を出している業者もいくつかある模様です。


自宅の近くなど、行動範囲内にお店ができると便利ですし、同業他社に負けじと買取額を上げてくるなど、より良質のサービスの提供に努めるお店が増えると思われます。


接客態度が悪い店は生き残れないということで、スタッフの質も上がるでしょう。


買取をお願いするお客さんには、望んでいたシチュエーションといえるでしょう。


金の買取が今流行りですね。


近年では、様々な種類の店舗が金やプラチナの買取をするケースが増えています。


リサイクルショップなどはその好例でしょう。


こうしたお店は、家庭での不要な品を買取してくれるのが基本ですが、需要の拡大に応え、金やプラチナの買取サービスを始めるお店が最近は多いようです。


専門店と同様の設備を備え、査定も誠実に行っています。


金製品を売りたいという方は、一度査定してもらってもいいのではないでしょうか。


17:24
2019年09月01日(日)
【不況の影響か、金買取の相場が上昇している】
不況の影響か、金買取の相場が上昇しているようなので、手持ちの金製品を買取に出したというケースでは、年間20万円以上の利益が出ている場合などは、必要な書類を揃え、確定申告の手続きをしなければなりません。


売却の利益、つまり買取価格から購入時の価格や諸費用を引いた額は税務上、譲渡所得として確定申告の対象となりますが、この内50万円までは特別控除、つまり税金を払わなくていい部分になります。


売却した金を取得した時期によっても計算式は異なりますが、概ね50万円以下の利益なら税金はかからないということになります。


最近は金買取が流行っているようですね。


私も少し前、タンスの奥に仕舞い込んでいた金製品を買取に出しました。


とはいえ、初めてのことで、どういうお店に持って行くのが一番いいのか迷って、WEB上で情報収集することにしました。


そしたら、東京都台東区の御徒町という地域に、昔から多くの金買取業者が店を構えているエリアがあり、その中でホームページがちゃんとしていた店舗を選びました。


店員さんの対応も丁寧だったし、思った以上の値段が付いたので満足しています。


金持ちは全ての資産を現金で持っておくなどしないものです。


よく見聞きするのは、値崩れなどの可能性が低い金の形で持っておく方法です。


しかし気になる点もあります。


それは、実際にその金をどこで購入するかです。


初めて金を買うときには、店ごとに価格が異なりますので、その日の金単価をサイトなどに載せている、信用できそうなお店から買うことが大切です。


そういうお店で買った金なら、売却時にも失敗しないでしょう。


近頃では、不要になった金製品やプラチナ製品をお売り下さいという内容の広告や看板が街に溢れています。


実店舗のみならず、ネット上でもそういう広告が増えていて、自分の地域プラス「金買取」などで検索したら、高価買取を謳う宣伝のページがたくさんヒットします。


要らないものを買い取ってもらえるのだから、お店選びにまでこだわる必要はないと感じるかもしれませんが、金の相場が大きく変われば当然、買取金額にも影響が出るので、常に相場の変動を見ておいて、上がった時に売るのが一番お得です。


ご自宅に眠っている金製品を、少しでも高く手放したければ、買取時の諸々の手数料がかからないお店を粘り強く探してみるといいでしょう。


それに、現状の金の価格相場がどうなっているか常に把握するのも怠ってはいけません。


一度に売却する金の量が多ければ、それだけ査定額も有利になるので、少しだけの買取、具体的には10グラム以下なら、それほど相場は気にしなくていいでしょう。


ネットでは、やたらと高額の買取を謳ったサイトが多いですが、そういうところは大抵が悪徳業者なので、鵜呑みにしないことが大事です。


17:18
2019年08月31日(土)
【金買取は誰でも手軽に利用できて便利ですが、一部】
金買取は誰でも手軽に利用できて便利ですが、一部においてはタチの悪い詐欺もはびこっているので気を付けなければなりません。


訪問購入には悪質なケースが多いと言われています。


主婦しか居ないような時間帯を狙って家を訪れ、要らない金製品を買い取るとゴリ押しするものです。


最近では法規制の対象になりましたが、そんなのどこ吹く風といって、店に売りに行く場合と比べて非常に買取金額が低かったり、売らないと言ったものまで勝手に持って帰られるケースまであります。


少しでも話を聴く余地を与えてしまうと強引に押し切られるので、そうなる前に拒絶の意思を示し、追い帰すのが得策です。


金持ちは全ての資産を現金で持っておくなどしないものです。


ある程度の資産がある人がよく行っているのは、景気や国際情勢の影響を受けない金を保有しておく形です。


この方法を採用するなら、まず考えることは、金を売っている場所や、その購入手段です。


金の購入をご検討されている方は、店ごとに価格が異なりますので、その日の金単価をサイトなどに載せている、ちゃんとした信頼のある店舗で買うようにするといいでしょう。


そうしておくと、今度は買った金を売却で手放す際も、不安にならなくて済むと思います。


相次ぐ不況で金の市場価値が上がっていると聞き、タンスの奥に眠っていた金製品を、金買取ののぼりを出している店に持って行ったら、刻印が入っていないものは買取れないと言われてしまいました。


中には刻印ありの品もありましたが、数が少なく、手数料がかかることを考えると大した金額にはなりません。


それよりは一括で買ってくれる店を探した方がいいと思って、貴金属のメッカである御徒町まで行ってきました。


すると、買取店のスタッフや設備も流石にレベルが違い、見た目の検査はもちろん、比重を測るための色々な機械を駆使して、刻印無しでも全て買取してもらえました。


やはり行ってよかったです。


金といえば純金を思い浮かべる人が多いでしょうが、実際には色々なものがあります。


よく聞く「24金(24K)」というのは純度100パーセントの金を指します。


金以外の金属が入っている場合(合金)なら、「18金(18K)」などの表現になります。


18Kは1000分の750という純度です。


金に混ぜる「割金」(銀や銅、パラジウムなど)の組合せにより、銀と銅が五分五分ならイエローゴールド、パラジウムが25%入ればホワイトゴールドなどと様々に色合いが変わるのです。


買取店に金製品を持ち込む際に、結果を左右するのは純度というわけです。


長年使っていないアクセサリーや腕時計といった金製品というのは、どなたの家にも結構あるのではないでしょうか。


そこで役立つのが金買取ショップです。


貴金属を買取してくれる店を探して、相場の動きや、その店での買取額がいくらになるのかを見て、より高い値段で買取してくれるのはどの店か比べてみるのをおすすめします。


店によっては手数料や査定料を買取価格から差し引いてくるので、よく調べて、有利な店を探してください。


16:00
2019年08月30日(金)
【初めて金買取を利用する方に押さえてほしいポイン】
初めて金買取を利用する方に押さえてほしいポイントは、なにを置いても、良い店を選ぶことに尽きるでしょう。


買取額だけに注目するのではなく、その店が本当に信用できるのかどうかをよく検討した上で利用する必要があります。


ちょっとでも悪評判が付いている店はトラブルに遭う前に避けて通ることです。


買取額が他と比べて高い場合は特に注意してください。


それで客を釣っておいて、いざ査定の段で様々な手数料を取ろうとする店もあるので、できれば見積に出す前に確かめられるといいでしょう。


金の取引は昔から犯罪と切っても切り離せない仲であり、時にはお客さん本人が本物と信じていても、当然ニセモノのケースもあります。


素人には当然判別できないような、巧妙に作られた贋物で、プロの鑑定士を欺こうとしてくる悪質な手口もあります。


しかし、磁石による検査、刻印周りのキズでも判別できますし、比重計を使えば水に沈めた場合の重さの変動をもとに、比重を求め、金の純度を判別することが可能です。


また、中には比重計で見破れないタングステン製の偽物なども存在しますが、試金石検査という由緒正しい鑑定方法ならば、たとえ見た目や比重を似せてあっても、容易に真贋を判別できるのです。


手持ちの金製品を買取に出す時には、いくらで売れるか誰もが気にしますが、金の買取価格は相場によって変動するものです。


景気や需要に応じて、金の相場は刻一刻と動いているため、実際の買取額もそれに応じて変わります。


ですから、納得いく金額で買取に出したいのであれば、テレビやネットの情報に目を光らせ、価値が上がるタイミングを見計らうことに努力を捧げてもいいと思います。


せっかくの金買取。


必ず気にしなければならない点としては、金の相場をちゃんと知っておくことです。


安く手放しすぎて後から悔やまないためにも、刻一刻と変わる相場を慎重に確認し、最も得する時を狙って売却するのです。


買取市場では、買取申込の際の相場で買取額を決められるのが一般的といえます。


上手く相場の波に乗り、高値で売れるようになれば一人前です。


金に優るとも劣らない高級品といえばプラチナですが、プラチナの指輪などを店で見てもらうと、それより価値の劣るホワイトゴールドの品だったといった経験をお持ちの方もいるのではないでしょうか。


もちろん、両者は別物です。


プラチナはあまりに高価で、一昔前は金の3倍ほどしたくらいですから、その代替品としてホワイトゴールドが出回るようになったのです。


ホワイトゴールドは一般に18金か14金です、K18WG、K14WGなどの刻印があれば、ホワイトゴールドです。


ちなみにプラチナなら「Pt」などの刻印になります。


なんだか安っぽいように思えるかもしれませんが、これだって金の一種ですから、金製品を買い取ってくれる店であれば、現金化は可能だと思います。


14:54

←前n 次n→ 





w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++