金買取の知識


[記事を書く]
[月別]
[更新アラート]
2020年01月06日(月)
【金といえば純金を思い浮かべる人】
金といえば純金を思い浮かべる人が多いでしょうが、実際には色々なものがあります。


金の純度は伝統的に24分率で表現され、合金、つまり純金ではなく他の金属が混ざっている場合は、18Kなどと表現します。


「18金」などと言われるのはこれですね。


金の割合が75パーセントなら、100分の75ですから24分の18で、18Kになります。


金に混ぜる「割金」(銀や銅、パラジウムなど)の組合せにより、銅を多く混ぜればレッドゴールド、銀を多く混ぜればグリーンゴールド等と変化します。


金製品の価値を測る上で、大切なのは純度だということです。


金の購入と売却でちょっとした利鞘を稼げるチャンスがあります。


金を購入する際は、買物である以上、消費税が勿論かかりますが、ここからがポイント。


金を買取に出す際には、その時の消費税率に応じて、消費税分が買取価格への上乗せという形で自分のもとに戻ってきます。


このことを利用して、金をあらかじめ買っておけば、増税後の売却により、消費税の差額分が利益になると言えます。


どうせ消費税が上がるなら、それを利用して得してやりたいですね。


さらに、日本は諸外国と比べて消費税率が低いので、日本で金を購入し、ハンガリーやノルウェー、スウェーデンなど消費税率の高い国で売却することでも同様に利益を上げられる可能性があります。


もう身に着けなくなり、自宅で眠っている金の指輪やネックレスなどをお持ちの方も少なくないと思います。


そうした品物をお持ちの方は、専門のお店で売却することがいいのではないでしょうか。


金・プラチナの高額買取をウリにした店もあちらこちらにありますので、高値が付くかどうか簡単に査定してもらってもいいかもしれません。


今も昔も、金持ちはさらに儲けるために色々なものに投資をします。


金に代表される貴金属はその典型です。


金というものは、資産価値があまり下がらないという特徴があるのです。


国際関係に左右される外貨と違って、金の価値は一定だからです。


全世界で普遍的な価値を有していることも、金の値段が崩れない根拠になっているのです。


ですが、時には相場が大きく変わる場合もあるため、念のため、買取を利用する前に、その時の相場をチェックした上で決断するのが得策でしょう。


18歳に達していない青少年は、古物営業法という法律の定めるところにより、お店に行っても買取してもらえないのが原則です。


さらに、法律の趣旨を拡張する形で、お店にもそれぞれの決まりがあり、成年に達するまでは単独では利用できないのが一般的でしょう。


そもそも、未成年者は民法上も、単独では取引ができませんから、保護者が署名捺印した同意書は絶対に必要です。


それ無しで買取している店はマトモではないので注意しましょう。


15:54
2020年01月05日(日)
【久しく会っていなかった祖母が先】
久しく会っていなかった祖母が先日亡くなり、色々あった末に遺品の指輪などを私が受け取ることになったのですが、金製といっても、時代が行っているので値段は付かないと思っていました。


最近よく見かける金買取ショップに持っていけばいいと聞いて、本当に大丈夫か心配だったのですが、金買取は怖くないと知人から聞いていたので、利用してみることにしました。


査定してくれた方は、目利きのプロといった風情で、素人の私にも優しい印象でした。


買取金額もそこそこの値になったので、このお店ならまた来てみたいなと思わせるものでした。


リーマンショック以降、一般の人々からも金買取の需要が高まっているので、市場の拡大に合わせて、金の高価買取などの広告を掲げる店が多くなってきました。


中には全国に展開しているようなところもあります。


自宅の近くなど、行動範囲内にお店ができると便利ですし、同業他社に負けじと買取額を上げてくるなど、良い方向への変化が期待できると思います。


店員の接客の質までも上がる可能性があります。


利用客の立場からすれば、プラスの影響が大きいといえます。


皆さんもいよいよ金買取を利用してみましょう。


まず最初に大切なのは店の選択がすべてです。


高い値段を付けてくれるかも大事ですが、買取の手続が面倒でないか、郵送買取なら素早くお金を振り込んでくれるか、また、何より大事なこととして、詐欺まがいの業者に引っかからないように、その店の実績や評判を確認しておくことです。


それを測る上で使えるのは利用者から寄せられた口コミやレビューでしょう。


口コミやレビューの点数が高ければ安心なので、そういう店を選びたいものですね。


誰でも気軽に利用できる金買取ですが、重要なのは、相場というか、現実に何円くらいの価格を付けてもらえるのかという一点に尽きると思います。


品物によっても異なりますが、金の値段の基本的な計算法は、金の国際価格はドルで表されています。


それを1トロイオンス(約31グラム)で割って、現時点でのドル円為替レートをかけたものが、その時の日本国内における金価格です。


金価格はネットでも調べられるので、情報を把握しておき、買取店の提示している価格が妥当なものか判るようになっておけば怖いものなしですね。


金の買取は、古物の取引になるので、古物営業法の規定に基づき、買取時の身分確認が徹底されています。


買取を依頼する際には、お店で直接買取する場合のみならず、最近ネットでよくある、郵送後に買取代金を振り込んでもらうような形式でも、やはり本人確認は必要です。


免許証や保険証、パスポートなど、公的機関の発行した身分証を提示する必要があります。


直接店に行かず、郵送で買取を進めるなら、身分証のコピーを同時に送ることで法律の要件を満たすことになります。


15:48
2020年01月04日(土)
【高価な貴金属には偽物も付き物であり、精】
高価な貴金属には偽物も付き物であり、精巧に作られた贋物を金と偽って店に持ち込む輩もいます。


金メッキ製品の表面にレーザーで本物同様の刻印を入れるなどして、業者を誤魔化して、本物の金として買取させる詐欺も古くからあります。


対して、偽物を見抜く方法も色々あります。


磁石、刻印の入り方に加え、比重計があればそれが金かどうか、純度は何%かなどが容易に判別できます。


仮に比重計で見抜けないように重さを調整された贋物であっても、昔から使われている試金石検査という方法ならば、金の表面を少し削り取ることで、本物の金でないことはすぐにわかります。


貴金属の代表といえば金とプラチナですが、より高価なのがどちらかを即答できる人は少ないかもしれません。


基本的には、プラチナの方が金より高価とされています。


その理由には、元々の埋蔵量の少なさが挙げられます。


ちなみに金の年間生産量約2500トンに対し、プラチナは約200トンしかありません。


プラチナも金も、錆びたり腐ったりせず何百年でも安定した価値を保ち続けるので、遥か昔から、世界中の至る所で富の象徴となってきましたが、生産量や流通量のあまりの少なさが、その価格を引き上げる要因となっているのです。


店への持ち込みではなく、業者のほうが家に来て、しつこく金を買い取ろうとしてくる迷惑な形式がはびこっており、訪問購入と呼ばれています。


買取金額があまりに低かったり、時にはグラム数を誤魔化されていたり、強迫的な態度に負けて売却に合意してしまったなどと、後悔しても時既に遅し、というケースも多かったのです。


ですが、対処法もあります。


金買取の訪問購入に対しては、平成25年以降、クーリングオフ制度が適用されるようになったので、8日間は品物を渡す必要もないですし、やっぱり嫌になったら契約解除できると覚えておいてください。


悪徳業者が来た時にこの知識が武器になります。


ショップやネットなどの金買取の市場では、多種多様な品物に値段をつけてもらえます。


「金の買取」などと言うと、金の延べ棒であるとか、貴重な金貨であるとかを連想する人が多いでしょうが、私達の手の届く範囲にも金製品は意外と多いものです。


例を挙げれば、金縁の眼鏡がそうでしょう。


どんな品物でも溶かせばまた金として再利用できますから、眼鏡や金歯も金製品として立派に買取の対象になります。


最近はどこでも金買取の店を見かけるようになりました。


利用時の注意点は、誠実で信頼できるお店を選ぶことです。


買取額だけに注目するのではなく、様々な観点から、その業者が信用できるかどうかを入念に考えないといけません。


昨今はネットで調べればすぐ情報が出てくるので、悪いことを書かれている店は買取を依頼するべきではありません。


買取金額だけが高くても油断はできません。


それで客を釣っておいて、いざ査定の段で様々な手数料を取ろうとする店もあるので、電話で問い合わせるなどしてよく調べてください。


15:18
2020年01月03日(金)
【この前、身内が他界して、祖母の子で】
この前、身内が他界して、祖母の子である母ももうこの世にいないので、私が指輪などの遺品を相続したのですが、金製といっても、時代が行っているので値段は付かないと思っていました。


金買取のお店で買取してくれるとのことで、なんとなく怪しげなイメージもあったのですが、全国展開しているちゃんとしたお店のようなので、利用を決めました。


査定してくれた方は、目利きのプロといった風情で、気持ちよく買取手続を終えることができました。


肝心の金額も予想以上のもので、今後も機会があれば利用してみたいと思いました。


家のタンスなどに眠ったままの金やプラチナの装飾品があったら、専門店に売却しておカネに変えるのもありでしょう。


しかし、同じ品物であっても、どこに売却するかによって買取額の基準や、手数料のシステムが異なるため、ネット上のランキングや口コミなどをよく調べて条件の良いお店を選択するといいでしょう。


たくさんの商品を売る場合は特に、僅かな基準額の差で大きな違いが出るため、事前の情報収集は欠かせません。


金を買取に出す上で、まず大事なのはどこの店に売るかを決めることです。


高い値段を付けてくれるかも大事ですが、面倒な手続きが少ない店がいいですし、郵送買取なら振込が早い所の方がいいですよね。


また、初めて利用する際には、他のどんな条件よりも、その店がちゃんとした業者かどうかを確認することは避けて通れません。


信頼のおける情報といえば、そのお店で実際に買取をしてもらった人のレビューです。


口コミやレビューの点数が高ければ安心なので、そういう店を選びたいものですね。


消費税が5%から8%に上がったのは記憶に新しいですね。


金の購入時には、買物である以上、消費税が勿論かかりますが、今度はその金をお店で買い取ってもらう際には、その時の消費税率に応じて、消費税分が買取価格への上乗せという形で自分のもとに戻ってきます。


そのため、元々金を持っていれば、増税後に売却することで、消費税額の差額分をまるまる得できるということになります。


ちなみに、日本の8%という消費税率は国際的にはまだまだ安い方なので、国内で買った金を消費税率が20%を超えるヨーロッパ諸国のような国に持って行って売却することでも同じような稼ぎ方ができますが、これは高等テクニックと言えますね。


便利な金買取ですが、一部ではタチの悪い詐欺もはびこっているので気を付けなければなりません。


訪問購入と呼ばれる、自宅を訪れて金を買取る形式には特に気を付けてください。


いきなり家にやってきたかと思うと、強引に金の売却を迫ってくるものです。


最近では法規制の対象になりましたが、そんなのどこ吹く風といって、納得できない安価で買い叩かれてしまったり、売らないと言ったものまで勝手に持って帰られるケースまであります。


玄関先に上げてしまうと非常に危険なので、しっかりと拒絶し、自分の財産は自分で守りましょう。


13:36
2020年01月02日(木)
【元手があるなら投資を考えてもいいですね。投資対】
元手があるなら投資を考えてもいいですね。


投資対象は色々ありますが、最たるものが金でしょう。


金に投資するメリットは、それほど値崩れが無いことです。


高低の激しい株式や外貨取引と異なり、金は価値がほとんど変わらないのです。


世界中どこでも通用する価値を持っているということも、金の値段が崩れない根拠になっているのです。


しかし、大きな情勢の変化があれば金の相場も変動することがあるので、念のため、買取を利用する前に、今、金相場が下がっていないか、一度チェックしてから売るのがいいと思います。


最近は、ネットを通じ、郵送で金を買取してもらえるサービスも増えてきました。


メールやラインで商品の画像を送ると、おおよその査定をしてくれる場合もあり、ネットでお客さんを掴もうという営業努力が見られます。


しかし、郵送で買取を行う場合、買い取ってもらう品物と合わせて、身分証のコピーを送ります。


少しでも高い金額で売却するためには、店ごとの条件を比較検討して、合った店を選択することです。


店によっては手数料が高い場合もありますが、それらの費用が引かれないところも多いですから、店舗選びの際の参考にできます。


金買取というのが流行っているそうですが、先日はその業者から電話がありました。


生命保険や、子供の塾の勧誘ならよくありますが、商品を売りに来るんじゃなくて買い取るというのは初めて聞いたので、まずは話を聴いてみることにしたのです。


そうすると、家にある貴金属、例えば金のアクセサリーなどで、処分を検討している品物があれば買い取ってくれるという内容でした。


丁度、昔買った宝石がタンスに眠っているのを思い出し、利用してみてもいいかなと思いました。


買取サービスには昔から色々なものがあります。


最近人気なのは、郵送買取と呼ばれる、貴金属を送って買取査定をしてくれるサービスなのです。


その中身を説明すると、まず買取対象の品物を専用の梱包パックでお店に送り、お店での買取と同様、買取金額を査定してもらいます。


お店からメールや電話で査定額の連絡を受け、売却を決定するか、額が低いと思えば無償でキャンセルできます。


営業時間内にお店に行かなければならない店頭買取と異なり、時間や地域の制約を受けることもなく、地方にお住まいの方や、お店に商品を持って行くのが億劫だという方には嬉しいですね。


最近、金の価格が上がっていると聞いたので、家に眠っていた金製品を近所の買取ショップに持っていったのですが、私が持って行ったものの多くは、刻印がないから買い取れないとのことでした。


持ち込んだ品の内、刻印がある分だけなら買い取れると言われましたが、買取手数料の分だけワリを食ってしまうので、どうせなら全て一括で売却した方がおカネになると思い、日本有数の宝飾店街である御徒町へ行ってみることにしました。


すると、買取店のスタッフや設備も流石にレベルが違い、比重検査、試金石検査などで金の純度を調べてくれて、刻印無しでも全て買取してもらえました。


やはり行ってよかったです。


12:30
2020年01月01日(水)
【高価な貴金属には偽物も付き物で】
高価な貴金属には偽物も付き物であり、買取ショップに偽物の金製品を持ち込む詐欺のケースもあります。


中には、金メッキの表面に本物同様の刻印を施して、業者を誤魔化して、本物の金として買取させる詐欺も古くからあります。


とはいえ、比重計を用いて品物の重さを測定すれば、通常時の重さと水に沈めたときの重さの差から、比重はすぐにわかります。


タングステン合金で作られた偽物などは比重計でも判別できませんが、試金石という、ケイ酸を多く含む特殊な石を用いて検査すれば、硝酸や王水に融けるかどうかも検査することができ、容易に真贋を判別できるのです。


少し前に、金買取業者を名乗る人から電話がかかってきたことがあります。


保険や不動産の営業なら珍しくもありませんが、商品を売りに来るんじゃなくて買い取るというのは初めて聞いたので、どういう話か気になってつい耳を傾けていました。


その業者によれば、貴金属製品でずっと身に付けていない品があったら高額買取で引き取ってくれるということなのです。


丁度、昔買った宝石がタンスに眠っているのを思い出し、利用してみてもいいかなと思いました。


消費税は今後も更に上がると言われていますが、ここでお得な話を一つ。


金を購入する際には、もちろん消費税も課されるのですが、ここからがポイント。


金を買取に出す際には、その時の消費税率に応じて、消費税分が買取価格への上乗せという形で自分のもとに戻ってきます。


そのため、元々金を持っていれば、増税後の売却により、消費税の差額分が利益になるのです。


今まで反発しかなかった消費増税が投機チャンスに思えてきますね。


また、消費税の安い日本で買った金をヨーロッパなどの消費税が高い国に持ち込んで売ることでも同じような稼ぎ方ができますが、これは高等テクニックと言えますね。


原則として、18歳未満の子供は、古物営業法や青少年健全育成条例に基づき、金製品などの古物買取の利用を禁止されています。


さらに、取引の安全を守る意味でも、店ではそれ以外にも独自の規定を設けているケースが多く、未成年者は、たとえ18歳以上でも、単独では利用できないのが一般的でしょう。


18歳以上20歳未満で買取ができる場合でも、保護者が署名捺印した同意書を求められるのが普通です。


一口に金と言っても、その純度によって色々な種類があります。


純金、つまり100%の金であれば「24K」となり、金以外の金属が入っている場合(合金)なら、その純度に応じて、18Kなどと数値が変わっていきます。


金の割合が75パーセントなら、100分の75ですから24分の18で、18Kになります。


銀や銅、パラジウムなどを混ぜるのですが、その比率によって色が違い、銀と銅がほぼ同量ならイエロー、銅が多ければレッド、銀が多ければグリーンなどのバリエーションがあります。


金製品の価値を測る上で、結果を左右するのは純度というわけです。


11:18
2019年12月31日(火)
【最近は色々なスタイルの金買取サービスが増えてきました】
最近は色々なスタイルの金買取サービスが増えてきましたが、中でも買取してもらいたい商品を、ショップに直接持ち込むケースが最も多いようです。


目利きに長けた専門家がその場で鑑定を行い、商品を引き替えに直接現金を渡してもらえるので、不安要素はありません。


利用者のために、成約の前にしっかりと説明を設けている店舗も多いですので、その場でよく考え、本当に納得してから手続を進めることができるようになっています。


金製品をどこよりも高く買い取れるなどと言うからお店に行ってみたら、全くそんなことはなく、むしろ相場より低い額で言いくるめるように買取を進められてしまったといった話はネットを見ていても散見されます。


金買取もピンキリであり、ちゃんとした業者も多くある一方で、こうした悪質なことをしている店も少なくないようですから、よく見極めたうえで利用しないといけません。


黙って泣き寝入りするのが嫌な人は、弁護士もいいですが、先に消費者センターに相談するのをお勧めします。


リーマンショックからこっち、金の価格が高騰している今では、金買取を扱うお店も増えてきたので、調べて利用してみるのもいいと思います。


その時の相場に基づいて買取額は決まるため、いつ売るかで大きく買取額が変わってきます。


また、買取価格から手数料や鑑定料が引かれる場合もありますから、たまたま見かけただけのお店を選んだ結果、「他所で売ればもっと高くなったのに!」と後悔する可能性もあります。


尚、頼んでもないのに勝手に家に来て買取を申し出るという業者は、詐欺の可能性も高いので避けておきましょう。


お手元の金製品を買い取ってもらうにあたり必ず気にしなければならない点としては、何より相場の変動に気を配ることでしょう。


できるだけ高い価格で買い取ってもらえるよう、刻一刻と変わる相場を慎重に確認し、買取のタイミングを決めるべきです。


買取市場では、買取申込の際の相場で買取額を決められるというケースが多くなっています。


相場変動を逆手にとって、高値で売れるようになれば一人前です。


貴金属の買取を扱う店舗では、20歳未満からの買取の禁止を定めているとところが大半でしょう。


したがって、中高生など未成年は買取してもらえないケースが大半だと思われます。


ただ、一部では、利用を20歳からではなく18歳からと定めている店も存在します。


ですが、法定代理人である親が署名捺印した同意書が必要です。


この場合でも、18歳を超えていたとしても、高校生ならやはり買取は不可能です。


11:00
2019年12月30日(月)
【18歳に達していない青少年は、古物営業法や】
18歳に達していない青少年は、古物営業法や青少年健全育成条例に基づき、単独で買取サービスを利用することができません。


加えて、未成年と取引するのは危険なので、店が独自に制限を課している場合があり、20歳未満は単独では利用できないのが一般的でしょう。


また、そもそも未成年は取引行為ができないのが基本であり、保護者(主に親)が署名した同意書の持参がなければ買取してもらえません。


買取店にとって真贋鑑定は重要です。


時として、偽物の金をつかまされていた人が、本物と信じたまま買取に持ってくることもあります。


金メッキ製品の表面にレーザーで本物同様の刻印を入れるなどして、専門家の目までも誤魔化そうとしてくる場合もあります。


しかし、鑑定士は贋物に対して無力ではありません。


比重計という道具を用いれば、通常時の重さと水に沈めたときの重さの差から、比重はすぐにわかります。


また、中には比重計で見破れないタングステン製の偽物なども存在しますが、試金石と呼ばれる黒い石に品物を擦り付けて色合いを見る「試金石検査」なら、硝酸や王水に融けるかどうかも検査することができ、本物の金でないことはすぐにわかります。


未だ記憶に新しいリーマンショック。


それからここ数年で、やや遅めのペースながら、金の市場買取価格が上がってきています。


また世界の金融を巡る動きとしては最近、ギリシャでは経済危機の深刻化に伴い、銀行預金の引き出しが無期限で封鎖されました。


リーマンショックと同様、ギリシャのこの事態も、金製品の買取価格が上がる要因の一つになったとみられています。


金買取業者の中には、ネットでの申し込みを受け付けているところがあります。


買取額の目安がサイト上で見られたり、メールで簡単査定を受け付けている店もあります。


どこも様々な工夫を凝らしているのですね。


郵送などで買い取ってもらう場合も、店頭の場合と同様、身分証のコピーを送らなければならないことが法律で定められています。


できる限り高額で手放すためには、色々なお店のサイトを見比べて、一番良い所を選びましょう。


査定にかかる手数料や、目減りによる減額をゼロと謳っている店も最近は多いですので、店舗選びの際の参考にできます。


手持ちの金製品を買い取ってもらいたい場合でも、善は急げとばかりに、すぐに買取に持ち込むのは正直、正解とは言えないのです。


何と言っても、金やプラチナといった貴金属は、市場での価格に上がり下がりがあるためです。


そこで、ネットなどで金の相場を日々確認しておき、丁度いい時を狙って売ることに全てがかかっています。


10:54
2019年12月29日(日)
【金に限った話ではないですが、古】
金に限った話ではないですが、古物買取においては、お店は、売却する人の身分確認をしなければならないと法律で決まっています。


従来通りにお店に行って買取してもらう場合は勿論のこと、商品を先に送ってお金を振り込んでもらうなどの形式も何らかの形で身分確認をしなければなりません。


最も一般的なのは免許証ですが、他にも保険証などの身分証で身分確認を行うことが法律で義務付けられています。


郵送した商品を査定してもらう場合は、身分証のコピーを同時に送ることで必要な手続きに変えるというのが普通です。


昔は素人が金買取の情報を得るのも一苦労でしたが、最近では色々なお店が金の買取サービスを実施しているので、ネットで情報収集することもお勧めです。


その時の相場に基づいて買取額は決まるため、手放すタイミングはよく検討しなければなりません。


店舗や業者によって、手数料の有無なども違いますので、他と比較検討しないままお店を決めたら、思ったほどのお金にならない可能性もあるのです。


尚、頼んでもないのに勝手に家に来て買取を申し出るという業者は、相場より大幅に安い額での買取を無理に迫ったりするので論外です。


少し前に、金買取業者を名乗る人から電話がかかってきたことがあります。


生命保険や、子供の塾の勧誘ならよくありますが、金買取の話はこれまでになかったので、ちょっと中身を聞いてみようかという気になりました。


いわく、手持ちの宝飾品や貴金属でずっと身に付けていない品があったら高額買取で引き取ってくれるということなのです。


若い頃に貰ったアクセサリーをそういえば使っていないなと思い、そのお店の名を控え、ネットでも調べてみました。


金買取を利用するにあたっては、どこのお店に持ち込めばいいのか慣れていないと悩む人が多いみたいですね。


少しでも高値を付けてくれるお店を選びたいというのは利用客としては当たり前の話です。


いいお店を選ぶ時の要点は、何と言っても、お客さんからの人気でしょう。


ここで評価が高い店であれば、それだけ買取に満足だったケースが多いことを示しており、参考になります。


手持ちの金製品を買取に出す時には、実際いくらになるのか、買取額の目安が気になりますが、金の価格は一定ではなく、その時の相場によって変わってきます。


貴金属の価値というものは、国際的な相場によって変動するので、実際の買取額もそれに応じて変わります。


ですから、納得いく金額で買取に出したいのであれば、常に情報収集を怠らず、相場変動の情報に強くなっておくことに努力を捧げてもいいと思います。


08:30
2019年12月28日(土)
【日常の生活の範囲内にも、金製品というのが案】
日常の生活の範囲内にも、金製品というのが案外多いものです。


その代表的なものが金歯です。


こういうものも金買取で値段が付くので侮れません。


装飾品の形状をしていなくてもいいわけですね。


タナボタ感覚でのお小遣いが入ってくることが見込めるので、金歯がもう要らなくなってしまったという方は、金買取のお店に早速持って行ってみるのをお勧めします。


最近は、ネットを通じ、郵送で金を買取してもらえるサービスも増えてきました。


メールやラインで商品の画像を送ると、おおよその査定をしてくれるケースも多く、お客さんにとっては便利ですよね。


店頭での買取でも身分証を提示しますが、郵送で買取してもらう場合も、身分証のコピーを送らなければならないことが法律で定められています。


少しでも高い金額で売却するためには、念入りに業者を探さなければなりません。


鑑定料や、買取時にかかる手数料が引かれないところも多いですから、なるべくそういう店を選びたいものですね。


金の買取がお得だと聞いて興味を持ったけど、近くに買取店がない場合もあるでしょう。


そういうときは、郵送で買取してもらえるサービスもあります。


まずは住所・氏名などを書いてフォームで送信することで、お店から品物用のパックが届きます。


そうしたら、それに売却したい金製品を入れて返送するだけでOKです。


しばらくして、電話やメールなどで査定額の提示があるので、自分がその金額を承諾すれば、振込でお金が支払われます。


簡単ですね。


初めてで不安も多い金買取。


安心して利用する上で大事なのはまず、無数にある買取店の中から売る店を選ぶことです。


価格の多寡もさることながら、手続の簡便さも重要なポイントです。


郵送なら振込の早さも大事です。


しかし、色々ある中で最も大事な条件というと、店の信用度や取引実績をチェックすること。


これに尽きます。


それを測る上で使えるのは利用者から寄せられた口コミやレビューでしょう。


不評の店は避け、良い評価が付いているところを選択すれば損することはありません。


金買取の業者って電話でも営業してるんですね。


この前そういう電話がかかってきました。


営業の電話は普段から色々かかってきますが、商品を売りに来るんじゃなくて買い取るというのは初めて聞いたので、続きを聞いてみたくなりました。


その業者によれば、家にある貴金属、例えば金のアクセサリーなどで、もう要らない商品を高額買取で引き取ってくれるということなのです。


それなら色々あったなあと思って、ネットでさらなる情報収集をしてみることにしました。


07:48

←前n 次n→ 





w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++