金買取の知識


[記事を書く]
[月別]
[更新アラート]
2019年07月05日(金)
【最近、金の価値が上がっています】
最近、金の価値が上がっています。


金製のネックレスが買取店でいくらの値段を付けてもらえるか気になるなら、金の純度を示す刻印を見てください。


市場において金の純度を証明するため、「K18」や「K24」などの文字が入っており、これを刻印と呼んでいます。


数値が大きいほど、純度の高い金です。


K24というのは純度100パーセント、K18なら純度75パーセントという印です。


同じ金製品でも、何割の金が含まれているかによって専門店に売却する際の価格も全く違ったものになります。


最近、身内が亡くなり、金の指輪を遺産として相続しましたが、金製といっても、時代が行っているので値段は付かないと思っていました。


金買取のお店で買取してくれるとのことで、素人が手を出して大丈夫なのか不安もありましたが、ホームページがしっかりしていたので、思い切って利用してみました。


実際のところ、店員さんの対応も丁寧で、お店の雰囲気も思ったより開放的でいい感じでした。


買取額も十分納得できるもので、思い切って利用してみてよかったです。


昔もらったけど今ではもう使っていないような金製の指輪やネックレス、イヤリングなどを自宅のどこかに仕舞んでいませんか?そんなときは買取ショップで換金しましょう。


買取ショップは非常に多くなっているので、公開されている参考買取額をもとに、より高い値段で買取してくれるのはどの店か色々と見て比べてみるといいでしょう。


鑑定料や手数料、目減り分の減額も店によって異なるため、情報は隅々まで目を通しましょう。


今の金相場はグラム5000円くらいでしょうか。


ここに示される価格は、純度100パーセントの金(純金)の場合です。


アクセサリーによく使われる18金の場合、純度は75%なので、大体3500円ほどになります。


そのため、例えば200万円以上の額面になるような18金の重さというのは、600グラム弱です。


ちなみに指輪一つが5グラムから10グラム前後、喜平ネックレスなら40グラムから100グラムでしょうか。


また、さらに安価な10金のアクセサリーの場合ですと、10金になると市場価格は1グラム2000円ほどでしかありません。


買取額が200万円を超えるためには1キロほども必要です。


ちょっと現実的ではないですね。


買取業者が自宅までやって来て、言葉巧みに、あるいは強迫的な態度で金製品の買取を申し出てくるケースがあり、「訪問購入」と呼ばれています。


お店に売りに行く場合に比べて、買取金額が非常に低かったり、執拗に勧誘されて断り切れず売ってしまったといって、悔やんでも悔やみきれない方が少なくありません。


しかし、安心してください。


訪問購入については訪問販売の場合と同じように、クーリングオフができるように法改正されたので、8日以内なら品物を取り戻すことができるし、なんなら8日間は品物を渡す必要すらないことを知っておき、悪徳業者のゴリ押しに負けないようにしましょう。


18:24
2019年07月04日(木)
【ずっとプラチナだと思っていた指輪】
ずっとプラチナだと思っていた指輪などを買取ショップに持って行ったら、全く別の金属であるホワイトゴールドだと言われたというエピソードはよく聞きます。


実はホワイトゴールドだったということなら、プラチナと比べると大幅に価格は下がります。


本来、プラチナは金よりもずっと希少価値が高く、値段も高価だったので、その代替品としてホワイトゴールドが出回るようになったのです。


ホワイトゴールドは金とニッケル系やパラジウム系の合金で、「K18WG」などの刻印があれば金が半分以上含まれているホワイトゴールドです。


プラチナより価値は劣るとはいえ、れっきとした金の一種なので、金製品を買い取ってくれる店であれば、現金化は可能だと思います。


少し前の話ですが、使わなくなった金の指輪を買い取ってもらいました。


なにぶん、そうしたことは初めてだったので、どういうお店に持って行くのが一番いいのか迷って、ひとまずネットで情報を集めてみました。


その結果、御徒町が貴金属の買取では有名だとわかりました。


昔から多くの金買取業者が店を構えているエリアがあり、最終的にはその中から一つのお店に絞り込みました。


じかに見たところ、お店はしっかりしていましたし、買取金額も高かったので、上機嫌で帰りました。


年間50万円以上の利益が出ている場合などでなければ、金を専門店に売却しても税金はかかりません。


お店のほうでは、日々多くの金製品を売り買いしていますので、所得額の申告を行い、結構高い税金を課せられているでしょう。


しかし、個人でそのような取引をすることは無いですよね。


もっとも、税法が改正されることも有り得るので、知り合いに詳しい人がいれば聞いておくというのも一つの手だと思います。


初めてで不安も多い金買取。


安心して利用する上で大事なのはまず、売却先としてどんなお店を選ぶかということです。


判断基準はまず買取価格の高さですが、それに加えて、お店での手続きが簡単かどうか、あるいは郵送買取の場合の振込タイミングなどの諸条件、しかし、色々ある中で最も大事な条件というと、詐欺まがいの業者に引っかからないように、その店の実績や評判を確認しておくことです。


ネット上で信頼できるソースは利用者から寄せられた口コミやレビューでしょう。


レビューで高得点を得ている業者を優先して利用するのがいいでしょう。


最近は、ネットを通じ、郵送で金を買取してもらえるサービスも増えてきました。


サイト上で大体の買取価格を載せているケースも多く、お客さんにとっては便利ですよね。


郵送などで買い取ってもらう場合も、店頭の場合と同様、買い取ってもらう品物と合わせて、身分証のコピーを送ります。


少しでも高い金額で売却するためには、色々なお店のサイトを見比べて、一番良い所を選びましょう。


買取にかかってくる様々な手数料を無料にしている店舗も増えてきましたので、そうした情報も参考にして、売却するお店を選ぶといいです。


15:54
2019年07月03日(水)
【金買取の業者って電話でも営業して】
金買取の業者って電話でも営業してるんですね。


この前そういう電話がかかってきました。


営業の電話は普段から色々かかってきますが、そういう電話は初めてだったので、ちょっと中身を聞いてみようかという気になりました。


いわく、貴金属製品で処分を検討している品物があれば買い取ってくれるという内容でした。


そういえば金のアクセサリーがあったなあと思い、トントン拍子で、査定に来てもらう話がまとまりました。


金に優るとも劣らない高級品といえばプラチナですが、プラチナの指輪などを店で見てもらうと、実はプラチナの代替品であるホワイトゴールドだと判明したなどというケースが割と多いようです。


ホワイトゴールドも装飾品によく使われますが、プラチナとは全く異なります。


プラチナはあまりに高価で、一昔前は金の3倍ほどしたくらいですから、その代替品としてホワイトゴールドが出回るようになったのです。


ホワイトゴールドは金とニッケル系やパラジウム系の合金で、「K18WG」などの刻印があればその純度で金を含んだホワイトゴールドだということです。


代替品と聞くと安そうな印象ですが、金であることに変わりはないので、金買取を扱っているお店ならどこでも買い取ってもらえるでしょう。


金を買取に出そうと考えたとき、一般的に利用されているのは、最近多い「金・プラチナ買取」系のお店ですよね。


ですが、その手のお店は馴染みがなく不安だったり、詐欺やトラブルが有り得るのではないかと感じてしまう方が私の周りにも多くいます。


さて、そういう場合には、デパートでの買取がお勧めです。


よく見かけるのは、催事場で期間限定のイベントとして開催している場合です。


デパートなら変なトラブルは無いだろうという安心感から、一見さんでも利用しやすいので人気なのでしょう。


金買取では売る側にも責任が生じます。


そのため、18歳未満は、責任を取れないので、法律の規定により金製品などの古物買取の利用を禁止されています。


青少年が犯罪被害に巻き込まれることを防ぐためにも、店が独自に制限を課している場合があり、未成年者は、たとえ18歳以上でも、古物売買の利用はできないところがほとんどです。


そもそも、未成年者は民法上も、単独では取引ができませんから、親が付いて行って代わりに申し込むか、親の書いた同意書の提示がなければ買取してもらえません。


金の買取において、少しでも高値を付けてもらうことを目指すなら、手数料、鑑定料などの費用が安価か無料になっているところを選択するのが何よりの基本になります。


それに、現状の金の価格相場がどうなっているか常に把握するといった工夫もできるといいでしょう。


少しずつ売るより一度に多く持ち込んだ方が買取額で有利になりますから、ごく少量、例えば10グラム程の買取なら、相場であまり差は出ません。


貴金属の高額買取という広告やサイトが最近はネット上に溢れていますが、そういうところは大抵が悪徳業者なので、上手い話に騙されないようにしましょう。


15:42
2019年07月02日(火)
【プラチナの価格が上がっていると聞き、アクセサ】
プラチナの価格が上がっていると聞き、アクセサリーを買取店に持ち込んでみると、実はホワイトゴールドで、プラチナとは全く別物だったという何とも残念なケースがままあると聞きます。


見た目は似ていますが、両者は全く違う金属で、価値も大きく異なります。


古くはロシア革命の頃、プラチナの供給が激減したため、よく似た見栄えの代替品としてホワイトゴールドが作られるようになりました。


K18WG、K14WGなどの刻印が入っていれば、その純度で金を含んだホワイトゴールドだということです。


プラチナと比べれば安いですが、それでも金ですから、買取ショップでお金に変えることは勿論可能です。


高価な貴金属の保管場所には皆さん気を遣われるようです。


大した量でなければ自宅に置いておいてもいいのですが、金庫くらいは無ければ安心できないでしょう。


お金持ちが一定量の金塊を保有するケースなどでは、自宅に置いておくと盗みに入られる不安もあるので、警備の厳重な、銀行の貸金庫を使って保管していたり、金を販売している業者が保管設備を持っていて、有償で保存を受け付けているケースもあります。


しかし、どんな形を取っても結局心配だという方は、金で財産を保有することを諦め、現金にしてしまうのも一つの手でしょう。


金買取の世界には、業者の方から個人宅を訪れて、強引に金製品の売却を迫る場合があり、「訪問購入」として法規制の対象になっています。


買取金額があまりに低かったり、時にはグラム数を誤魔化されていたり、ちゃんと検討できないまま強引に買取を進められてしまったなどで、後悔しても時既に遅し、というケースも多かったのです。


ですが、対処法もあります。


金買取の訪問購入に対しては、訪問販売の場合と同じように、クーリングオフができるように法改正されたので、8日以内なら品物を取り戻すことができるし、なんなら8日間は品物を渡す必要すらないと覚えておいてください。


悪徳業者が来た時にこの知識が武器になります。


金買取のサービスが最近流行っています。


金の装飾品などは、家にずっと眠ってはいるけど、年齢に似合わなくなってしまったりしてもうずっと取り出してもいないという場合もあると思います。


家にそういうものがあれば、お近くの金買取店で売却することもできます。


とはいえ、もちろん本物でないと買い取ってもらえません。


自分は本物だと思っていたのに、鑑定してもらうと贋物だった事例もあるのです。


買取に行ってそういうことになったら、買ったときに騙されていたのだと諦めるしかありません。


依頼してもいないのに自宅にやってきて、不要な金製品を買い取るなどと言って、安い値段で買取を進める、悪質な訪問購入の事案が最近増えているようです。


まるで持ち主に利益があるかのようなことを言い、売却を渋る場合には、強引に買取を強行してくることもあるのです。


このような業者は詐欺も同然であり、後々の証拠となるような書類もほとんど渡してくれないので、こういう人間が来ても一切相手にせず、追い返すようにしてください。


15:42
2019年07月01日(月)
【ショップやネットなどの金買取の市場】
ショップやネットなどの金買取の市場では、意外なほど様々な種類のものを売却することができます。


一般に、金買取という言葉からは、金の延べ棒であるとか、貴重な金貨であるとかが一般的にイメージされるのかもしれませんが、高級品だけが金買取の対象ではありません。


金歯などは典型的な例でしょう。


金で出来てさえいれば、眼鏡のフレームや金歯も買取ショップでは売却することができます。


金買取の世界には、業者の方から個人宅を訪れて、言葉巧みに、あるいは強迫的な態度で金製品の買取を申し出てくる場合があり、「訪問購入」として法規制の対象になっています。


業者の量ったグラム数や買取価格の基準が信用できなかったり、強引に売却に同意させられてしまったなどで、被害を訴えるケースが最近増えています。


しかし、安心してください。


訪問購入については訪問販売と同様、クーリングオフ制度の対象になったため、8日以内なら品物を取り戻すことができるし、なんなら8日間は品物を渡す必要すらないのを頭に入れておくことをお勧めします。


今も昔も、金持ちはさらに儲けるために色々なものに投資をします。


昔からその代表といえば金です。


何と言っても金は値崩れしにくいのです。


通貨は国際情勢でレートが変わりますが、金はその影響をほぼ受けないからです。


世界中どこでも通用する価値を持っているということも、金の値崩れが少ない理由なのです。


しかし、大きな情勢の変化があれば金の相場も変動することがあるので、手放す際には、今、金相場が下がっていないか、一度チェックする必要があるでしょうね。


資産を現金の形で銀行に預けておくのに加えて、ある程度の資産がある人がよく行っているのは、金(ゴールド)の形で資産を保全するというやり方です。


自分がそういうお金持ちではなくても、知っておきたいのは、金を売っている場所や、その購入手段です。


初めて金を買うときには、ホームページや店頭で金の売買価格をしっかり公表している、実績のしっかりしたお店で購入するようにしてください。


それならば、金の価格が高騰して、いざ手放したいとなった時にも贋物の心配などと無縁で済みます。


金買取では売る側にも責任が生じます。


そのため、18歳未満は、法律や都道府県の条例の定めに従い、金製品に限らず、お店で品物の買取をしてもらうことはできません。


さらに、法律の趣旨を拡張する形で、店が独自に制限を課している場合があり、18歳を過ぎていても未成年であれば単独では利用できないのが一般的でしょう。


未成年が利用できる場合もありますが、そこにも制限があり、法定代理人である親が書いた同意書がなければ買取してもらえません。


15:18
2019年06月30日(日)
【株式や外貨など、投資の対象となるも】
株式や外貨など、投資の対象となるものは多いですが、中でもゴールド(金)は代表的なものでしょう。


金に投資するメリットは、それほど値崩れが無いことです。


高低の激しい株式や外貨取引と異なり、金は価値がほとんど変わらないのです。


世界のどこに行っても貴重品として認識されていることも、昔から金が投資の対象にされてきた理由の一つです。


しかし、大きな情勢の変化があれば金の相場も変動することがあるので、手元の金を売ろうとする前に、今、金相場が下がっていないか、一度チェックする必要があるでしょうね。


長いこと自宅に眠っている金製のネックレスが買取店でいくらの値段を付けてもらえるか気になるなら、ネックレスの裏などに刻印がないか探してみましょう。


市場において金の純度を証明するため、「K18」や「K24」などの文字が入っており、これを刻印と呼んでいます。


数値が大きいほど、純度の高い金です。


含まれる金の割合は、K24で100%、K18で75%だと思えばほぼ間違いありません。


金やプラチナ、シルバーなどでは、全て純度により販売や買取における価格が大きく変わるのです。


初めてで不安も多い金買取。


安心して利用する上で大事なのはまず、どのお店に買取をお願いするかということです。


価格の多寡もさることながら、買取の手続が面倒でないか、郵送買取なら素早くお金を振り込んでくれるか、しかし、色々ある中で最も大事な条件というと、詐欺まがいの業者に引っかからないように、その店の実績や評判を確認しておくことです。


それを測る上で使えるのは口コミ、レビューといった形で寄せられる利用者の声です。


目についた中で最も口コミの良いお店を選択すれば損することはありません。


金には色々な種類があります。


種類を決めているのは主に金の純度です。


純金、つまり100%の金であれば「24K」となり、合金、つまり純金ではなく他の金属が混ざっている場合は、「18金(18K)」などの表現になります。


18Kは24分の18という意味ですから、つまり75パーセントが金です。


18Kの中でも、金に何をどれだけ混ぜるかによって種類が変わり、銅と銀を同量ずつ混ぜたイエローゴールドをはじめ、レッド、ピンク、グリーン、ホワイトと様々に色合いが変わるのです。


金製品の価値を測る上で、純度は大事ですので、気に留めておくといいでしょう。


ネットや宅配の利便化に伴い、今にわかに人気なのが、郵送買取と呼ばれる、貴金属を送って買取査定をしてくれるサービスなのです。


これは何かというと、事前に送られてくる梱包パックに商品を入れて店に送り返し、あとは店頭に持ち込んだ場合と同様に査定を受けるというものです。


買取額の通知を受けたら、その額で買取してもらうかを決めればいいのです。


普通はお店が空いている時間に行く必要がありますが、これなら時間を気にせず利用できるので、地方にお住まいの方や、お店に商品を持って行くのが億劫だという方が主に利用しているようです。


15:06
2019年06月29日(土)
【リーマンショック以降、「ご自宅に眠って】
リーマンショック以降、「ご自宅に眠っている金・プラチナを買い取ります」といった店舗が急激に増えているようで、よく広告を目にしますね。


ネット上でも至るところに広告が出ている印象ですし、気になって検索してみたら、大変多くの店が出てくるので驚きます。


元々使わなくなって自宅に眠っていたアクセサリーなら、別にどこの店を選んでも大差ないと思う人もいるでしょうが、金などの買取価格は相場と連動して毎日変わっているので、相場の変動を確認しておき、高くなった時に売るのが賢いといえます。


手持ちの金製品を買取に出す時には、いくらで売れるか誰もが気にしますが、それはその時によって異なるとしか言えないのです。


貴金属の価値というものは、国際的な相場によって変動するので、同じ量の金でも日によって価格が変わってくるのです。


そういうカラクリになっているので、少しでも高値での買取をご希望の方は、ネットで情報を見て、価値が上がるタイミングを見計らうことに努力を捧げてもいいと思います。


近年、金の買取ショップが増え、買取価格が全体的に高くなっているので、買取に出す場合も多いでしょう。


金を売却した際には、例外も多いですが、基本的にはこれを譲渡所得として、確定申告を行わなければなりません。


インゴットなどの地金を売却した際の利益は基本的に譲渡所得となり、給与所得などと合わせて総合課税の対象になりますが、この内50万円までは特別控除、つまり税金を払わなくていい部分になります。


売却した金を取得した時期によっても計算式は異なりますが、概ね50万円以下の利益なら実質的には税金は課されないということです。


自宅にある貴金属を買い取ってもらう場合は、買取ショップに売りたいものを直接持っていく形式が普通ですね。


目利きに長けた専門家がその場で鑑定を行い、すぐに現金化できるため、初めての人でも安心して利用できます。


利用者のために、成約の前にしっかりと説明を設けているお店も少なくないですから、お客さんとしても、ちゃんと納得する形で手続を進めることができるようになっています。


手持ちの金製品を売却したいと思ったとき、普通に思い至る売却先といえば、「高価買取」などの看板を出している買取店などです。


ですが、その手のお店は馴染みがなく不安だったり、どうしても信用しきれないという人も多くいるのではないでしょうか。


さて、そういう場合には、デパートでの買取がお勧めです。


催事場で限定出店のこともあれば、専門の店が入っていることもあります。


専門店は敷居が高くても、デパートなら誰でも行きやすく、初めての方でも利用しやすいでしょう。


13:54
2019年06月28日(金)
【手持ちの金製品を買い取ってもらいたい場合でも、価値が高】
手持ちの金製品を買い取ってもらいたい場合でも、価値が高い内に急いで売ろうというのはあまり賢いやり方とはいえません。


それがどうしてかというと、金というのは、とにかく市場価値がコロコロと変わるためです。


そのため、金の相場変動に敏感になり、丁度いい時を狙って売ることに全てがかかっています。


資産を現金の形で銀行に預けておくのに加えて、資産を保存する方法としてメジャーなのが、景気や国際情勢の影響を受けない金を保有しておく形です。


この方法を採用するなら、まず考えることは、金をどこで買うかということですね。


自分も金による資産保全が気になるという方は、購入時の価格や条件が店舗ごとに違うので、そうした情報をサイトに明記している、実績のしっかりしたお店で購入するようにしてください。


そういうお店で買った金なら、売却時にも本物だという信頼があるので大丈夫です。


相次ぐ不況で金の市場価値が上がっていると聞き、手持ちの金製品を買取店に持ち込んでみましたが、私が持って行ったものの多くは、刻印がないから買い取れないとのことでした。


中には刻印ありの品もありましたが、数が少なく、査定金額も低くなる上、手数料を引かれるとほとんど残りません。


刻印ありも無しもまとめて買い取ってくれる店を求め、初めて御徒町の専門店に足を踏み入れました。


御徒町のお店は、町の買取ショップとは違う、本当の専門家揃いでした。


比重検査、試金石検査などで金の純度を調べてくれて、全ての品物を無事に買い取ってもらうことができ、大満足でした。


手元の金製品を処分したいといっても、気軽に行ける距離には買取ショップがないケースもあります。


その時は、ネットを通じた郵送買取を利用してみましょう。


まずは住所・氏名などを書いてフォームで送信することで、商品を入れる容器が自宅に届くので、買取を依頼したい商品をそれに入れ、送り返すだけです。


早ければ翌日には、査定の金額と確認の連絡が来て、承諾の返事をした時点で買取が成立となり、買取代金が振り込まれます。


これならどこに居ても利用できますね。


ともに高級品として知られる金とプラチナですが、どちらが高価かまで把握している人はあまり居ないように思います。


ここのところ金の価格も追いついてきましたが、元々高かったのはプラチナです。


百年ほど前は今よりもっと顕著でした。


それには、レアメタルの中でも突出している希少性の高さが挙げられます。


ちなみに金の年間生産量約2500トンに対し、プラチナは約200トンしかありません。


これらはいずれも、永遠に劣化せず輝きを保ち続ける金属なので、世界のどこでも通用する価値を持っていますが、有史以前から現在まででオリンピックプール3倍分(金の場合)に過ぎないという、圧倒的な流通量の少なさが、1グラム5000円を超えるほどの高値の理由になっています。


13:24
2019年06月27日(木)
【少し前に、金買取業者を名乗る人から電話がか】
少し前に、金買取業者を名乗る人から電話がかかってきたことがあります。


勧誘の電話にも色々あるとはいえ、買取というのは今まで聞いたことがなかったため、ちょっと中身を聞いてみようかという気になりました。


色々と聴いてみたら、指輪やネックレス、腕時計などの金製品の中で、今は使っていないものがあったらその業者に売却できるという話でした。


丁度、昔買った宝石がタンスに眠っているのを思い出し、試しに査定してもらうことにしました。


買取ショップに金を持ち込む時、一番大事なことといえば、相場というか、現実に何円くらいの価格で売却できるか見込額を知ることだと思います。


基本的な算出方法を以下に示します。


その時点での金の国際価格を、1トロイオンス(およそ31グラム)で割って、ドル円レートを掛けると、国内金価格が算出できるのです。


こうした基本的な計算法を活用し、お店が妥当な金額で買取を行っているかどうか判断できるようになっておくといいでしょう。


金を買取に出そうと考えたとき、候補に挙がってくるのは、買取ショップや質屋さんなどでしょう。


ですが、その手のお店は馴染みがなく不安だったり、一人で入るのは勇気が要るという方は、やはり少なくないようです。


そんな方にオススメなのが、デパートで実施している金買取です。


常設のお店がなくても、期間限定の催しとして行っている場合も少なくありません。


デパートなら変なトラブルは無いだろうという安心感から、初心者の方にはひそかな狙い目と言えるかもしれません。


金は高級品というイメージがありますが、実は私達の身の周りにも金製品というのが割と色々な形であるのです。


中でも金歯はよく知られていると思います。


意外でしょうが、これも金買取の店で買い取ってもらえるのです。


豪華な形をしていなくても、実際に金で出来ていれば大丈夫なのです。


予想していなかった収入も夢ではないので、用済みとなった金歯をお持ちの人は、捨てずに買取店に持ち込むのをお勧めします。


高価な貴金属には偽物も付き物であり、お客さん本人が本物と信じていても、当然ニセモノのケースもあります。


メッキの一部に本物の金を厚く盛り、巧妙に刻印を施すなどの方法で、業者を誤魔化して、本物の金として買取させる詐欺も古くからあります。


しかし、鑑定士は贋物に対して無力ではありません。


比重計という道具を用いれば、通常時の重さと水に沈めたときの重さの差から、比重はすぐにわかります。


中には、金と同じ比重になるように精巧に作られた偽物もありますが、試金石と呼ばれる黒い石に品物を擦り付けて色合いを見る「試金石検査」なら、硝酸や王水に融けるかどうかも検査することができ、贋物はすぐに判別できます。


「試金石」という言葉の用法の基にもなっているやり方ですね。


13:24
2019年06月26日(水)
【ここ十年ほどで一気に増えてきた】
ここ十年ほどで一気に増えてきた金買取。


今では、様々な種類の店舗が金やプラチナの買取を看板に掲げています。


街でよく見かけるリサイクルショップもその一例です。


一般的には、着なくなった服などを売りに行く所ですが、金、プラチナなどの高価買取を謳うお店が最近は多いようです。


鑑定眼もしっかりしているので、安心して利用できます。


不要になった貴金属の売却を考えているなら、買取価格などを調べてみてもいいと思います。


ここ十年ほどで金の価格が上昇し続けていると聞き、タンスの奥に眠っていた金製品を、金買取ののぼりを出している店に持って行ったら、純度を示す刻印が入っていないから、値段は付けられないと言われてしまいました。


刻印のあるものだけ買い取ってもらうとしても、少ない点数では手数料を引くとあまりおカネにならないので、それよりは一括で買ってくれる店を探した方がいいと思って、日本有数の宝飾店街である御徒町へ行ってみることにしました。


すると、スタッフや設備のレベルが他とはまるで違うのでびっくりしました。


町のショップではとてもできないような専門的な検査をしてくれて、無事に全ての金製品を買い取ってもらうことができました。


金やプラチナなどの買取ショップでは、業者自身の取引の安全を守るためにも、未成年者への利用制限が設けられている場合が多いです。


よって、未成年が金製品を持ち込んでも買取を断られることになります。


もっとも、沢山あるお店の中には、18歳以上なら買取を受け付けてくれるところもありますが、法定代理人である親が署名捺印した同意書が必要です。


また、18歳以上で親の同意書がある場合でも、高校卒業までは駄目というケースがほとんどです。


不況の影響もあってか、自宅にある金製品を現金にできないかと考える人が増え、これを新たな商機と見て、金の高価買取などの広告を掲げる店が多くなってきました。


全国規模でチェーン店を出している業者もいくつかある模様です。


確かに、お店は多くあったほうが便利でしょうし、価格競争になることで、買取金額が全体的に高くなったり、より良質のサービスの提供に努めるお店が増えると思われます。


スタッフもより丁寧な接客を心掛けるようになるでしょう。


われわれ利用者の側としては、嬉しいことだらけですよね。


金の購入と売却でちょっとした利鞘を稼げるチャンスがあります。


金を購入する際は、買物である以上、消費税が勿論かかりますが、自分の方が買取店に金を売却する際にも、お店から受け取る買取額には消費税分が上乗せされるのです。


なので、一度金を買っておけば、その後の売却によって、消費税の増税分を得できるということになります。


さらに、日本は諸外国と比べて消費税率が低いので、日本で金を購入し、ヨーロッパ諸国など、消費税率の高い国で売ることでも同様に利益を上げられる可能性があります。


12:54

←前n 次n→ 





w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++