金買取の知識


[記事を書く]
[月別]
[更新アラート]
2020年02月05日(水)
【買取ショップが街に溢れる昨今。初めて金買取を】
買取ショップが街に溢れる昨今。


初めて金買取をしてもらう場合は、買取価格が最も気になるところです。


それはその時によって異なるとしか言えないのです。


金の国際価格やドル円レートは日々変わっているので、同じ量の金でも日によって価格が変わってくるのです。


なので、手元の金を少しでも高い値段で売却することを望むなら、毎日の金相場をネットなどで確認して、金の値段が上がったタイミングを見逃さないことを意識しましょう。


金といえば純金を思い浮かべる人が多いでしょうが、実際には色々なものがあります。


よく聞く「24金(24K)」というのは純度100パーセントの金を指します。


銀や銅など他の金属との合金であるものは、その純度に応じて、18Kなどと数値が変わっていきます。


18Kは1000分の750という純度です。


金に混ぜる「割金」(銀や銅、パラジウムなど)の組合せにより、銅を多く混ぜればレッドゴールド、銀を多く混ぜればグリーンゴールド等と色々な種類があるのです。


買取店に金製品を持ち込む際に、こうした純度によって価値が違うということを覚えておきましょう。


消費税は今後も更に上がると言われていますが、ここでお得な話を一つ。


金を購入する際には、買物である以上、消費税が勿論かかりますが、その金を買取ショップで買い取ってもらうと、その時の消費税率に応じて、消費税分が買取価格への上乗せという形で自分のもとに戻ってきます。


なので、一度金を買っておけば、増税後の売却により、消費税の差額分が利益になることになります。


消費増税サマサマじゃありませんか。


さらに、日本は諸外国と比べて消費税率が低いので、日本で金を購入し、ヨーロッパ諸国など、消費税率の高い国で売ることでも同様に利益を上げられる可能性があります。


リーマンショックからこっち、金の価格が高騰している今では、金の高価買取を掲げるお店も大変多くなりましたから、昔より利用を検討しやすくなりました。


相場の変動によっても大きく買取金額が変わるので、相場の情報を定期的にチェックするようにしましょう。


また、買取価格から手数料や鑑定料が引かれる場合もありますから、他と比較検討しないままお店を決めたら、後からひどく後悔するケースも有り得るのです。


また、不要な金を買い取るといって自宅に来るタイプもありますが、そうした買取業者はトラブルや詐欺も多いので、気をつけてください。


世界的な不況で金の市場価値が上がっている昨今、タンスの肥やしになっていた金製品を売りたがる人が多くなり、これを新たな商機と見て、従来の質屋や買取ショップでも、金買取の広告を前面に出すところが増えました。


全国規模でチェーン店を出している業者もいくつかある模様です。


買取を頼める店が多くなるのはいいことですし、同業他社に負けじと買取額を上げてくるなど、良い方向への変化が期待できると思います。


お店の人も、よりお客さんに優しくなるかもしれないですね。


利用客の立場からすれば、プラスの影響が大きいといえます。


22:00
2020年02月04日(火)
【近頃は、色々なお店が金の買取サービスを実施している】
近頃は、色々なお店が金の買取サービスを実施しているので、昔より利用を検討しやすくなりました。


金は相場変動によって買取額が変わってくるため、慌てて売るのはよくありません。


店舗や業者によって、手数料の有無なども違いますので、他と比較検討しないままお店を決めたら、表向きの買取額よりずっと低い金額しか受け取れないこともあります。


なお、自宅まで突然やってきて買取を申し出るような業者は、詐欺の可能性も高いので避けておきましょう。


金の価値が上がっている昨今、多くの店舗や業者が、金やプラチナといった高級貴金属の買取をするケースが増えています。


評判がいいのは、リサイクル・ショップでしょう。


一般的には、着なくなった服などを売りに行く所ですが、金やプラチナの買取を大きく扱うお店が最近は多いようです。


金買取専門の鑑定士がいるので、しっかり査定してもらえます。


家にある金のアクセサリーなどを手放したい人は、買取価格などを調べてみてもいいと思います。


最近は金買取のお店も増えてきましたが、その中には手数料や「目減り」などを買取金額から差し引いてくるところと、それらが無料のところがあります。


買取時、こういった費用を取る店だったら、これらが差し引かれることで、実際に受け取る金額が減ってしまう結果になります。


こうなると売らない方がよかったかも?と思ってしまいます。


買取を利用する際には、事前にこのあたりを確認しておきましょう。


手持ちの金製品を売却したいと思ったとき、一般的に利用されているのは、買取ショップや質屋さんなどでしょう。


ただ、そうした店には独特の雰囲気があって、そうでなくても恥ずかしくて入りにくいと感じる人は、やはり少なくないようです。


そんな人もご安心下さい。


デパートで買取を実施する場合があるのです。


催事場で、特定期間のみ出店している場合も多いです。


やはり小さなお店よりもデパートの方が信用があり、初めての方でも利用しやすいでしょう。


もう要らなくなった貴金属があれば、専門店に売却しておカネに変えるのもありでしょう。


ただし、同じ量の金でも店によって基準額や、鑑定料・手数料などが違うので、複数のお店の情報を比較検討して条件の良いお店を選択するといいでしょう。


売却する品物の総量が多ければ、そのぶん買取額の差も大きなものになります。


ですので、店の選択には注意しましょう。


19:36
2020年02月03日(月)
【要らなくなった金のアクセサリー等を専門店】
要らなくなった金のアクセサリー等を専門店で買取してもらうにも、事前に注意するポイントがあります。


金の価値は相場でも変わる上、利用する店舗や業者により、鑑定料や手数料を引かれた、実際に受け取る買取金額はかなり差の付いたものになるという事実です。


お店が掲げている買取額や手数料をチェックし、どの店舗の買取を利用するか、色々な情報を総動員して判断しましょう。


一口に投資といっても対象は色々あります。


昔からその代表といえば金です。


何と言っても金は値崩れしにくいのです。


金の値段はあまり国際情勢や景気の影響を受けないためです。


世界中どこでも通用する価値を持っているということも、金の値段が崩れない根拠になっているのです。


まあ、それでも急に相場が変わることもありますので、手元の金を売ろうとする前に、今、金相場が下がっていないか、一度チェックした上で決断するのが得策でしょう。


家に眠っている貴金属を買取してもらおうかと思ったとき、第一に思いつく選択肢は、買取ショップや質屋さんなどでしょう。


とはいえ、専門店は素人には敷居が高かったり、そうでなくても恥ずかしくて入りにくいと感じる人が私の周りにも多くいます。


そんな方でも安心して利用できるのが、デパートの金買取ですね。


常設のお店がなくても、期間限定の催しとして行っている場合も少なくありません。


デパートならば信用もあるということで、初めての方でも利用しやすいでしょう。


金の取引は昔から犯罪と切っても切り離せない仲であり、時には一般の人が買取に持ち込んだ金製品が、実は偽物だったという場合もあります。


中には、金メッキの表面に本物同様の刻印を施して、買取店のスタッフを欺き、買取代金を騙し取ろうとする悪意のケースもあります。


対して、偽物を見抜く方法も色々あります。


磁石、刻印の入り方に加え、比重計があれば水に沈めた場合の重さの変動をもとに、比重を求め、金の純度を判別することが可能です。


仮に比重計で見抜けないように重さを調整された贋物であっても、試金石と呼ばれる黒い石に品物を擦り付けて色合いを見る「試金石検査」なら、金の表面を少し削り取ることで、あっという間にメッキが剥がれ、偽物と判ってしまいます。


依頼してもいないのに自宅にやってきて、言葉巧みに金の買取を持ち掛け、相場より遥かに安い価格で買い取っていく、こちらの無知や気弱さに付け込んだ悪質な事案が多くなっていると聞きます。


この手の業者は、最初こそ優しそうな顔をして話をしてきますが、売却を渋る場合には、一転して強引な態度に出て、金を買い叩くことがあります。


後から売却をキャンセルされまいと、もちろん、ちゃんとした契約書なども出してくれません。


こういう人間が来ても一切相手にせず、追い返すようにしてください。


19:36
2020年02月02日(日)
【ここ十年くらい、金やプラチナの高価買取のテレビCMを】
ここ十年くらい、金やプラチナの高価買取のテレビCMをよくやっている印象です。


WEB上でも、ためしにgoogleなどで検索してみても、金買取のお店のページがずらずらと出てくるのです。


元々使わなくなって自宅に眠っていたアクセサリーなら、売る店がどこでも大して変わらないだろうという考えはもっともですが、金の価格は相場によって変わります。


それに伴って買取価格も変わるので、相場の変動を確認しておき、高くなった時に売るのが賢いといえます。


最近はやりの金買取。


色々な形式があるようですが、代表的なものとしては、買取店の店頭で直接品物を見てもらい、買取をしてもらうのが最も一般的な方法ではないかと思います。


鑑定士などと呼ばれる専門スタッフが直ちに商品を鑑定してくれ、商品を引き替えに直接現金を渡してもらえるので、詐欺やトラブルとは無縁だといえます。


どうしてその値段になったのかなど、丁寧に説明してくれる場合が多いため、満足いくような価格で買取してもらうことが可能なのです。


リーマンショック以降、金の価格が高騰しているそうなので、手持ちの金製品を買取店に持ち込んでみましたが、刻印がないものは純度が分からないから買取できないと言われました。


持ち込んだ品の内、刻印がある分だけなら買い取れると言われましたが、手数料も考慮すると割に合わないので、刻印ありも無しもまとめて買い取ってくれる店を求め、金買取で有名な御徒町まで足を延ばしてみました。


すると、スタッフや設備のレベルが他とはまるで違うのでびっくりしました。


純度を測定するための比重検査、試金石検査など様々な手段を用いて、私の持ち込んだ金製品に全て値段を付けてくれました。


金の買取を利用する上で多くの方が気にするのは、自分の手元の金製品は、一体いくらの値段での買取が見込めるのかを事前に知っておくことでしょう。


目安として、日本における金価格の算出法を知っておきましょう。


金の国際価格はドルで表されています。


それを1トロイオンス(約31グラム)で割って、ドル円レートを乗じると、日本における金の価格が割り出せます。


こうした基本的な計算法を活用し、お店の買取提示額が適切かどうか判るようになっておけば怖いものなしですね。


金買取店は最近増えてきましたが、田舎に住んでいるなどで生活圏内には買取店がないこともあります。


そんな方は、郵送での買取を受け付けている店をネットで探してみましょう。


ネットで簡単なフォームに個人情報を書き込んで送信すると、お店から品物用のパックが届きます。


そうしたら、査定してほしい品物を入れて送り返します。


しばらくして、電話やメールなどで査定額の提示があるので、金額に同意の返事をしたら、銀行口座への振込で買取代金を受け取れます。


19:36
2020年02月01日(土)
【未だ記憶に新しいリーマンショック。それからこの頃】
未だ記憶に新しいリーマンショック。


それからこの頃までに、ゆっくりとではありますが、買取市場では金の買取価格が上昇に転じているようです。


さらに、これも記憶に新しいことですが、ユーロに加盟していたギリシャが経済破綻を起こし、銀行預金の引き出しが無期限で封鎖されました。


この出来事もまた、リーマンショックと並んで、買取市場における金の価格が上昇する要因として機能したのではないでしょうか。


金の買取を掲げている店舗では、意外なほど様々な種類のものを売却することができます。


金買取というとおカネ持ちの世界という気がしますし、何百万円もする高級品にばかり考えが至りがちですが、買取店で取引される品物はそれだけにとどまりません。


意外なところではメガネなどです。


どんな品物でも溶かせばまた金として再利用できますから、眼鏡や金歯だって値段をつけてもらえるのです。


少し前に、祖母の逝去に伴って、色々あった末に遺品の指輪などを私が受け取ることになったのですが、古いものですから、中には石が欠けているのもありました。


買い取ってもらえると噂に聞いたものの、これまで経験がなかったので、なんとなく怪しげなイメージもあったのですが、ちゃんと古物商の許可も受けているようなので、利用を決心しました。


そうしたら、古い品物でも誠実な査定をしてくれ、素人の私にも優しい印象でした。


肝心の金額も予想以上のもので、このお店ならまた来てみたいなと思わせるものでした。


金の買取を利用する上で、気にすることは、誠実で信頼できるお店を選ぶことです。


広告に出ている買取額以上に、様々な観点から、その業者が信用できるかどうかを入念に考えないといけません。


少しでも怪しげな点がある店はトラブルに遭う前に避けて通ることです。


買取価格は高い方がいいと思うかもしれませんが、鑑定料や手数料と称してお金を取る店もあるので、利用する前に確認しておきたいところです。


最近は色々なスタイルの金買取サービスが増えてきましたが、中でもお客さんの方から店に直接品物を持って行くスタイルが最もオーソドックスでしょう。


自分も見ている前で商品を誠実に鑑定してくれ、適切な価格で買い取ってくれるので、詐欺やトラブルとは無縁だといえます。


お客さんが不安にならないよう、金額の説明などをしっかり行っているお店も少なくないですから、十分納得のいく金額で買取してもらうことが可能なのです。


13:54
2020年01月31日(金)
【今も昔も、金のような貴重品は保存場所が一】
今も昔も、金のような貴重品は保存場所が一番のネックのようです。


あまり量が多くなければ自宅に保管することになるでしょうが、金庫くらいは無ければ安心できないでしょう。


自宅に置いておける限度を超えて金を所有するときは、強固なセキュリティが必要になるので、自宅には流石に置かず、銀行で大きな貸金庫を借りている場合や、金を購入した業者で厳重に保管するサービスを利用していることも多いようです。


しかし、どんな形を取っても結局心配だという方は、金の形で資産を保全することにこだわらず、専門業者の買取に出してしまうのも一つの手でしょう。


高価な貴金属には偽物も付き物であり、精巧に作られた贋物を金と偽って店に持ち込む輩もいます。


金メッキ製品の表面にレーザーで本物同様の刻印を入れるなどして、専門家の目までも誤魔化そうとしてくる場合もあります。


ですが、比重計という、品物の重さを測定して比重を割り出す器具を使えば、それが金かどうか、純度は何%かなどが容易に判別できます。


最近では、タングステン合金を利用して金と似た比重を実現した偽物もありますが、試金石検査という由緒正しい鑑定方法ならば、たとえ見た目や比重を似せてあっても、容易に真贋を判別できるのです。


資産を現金の形で銀行に預けておくのに加えて、昔から資産家の間でよく使われているのは、値崩れなどの可能性が低い金の形で持っておく方法です。


この方法を採用するなら、まず考えることは、金をどこで買うかということですね。


新たに金の購入を始められるなら、購入時の価格や条件が店舗ごとに違うので、そうした情報をサイトに明記している、取引実績の豊富な業者を選ぶことが肝要だといえます。


そういうお店で買った金なら、売却時にもセーフティですよね。


日本経済にも大幅な景気後退をもたらしたリーマンショック以降、現在までの数年間で、やや遅めのペースながら、金の市場買取価格が上がってきています。


加えて、ここ最近、ユーロに加盟していたギリシャが経済破綻を起こし、国民が銀行から預金を下ろせなくなってしまいました。


リーマンショックと同様、ギリシャのこの事態も、金の市場価格を引き上げる起爆剤だったと考えられます。


贅沢品の代名詞である金。


しかし、実は我々の日常生活の中にも、金の加工品が案外多いものです。


金歯が本物の金でできているのは有名な話ですね。


金の買取を掲げるお店では、このような製品も買取してくれる場合が多いです。


金買取では、金の形状はほぼ査定に影響しません。


数千円から一万円程度のお小遣いも夢ではないので、歯医者さんで治療を受け、金歯が不要になったときはそのまま捨てるのではなく、買取に出してみましょう。


12:48
2020年01月30日(木)
【これまで金の買取を利用したことがない場合、一】
これまで金の買取を利用したことがない場合、一番肝心なお店選びの段階で初めての方はよく迷うようです。


少しでも高値を付けてくれるお店を選びたいというのは誰だって考えることですよね。


お店選びの最もわかりやすい基準は、実際に利用した人からのレビューなどです。


ネットレビューで高評価のところは、買取に不備がなく、信用が置けるお店であるということです。


これを参考に、信頼できるお店を選びましょう。


消費税が5%から8%に上がったのは記憶に新しいですね。


金の購入時には、例えば300万円の金を買って消費税率8%なら24万円の消費税がかかりますが、買った金を買取店に持って行って売ると、お店から受け取る買取額には消費税分が上乗せされるのです。


ということは、消費税が上がる前に金を買っておくと、増税後に売却することで、消費税額の差額分をまるまる得できるわけです。


にっくき消費増税が逆に味方になるわけですね。


また、消費税の安い日本で買った金をハンガリーやノルウェー、スウェーデンなど消費税率の高い国で売却するという方法で利鞘を得ることも可能かもしれません。


少し前に、金買取業者を名乗る人から電話がかかってきたことがあります。


営業の電話は普段から色々かかってきますが、金買取の話はこれまでになかったので、話だけでも聞いてみることにしました。


電話の人が説明してくれたところによると、家にある貴金属、例えば金のアクセサリーなどで、ずっと身に付けていない品があったら高額買取で引き取ってくれるということなのです。


確か、長年使っていない金のネックレスなどがあったので、利用してみてもいいかなと思いました。


金の買取を利用するとしても、価値が高い内に急いで売ろうというのはあまり賢いやり方とはいえません。


皆さんが思っている以上に、僅かな情勢変化により、金は買取額に大きな変動が生じやすいためです。


そのため、金相場の変動をチェックしておいて、高くなったタイミングを見計らって売却することを意識するといいでしょう。


多くの金買取は法律に則って誠実に行われていますが、一方で、一部では詐欺まがいの悪質なケースも発生しているので注意が必要です。


中でも「訪問購入」のケースは悪質なものが多いので気を付けましょう。


呼んでもいないのに自宅を訪れ、強迫的な態度で金製品の買取を迫ってくるのです。


こうした訪問購入は近年問題視され、法規制もされていますが、あれやこれやと理由を付けて非常に安価に買い取ったり、後から売却のキャンセルを申し入れても応じなかったりと非常に悪質です。


話に応じる素振りを少しでも見せると、後が面倒なので、しっかりと拒絶し、自分の財産は自分で守りましょう。


12:36
2020年01月29日(水)
【リーマンショックやギリシャの経済危機に伴って高騰】
リーマンショックやギリシャの経済危機に伴って高騰している金相場。


今は1グラム5000円ほどです。


純金でなければ当然それより安い額になります。


これが例えば18金(75%の合金)のアクセサリーなどであれば、純金の75%の価格、つまり約3500円です。


ですから、現実の買取では、それだけで200万円となると、その重さは550から600グラムくらいでしょう。


ちなみに、かつて流行した喜平ネックレスが、重いもので1本100グラム程度です。


10金のアクセサリーをお持ちの方もいるかもしれませんが、10金までいくと純度は半分以下の41%程度。


1グラムあたりの価格は2000円ほどです。


買取額が200万円を超えるためには1キロほども必要です。


ちょっと現実的ではないですね。


昨今、街には金買取のショップが溢れていますが、その中では鑑定にかかる鑑定料や、買取時の店の取り分である買取手数料を買取金額から差し引いてくるところと、それらが無料のところがあります。


こうした費用を有料にしている店舗では、色々な名目で買取額が減額されて、実際に受け取る金額が減ってしまう結果になります。


ズルイ業者だなあ、と思う方もいるでしょう。


特に初めての方は、利用する店舗を決める際に、この点を確認しておくことをお勧めします。


金やプラチナ製のアクセサリーは、自宅のタンスの奥などに仕舞い込んではあっても、年齢に似合わなくなってしまったりしてもうずっと取り出してもいないという場合もあると思います。


そのような金やプラチナ製品をお持ちの場合、お近くの金買取店で売却することもできます。


でも、ここで落とし穴があります。


メッキ加工の偽物の場合もあります。


そのようなケースでは、残念ですが、勉強になったと思って諦める他にないでしょうね。


手持ちの金製品を買い取ってもらいたい場合でも、買取の利用を急ぎすぎるのはあまり賢いやり方とはいえません。


何と言っても、貴金属は買取時の値段に大きな変動が生じやすいためです。


そのため、毎日変動する金相場を気をつけて見ておいて、上がるところまで上がったタイミングで手放すことこそが、買取で得をするカギとなります。


長年身に付けていない金やプラチナの装飾品があったら、買取に出すのも手です。


とはいえ、店舗ごとに基準額や、鑑定料・手数料などが違うので、ランキングやレビューなど、ネットで見られる情報を調べた上で、好条件の買取をしている店舗に売るのが得策です。


特に、売りたいものが多い場合、買取総額はかなり変わってきますから、店の選択には注意しましょう。


11:36
2020年01月28日(火)
【アクセサリーなどの金製品を手】
アクセサリーなどの金製品を手放したいと思っていても、生活圏内には買取店がないこともあります。


そんな方は、郵送で買取してもらえるサービスもあります。


利用を申請すると、お店から品物用のパックが届きます。


そうしたら、それに売却したい金製品を入れて返送するだけでOKです。


しばらくして、査定の金額と確認の連絡が来て、自分がその金額を承諾すれば、買取代金が振り込まれます。


これならどこに居ても利用できますね。


年間50万円以上の利益が出ている場合などでなければ、金買取による利益に税金がかかることは無いと考えていいでしょう。


専門に金買取を扱う業者などだと、日々多くの金製品を売り買いしていますので、利益分を届け出て結構高い税金を課せられているでしょう。


それに対して、個人の取引額は微々たるものです。


ですから気にする必要はないのですが、法律の変更などもありますから、買取店の人に教えてもらうか、事前に税理士さんなどに聞いて調べるというのも一つの手だと思います。


金買取は、直接店に行かなくても、ネットでも可能です。


実際に申し込む前に、オンライン査定で大体の目安がわかるケースも多く、お客さんにとっては便利ですよね。


直接お店に行かない形式の買取でも、免許証など身分を証明するもののコピーを送る必要があります。


少しでも高い金額で売却するためには、サイトなどの情報で、店ごとの買取価格を比較することが大事です。


鑑定料や、買取時にかかる手数料を無料にしている店舗も増えてきましたので、色々な情報をもとに売却先を検討してください。


十年以上にわたって使用していない金の装飾品は案外多いのではないでしょうか。


知人にあげるのも捨てるのも何だかなあ、という場合は、お店で買取を依頼するのを考えてみてはどうでしょう。


金やプラチナを専門に買い取ってくれるところも最近は増えてきましたので、手持ちの金製品がいくらになるか一度見てもらうのもいいでしょう。


近年、金の買取ショップが増え、買取価格が全体的に高くなっているので、この機会に買取に出そうという方が多いようです。


この時は、例外も多いですが、基本的には必要な書類を揃え、確定申告の手続きをしなければなりません。


売却の利益、つまり買取価格から購入時の価格や諸費用を引いた額は、給与取得者であれば原則的には譲渡所得として扱われますが、インゴットなどの地金の売却であれば、50万円までは控除されて非課税になります。


本当はもう少し複雑なのですが、ざっくり言って、利益が50万円未満なら税金はかかりません。


また、年収2000万以下のサラリーマンでその他の所得も20万円以内なら、確定申告も必要ありません。


11:18
2020年01月27日(月)
【近年では、店頭ではなくネットを】
近年では、店頭ではなくネットを通じて金買取を行う業者も出てきています。


メールで写真を送ると、買取額の目安を教えてくれる場合もあり、ネットでお客さんを掴もうという営業努力が見られます。


しかし、郵送で買取を行う場合、身分証のコピーを送らなければならないことが法律で定められています。


できる限り高額で手放すためには、条件の良いお店を選ぶことが大切です。


鑑定料や、買取時にかかる手数料が一切ない店も少なくないため、それも主軸としてお店選びを進めるといいでしょう。


リーマンショック以降、不要になった金製品やプラチナ製品をお売り下さいという内容の宣伝を街中でもよく見かけるようになりました。


パソコンやスマホでネットを見ていてもよく広告が表示されますし、気になって検索してみたら、高価買取を謳う宣伝のページがたくさんヒットします。


要らないものを買い取ってもらえるのだから、沢山あるお店の中のどこに持って行っても同じと感じるかもしれませんが、金の相場が大きく変われば当然、買取金額にも影響が出るので、高く買取してもらうためには相場のチェックは欠かせません。


金製品の買取で出来る限り高値を付けてもらうためには、手数料、鑑定料などの費用が安価か無料になっているところを選ぶ必要があります。


加えて、日々変わりゆく金の相場に目を光らせておくのも怠ってはいけません。


少しずつ売るより一度に多く持ち込んだ方が買取額で有利になりますから、10グラムを下回るような量ならあまり気にする必要はありません。


また、高額買取を前面に出したWEB広告を最近は多く見かけるようになりましたが、そういう業者に手を出すと無用なトラブルに巻き込まれることが多いので、その手の広告を出している店はなるべく避けるのがいいでしょう。


金を買ったはいいが、どうやって保管すればいいか?という問題があります。


大した量でなければ自宅に置いておいてもいいのですが、書斎に金庫を置いておくくらいの安心感は欲しいですよね。


アクセサリー程度ならともかく、大量の金を保有しておくなら、やはり自宅保管では心配なので、安心という点では申し分ない、銀行の金庫に保管することが多いですし、金を売買する業者でも有料の保管サービスを受け付けています。


そうは言っても、どの方法にも一長一短あると思いますから、気になる方は金で財産を保有することを諦め、現金にしてしまうのも良い方法だと思います。


銀行預金や投資信託などと併せて、よく見聞きするのは、金の形で資産を保全しておく方法です。


これなら景気の影響を受けませんからね。


しかし気になる点もあります。


それは、果たしてどこで金を買えばいいのかという情報です。


新たに金の購入を始められるなら、ホームページや店頭で金の売買価格をしっかり公表している、実績のしっかりしたお店で購入するようにしてください。


買った時の店がちゃんとしていれば、逆に売る時もセーフティですよね。


11:12

←前n 次n→ 





w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++