金買取の知識


[記事を書く]
[月別]
[更新アラート]
2019年09月01日(日)
【不況の影響か、金買取の相場が上昇している】
不況の影響か、金買取の相場が上昇しているようなので、手持ちの金製品を買取に出したというケースでは、年間20万円以上の利益が出ている場合などは、必要な書類を揃え、確定申告の手続きをしなければなりません。


売却の利益、つまり買取価格から購入時の価格や諸費用を引いた額は税務上、譲渡所得として確定申告の対象となりますが、この内50万円までは特別控除、つまり税金を払わなくていい部分になります。


売却した金を取得した時期によっても計算式は異なりますが、概ね50万円以下の利益なら税金はかからないということになります。


最近は金買取が流行っているようですね。


私も少し前、タンスの奥に仕舞い込んでいた金製品を買取に出しました。


とはいえ、初めてのことで、どういうお店に持って行くのが一番いいのか迷って、WEB上で情報収集することにしました。


そしたら、東京都台東区の御徒町という地域に、昔から多くの金買取業者が店を構えているエリアがあり、その中でホームページがちゃんとしていた店舗を選びました。


店員さんの対応も丁寧だったし、思った以上の値段が付いたので満足しています。


金持ちは全ての資産を現金で持っておくなどしないものです。


よく見聞きするのは、値崩れなどの可能性が低い金の形で持っておく方法です。


しかし気になる点もあります。


それは、実際にその金をどこで購入するかです。


初めて金を買うときには、店ごとに価格が異なりますので、その日の金単価をサイトなどに載せている、信用できそうなお店から買うことが大切です。


そういうお店で買った金なら、売却時にも失敗しないでしょう。


近頃では、不要になった金製品やプラチナ製品をお売り下さいという内容の広告や看板が街に溢れています。


実店舗のみならず、ネット上でもそういう広告が増えていて、自分の地域プラス「金買取」などで検索したら、高価買取を謳う宣伝のページがたくさんヒットします。


要らないものを買い取ってもらえるのだから、お店選びにまでこだわる必要はないと感じるかもしれませんが、金の相場が大きく変われば当然、買取金額にも影響が出るので、常に相場の変動を見ておいて、上がった時に売るのが一番お得です。


ご自宅に眠っている金製品を、少しでも高く手放したければ、買取時の諸々の手数料がかからないお店を粘り強く探してみるといいでしょう。


それに、現状の金の価格相場がどうなっているか常に把握するのも怠ってはいけません。


一度に売却する金の量が多ければ、それだけ査定額も有利になるので、少しだけの買取、具体的には10グラム以下なら、それほど相場は気にしなくていいでしょう。


ネットでは、やたらと高額の買取を謳ったサイトが多いですが、そういうところは大抵が悪徳業者なので、鵜呑みにしないことが大事です。


17:18
2019年08月31日(土)
【金買取は誰でも手軽に利用できて便利ですが、一部】
金買取は誰でも手軽に利用できて便利ですが、一部においてはタチの悪い詐欺もはびこっているので気を付けなければなりません。


訪問購入には悪質なケースが多いと言われています。


主婦しか居ないような時間帯を狙って家を訪れ、要らない金製品を買い取るとゴリ押しするものです。


最近では法規制の対象になりましたが、そんなのどこ吹く風といって、店に売りに行く場合と比べて非常に買取金額が低かったり、売らないと言ったものまで勝手に持って帰られるケースまであります。


少しでも話を聴く余地を与えてしまうと強引に押し切られるので、そうなる前に拒絶の意思を示し、追い帰すのが得策です。


金持ちは全ての資産を現金で持っておくなどしないものです。


ある程度の資産がある人がよく行っているのは、景気や国際情勢の影響を受けない金を保有しておく形です。


この方法を採用するなら、まず考えることは、金を売っている場所や、その購入手段です。


金の購入をご検討されている方は、店ごとに価格が異なりますので、その日の金単価をサイトなどに載せている、ちゃんとした信頼のある店舗で買うようにするといいでしょう。


そうしておくと、今度は買った金を売却で手放す際も、不安にならなくて済むと思います。


相次ぐ不況で金の市場価値が上がっていると聞き、タンスの奥に眠っていた金製品を、金買取ののぼりを出している店に持って行ったら、刻印が入っていないものは買取れないと言われてしまいました。


中には刻印ありの品もありましたが、数が少なく、手数料がかかることを考えると大した金額にはなりません。


それよりは一括で買ってくれる店を探した方がいいと思って、貴金属のメッカである御徒町まで行ってきました。


すると、買取店のスタッフや設備も流石にレベルが違い、見た目の検査はもちろん、比重を測るための色々な機械を駆使して、刻印無しでも全て買取してもらえました。


やはり行ってよかったです。


金といえば純金を思い浮かべる人が多いでしょうが、実際には色々なものがあります。


よく聞く「24金(24K)」というのは純度100パーセントの金を指します。


金以外の金属が入っている場合(合金)なら、「18金(18K)」などの表現になります。


18Kは1000分の750という純度です。


金に混ぜる「割金」(銀や銅、パラジウムなど)の組合せにより、銀と銅が五分五分ならイエローゴールド、パラジウムが25%入ればホワイトゴールドなどと様々に色合いが変わるのです。


買取店に金製品を持ち込む際に、結果を左右するのは純度というわけです。


長年使っていないアクセサリーや腕時計といった金製品というのは、どなたの家にも結構あるのではないでしょうか。


そこで役立つのが金買取ショップです。


貴金属を買取してくれる店を探して、相場の動きや、その店での買取額がいくらになるのかを見て、より高い値段で買取してくれるのはどの店か比べてみるのをおすすめします。


店によっては手数料や査定料を買取価格から差し引いてくるので、よく調べて、有利な店を探してください。


16:00
2019年08月30日(金)
【初めて金買取を利用する方に押さえてほしいポイン】
初めて金買取を利用する方に押さえてほしいポイントは、なにを置いても、良い店を選ぶことに尽きるでしょう。


買取額だけに注目するのではなく、その店が本当に信用できるのかどうかをよく検討した上で利用する必要があります。


ちょっとでも悪評判が付いている店はトラブルに遭う前に避けて通ることです。


買取額が他と比べて高い場合は特に注意してください。


それで客を釣っておいて、いざ査定の段で様々な手数料を取ろうとする店もあるので、できれば見積に出す前に確かめられるといいでしょう。


金の取引は昔から犯罪と切っても切り離せない仲であり、時にはお客さん本人が本物と信じていても、当然ニセモノのケースもあります。


素人には当然判別できないような、巧妙に作られた贋物で、プロの鑑定士を欺こうとしてくる悪質な手口もあります。


しかし、磁石による検査、刻印周りのキズでも判別できますし、比重計を使えば水に沈めた場合の重さの変動をもとに、比重を求め、金の純度を判別することが可能です。


また、中には比重計で見破れないタングステン製の偽物なども存在しますが、試金石検査という由緒正しい鑑定方法ならば、たとえ見た目や比重を似せてあっても、容易に真贋を判別できるのです。


手持ちの金製品を買取に出す時には、いくらで売れるか誰もが気にしますが、金の買取価格は相場によって変動するものです。


景気や需要に応じて、金の相場は刻一刻と動いているため、実際の買取額もそれに応じて変わります。


ですから、納得いく金額で買取に出したいのであれば、テレビやネットの情報に目を光らせ、価値が上がるタイミングを見計らうことに努力を捧げてもいいと思います。


せっかくの金買取。


必ず気にしなければならない点としては、金の相場をちゃんと知っておくことです。


安く手放しすぎて後から悔やまないためにも、刻一刻と変わる相場を慎重に確認し、最も得する時を狙って売却するのです。


買取市場では、買取申込の際の相場で買取額を決められるのが一般的といえます。


上手く相場の波に乗り、高値で売れるようになれば一人前です。


金に優るとも劣らない高級品といえばプラチナですが、プラチナの指輪などを店で見てもらうと、それより価値の劣るホワイトゴールドの品だったといった経験をお持ちの方もいるのではないでしょうか。


もちろん、両者は別物です。


プラチナはあまりに高価で、一昔前は金の3倍ほどしたくらいですから、その代替品としてホワイトゴールドが出回るようになったのです。


ホワイトゴールドは一般に18金か14金です、K18WG、K14WGなどの刻印があれば、ホワイトゴールドです。


ちなみにプラチナなら「Pt」などの刻印になります。


なんだか安っぽいように思えるかもしれませんが、これだって金の一種ですから、金製品を買い取ってくれる店であれば、現金化は可能だと思います。


14:54
2019年08月29日(木)
【金を買ったはいいが、どうやって保管すれ】
金を買ったはいいが、どうやって保管すればいいか?という問題があります。


普通の家庭なら、家に置いておくのも一般的だと思いますが、書斎に金庫を置いておくくらいの安心感は欲しいですよね。


数千万円、数億円といった価値の金塊を保有する資産家の場合は、やはり自宅保管では心配なので、取引のある銀行で貸金庫を借りている例も多いですし、金の販売業者によっては、購入した金を有償で保管しておいてくれるところもあるのです。


それでも、どうしても不安なら、専門業者に売って現金化し、不安から開放されるのも一つの手でしょう。


手持ちの金製品を買い取ってもらいたい場合でも、価値が高い内に急いで売ろうというのは考えものです。


皆さんが思っている以上に、貴金属は買取時の値段に上がり下がりがあるためです。


そうした事情があるので、刻々と変わる相場に目をつけ、高値になるタイミングを見逃さないことこそが、買取で得をするカギとなります。


もう身に着けなくなり、自宅で眠っている金の指輪やネックレスなどをお持ちの方も少なくないと思います。


もう使わないことが分かりきっているなら、買取サービスを利用して現金化するのがいいのではないでしょうか。


そうした買取を専門としているお店もここ十年ほどで急激に増えてきたので、高値が付くかどうか鑑定に持ち込んでみるのをオススメします。


お手持ちの金製品を買取に出す際、気に留めておくべきことは、金の相場をちゃんと知っておくことです。


できるだけ高い価格で買い取ってもらえるよう、刻一刻と変わる相場を慎重に確認し、売却の時期を決定するのです。


店が買い取る額は、申込の時の相場によって決まるというケースが多くなっています。


上手く相場の波に乗り、なるべく高値で買い取ってもらいましょう。


金の取引は昔から犯罪と切っても切り離せない仲であり、時には一般の人が買取に持ち込んだ金製品が、実は偽物だったという場合もあります。


本物の金そっくりに巧妙に偽装された金メッキ製品で、専門家の目までも誤魔化そうとしてくる場合もあります。


とはいえ、比重計を用いて品物の重さを測定すれば、比重の違いから、偽物であることはすぐに判明します。


中には、金と同じ比重になるように精巧に作られた偽物もありますが、金の真贋や純度を判別する「試金石」を用いれば、どんなによくできた偽物でも、あっという間にメッキが剥がれ、偽物と判ってしまいます。


13:24
2019年08月28日(水)
【手持ちの金製品を売却したいと思ったとき、一般】
手持ちの金製品を売却したいと思ったとき、一般的に利用されているのは、金の高価買取を掲げているような、街のお店でしょう。


とはいえ、専門店は素人には敷居が高かったり、一人で入るのは勇気が要るという方も多くいるのではないでしょうか。


そんな方にオススメなのが、デパートで実施している金買取です。


デパートの中にお店を構えている場合もあれば、催事場でやっている場合もあります。


専門店は敷居が高くても、デパートなら誰でも行きやすく、初めての方でも利用しやすいでしょう。


世界的な金融危機を呼んだリーマンショックの後、ここ数年で、決して急速というわけではないですが、金の市場買取価格が上がってきています。


また世界の金融を巡る動きとしては最近、ギリシャでは経済危機の深刻化に伴い、銀行預金が自由に引き出せなくなってしまいました。


こうした事態もまた、金の市場価格を引き上げる起爆剤となったと推測されます。


リーマンショック以降、いわゆる「金プラ買取」系の宣伝を街中でもよく見かけるようになりました。


ネット上でも至るところに広告が出ている印象ですし、自分の地域プラス「金買取」などで検索したら、金買取のお店のページがずらずらと出てくるのです。


もう使わない宝飾品が少しでもお金になるのなら、売る店がどこでも大して変わらないだろうという考えはもっともですが、貴金属の価値というのは、相場の変動があるので、常に相場の変動を見ておいて、上がった時に売るのが一番お得です。


純金以外にも、金には沢山の種類があることを知っていますか。


金の純度は伝統的に24分率で表現され、純金でなく他の金属との合金の場合は、その純度に応じて、18Kなどと数値が変わっていきます。


18Kは1000分の750という純度です。


18Kの中でも、金に何をどれだけ混ぜるかによって種類が変わり、銀と銅がほぼ同量ならイエロー、銅が多ければレッド、銀が多ければグリーンなどと様々に色合いが変わるのです。


ある金製品が幾らで売れるかの目安として、結果を左右するのは純度というわけです。


多くの金買取は法律に則って誠実に行われていますが、一方で、一部では残念ながら詐欺のケースも存在します。


訪問購入と呼ばれる、自宅を訪れて金を買取る形式には特に気を付けてください。


金買取業者を名乗るものが自宅までやって来て、強迫的な態度で金製品の買取を迫ってくるのです。


訪問販売の「押し売り」とよく似た「押し買い」のケースですが、あれやこれやと理由を付けて非常に安価に買い取ったり、売却に同意するまで玄関先に居座って帰らないなどの悪質さも目立ちます。


少しでも話を聴く余地を与えてしまうと強引に押し切られるので、そうなる前に拒絶の意思を示し、追い帰すのが得策です。


13:18
2019年08月27日(火)
【買取ショップが街に溢れる昨今。初めて金買取をしてもらう】
買取ショップが街に溢れる昨今。


初めて金買取をしてもらう場合は、いくらで売れるか誰もが気にしますが、しかし金の値段は常に決まっているわけではありません。


国際情勢や景気の良しあしなどにより、金の相場はその都度変わるので、いつ売るかによって値段が大きく変わってくることもあります。


そういうカラクリになっているので、少しでも高値で買取に出したいのであれば、常に情報収集を怠らず、金の値段が上がったタイミングを見逃さないことで、得できる可能性は高まります。


金やプラチナ製のアクセサリーは、昔もらったものでも、ブームが過ぎてしまったなどで長らくご無沙汰という場合もあるでしょう。


そうしたアイテムをお持ちの方は、お近くの金買取店で売却することもできます。


注意するべきは、手元の金やプラチナ製品が本物かどうかです。


自分は本物だと思っていたのに、鑑定してもらうと贋物だった事例もあるのです。


買取に行ってそういうことになったら、運が悪かったと思って諦めることです。


リーマンショック以降の金の高騰を受けて、今は様々な種類の店舗が金やプラチナの買取を行っているようです。


中でも有力なのが、リサイクルショップですね。


一般的には、着なくなった服などを売りに行く所ですが、ブームに乗って貴金属の買取も扱い始めるところが多くなってきました。


金買取専門の鑑定士がいるので、しっかり査定してもらえます。


金買取の利用を検討している場合は、試しに査定だけしてもらうのもいいですね。


贅沢品の代名詞である金。


しかし、実は我々の日常生活の中にも、金の加工品が案外多いものです。


中でも金歯はよく知られていると思います。


こういうものも金買取で値段が付くので侮れません。


装飾品の形状をしていなくてもいいわけですね。


ちょっと豪華なランチ代程度の臨時収入も夢ではないので、金歯がもう要らなくなってしまったという方は、そのまま捨てるのではなく、買取に出してみましょう。


昔買った貴金属のアクセサリーなどを買取に出したいとき、第一に思いつく選択肢は、「高価買取」などの看板を出している買取店などです。


ですが、その手のお店は馴染みがなく不安だったり、詐欺やトラブルが有り得るのではないかと感じてしまう方は、やはり少なくないようです。


そんな方にオススメなのが、デパートで実施している金買取です。


よく見かけるのは、催事場で期間限定のイベントとして開催している場合です。


やはり小さなお店よりもデパートの方が信用があり、街の買取ショップより人気の場合もあります。


12:54
2019年08月26日(月)
【手持ちの金製品を高額で買い取】
手持ちの金製品を高額で買い取ってくれるという宣伝を信じて買取を利用してみたら、高価買取は全くのデタラメで、実際は安い金額で無理やり売却させられてしまったなどのケースはよく耳にするところです。


信用の置けるお店も沢山ありますが、一方、詐欺まがいの悪質な営業をしているところもあるので、十分気を付けなければなりません。


こうした被害に遭ってしまった時には消費者センターで専門家に話を聞いてもらい、必要な対処をお願いしましょう。


最近は未成年が高額な品物を身に付けていることも多いですが、金買取のお店ではトラブルを避けるため、年齢制限があるのが当たり前です。


よって、未成年が金製品を持ち込んでも買取を断られるケースが大半だと思われます。


とはいえ、例外的に、利用が18歳から可能なケースもあるのですが、その場合でも保護者の同意書は必要です。


しかし、たとえ親の同意があっても、多くの店では高校生からは買取をしてくれません。


よほど大量の取引をしていない限り、金買取による利益に税金がかかることは無いと考えていいでしょう。


金買取を行っている業者のほうは、膨大な量の商品を日々売ったり買ったりしているので、その利益に応じて多額の税金を納めていることと思います。


しかし、個人でそのような取引をすることは無いですよね。


ですから気にする必要はないのですが、法律の変更などもありますから、税理士法人のホームページなどで情報を検索してみるといいかもしれません。


金の相場が1グラム5000円というと、かなり高騰していると言えますが、純金でなければ当然それより安い額になります。


一例として、18金(純度75%)ならば、5000円×75%なので3500円くらいでしょうか。


それなりの額、例えば200万円に達するには、必要な量は600グラム弱です。


ちなみに指輪一つが5グラムから10グラム前後、喜平ネックレスなら40グラムから100グラムでしょうか。


これがさらに10金だとどうでしょうか。


10金は約41%の純度なので、1グラム約2000円ということになり、10金だけで200万円の買取価格になるためには、必要な量は1キロほどにもなります。


金の買取を利用する上で多くの方が気にするのは、自分の手元の金製品は、一体いくらの値段で買い取ってくれるのかを事前に知っておくことでしょう。


基本的な算出方法を以下に示します。


金の国際価格はその都度変動しています。


その数値を、重量単位の1トロイオンスで割って、ドル円レートを掛けると、国内金価格が算出できるのです。


こういう情報一つでも、知ると知らないとでは大きな差があります。


計算法を知っておき、お店が妥当な金額で買取を行っているかどうか判るようになっておけば怖いものなしですね。


10:42
2019年08月25日(日)
【リーマンショックやギリシャの経済危機に伴って高騰してい】
リーマンショックやギリシャの経済危機に伴って高騰している金相場。


今は1グラム5000円ほどです。


これはあくまで純金の価格ですから、これが例えば18金(75%の合金)のアクセサリーなどであれば、純金5000円に対し、その75%の3500円になるのです。


それなりの額、例えば200万円になるような18金は、重さで言えば600グラムほどです。


指輪なら数十個、昔流行った喜平ネックレスでも5本以上は必要でしょう。


また、さらに安価な10金のアクセサリーの場合ですと、10金になると市場価格は1グラム2000円ほどでしかありません。


ネックレスなら10本から20本ほど、合計1キロも集めなければ200万円に達しないのです。


長年身に付けていない指輪などの金製品を持っている人は、買取ショップに引き取ってもらうことをオススメします。


とはいえ、店舗ごとに買取額の基準や、手数料のシステムが異なるため、ネットで事前に情報を調べてなるべく高値になりそうな店を選ぶべきです。


特に、売りたいものが多い場合、僅かな基準額の差で大きな違いが出るため、なるべく多くの情報を集め、お店選びに活かしましょう。


普段意識しないことですが、我々の周囲には貴金属と同様に扱われる金製品がそこかしこに潜んでいるものです。


金歯はその一例と言えるでしょう。


金買取店は、こうしたものも買取の対象にしています。


モノが金であれば、形状は何でもいいというわけです。


意外な形での臨時収入をゲットできるチャンスですし、金歯がもう要らなくなってしまったという方は、そのまま捨てるのではなく、買取に出してみましょう。


プラチナと言われてプレゼントされたアクセサリーを買取に出すと、実はホワイトゴールドで、プラチナとは全く別物だったなどの話は昔からよく聞かれます。


こうなると、残念ながらプラチナと比べて金銭的価値は著しく下がります。


古くはロシア革命の頃、プラチナの供給が激減したため、代わりに使われるようになったものです。


日本でも昭和50年代までは代替品の認識でした。


アクセサリーのどこかに「K18WG」や「K14WG」といった表記が刻まれていれば、ホワイトゴールドです。


ちなみにプラチナなら「Pt」などの刻印になります。


代替品と聞くと安そうな印象ですが、金であることに変わりはないので、勿論、金買取の対象になります。


買取店にとって真贋鑑定は重要です。


時として、偽物の金をつかまされていた人が、本物と信じたまま買取に持ってくることもあります。


メッキの一部に本物の金を厚く盛り、巧妙に刻印を施すなどの方法で、プロの鑑定士を欺こうとしてくる悪質な手口もあります。


しかし、磁石による検査、刻印周りのキズでも判別できますし、比重計を使えば刻印通りの金かどうかは簡単に判ります。


タングステン合金で作られた偽物などは比重計でも判別できませんが、試金石と呼ばれる黒い石に品物を擦り付けて色合いを見る「試金石検査」なら、一定の薬剤に融けるか否かで、本物の金かどうかを判別できるので、簡単に見分けられます。


この方法は江戸時代には既に使われていたといいます。


10:24
2019年08月24日(土)
【リーマンショックからこっち、金の価格が高騰している今】
リーマンショックからこっち、金の価格が高騰している今では、実に多くのお店が金の買取をしていますから、ネットで情報収集することもお勧めです。


相場の変動によっても大きく買取金額が変わるので、いつ売るかで大きく買取額が変わってきます。


また、買取価格から手数料や鑑定料が引かれる場合もありますから、よく調べないまま店舗に行ってしまうと、他の店と比べて大幅に買取額が下がることもあります。


なお、自宅まで突然やってきて買取を申し出るような業者は、詐欺の可能性も高いので避けておきましょう。


最近はやりの金買取。


色々な形式があるようですが、代表的なものとしては、買取店の店頭で直接品物を見てもらい、買取をしてもらうのが最も一般的な方法ではないかと思います。


お店に常駐している目利きのプロが商品を鑑定し、その場で現金を受け取れますから、不安要素はありません。


どうしてその値段になったのかなど、丁寧に説明してくれるケースが最近は多いですから、その場でよく考え、本当に納得してから手続を進めることができるようになっています。


金買取業者は大抵の場合、20歳未満からの買取の禁止を定めているとところが大半でしょう。


したがって、中高生など未成年は買取してもらえないことになります。


とはいえ、例外的に、年齢制限が20歳未満ではなく18際未満の場合もありますが、その場合でも保護者の同意書は必要です。


また、18歳以上で親の同意書がある場合でも、職業を確認され、高校生なら買取は不可というのが一般的です。


買取店にとって真贋鑑定は重要です。


時として、偽物の金をつかまされていた人が、本物と信じたまま買取に持ってくることもあります。


メッキの一部に本物の金を厚く盛り、巧妙に刻印を施すなどの方法で、専門家の目までも誤魔化そうとしてくる場合もあります。


しかし、鑑定士は贋物に対して無力ではありません。


比重計という道具を用いれば、比重の違いから、偽物であることはすぐに判明します。


最近では、タングステン合金を利用して金と似た比重を実現した偽物もありますが、昔から使われている試金石検査という方法ならば、金の表面を少し削り取ることで、本物の金でないことはすぐにわかります。


金の買取において、少しでも高値を付けてもらうことを目指すなら、買取や査定自体に費用を取っていない良心的なお店を頑張って探してみるのが第一歩だといえます。


金の価格は日によって上下するので、最適の売却タイミングを狙うといった工夫もできるといいでしょう。


一度に売却する金の量が多ければ、それだけ査定額も有利になるので、ごく少量、例えば10グラム程の買取なら、相場であまり差は出ません。


ネットでは、やたらと高額の買取を謳ったサイトが多いですが、悪徳業者や詐欺の可能性が高いでしょうから、その手の広告を出している店はなるべく避けるのがいいでしょう。


10:06
2019年08月22日(木)
【金買取では売る側にも責任が生じ】
金買取では売る側にも責任が生じます。


そのため、18歳未満は、古物営業法という法律の定めるところにより、お店に行っても買取してもらえないのが原則です。


未成年者の非行を防ぐ意味合いでも、お店にもそれぞれの決まりがあり、20歳未満は少なくとも一人では買取を利用できません。


たとえ未成年者からの買取を受け付けている店舗であっても、保護者(主に親)が署名した同意書の持参は絶対に必要です。


それ無しで買取している店はマトモではないので注意しましょう。


ずっと前から使わなくなってしまった貴金属があれば、専門店に売却しておカネに変えるのもありでしょう。


ただし、同じ量の金でも店によって基準額や、鑑定料・手数料などが違うので、複数のお店の情報を比較検討して条件の良いお店を選択するといいでしょう。


高価な品物であればあるほど、買取総額はかなり変わってきますから、よほど慎重に店舗を比較検討する必要があります。


昔もらったけど今ではもう使っていないような指輪やネックレスなどの金製品を持て余している人は案外多いようです。


そんなときは買取ショップで換金しましょう。


金やプラチナの買取を扱っている店舗を探し、公開されている参考買取額をもとに、より高い値段で買取してくれるのはどの店か比較検討するのが賢いやり方です。


その他にも様々な条件で買取価格が変わるので、情報は隅々まで目を通しましょう。


貴金属の買取を行う店舗が最近増えてきましたが、古物営業法の規定に基づき、買取時の身分確認が徹底されています。


買取を依頼する際には、お店で直接買取する場合のみならず、郵送買取など、直接店に行かないケースでも、やはり本人確認は必要です。


免許証や保険証、パスポートなど、公的機関の発行した身分証を提示することで、誰が売ったかを明確にするのです。


直接店に行かず、郵送で買取を進めるなら、身分証のコピーを同時に送ることを求められる場合が多いですね。


金買取を利用するにあたっては、一番肝心なお店選びの段階で最初は迷うものですよね。


折角売るなら、高値をつけてほしいというのはすべてのお客さんが思うことでしょう。


お店選びの最もわかりやすい基準は、ネットで見られる、お客さんからのレビューや口コミです。


ネットレビューで高評価のところは、買取に不備がなく、信用が置けるお店であると見ていいでしょう。


初心者の方でも当てにできる指標になりますね。


07:42

←前n 次n→ 





w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++