金買取の知識


[記事を書く]
[月別]
[更新アラート]
2019年09月17日(火)
【最近は金買取のお店も増えてきましたが】
最近は金買取のお店も増えてきましたが、その中には専門家による鑑定の費用や、買取に伴う手数料などを有償で設定している店もあります。


その他、目減り、重量の端数分などの減額も有り得ます。


これらの費用を設定している店で買取してもらうと、表向きの買取額が高くても、最終的に受け取る現金の額が減ってしまう結果になります。


なんだか、業者にしてやられたような気分になります。


買取を利用する際には、買取のシステムの確認は怠らないようにしてください。


初めて金買取を利用する際のスタートラインは、どこの店に売るかを決めることです。


高値で買ってくれる店を選ぶことに加え、お店での手続きが簡単かどうか、あるいは郵送買取の場合の振込タイミングなどの諸条件、しかし、色々ある中で最も大事な条件というと、その店に信用と実績があるかどうかです。


信頼のおける情報といえば、利用者から寄せられた口コミやレビューでしょう。


目についた中で最も口コミの良いお店を優先して利用するのがいいでしょう。


金買取といっても様々な形式があります。


今、少しずつ流行り出しているのは、郵送買取と呼ばれる、貴金属を送って買取査定をしてくれるサービスなのです。


どんなものかというと、買取してほしい品物をまずは店に送って、数日で査定結果が出るのを待ちます。


買取金額の連絡が来たら、その額でよければ売却し、納得いく金額でなければ品物を送り返してもらいます。


普通はお店が空いている時間に行く必要がありますが、これなら時間や地域の制約を受けることもなく、田舎に住んでいる人や、仕事が忙しい人から好評を得ています。


一口に金と言っても、その純度によって色々な種類があります。


カラットの略であるKを用い、純金なら「24K」などと表現します。


金の純度が100%未満であれば、その純度に応じて、18Kなどと数値が変わっていきます。


金の割合が75パーセントなら、100分の75ですから24分の18で、18Kになります。


割金(金以外の部分)の種類や混合比率によって金の種類は変わります。


18Kレッドゴールドなら銅が多め、18Kホワイトゴールドならパラジウム入りなどのバリエーションがあります。


買取店に金製品を持ち込む際に、純度は大事ですので、気に留めておくといいでしょう。


全世界を混乱に陥れたリーマンショック。


その時からこの頃までに、徐々にですが、金の市場買取価格が上がってきています。


加えて、ここ最近、EU加盟国であるギリシャの経済危機により、銀行預金の引き出しが無期限で封鎖されました。


こうした事態もまた、市場での金の価格が上がる切っ掛けであると言えるでしょう。


06:48
2019年09月16日(月)
【金を買取に出そうと考えたとき、多くの方が思】
金を買取に出そうと考えたとき、多くの方が思い浮かべるのは、「高価買取」などの看板を出している買取店などです。


ですが、その手のお店は馴染みがなく不安だったり、詐欺やトラブルが有り得るのではないかと感じてしまう方が少なくないと思われます。


そんな方にオススメなのが、デパートで実施している金買取です。


よく見かけるのは、催事場で期間限定のイベントとして開催している場合です。


一般の買取ショップと比べると安心感があり、初心者の方にはひそかな狙い目と言えるかもしれません。


昔買ったきりでずっとご無沙汰という金の指輪やネックレスなどはどなたにもあるかと思われます。


もう使わないことが分かりきっているなら、お店で買取を依頼するのをオススメします。


「高価買取」などの看板を掲げたお店もあちらこちらにありますので、手持ちの金製品がいくらになるかまずは確かめてみてはいかがでしょうか。


金買取がブームですね。


古いネックレスの売却を望む方は、金の純度を示す刻印を見てください。


それが本当に金製であれば、製品のクオリティを示すため、「K24」などの文字が刻印されています。


K24が純金で、数字が小さくなるほどに純度が低くなります。


K24なら24分の24で100%が金、K18なら24分の18で75%が金だと思えばほぼ間違いありません。


純度が高いか低いかにより、市場価値は変わってくるということです。


現在の金相場は、1グラムいくらという形で表され、現在は約5000円ほどですが、これはあくまで純金の価格ですから、例えば75パーセントが金である18金の場合、5000円×75%なので3500円くらいでしょうか。


そのため、例えば200万円以上の額面に達するには、必要な量は600グラムほどです。


指輪なら数十個、昔流行った喜平ネックレスでも5本以上は必要でしょう。


10金のアクセサリーをお持ちの方もいるかもしれませんが、10金になると市場価格は1グラム2000円ほどでしかありません。


買取額が200万円を超えるためには1キロほども必要です。


ちょっと現実的ではないですね。


ここ十年ほどで金の価格が上昇し続けていると聞き、手持ちの金製品を買取店に持ち込んでみましたが、私が持って行ったものの多くは、刻印がないから買い取れないとのことでした。


刻印の入っているものもあったので、それだけ買取してもらってもよかったのですが、少ない点数では手数料を引くとあまりおカネにならないので、できることなら手持ちの品物をまとめて全部売りたいと思って、日本有数の宝飾店街である御徒町へ行ってみることにしました。


御徒町なら、専門のプロが常駐しているようなお店ばかりなので、専用の機械を使って、金性という金の純度の測定をしてくれ、刻印の入っていない金にも全て買取額を付けてくれたのです。


05:30
2019年09月15日(日)
【金の買取を利用する上で多くの方が気にするのは、自分】
金の買取を利用する上で多くの方が気にするのは、自分の手元の金製品は、一体いくらの値段を付けてもらえるのかを事前に知っておくことでしょう。


品物によっても異なりますが、金の値段の基本的な計算法は、その時点での金の国際価格を、1トロイオンス(およそ31グラム)で割って、ドル円レートを掛けると、国内金価格が算出できるのです。


こうした基本的な計算法を活用し、お店が妥当な金額で買取を行っているかどうか判断できるようになっておくといいでしょう。


万が一、盗品だった時のためにも、金買取時には、警察の指導もあり、多くの店舗では本人確認を厳しく行っています。


従来通りにお店に行って買取してもらう場合は勿論のこと、郵送買取など、直接店に行かないケースでも、やはり本人確認は必要です。


買取の際には、免許証など公に認められた身分証明証の提示を受け、店はお客さんの個人情報を記録します。


商品を郵送で送って買い取ってもらう場合は、荷物に同梱する形で身分証のコピーを送ることで確認に変えるのが一般的です。


一口に投資といっても対象は色々あります。


昔からその代表といえば金です。


何と言っても金は値崩れしにくいのです。


高低の激しい株式や外貨取引と異なり、金は価値がほとんど変わらないのです。


世界のどこに行っても貴重品として認識されていることも、金の値崩れが少ない理由なのです。


とはいえ、相場の変動も当然あるので、売却を検討しているなら、新聞やネットで相場の上がり下がりを確認してから売るのがいいと思います。


金とプラチナはどちらが値段が高いのかは知っていますか?プラチナの方が原則的には高価です。


理由としては、市場規模の小ささに加え、金と比べても圧倒的に少ない産出量が多分に影響しているのです。


人類が現在までに産出したプラチナの量は、金の30分の1に過ぎません。


金やプラチナは光沢も美しく、化学的にも非常に安定した物質なので、有史以前から世界中で高い価値を認められてきましたが、生産量や流通量のあまりの少なさが、その価値を担保しているのです。


ここ十年ほどで金の価格が上昇し続けていると聞き、自宅にあった金製品の買取をショップに依頼してみると、刻印が入っていないものは買取れないと言われてしまいました。


中には刻印ありの品もありましたが、数が少なく、手数料がかかることを考えると大した金額にはなりません。


刻印ありも無しもまとめて買い取ってくれる店を求め、初めて御徒町の専門店に足を踏み入れました。


すると、買取店のスタッフや設備も流石にレベルが違い、見た目の検査はもちろん、比重を測るための色々な機械を駆使して、刻印の入っていない金にも全て買取額を付けてくれたのです。


02:54
2019年09月14日(土)
【都心から離れたところにお住まいの】
都心から離れたところにお住まいの方などは、ネットを通じた金買取も便利です。


実際に申し込む前に、オンライン査定で大体の目安がわかる業者も多いようです。


店頭での買取でも身分証を提示しますが、郵送で買取してもらう場合も、身分証のコピーやその他の必要な書類を送らなければなりません。


また、なるべく高値での買取を狙うなら、サイトなどの情報で、店ごとの買取価格を比較することが大事です。


鑑定料や、買取時にかかる手数料を取らない店も中にはあるため、そうした情報も参考にして、売却するお店を選ぶといいです。


近頃では、「ご自宅に眠っている金・プラチナを買い取ります」といった広告や看板が街に溢れています。


WEB上でも、「金 買取」などのワードで検索をかけると、多くのヒットがあり、いかにそういうお店が多いか思い知らされます。


どうせ不要の品物を売るのなら、売る店がどこでも大して変わらないだろうという考えはもっともですが、金の価格は相場によって変わります。


それに伴って買取価格も変わるので、相場を見て、最適のタイミングを狙って売るといいです。


この中には初めて金買取を利用する方も多いと思います。


まず重要なことは、どのお店に買取をお願いするかということです。


高い値段を付けてくれるかも大事ですが、手続の簡便さも重要なポイントです。


郵送なら振込の早さも大事です。


また、初めて利用する際には、他のどんな条件よりも、その店に信用と実績があるかどうかです。


WEBの場合、何より参考にできるのはそのお店で実際に買取をしてもらった人のレビューです。


レビューで高得点を得ている業者を選びたいものですね。


ここのところ金買取のCMをテレビでもよく見ます。


先日、私もずっと身に付けていなかった金のアクセサリーを売却しました。


それまでそういうお店とは縁がなかったため、売却先をどこにするか、自分では思いつかず、ネットの情報に頼ることになりました。


調べた結果、御徒町のあたりに、貴金属買取の専門店が所狭しと並んでいる一帯があるということなので、その中でホームページがちゃんとしていた店舗を選びました。


店構えなどもしっかりしていて信用できましたし、妥当と思われる金額で買取してもらうことができました。


最近、金の価格が上がっていると聞いたので、手持ちの金製品を買取店に持ち込んでみましたが、そのお店では、刻印の打たれていないものは買取を扱っていませんでした。


持ち込んだ品の内、刻印がある分だけなら買い取れると言われましたが、手数料も考慮すると割に合わないので、どうせなら全て一括で売却した方がおカネになると思い、多くの貴金属店が軒を連ねる御徒町に足を運んでみました。


すると、スタッフや設備のレベルが他とはまるで違うのでびっくりしました。


町のショップではとてもできないような専門的な検査をしてくれて、刻印の入っていない金にも全て買取額を付けてくれたのです。


00:06
2019年09月12日(木)
【近頃は、色々なお店が金の買取サービスを実施してい】
近頃は、色々なお店が金の買取サービスを実施しているので、複数のお店の情報を見比べてみましょう。


相場の変動によっても大きく買取金額が変わるので、手放すタイミングはよく検討しなければなりません。


お店によっては手数料を買取額から差し引いてくるところもあるので、他と比較検討しないままお店を決めたら、表向きの買取額よりずっと低い金額しか受け取れないこともあります。


ちなみに、自宅をいきなり訪問して金の買取を行う「訪問購入」の買取業者はトラブルや詐欺も多いので、気をつけてください。


初めての金買取。


どこのお店に持ち込めばいいのか慣れていないと悩む人が多いみたいですね。


どうせ手放すのなら、少しでも高い金額で買い取ってもらいたいのは利用客としては当たり前の話です。


お店選びの最もわかりやすい基準は、実際に利用した人からのレビューなどです。


口コミでの人気が高ければ、トラブルと無縁のちゃんとした店であると見ていいでしょう。


初心者の方でも当てにできる指標になりますね。


せっかく金買取を利用するなら高く売りたいもの。


高額で売却するためには、買取手数料などが無料、あるいはなるべく安い店舗を選択するのが何よりの基本になります。


それに、現状の金の価格相場がどうなっているか常に把握するという努力も欠かせません。


一度にたくさん売った方が、1グラムあたりの買取額も高めになるので、ごく少量、例えば10グラム程の買取なら、相場であまり差は出ません。


貴金属の高額買取という広告やサイトが最近はネット上に溢れていますが、そういう業者に手を出すと無用なトラブルに巻き込まれることが多いので、その手の広告を出している店はなるべく避けるのがいいでしょう。


初めて金買取を利用してみようと思っている方は、いくらで売れるか誰もが気にしますが、それはその時によって異なるとしか言えないのです。


貴金属の価値というものは、国際的な相場によって変動するので、実際の買取額もそれに応じて変わります。


そういうカラクリになっているので、少しでも高値で売却することを望むなら、常に情報収集を怠らず、その日その日の金の値段を頭に入れておくことが大事になってきます。


金の価格高騰に伴い、友人が金を売却してそこそこのお金になったと聞いて、家に眠っていた金製品を近所の買取ショップに持っていったのですが、そのお店では、刻印の打たれていないものは買取を扱っていませんでした。


刻印がある商品だけなら買取査定できるとのことでしたが、それでは点数も少なく、査定金額も低くなる上、手数料を引かれるとほとんど残りません。


刻印の無いものでも一括で買取してくれるお店はないかと思い、金買取で有名な御徒町まで足を延ばしてみました。


すると、買取店のスタッフや設備も流石にレベルが違い、専用の機械を使って、金性という金の純度の測定をしてくれ、私の持ち込んだ金製品に全て値段を付けてくれました。


23:48
2019年09月11日(水)
【買った頃とは好みやセンスが変わった、時代遅れ】
買った頃とは好みやセンスが変わった、時代遅れになったなどで、もう全然使っていない、さりとて捨てるのも憚られるという貴金属類をずっと死蔵していても一円の得にもなりません。


使わない貴金属の処分に困ったときは、買取をやっているお店に持ち込んでみましょう。


金製品ならどこの店でも買取可能なことが多いです。


純金(K24)なら、現在の相場は1グラムあたりおよそ4800円であり、それと比べればやや低めの買取金額になりますが、二束三文で買い叩かれるのではないかと思っているなら、その予想を覆す高い金額には十分なることと思います。


金の価格高騰に伴い、友人が金を売却してそこそこのお金になったと聞いて、自宅にあった金製品の買取をショップに依頼してみると、刻印がないものは純度が分からないから買取できないと言われました。


中には刻印ありの品もありましたが、数が少なく、手数料も考慮すると割に合わないので、できることなら手持ちの品物をまとめて全部売りたいと思って、貴金属のメッカである御徒町まで行ってきました。


すると、スタッフや設備のレベルが他とはまるで違うのでびっくりしました。


見た目の検査はもちろん、比重を測るための色々な機械を駆使して、刻印の入っていない金にも全て買取額を付けてくれたのです。


未だ記憶に新しいリーマンショック。


それからこの頃までに、ゆっくりとではありますが、金を売却する際の買取価格が上がってきているようです。


近頃はそれに加えて、ユーロに加盟していたギリシャが経済破綻を起こし、預金の引き出し制限も発動されました。


リーマンショックと同様、ギリシャのこの事態も、買取市場における金の価格が上昇する要因として機能したのではないでしょうか。


要らなくなった金のネックレスの売却を望む方は、刻印を見てみるのがいいと思います。


ニセモノの金でなければ、「K18」や「K24」などの文字が入っており、これを刻印と呼んでいます。


数値が大きいほど、純度の高い金です。


K24というのは純度100パーセント、K18なら純度75パーセントだという意味です。


同じ金製品でも、何割の金が含まれているかによって市場価値は変わってくるということです。


金買取といっても様々な形式があります。


今、少しずつ流行り出しているのは、貴金属を簡単なやりとりで買取してくれる、宅配買取というものです。


このサービスは、売りたい商品を郵送や宅配便で業者に送り、あとは査定結果の連絡があるまで待つだけです。


お店は数日以内に査定額を通知してきますから、そうしたらその額でよければ売却し、納得いく金額でなければ品物を送り返してもらいます。


店頭での買取はそんなに夜遅くまで空いていませんが、郵送買取ならネットで24時間いつでも申し込めるので、お店に行く時間がないという方には嬉しいですね。


23:42
2019年09月10日(火)
【金製品の買取をしてもらう際には、お客さんの方から店に】
金製品の買取をしてもらう際には、お客さんの方から店に直接品物を持って行くのが最も一般的な方法ではないかと思います。


お店に常駐している目利きのプロが商品を鑑定し、適切な価格で買い取ってくれるので、不安要素はありません。


お客さんが不安にならないよう、金額の説明などをしっかり行っているケースが最近は多いですから、金額をうやむやにされることもなく、しっかり納得して売却できます。


安心して利用できますね。


ここのところ金買取のCMをテレビでもよく見ます。


先日、私も金買取のお店を利用したことがあります。


今までに経験がなかったですから、適切な売却先がよく分からなくて、試しにネットで検索してみたのです。


そうしたら、貴金属のメッカといわれる御徒町に、金の買取店ばかりが集まっているエリアがあることがわかったので、中でもお勧めと書かれている店に持っていきました。


実際行ってみるとちゃんとしたお店でしたし、妥当と思われる金額で買取してもらうことができました。


もう身に着けなくなり、自宅で眠っている指輪やイヤリング、ネックレスなどの貴金属が沢山あるという方もいるでしょう。


知人にあげるのも捨てるのも何だかなあ、という場合は、買取サービスを利用して現金化するのをオススメします。


そうした買取を専門としているお店もあちらこちらにありますので、実際にその品物が何円くらいになるのか鑑定に持ち込んでみるのをオススメします。


金やプラチナなどの買取ショップでは、業者自身の取引の安全を守るためにも、未成年者への利用制限が原則としてあります。


そのため、未成年の人は買取を利用できないケースが大半だと思われます。


とはいえ、例外的に、利用を20歳からではなく18歳からと定めている店も存在します。


ですが、法定代理人である親が署名捺印した同意書が必要です。


この場合でも、18歳を超えていたとしても、高校生ならやはり買取は不可能です。


買取店の鑑定士は常に偽物の可能性に目を光らせています。


お客さん本人が本物と信じていても、当然ニセモノのケースもあります。


金メッキ製品の表面にレーザーで本物同様の刻印を入れるなどして、専門家の目までも誤魔化そうとしてくる場合もあります。


ですが、比重計という、品物の重さを測定して比重を割り出す器具を使えば、通常時の重さと水に沈めたときの重さの差から、比重はすぐにわかります。


最近では、タングステン合金を利用して金と似た比重を実現した偽物もありますが、金の真贋や純度を判別する「試金石」を用いれば、硝酸や王水に融けるかどうかも検査することができ、贋物はすぐに判別できます。


「試金石」という言葉の用法の基にもなっているやり方ですね。


23:30
2019年09月09日(月)
【手持ちの金製品を高額で買い取ってくれるという売り文句】
手持ちの金製品を高額で買い取ってくれるという売り文句につられて行ってみたところ、高価買取は全くのデタラメで、実際は安い金額で無理やり売却させられてしまったなどの経験をして後悔している人もいるのではないでしょうか。


多くの業者は真っ当に商売をしていますが、中にはこうした悪質なことをしている店も少なくないようですから、よくよく調べてから利用するといいでしょう。


自分や知人がこういう事態に巻き込まれてしまったら、消費者センターに相談すれば、調査、是正勧告などをしてもらえることと思います。


最近、金の価格が上がっていると聞いたので、タンスの奥に眠っていた金製品を、金買取ののぼりを出している店に持って行ったら、そのお店では、刻印の打たれていないものは買取を扱っていませんでした。


中には刻印ありの品もありましたが、数が少なく、買取手数料の分だけワリを食ってしまうので、刻印ありも無しもまとめて買い取ってくれる店を求め、金買取で有名な御徒町まで足を延ばしてみました。


すると、スタッフや設備のレベルが他とはまるで違うのでびっくりしました。


専用の機械を使って、金性という金の純度の測定をしてくれ、全ての品物を無事に買い取ってもらうことができ、大満足でした。


金といえば純金を思い浮かべる人が多いでしょうが、実際には色々なものがあります。


カラットの略であるKを用い、純金なら「24K」などと表現します。


銀や銅など他の金属との合金であるものは、その純度に応じて、18Kなどと数値が変わっていきます。


18Kは24分の18という意味ですから、つまり75パーセントが金です。


18Kの中でも、金に何をどれだけ混ぜるかによって種類が変わり、銅を多く混ぜればレッドゴールド、銀を多く混ぜればグリーンゴールド等と色々な種類があるのです。


手持ちの金を買取してもらうときに、純度は大事ですので、気に留めておくといいでしょう。


昔は素人が金買取の情報を得るのも一苦労でしたが、最近では多くのお店で金買取を取り扱うようになったので、調べて利用してみるのもいいと思います。


相場の変動によっても大きく買取金額が変わるので、手放すタイミングはよく検討しなければなりません。


また、買取価格から手数料や鑑定料が引かれる場合もありますから、よく調べないまま店舗に行ってしまうと、他の店と比べて大幅に買取額が下がることもあります。


ちなみに、自宅をいきなり訪問して金の買取を行う「訪問購入」のところは、詐欺スレスレの酷い営業をしている場合が多いです。


金製品の買取で出来る限り高値を付けてもらうためには、買取時の諸々の手数料がかからないお店を当たるというのが基本ですね。


加えて、日々変わりゆく金の相場に目を光らせておくのも怠ってはいけません。


一度にたくさん売った方が、1グラムあたりの買取額も高めになるので、全部で10グラム程しかないのであれば、相場を気にしたところであまり意味はありません。


「相場より高く買い取ります」などの広告もネットでは見かけますが、相場より高く買い取るなどといった広告はほぼ詐欺か悪質業者ですので、鵜呑みにしないことが大事です。


22:24
2019年09月08日(日)
【デザインが古いとか、年齢が合わなくなった】
デザインが古いとか、年齢が合わなくなったとかで、もう使わない金やプラチナのアイテムというのは、どなたの家にも結構あるのではないでしょうか。


そこで役立つのが金買取ショップです。


貴金属買取のお店はたくさんありますが、公開されている参考買取額をもとに、より高い値段で買取してくれるのはどの店か比べてみるのをおすすめします。


店によっては手数料や査定料を買取価格から差し引いてくるので、表面的な買取価格だけではなく、色々な情報を確認しておきましょう。


お手元の金製品を買い取ってもらうにあたり気に留めておくべきことは、金の相場をちゃんと知っておくことです。


買取価格で後悔しないためにも、その日その日の相場を把握した上で、買取のタイミングを決めるべきです。


店が買い取る額は、申込の時の相場によって決まるケースが普通です。


相場変動を逆手にとって、なるべく高値で買い取ってもらいましょう。


消費税が5%から8%に上がったのは記憶に新しいですね。


金の購入時には、その時の消費税率に応じて消費税を支払うわけですが、自分の方が買取店に金を売却する際にも、お店から受け取る買取額には消費税分が上乗せされるのです。


このことを利用して、金をあらかじめ買っておけば、消費増税に伴って、売約時の受取額が少しだけ上がって得をするのです。


今まで反発しかなかった消費増税が投機チャンスに思えてきますね。


また、消費税の安い日本で買った金をヨーロッパなどの消費税が高い国に持ち込んで売ることでも同様に利益を上げられる可能性があります。


未だ記憶に新しいリーマンショック。


それから今までの間に、徐々にですが、金を買取に出す際の買取価格が高くなってきました。


さらに、これも記憶に新しいことですが、経済破綻を起こしたギリシャの国内において、銀行預金の引き出しが無期限で封鎖されました。


リーマンショックに続き、この経済破綻も金製品の買取価格が上がる要因の一つになったとみられています。


少し前の話ですが、タンスの奥に仕舞い込んでいた金製品を買取に出しました。


なにぶん、そうしたことは初めてだったので、売却先をどこにするか、自分では思いつかず、ネットの情報に頼ることになりました。


そうすると、御徒町の専門店街が信用できるとの情報がありました。


老舗の金買取店が集まる一帯があって、その内の一店舗を利用することにしました。


実際行ってみるとちゃんとしたお店でしたし、買取金額も高かったので、上機嫌で帰りました。


22:24
2019年09月07日(土)
【プラチナの価格が上がっていると聞き、アクセサリーを買取】
プラチナの価格が上がっていると聞き、アクセサリーを買取店に持ち込んでみると、全く別の金属であるホワイトゴールドだと言われたという何とも残念なケースがままあると聞きます。


もちろん、両者は別物です。


プラチナはあまりに高価で、一昔前は金の3倍ほどしたくらいですから、プラチナに手を出せない人は代わりにホワイトゴールドを身に付けるようになったのです。


合金であるホワイトゴールドは、一般に18金か14金なので、K18WGやK14WGなどとあればその純度で金を含んだホワイトゴールドだということです。


なんだか安っぽいように思えるかもしれませんが、これだって金の一種ですから、金製品を買い取ってくれる店であれば、現金化は可能だと思います。


貴金属買取を扱うお店では、多種多様な品物が買取の対象になっています。


金買取というとおカネ持ちの世界という気がしますし、豪華な屋敷の金庫に入っている金の延べ棒などを最初に思い浮かべるケースが多いようですが、買取店で取引される品物はそれだけにとどまりません。


メガネや金歯などもその一例です。


どんな品物でも溶かせばまた金として再利用できますから、眼鏡や金歯だって値段をつけてもらえるのです。


最近問題になっている事件についてお伝えします。


自宅に業者がやってきて、納得できないような安価で強引に金を買い取っていく、いわゆる「訪問購入」による被害がここ数年で急増しています。


まるで持ち主に利益があるかのようなことを言い、なかなか首を縦に振らない人には、態度を豹変させ、無理やり買取を進めるという場合が多いようです。


このような業者は詐欺も同然であり、普通のお店なら出してくれる契約書なども渡されないので、怪しい業者が訪ねてきても相手にしないようにしましょう。


買取サービスには昔から色々なものがあります。


最近人気なのは、ネットで申し込める、金買取の郵送買取サービスです。


この形態は、売却したい品物を専用のパックに入れ、郵送などでお店に送付し、数日で査定結果が出るのを待ちます。


査定結果をメールなどで確認したら、その額でよければ売却し、納得いく金額でなければ品物を送り返してもらいます。


店頭での買取はそんなに夜遅くまで空いていませんが、郵送買取なら時間を気にせず利用できるので、周りに買取店が無い人はもちろん、忙しくてお店に行けない人には嬉しいですね。


十年以上にわたって使用していない指輪やイヤリング、ネックレスなどの貴金属が沢山あるという方もいるでしょう。


そうした品物をお持ちの方は、買取サービスを利用して現金化するのを考えてみてはどうでしょう。


金やプラチナを専門に買い取ってくれるところもここ十年ほどで急激に増えてきたので、本当に高額で売却できるかどうか一度見てもらうのもいいでしょう。


21:54

次n→ 





w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++