金買取の知識


[記事を書く]
[月別]
[更新アラート]
2019年07月22日(月)
【ここ十年ほどで金の価格が上昇し続けていると聞き、手持ち】
ここ十年ほどで金の価格が上昇し続けていると聞き、手持ちの金製品を買取店に持ち込んでみましたが、純度を示す刻印が入っていないから、値段は付けられないと言われてしまいました。


刻印がある商品だけなら買取査定できるとのことでしたが、それでは点数も少なく、手数料も考慮すると割に合わないので、刻印ありも無しもまとめて買い取ってくれる店を求め、金買取で有名な御徒町まで足を延ばしてみました。


すると、スタッフや設備のレベルが他とはまるで違うのでびっくりしました。


見た目の検査はもちろん、比重を測るための色々な機械を駆使して、私の持ち込んだ金製品に全て値段を付けてくれました。


もう身に着けなくなり、自宅で眠っている金の指輪やネックレスなどが沢山あるという方もいるでしょう。


知人にあげるのも捨てるのも何だかなあ、という場合は、買取店に持ち込んで買取してもらうことを検討してもいいと思います。


金・プラチナの高額買取をウリにした店もあちらこちらにありますので、いくらの値段が付くか鑑定に持ち込んでみるのをオススメします。


業者の人間が突然自宅を訪れ、一方的に金製品を買取させてくれと居座ってくるという迷惑な事例があります。


これは訪問購入と呼ばれます。


お店に売りに行く場合に比べて、買取金額が非常に低かったり、強迫的な態度に負けて売却に合意してしまったなどと、憤りを抑えられない方も当然多いです。


こうした訪問購入のケースに対しては、訪問販売と同様、クーリングオフ制度の対象になったため、8日間は品物を渡す必要もないですし、やっぱり嫌になったら契約解除できることを知っておいてください。


今も昔も、金持ちはさらに儲けるために色々なものに投資をします。


典型的なものが金(ゴールド)ですね。


金というものは、資産価値があまり下がらないという特徴があるのです。


国際関係に左右される外貨と違って、金の価値は一定だからです。


世界中どこでも通用する価値を持っているということも、昔から金が投資の対象にされてきた理由の一つです。


とはいえ、相場の変動も当然あるので、手元の金を売ろうとする前に、その時の相場をチェックすることをオススメします。


手持ちの金製品を買取に出す時には、果たして満足できる金額になるのか、誰しも気にされるところですよね。


しかし金の値段は常に決まっているわけではありません。


金の国際価格やドル円レートは日々変わっているので、いつ売るかによって値段が大きく変わってくることもあります。


そのため、少しでも高い金額で売りたいと思う方は、テレビやネットの情報に目を光らせ、刻一刻と変わる相場の情報を押さえることに努力を捧げてもいいと思います。


06:00
2019年07月21日(日)
【最近数が増えてきた金買取ですが、その中には詐】
最近数が増えてきた金買取ですが、その中には詐欺まがいの悪質なケースも発生しているので注意が必要です。


特に注意するべきは、訪問型の買取を名乗る詐欺です。


主婦やお年寄りを狙って家を訪問し、強迫的な態度で金製品の買取を迫ってくるのです。


こうした訪問購入は近年問題視され、法規制もされていますが、ほとんど二束三文の値段で換金させられたり、後から売却のキャンセルを申し入れても応じなかったりと非常に悪質です。


詐欺や強迫のペースに嵌ってからでは遅いので、はっきり断って追い帰すようにしてください。


ショップやネットなどの金買取の市場では、装飾品以外にも、様々な商品の買取を受け付けてくれます。


金製品を買い取るなどと言われると、投資目的の地金にばかり考えが至りがちですが、案外、庶民の生活の中にも金製品は溢れているのです。


金歯や金縁の眼鏡などは、お持ちの方も多いでしょう。


金製のメガネフレームや、使わなくなった金歯などだって値段をつけてもらえるのです。


貴金属の買取を行う店舗が最近増えてきましたが、お客さんの身分証の提示が必須になっています。


お店に直接持ち込む場合はもちろんですが、商品を先に送ってお金を振り込んでもらうなどの形式も必ず身分証の提示が必要です。


買取の際には、免許証など公に認められた身分証明証で身分確認を行うことが法律で義務付けられています。


直接店に行かず、郵送で買取を進めるなら、免許証などをコピーして同封することを求められる場合が多いですね。


最近、身内が亡くなり、色々あった末に遺品の指輪などを私が受け取ることになったのですが、金製といっても、時代が行っているので値段は付かないと思っていました。


今まで金の買取は利用した経験がなく、なんとなく怪しげなイメージもあったのですが、友人から直接の口コミもあり、思い切って行ってみることにしたのです。


実際のところ、店員さんの対応も丁寧で、素人の私にも優しい印象でした。


肝心の金額も予想以上のもので、利用してみて正解だったと今では思います。


金のアクセサリーを買取に出そうという際に、普通に思い至る売却先といえば、最近多い「金・プラチナ買取」系のお店ですよね。


ですが、その手のお店は馴染みがなく不安だったり、裏から怖いお兄さんが出てくるのではないか、などと思っている人が少なくないと思われます。


そんな方でも安心して利用できるのが、デパートの金買取ですね。


デパートの中にお店を構えている場合もあれば、催事場でやっている場合もあります。


デパートなら変なトラブルは無いだろうという安心感から、街の買取ショップより人気の場合もあります。


04:06
2019年07月20日(土)
【最近流行りの金買取ショップでは、本当に多くの種類のアイ】
最近流行りの金買取ショップでは、本当に多くの種類のアイテムを現金化することができるのです。


金製品を買い取るなどと言われると、金の延べ棒であるとか、貴重な金貨であるとかを最初に思い浮かべるケースが多いようですが、案外、庶民の生活の中にも金製品は溢れているのです。


メガネや金歯などもその一例です。


金で出来てさえいれば、眼鏡のフレームや金歯でも買い取ってくれる場合が多いです。


不要になったプラチナのアクセサリーを売却しようと思って店に持って行くと、それより価値の劣るホワイトゴールドの品だったといった経験をお持ちの方もいるのではないでしょうか。


もちろん、両者は別物です。


プラチナは大変希少で、金を上回るほど高価なので、代わりに使われるようになったものです。


日本でも昭和50年代までは代替品の認識でした。


合金であるホワイトゴールドは、一般に18金か14金なので、K18WGやK14WGなどとあればホワイトゴールドだという証です。


代替品と聞くと安そうな印象ですが、金であることに変わりはないので、金買取を扱っているお店ならどこでも買い取ってもらえるでしょう。


ここのところ金買取のCMをテレビでもよく見ます。


先日、私もタンスの奥に仕舞い込んでいた金製品を買取に出しました。


金買取はそれまで利用したことがなく、どういうお店に持って行くのが一番いいのか迷って、試しにネットで検索してみたのです。


調べた結果、御徒町のあたりに、老舗の金買取店が集まる一帯があって、その中でホームページがちゃんとしていた店舗を選びました。


店構えなどもしっかりしていて信用できましたし、思った以上の値段が付いたので満足しています。


金の相場価格はネットでも簡単に見ることができます。


今は1グラム5000円くらいですね。


これはあくまで純金の価格ですから、一例として、18金(純度75%)ならば、純金の75%の価格、つまり約3500円です。


100グラムで35万円ですから、仮に200万円以上になるような18金は、重さで言えば単純計算で550グラムから600グラムほどでしょうね。


近頃は18金よりも安価な10金も増えてきましたが、10金までいくと純度は半分以下の41%程度。


1グラムあたりの価格は2000円ほどです。


これで200万円を稼ごうと思えば、1キログラム以上も必要なのです。


今は金の価値が上がっている時代です。


金製のアクセサリーなどは、家にずっと眠ってはいるけど、時代遅れのデザインだったりして処分を検討している人もいるでしょう。


そのような金やプラチナ製品をお持ちの場合、最近流行りの金買取を利用してみるのも一案です。


でも、ここで落とし穴があります。


メッキ加工の偽物の場合もあります。


買取店でそう言われてしまったときは、泣き寝入りするしかないですね。


04:00
2019年07月19日(金)
【初めての金買取。一番肝心なお店選びの段階で最初は迷】
初めての金買取。


一番肝心なお店選びの段階で最初は迷うものですよね。


いくらかでも高い金額にしてくれる店がいいというのは、誰だって考えることですよね。


初めての方が注目するべきは、実際に利用した人からのレビューなどです。


多くのお客さんから高く評価されているお店なら、トラブルと無縁のちゃんとした店であることを示しており、参考になります。


店への持ち込みではなく、業者のほうが家に来て、一方的に金製品を買取させてくれと居座ってくる場合があり、「訪問購入」として法規制の対象になっています。


お店に売りに行く場合に比べて、買取金額が非常に低かったり、売るつもりはなかったのに、ゴリ押しに負けて売却してしまったなどと、被害を訴えるケースが最近増えています。


ですが、対処法もあります。


金買取の訪問購入に対しては、法改正によってクーリングオフ制度が使えるようになりましたから、8日間は品物を渡す必要もないですし、やっぱり嫌になったら契約解除できると覚えておいてください。


悪徳業者が来た時にこの知識が武器になります。


不況の影響か、金買取の相場が高くなっているので、専門店で買い取ってもらったという時、例外も多いですが、基本的には必要な書類を揃え、確定申告の手続きをしなければなりません。


金の売却によって生じた利益(売却額から購入時の価格や雑費を引いたもの)は税務上、譲渡所得として確定申告の対象となりますが、地金(インゴットなど)の場合、50万円の特別控除が受けられます。


本当はもう少し複雑なのですが、ざっくり言って、利益が50万円未満なら全額控除が可能なので、金売却に税金はかかりません。


長年使っていない貴金属のネックレスや指輪などというのは、どなたの家にも結構あるのではないでしょうか。


そんなときは買取ショップで換金しましょう。


貴金属買取のお店はたくさんありますが、ウェブサイトなどに載っている買取価格を参考にして、どの店で買取してもらうのが一番得になるか、色々と見て比べてみるといいでしょう。


鑑定料や手数料、目減り分の減額も店によって異なるため、情報は隅々まで目を通しましょう。


もう何年も使っていない金の指輪やネックレスなどはどなたにもあるかと思われます。


そうした品物をお持ちの方は、買取ショップへの持込みを検討してもいいと思います。


そうした買取を専門としているお店も街に溢れていますから、手持ちの金製品がいくらになるかまずは確かめてみてはいかがでしょうか。


03:54
2019年07月18日(木)
【ここ十年ほどで一気に増えてきた】
ここ十年ほどで一気に増えてきた金買取。


今では、色々な店舗で貴金属の買取サービスをするケースが増えています。


中でも有力なのが、リサイクルショップですね。


こうしたお店は、家庭での不要な品を買取してくれるのが基本ですが、需要の拡大に応え、金やプラチナの買取サービスを始める事例が現在では多くなっています。


金買取専門の鑑定士がいるので、しっかり査定してもらえます。


金買取の利用を検討している場合は、質屋や金買取専門店と比較検討してみましょう。


一昔前と違い、今は実に多くのお店が金の買取をしていますから、昔より利用を検討しやすくなりました。


貴金属は相場の上下によって売却額が大きく変動しますから、手放すタイミングはよく検討しなければなりません。


手数料などのシステムも店舗によりけりなので、他と比較検討しないままお店を決めたら、表向きの買取額よりずっと低い金額しか受け取れないこともあります。


ちなみに、自宅をいきなり訪問して金の買取を行う「訪問購入」の買取業者はトラブルや詐欺も多いので、気をつけてください。


万が一、盗品だった時のためにも、金買取時には、お客さんの身分証の提示が必須になっています。


お店に直接持ち込む場合はもちろんですが、非店舗型の業者など、対面せず郵送と振込でやりとりする場合も何らかの形で身分確認をしなければなりません。


公的な身分証明書、たとえば免許証や保険証などを提示することで、誰が売ったかを明確にするのです。


郵送した商品を査定してもらう場合は、そういった身分証の写しを一緒に送ることで必要な手続きに変えるというのが普通です。


金に限った話ではないですが、買取は贋物との戦いです。


一般の人が買取に持ち込んだ金製品が、実は偽物だったという場合もあります。


金メッキ製品の表面にレーザーで本物同様の刻印を入れるなどして、専門家の目までも誤魔化そうとしてくる場合もあります。


とはいえ、比重計を用いて品物の重さを測定すれば、通常時の重さと水に沈めたときの重さの差から、比重はすぐにわかります。


中には、金と同じ比重になるように精巧に作られた偽物もありますが、昔から使われている試金石検査という方法ならば、金の表面を少し削り取ることで、贋物はすぐに判別できます。


「試金石」という言葉の用法の基にもなっているやり方ですね。


最近数が増えてきた金買取ですが、その中には詐欺まがいの悪質なケースも発生しているので注意が必要です。


特に注意するべきは、訪問型の買取を名乗る詐欺です。


金買取業者を名乗るものが自宅までやって来て、金製品を買取させてくれと一方的に言って居座ってくるのです。


こうした訪問購入は近年問題視され、法規制もされていますが、買取価格も異様に安かったり、ひどい場合には現金すら渡さず、粗品と引換にされてしまうケースもあります。


弱々しい態度で話に応じていると、ひどい被害を受けてしまうので、怪しい人間が訪ねてきたら、きっぱりと拒絶してください。


00:24
2019年07月17日(水)
【株式や外貨など、投資の対象となるものは多いですが、】
株式や外貨など、投資の対象となるものは多いですが、金に代表される貴金属はその典型です。


金に投資するメリットは、それほど値崩れが無いことです。


通貨は国際情勢でレートが変わりますが、金はその影響をほぼ受けないからです。


世界のどこに行っても貴重品として認識されていることも、金の値段が崩れない根拠になっているのです。


とはいえ、相場の変動も当然あるので、売却を検討しているなら、その時の相場をチェックしておくのが無難です。


もう使っていない金製品などをどこかに売却したいというときには、留意すべき点があるのです。


金の買取価格は、相場に従って日々変動している上、どこに持っていくかによっても鑑定料や手数料を引かれた、実際に受け取る買取金額はそれぞれ異なっていることです。


ですから、WEBサイトに載っている情報などをくまなく調べ、何処に売るのが一番得になるかじっくり検討してください。


金の相場が1グラム5000円というと、かなり高騰していると言えますが、純金でなければ当然それより安い額になります。


例えば75パーセントが金である18金の場合、純金5000円に対し、その75%の3500円になるのです。


100グラムで35万円ですから、仮に200万円以上になるような18金の重さというのは、550から600グラムくらいでしょう。


ちなみに、かつて流行した喜平ネックレスが、重いもので1本100グラム程度です。


近頃は18金よりも安価な10金も増えてきましたが、10金までいくと純度は半分以下の41%程度。


1グラムあたりの価格は2000円ほどです。


1キロほど寄せ集めないと200万円にはなりません。


ネットや宅配の利便化に伴い、今にわかに人気なのが、ネットで申し込める、金買取の郵送買取サービスです。


どんなものかというと、買取してほしい品物をまずは店に送って、数日で査定結果が出るのを待ちます。


査定結果をメールなどで確認したら、承諾の返事をし、取引成立になります。


もちろん金額に納得できなければキャンセルできます。


営業時間内にお店に行かなければならない店頭買取と異なり、ネットの申込なら時間や場所は関係ないので、田舎に住んでいる人や、仕事が忙しい人のための形態と考えてもいいかもしれません。


金買取というのが流行っているそうですが、先日はその業者から電話がありました。


他の種類の営業電話はよく受けますが、そういう電話は初めてだったので、まずは話を聴いてみることにしたのです。


色々と聴いてみたら、指輪やネックレス、腕時計などの金製品の中で、もう要らない商品を高額買取で引き取ってくれるということなのです。


若い頃に貰ったアクセサリーをそういえば使っていないなと思い、試しに査定してもらうことにしました。


00:00
2019年07月16日(火)
【バブルの崩壊以降、現在にかけて、自宅に】
バブルの崩壊以降、現在にかけて、自宅にある金製品を現金にできないかと考える人が増え、市場の拡大に合わせて、金の高価買取などの広告を掲げる店が多くなってきました。


全国規模でチェーン店を出している業者もいくつかある模様です。


沢山のお店の中から選べるほうが利用の敷居が低くなりますし、ライバルが増えればそれだけ高値の買取を掲げるお店も増え、良い方向への変化が期待できると思います。


店員の接客の質までも上がる可能性があります。


買取をお願いするお客さんには、望んでいたシチュエーションといえるでしょう。


ともに高級品として知られる金とプラチナですが、どちらが高価かまで把握している人はあまり居ないように思います。


最近は金の価格も高騰してきましたが、基本的により高価なのはプラチナです。


一時期は金の3倍ほどしたのです。


理由としては、元々の埋蔵量の少なさが多分に影響しているのです。


人類が現在までに産出したプラチナの量は、金の30分の1に過ぎません。


これらはいずれも、永遠に劣化せず輝きを保ち続ける金属なので、遥か昔から、世界中の至る所で富の象徴となってきましたが、あまりの希少性の高さが、1グラム5000円を超えるほどの高値の理由になっています。


買取価格には自信があります、という宣伝を信じて買取を利用してみたら、あれやこれやと理由をつけて結局定額で金を手放してしまったというケースはよく耳にするところです。


信用の置けるお店も沢山ありますが、一方、詐欺まがいの悪質な営業をしているところもあるので、よく見極めたうえで利用しないといけません。


黙って泣き寝入りするのが嫌な人は、弁護士もいいですが、先に消費者センターに相談するのをお勧めします。


最近数が増えてきた金買取ですが、その中には明らかな詐欺もあるので気を付けてください。


訪問購入には悪質なケースが多いと言われています。


金買取業者を名乗るものが自宅までやって来て、金製品を買取させてくれと一方的に言って居座ってくるのです。


最近では法規制の対象になりましたが、そんなのどこ吹く風といって、ほとんど二束三文の値段で換金させられたり、廃品回収か何かのように、粗品を渡して金を持って行ってしまう場合すらあります。


弱々しい態度で話に応じていると、ひどい被害を受けてしまうので、そうなる前に拒絶の意思を示し、追い帰すのが得策です。


金の買取を業者に依頼するにあたって押さえておくポイントとしては、何より相場の変動に気を配ることでしょう。


少しでも高値で手放すことができるよう、相場を小刻みに確認しておき、買取のタイミングを決めるべきです。


申し込む時の相場によって、買取価格が決まることがほとんどです。


相場の確認を欠かさず、最も高い時期に手放しましょう。


00:00
2019年07月14日(日)
【金の相場が上がっている近頃は、不要になった金製】
金の相場が上がっている近頃は、不要になった金製品やプラチナ製品をお売り下さいという内容の店舗が急激に増えているようで、よく広告を目にしますね。


WEB上でも、気になって検索してみたら、高価買取を謳う宣伝のページがたくさんヒットします。


もう使わない宝飾品が少しでもお金になるのなら、別にどこの店を選んでも大差ないと思う人もいるでしょうが、金などの買取価格は相場と連動して毎日変わっているので、相場の変動を確認しておき、高くなった時に売るのが賢いといえます。


貴金属の代表といえば金とプラチナですが、より高価なのがどちらかはあまり知られていないのではないでしょうか。


最近は金の価格も高騰してきましたが、基本的により高価なのはプラチナです。


理由としては、市場規模の小ささに加え、金と比べても圧倒的に少ない産出量が挙げられます。


ちなみに金の年間生産量約2500トンに対し、プラチナは約200トンしかありません。


プラチナも金も、錆びたり腐ったりせず何百年でも安定した価値を保ち続けるので、国際情勢に関係なく世界中で需要の高い物質ですが、生産量や流通量のあまりの少なさが、その価値を形作っているというわけですね。


金買取の世界には、業者の方から個人宅を訪れて、しつこく金を買い取ろうとしてくる訪問購入というケースがあり、問題視されています。


業者の量ったグラム数や買取価格の基準が信用できなかったり、執拗に勧誘されて断り切れず売ってしまったといって、被害を訴えるケースが最近増えています。


悪質な訪問購入で被害に遭ってしまった場合でも、平成24年の特定商取引法改正に伴い、クーリングオフ制度の対象となったので、8日以内なら品物を取り戻すことができるし、なんなら8日間は品物を渡す必要すらないことを知っておいてください。


最近流行りの金買取ショップでは、アクセサリーをはじめとして色々なものが買取の対象になっています。


金買取というとおカネ持ちの世界という気がしますし、豪華な屋敷の金庫に入っている金の延べ棒などを連想する人が多いでしょうが、案外、庶民の生活の中にも金製品は溢れているのです。


メガネや金歯などもその一例です。


形がどうあれ金は金ですから、ごく普通の金縁眼鏡なども金製品として立派に買取の対象になります。


ここのところ金買取のCMをテレビでもよく見ます。


先日、私も買取店を利用して、古い指輪やネックレスを買取してもらいました。


金買取はそれまで利用したことがなく、買取してもらうお店をすぐには決められず、試しにネットで検索してみたのです。


そうしたら、貴金属のメッカといわれる御徒町に、貴金属買取の専門店が所狭しと並んでいる一帯があるということなので、その内の一店舗を利用することにしました。


店構えなどもしっかりしていて信用できましたし、そこそこ良い金額で手放せたので満足でした。


23:42
2019年07月13日(土)
【金やプラチナなどの買取ショップでは、未成年への利】
金やプラチナなどの買取ショップでは、未成年への利用規制があるのが当たり前です。


そのため、未成年の人は買取を利用できないのが一般的です。


僅かながら、年齢制限が20歳未満ではなく18際未満の場合もありますが、法定代理人である親が署名捺印した同意書が必要です。


加えて、たとえ18歳からOKの店でも、職業を確認され、高校生なら買取は不可というのが一般的です。


金の価格高騰に伴い、友人が金を売却してそこそこのお金になったと聞いて、家に眠っていた金製品を近所の買取ショップに持っていったのですが、刻印が入っていないものは買取れないと言われてしまいました。


刻印がある商品だけなら買取査定できるとのことでしたが、それでは点数も少なく、手数料も考慮すると割に合わないので、どうせなら全て一括で売却した方がおカネになると思い、金買取で有名な御徒町まで足を延ばしてみました。


すると、スタッフや設備のレベルが他とはまるで違うのでびっくりしました。


専用の機械を使って、金性という金の純度の測定をしてくれ、無事に全ての金製品を買い取ってもらうことができました。


金買取業者を名乗るものが突然自宅を訪れ、言葉巧みに金の買取を持ち掛け、相場より遥かに安い価格で買い取っていく、悪質な訪問購入の事案が多くなっていると聞きます。


まるで持ち主に利益があるかのようなことを言い、こちらが申し出に応じなければ、態度を豹変させ、無理やり買取を進めるという場合が多いようです。


このような業者は詐欺も同然であり、後々の証拠となるような書類もほとんど渡してくれないので、少しでも怪しいと思ったらすぐに追い帰すのが吉です。


近年、金の買取ショップが増え、買取価格が全体的に高騰していると聞いたので、この機会に買取に出そうという方が多いようです。


この時は、例外も多いですが、基本的には確定申告をしておかなければ後々面倒なことになります。


売却額から購入時の費用などを差し引いた利益は、通常は譲渡所得として総合課税に含まれるのですが、この内50万円までは特別控除、つまり税金を払わなくていい部分になります。


色々と複雑な計算はありますが、要約すると、50万円以下の譲渡所得であれば全額控除が可能なので、金売却に税金はかかりません。


便利な金買取ですが、一部では詐欺まがいの悪質なケースも発生しているので注意が必要です。


悪質な詐欺のケースは、訪問型の買取に多いと言われています。


主婦やお年寄りを狙って家を訪問し、金製品を買取させてくれと一方的に言って居座ってくるのです。


こうした訪問購入は近年問題視され、法規制もされていますが、ほとんど二束三文の値段で換金させられたり、売らないと言ったものまで勝手に持って帰られるケースまであります。


玄関先に上げてしまうと非常に危険なので、そうなる前に拒絶の意思を示し、追い帰すのが得策です。


23:42
2019年07月12日(金)
【最近はやりの金買取。色々な形】
最近はやりの金買取。


色々な形式があるようですが、代表的なものとしては、買取ショップに売りたいものを直接持っていくのが最も一般的な方法ではないかと思います。


プロの鑑定士がその場で商品を鑑定してくれて、すぐに現金化できるため、詐欺やトラブルとは無縁だといえます。


査定額の理由などをちゃんと説明してくれるショップも増えてきましたので、その場でよく考え、本当に納得してから買取ってもらえます。


これなら安全だと思いませんか。


買取店にとって真贋鑑定は重要です。


時として、買取ショップに偽物の金製品を持ち込む詐欺のケースもあります。


金メッキ製品の表面にレーザーで本物同様の刻印を入れるなどして、真贋鑑定を突破しようとする詐欺師もいるほどです。


しかし、磁石による検査、刻印周りのキズでも判別できますし、比重計を使えばそれが金かどうか、純度は何%かなどが容易に判別できます。


仮に比重計で見抜けないように重さを調整された贋物であっても、試金石と呼ばれる黒い石に品物を擦り付けて色合いを見る「試金石検査」なら、金の表面を少し削り取ることで、本物の金でないことはすぐにわかります。


身につけなくなって久しい金製の指輪やネックレス、イヤリングなどの処分に困っている方もいるかもしれません。


ただ家に置いておくより、いっそ買取に出してはどうでしょう。


金やプラチナの買取を扱っている店舗を探し、公開されている参考買取額をもとに、最も良い条件で売却できる店はどこか、色々と見て比べてみるといいでしょう。


店によっては手数料や査定料を買取価格から差し引いてくるので、情報収集を怠らないことが肝要です。


買取価格には自信があります、などと言うからお店に行ってみたら、査定の段になってから色々と難癖をつけられ、結局は安価で無理やり売却させられてしまったなどの苦い経験をした方もいるかもしれません。


誠実なお店ならよいのですが、一部では客の無知に付け込んで悪質な営業を行っているところも存在するので、店を選ぶ際には慎重になりすぎるくらいが丁度よいでしょう。


自分や知人がこういう事態に巻き込まれてしまったら、警察よりも消費者センターにまず相談してみるのが効果的です。


最近は金買取を掲げるお店が増えてきましたが、そこでは意外なほど様々な種類のものに値段をつけてもらえます。


金というといかにも富豪の趣味という気がして、インゴットや金貨、あるいは指輪などの高級品にばかり考えが至りがちですが、私達の手の届く範囲にも金製品は意外と多いものです。


例を挙げれば、金縁の眼鏡がそうでしょう。


金で出来てさえいれば、眼鏡のフレームや金歯でも買い取ってくれる場合が多いです。


22:30

次n→ 





w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++