金買取の知識

2019年06月13日(木)
【ずっと前から使わなくなってしまった金やプラチ】
ずっと前から使わなくなってしまった金やプラチナの装飾品があったら、売却して臨時収入を得るのもいいと思います。


ただし、同じ量の金でも店によって買取金額は大きく違ってくるので、色々なお店のウェブサイトなどをチェックした上で、好条件の買取をしている店舗に売るのが得策です。


たくさんの商品を売る場合は特に、僅かな基準額の差で大きな違いが出るため、店の選択には注意しましょう。


昔貰ったけどもう使わない、というネックレスをおカネに変えたいと思っている人は、ネックレスの裏などに刻印がないか探してみましょう。


ニセモノの金でなければ、製品のクオリティを示すため、「K24」などの文字が刻印されています。


このKというのは、純度を表す「カラット」の略です。


K24というのは純度100パーセント、K18なら純度75パーセントだという意味です。


もちろん、この純度が何%であるかによって市場価値は変わってくるということです。


18歳に達していない青少年は、古物営業法や青少年健全育成条例に基づき、単独で買取サービスを利用することができません。


さらに、法律の趣旨を拡張する形で、法律だけではなく業者側でも買取時のルールを定めており、成年に達するまでは古物売買の利用はできないところがほとんどです。


18歳以上20歳未満で買取ができる場合でも、法定代理人である親が書いた同意書がなければ買取してもらえません。


初めてで不安も多い金買取。


安心して利用する上で大事なのはまず、店の選択がすべてです。


店を選ぶ秘訣は、買取価格を見ることは勿論、手続の簡便さも重要なポイントです。


郵送なら振込の早さも大事です。


最後の決め手としては、店の取引実績や評判を確認しなければなりません。


WEBの場合、何より参考にできるのはそのお店で実際に買取をしてもらった人のレビューです。


口コミやレビューの点数が高ければ安心なので、そういう店を選びたいものですね。


ネットや宅配の利便化に伴い、今にわかに人気なのが、ネットで申し込める、金買取の郵送買取サービスです。


どんなものかというと、買取してほしい品物をまずは店に送って、数日で査定結果が出るのを待ちます。


お店からメールや電話で査定額の連絡を受け、売却を決定するか、額が低いと思えば無償でキャンセルできます。


営業時間内にお店に行かなければならない店頭買取と異なり、時間を気にせず利用できるので、店に行く時間がなかなか取れない人が主に利用しているようです。


05:06






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++