金買取の知識

2020年03月26日(木)
【昔貰ったけどもう使わない、というネックレスを買取シ】
昔貰ったけどもう使わない、というネックレスを買取ショップに持っていこうとしている方は、ネックレスの裏などに刻印がないか探してみましょう。


市場において金の純度を証明するため、日本製なら「K24」、外国製は「24K」などの刻印が押されています。


Kはカラットの略で、この数値は金の純度を表しています。


含まれる金の割合は、K24で100%、K18で75%と解釈してください。


同じ金製品でも、何割の金が含まれているかによって市場価値は変わってくるということです。


金の価値が上がっている昨今、多くの店舗や業者が、金やプラチナといった高級貴金属の買取を取り扱うようになりました。


リサイクルショップなどはその好例でしょう。


一般的には、着なくなった服などを売りに行く所ですが、需要の拡大に応え、金やプラチナの買取サービスを始めるところが多くなってきました。


専門知識を持った買取スタッフも常駐しているので安心です。


家にある金のアクセサリーなどを手放したい人は、買取価格などを調べてみてもいいと思います。


今は金の価値が上がっている時代です。


金製のアクセサリーなどは、昔もらったものでも、年齢に似合わなくなってしまったりしてさっぱり身に着けなくなってしまったものもあるでしょう。


そのような金やプラチナ製品をお持ちの場合、最近流行りの金買取を利用してみるのも一案です。


でも、ここで落とし穴があります。


本物と言われて買っても、プロが見ると偽物の可能性もあります。


買取に行ってそういうことになったら、不運だったと泣き寝入りするしかないと思います。


貴金属の買取を行う店舗が最近増えてきましたが、多くの店では買取時の身分確認を徹底しています。


買取を依頼する際には、お店で直接買取する場合のみならず、非店舗型の業者など、対面せず郵送と振込でやりとりする場合でも、やはり本人確認は必要です。


公的な身分証明書、たとえば免許証や保険証などで身分確認を行うことが法律で義務付けられています。


郵送した商品を査定してもらう場合は、免許証などをコピーして同封することで法律の要件を満たすことになります。


金の買取を利用する際には、いくらで売れるか誰もが気にしますが、しかし金の値段は常に決まっているわけではありません。


景気や需要に応じて、金の相場は刻一刻と動いているため、同一の金製品でも、売る日によって値段が全く違うということがあり得ます。


そのため、少しでも高い金額で買取に出したいのであれば、ネットで情報を見て、金の値段が上がったタイミングを見逃さないことが重要だといえます。


11:18






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++