金買取の知識

2020年08月01日(土)
【金買取の世界には、業者の方から個人宅を】
金買取の世界には、業者の方から個人宅を訪れて、しつこく金を買い取ろうとしてくるという迷惑な事例があります。


これは訪問購入と呼ばれます。


お店に売りに行く場合に比べて、買取金額が非常に低かったり、強迫的な態度に負けて売却に合意してしまったなどと、被害を訴えるケースが最近増えています。


悪質な訪問購入で被害に遭ってしまった場合でも、訪問販売と同様、クーリングオフ制度の対象になったため、一度売却してしまっても、8日以内なら契約を取り消して品物を取り戻せることを知っておき、悪徳業者のゴリ押しに負けないようにしましょう。


相次ぐ不況で金の市場価値が上がっていると聞き、タンスの奥に眠っていた金製品を、金買取ののぼりを出している店に持って行ったら、刻印がないものは純度が分からないから買取できないと言われました。


刻印がある商品だけなら買取査定できるとのことでしたが、それでは点数も少なく、手数料も考慮すると割に合わないので、刻印の無いものでも一括で買取してくれるお店はないかと思い、金買取で有名な御徒町まで足を延ばしてみました。


すると、買取店のスタッフや設備も流石にレベルが違い、比重検査、試金石検査などで金の純度を調べてくれて、刻印無しでも全て買取してもらえました。


やはり行ってよかったです。


身につけなくなって久しい金製の指輪やネックレス、イヤリングなどを持て余している人は案外多いようです。


ただ家に置いておくより、いっそ買取に出してはどうでしょう。


買取ショップは非常に多くなっているので、相場の動きや、その店での買取額がいくらになるのかを見て、どこが一番高値を付けてくれるか比べてみるのをおすすめします。


鑑定料や手数料、目減り分の減額も店によって異なるため、情報は隅々まで目を通しましょう。


金買取業者の多くは法律を守って適正に買取を行っていますが、中には残念ながら詐欺のケースも存在します。


訪問購入には悪質なケースが多いと言われています。


主婦やお年寄りを狙って家を訪問し、要らない金製品を買い取るとゴリ押しするものです。


こうした訪問購入は近年問題視され、法規制もされていますが、ほとんど二束三文の値段で換金させられたり、廃品回収か何かのように、粗品を渡して金を持って行ってしまう場合すらあります。


玄関先に上げてしまうと非常に危険なので、はっきり断って追い帰すようにしてください。


お金持ちは色々なものに資金を投資して儲けようとしています。


中でもゴールド(金)は代表的なものでしょう。


何と言っても金は値崩れしにくいのです。


ドルや円のように、世界情勢の影響で価値が変わることがあまりないためです。


世界中どこでも通用する価値を持っているということも、外貨や株式と比べて金が値崩れしない要因です。


そうは言っても、全く変わらないわけではないので、実際に買取に持ち込むなら、事前に新聞やネットで相場の上がり下がりを確認してから売るのがいいと思います。


12:24






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++