金買取の知識

2020年10月17日(土)
【買取価格には自信があります、とネットで広告が出て】
買取価格には自信があります、とネットで広告が出ていたから利用してみたのに、高価買取は全くのデタラメで、実際は安い金額で金を手放してしまったという話はネットを見ていても散見されます。


誠実なお店ならよいのですが、一部では詐欺まがいの悪質な営業をしているところもあるので、よく見極めたうえで利用しないといけません。


どうにも腹の虫がおさまらないという方は、弁護士もいいですが、先に消費者センターに相談するのをお勧めします。


今は金の価値が上がっている時代です。


金製のアクセサリーなどは、家にずっと眠ってはいるけど、ずっと使い続けるのが嫌で何年も使わずじまいという方も多いと思います。


自宅にそうした商品を眠らせている方は、最近流行りの金買取を利用してみるのも一案です。


でも、ここで落とし穴があります。


本物と言われて買っても、プロが見ると偽物の可能性もあります。


買取に行ってそういうことになったら、泣き寝入りするしかないですね。


昔貰ったけどもう使わない、というネックレスをおカネに変えたいと思っている人は、そのネックレスの裏面などをよく見てみてください。


一般に流通している金製品には、金のグレードを証明する「K24」などの文字が刻印されていることが多いです。


Kはカラットの略で、この数値は金の純度を表しています。


K24というのは純度100パーセント、K18なら純度75パーセントだと思えばほぼ間違いありません。


同じ金製品でも、何割の金が含まれているかによってその金製品の買取価格も違ってくるということになります。


金の価値が上がっている現在では、色々なお店が金の買取サービスを実施しているので、調べて利用してみるのもいいと思います。


金に限った話ではないですが、貴金属は相場変動が激しいので、いつ売るかで大きく買取額が変わってきます。


店舗や業者によって、手数料の有無なども違いますので、たまたま見かけただけのお店を選んだ結果、「他所で売ればもっと高くなったのに!」と後悔する可能性もあります。


尚、頼んでもないのに勝手に家に来て買取を申し出るという業者は、相場より大幅に安い額での買取を無理に迫ったりするので論外です。


アクセサリーなどの金製品を手放したいと思っていても、生活圏内には買取店がないこともあります。


そんな方は、店頭に行かなくても、郵送買取を利用すれば買取してもらえます。


利用を申請すると、商品を入れる容器が自宅に届くので、査定してほしい品物を入れて送り返します。


数日と経たない内に、メールで査定額を教えてもらえるので、承諾の返事をした時点で買取が成立となり、買取代金が振り込まれます。


これならどこに居ても利用できますね。


18:12






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++