金買取の知識

2020年10月30日(金)
【身につけなくなって久しい金製の指輪やネ】
身につけなくなって久しい金製の指輪やネックレス、イヤリングなどを自宅のどこかに仕舞んでいませんか?そこで役立つのが金買取ショップです。


貴金属を買取してくれる店を探して、現在の金相場や、店ごとの買取価格を確認し、最も良い条件で売却できる店はどこか、複数の店の情報を見て比較するといいと思います。


その他にも様々な条件で買取価格が変わるので、よく調べて、有利な店を探してください。


金買取をめぐる詐欺や類似の事件が多発しています。


買取業者が自宅を訪問し、不要な金製品を買い取るなどと言って、安い値段で買取を進める、押し売りならぬ「押し買い」とでも呼ぶべきケースが増加しており、警察や消費者センターの対応も追いついていないようです。


買取が持ち主にとってもメリットであるかのようなことを言いながら、なかなか首を縦に振らない人には、しつこく粘ったり、強引な態度で無理やり買い叩くなど当たり前です。


こうした業者は、ハナから真っ当な取引をするつもりなどなく、見積書や契約書などの書面を渡してくれないケースも多いので、被害に遭わないよう十分注意してください。


昨今、街には金買取のショップが溢れていますが、その中では専門家による鑑定の費用や、買取に伴う手数料などを買取時の金額から差し引いてくるお店も少なくないようです。


こうした費用を有料にしている店舗では、これらが差し引かれることで、実際に受け取る金額が結局、低額になってしまいます。


ズルイ業者だなあ、と思う方もいるでしょう。


後から損した気分にならないためにも、買取のシステムの確認は怠らないようにしてください。


中学生や高校生など、18歳未満は基本的に、古物営業法という法律の定めるところにより、金製品などの古物買取の利用を禁止されています。


加えて、未成年と取引するのは危険なので、店舗としても年齢制限を設けていることがほとんどであり、成年に達するまでは単独では利用できないのが一般的でしょう。


また、そもそも未成年は取引行為ができないのが基本であり、親が付いて行って代わりに申し込むか、親の書いた同意書の提示が必要な場合がほとんどでしょう。


買取価格には自信があります、という宣伝を信じて買取を利用してみたら、全くそんなことはなく、むしろ相場より低い額で最後は半ば強引に買い取られてしまった、などのケースはよく耳にするところです。


多くの業者は真っ当に商売をしていますが、中にはこうした悪質なことをしている店も少なくないようですから、よく見極めたうえで利用しないといけません。


こうした被害に遭ってしまった時には次の被害者を防ぐためにも、消費者センターに事態を報告するべきでしょう。


00:54






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++