金買取の知識

2017年01月12日(木)
【最近メジャーになっているのが、郵送買取と呼ばれる】
最近メジャーになっているのが、郵送買取と呼ばれる、貴金属を送って買取査定をしてくれるサービスなのです。


これは何かというと、事前に送られてくる梱包パックに商品を入れて店に送り返し、鑑定・査定をしてもらうというもので、査定結果をメールなどで確認したら、納得いく金額であれば了承の返事をし、契約成立となります。


店頭での買取はそんなに夜遅くまで空いていませんが、郵送買取なら時間や地域の制約を受けることもなく、店に行く時間がなかなか取れない人が主に利用しているようです。


アクセサリーなどの金製品を手放したいと思っていても、金買取を受け付けている店舗が近場にないという場合は、ネットを通じた郵送買取を利用してみましょう。


WEB上で簡単に申し込みできます。


まず、郵送用の梱包パックが手元に送られてきます。


その後、査定してほしい品物を入れて送り返します。


その到着後、メールで査定額を教えてもらえるので、承諾の返事をした時点で買取が成立となり、すぐに振込があります。


忙しくて店に行けない方にも便利です。


貴金属の便利な換金手段である金買取。


その利用において大切なのは、売りたい金製品はいくらの値段で売却できるかという一点に尽きると思います。


金の純度や加工によって価格は異なるのですが、金そのものの価格の計算法は決まっています。


ドル建ての国際価格を、金の重量単位として使われる1トロイオンス(日本では31グラムほど)で割り、現時点でのドル円為替レートをかけたものが、その時の日本国内における金価格です。


よく知らないまま安く売却してしまわないように、正確な相場を把握しておき、お店が妥当な金額で買取を行っているかどうか判るようになっておけば怖いものなしですね。


十年以上にわたって使用していない金の装飾品はどなたにもあるかと思われます。


知人にあげるのも捨てるのも何だかなあ、という場合は、お店で買取を依頼するのを検討してもいいと思います。


貴金属の買取を受け付けているショップもここ十年ほどで急激に増えてきたので、高値が付くかどうか簡単に査定してもらってもいいかもしれません。


金やプラチナなどの貴金属製品の売却時には、次のことに気をつけてください。


すなわち、ある金製品を買取に持ち込むとしても、利用する店舗や業者により、実際に自分が受け取れる金額は大きく変わってくることです。


そのため、お店が掲げている買取額や手数料をチェックし、お店選びを熟慮して判断するべきでしょう。


07:30






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++