金買取の知識

2017年04月21日(金)
【便利な金買取ですが、一部では悪質な詐欺の事例も存】
便利な金買取ですが、一部では悪質な詐欺の事例も存在しています。


訪問購入には悪質なケースが多いと言われています。


金買取業者を名乗るものが自宅までやって来て、強引に金の売却を迫ってくるものです。


押し売りならぬ「押し買い」と言えるでしょう。


店に売りに行く場合と比べて非常に買取金額が低かったり、後から売却のキャンセルを申し入れても応じなかったりと非常に悪質です。


弱々しい態度で話に応じていると、ひどい被害を受けてしまうので、そういう業者がやって来ても、一切相手にしないようにしましょう。


もう使っていない金製品などをどこかに売却したいというときには、留意すべき点があるのです。


すなわち、ある金製品を買取に持ち込むとしても、利用する店舗や業者により、鑑定料や手数料を引かれた、実際に受け取る買取金額は大きく変わってくることです。


そのため、買取額の基準や、手数料などのルールを確認しておいて、損しない売却先はどこか、色々な情報を総動員して判断しましょう。


ともに高級品として知られる金とプラチナですが、どちらが高価かまで把握している人はあまり居ないように思います。


基本的には、プラチナの方が金より高価とされています。


理由としては、市場規模の小ささに加え、レアメタルの中でも突出している希少性の高さが挙げられます。


ちなみに金の年間生産量約2500トンに対し、プラチナは約200トンしかありません。


プラチナや金はその美しさに加え、化学的に安定していて決して劣化しないという性質があり、世界のどこでも通用する価値を持っていますが、生産量や流通量のあまりの少なさが、価値の根底にあるわけです。


金を買ったはいいが、どうやって保管すればいいか?という問題があります。


あまり量が多くなければ自宅に保管することになるでしょうが、いくらか厳重な金庫を持っておけば、さらに安全ですね。


お金持ちが一定量の金塊を保有するケースなどでは、最悪、強盗殺人の被害などにも遭いかねないので、安心という点では申し分ない、銀行の金庫に保管することが多いですし、金の販売業者によっては、購入した金を有償で保管しておいてくれるところもあるのです。


そうは言っても、どの方法にも一長一短あると思いますから、気になる方は最初から現金にして銀行に預けておくのが解決法としてアリでしょうね。


金持ちは全ての資産を現金で持っておくなどしないものです。


よく見聞きするのは、金(ゴールド)の形で資産を保全するというやり方です。


ここで注意しなければならないのは、金を売っている場所や、その購入手段です。


新たに金の購入を始められるなら、ホームページや店頭で金の売買価格をしっかり公表している、実績・信頼のしっかりしたお店を選択するようにしましょう。


そういうお店で買った金なら、売却時にも失敗しないでしょう。


19:06







w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++