金買取の知識

2017年10月13日(金)
【元手があるなら投資を考えてもいいです】
元手があるなら投資を考えてもいいですね。投資対象は色々ありますが、金に代表される貴金属はその典型です。

金というものは、資産価値があまり下がらないという特徴があるのです。

金の値段はあまり国際情勢や景気の影響を受けないためです。金イコール高級品という認識が世界中に浸透していることも、金が投資対象として魅力的である一因です。まあ、それでも急に相場が変わることもありますので、売却を検討しているなら、金の相場に大きな動きがないか確認することをオススメします。


金買取店は最近増えてきましたが、田舎に住んでいるなどで生活圏内には買取店がないこともあります。



そんな方は、郵送で買取してもらえるサービスもあります。

利用を申請すると、貴金属を安全に送る用の梱包パックが自宅に届きます。

そして、売りたい金製品を入れ、業者に返送すればいいのです。
その到着後、メールで査定額を教えてもらえるので、自分がその金額を承諾すれば、買取代金が振り込まれます。

これならどこに居ても利用できますね。

不況の影響か、金買取の相場が次第に上がってきているので、この機会に買取に出そうという方が多いようです。この時は、原則としては、確定申告が必要なケースが出てきます。購入時の価格以上で売れた場合など、売却によって生じた利益は、事業でなければ「譲渡所得」として計上されますが、50万円の控除枠があるので、所得のうち50万円までは非課税です。

本当はもう少し複雑なのですが、ざっくり言って、利益が50万円未満なら課税はありません。あなたが一般的なサラリーマンで、譲渡所得20万円以内なら、基本的に確定申告をする必要もないのです。

長年使っていない金やプラチナのアイテムを持て余している人は案外多いようです。そんなときは買取ショップで換金しましょう。ここ十年くらいで、そうしたお店は一気に増えてきたので、サイトやチラシで買取額を調べ、どの店で買取してもらうのが一番得になるか、比べてみるのをおすすめします。その他にも様々な条件で買取価格が変わるので、表面的な買取価格だけではなく、色々な情報を確認しておきましょう。
3%→5%→8%と上がってきた消費税。



金の購入時にも、その時の消費税率に応じて消費税を支払うわけですが、今度はその金をお店で買い取ってもらう際には、自分が受け取る買取額は、本体価格に消費税が上乗せされた額になるのです。
ということは、消費税が上がる前に金を買っておくと、消費増税に伴って、売約時の受取額が少しだけ上がって得をするのです。



今まで反発しかなかった消費増税が投機チャンスに思えてきますね。



他にも、日本や台湾、カナダなど消費税率の安い国で買った金を、消費税率が20%を超えるヨーロッパ諸国のような国に持って行って売却することでも同様に利益を上げられる可能性があります。


05:48







w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++