金買取の知識

2018年02月14日(水)
【近年では、店頭ではなくネットを通じて金買取を行う】
近年では、店頭ではなくネットを通じて金買取を行う業者も出てきています。


メールやラインで商品の画像を送ると、おおよその査定をしてくれるケースも多く、お客さんにとっては便利ですよね。


郵送などで買い取ってもらう場合も、店頭の場合と同様、買い取ってもらう品物と合わせて、身分証のコピーを送ります。


できる限り高額で手放すためには、色々なお店のサイトを見比べて、一番良い所を選びましょう。


店によっては手数料が高い場合もありますが、それらの費用を無料にしている店舗も増えてきましたので、色々な情報をもとに売却先を検討してください。


金製の指輪やネックレスなどは、昔もらったものでも、ずっと使い続けるのが嫌でさっぱり身に着けなくなってしまったものもあるでしょう。


自宅にそうした商品を眠らせている方は、買取店に持ち込み、現金化するのもありでしょう。


でも、ここで落とし穴があります。


金やプラチナのように見えても、精巧に作られた偽物かもしれません。


鑑定士にそのように言われたら、不運だったと泣き寝入りするしかないと思います。


最近数が増えてきた金買取ですが、その中にはタチの悪い詐欺もはびこっているので気を付けなければなりません。


悪質な詐欺のケースは、訪問型の買取に多いと言われています。


主婦やお年寄りを狙って家を訪問し、強迫的な態度で金製品の買取を迫ってくるのです。


訪問販売の「押し売り」とよく似た「押し買い」のケースですが、あれやこれやと理由を付けて非常に安価に買い取ったり、後から売却のキャンセルを申し入れても応じなかったりと非常に悪質です。


弱々しい態度で話に応じていると、ひどい被害を受けてしまうので、そうなる前に拒絶の意思を示し、追い帰すのが得策です。


もう使っていない金製品などを買取に出す際は、注意するポイントがあります。


金の買取価格は、相場に従って日々変動している上、どこに持っていくかによっても買取額や手数料などの諸条件がかなり差の付いたものになるという事実です。


買取額の基準や、手数料などのルールを確認しておいて、損しない売却先はどこか、よく検討して判断する必要があります。


資産を現金の形で銀行に預けておくのに加えて、資産を保存する方法としてメジャーなのが、総資産の10%から15%を金に変えて持っておくスタイルです。


しかし気になる点もあります。


それは、果たしてどこで金を買えばいいのかという情報です。


金の購入をご検討されている方は、ホームページや店頭で金の売買価格をしっかり公表している、実績・信頼のしっかりしたお店を選択するようにしましょう。


買った時の店がちゃんとしていれば、逆に売る時も不安にならなくて済むと思います。


06:18






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++