金買取の知識

2018年02月15日(木)
【貴金属の買取を扱う店舗では、】
貴金属の買取を扱う店舗では、未成年者とお店自身、両方の安全を守るため、年齢による利用制限があるのが当たり前です。


そのため、未成年の人は買取を利用できないのが一般的です。


僅かながら、年齢制限が20歳未満ではなく18際未満の場合もありますが、未成年であれば保護者のサインなどが必要になってきます。


加えて、たとえ18歳からOKの店でも、多くの店では高校生からは買取をしてくれません。


金買取がメジャーになった現在では、色々な店舗で貴金属の買取サービスを謳って営業しています。


中でも有力なのが、リサイクルショップですね。


こうしたお店は、家庭での不要な品を買取してくれるのが基本ですが、サービスを拡大し、金などの買取を扱うようになるお店が最近は多いようです。


専門知識を持った買取スタッフも常駐しているので安心です。


不要になった貴金属の売却を考えているなら、試しに査定だけしてもらうのもいいですね。


数万円程度の買取額を得た程度なら、貴金属を売却して利益を得ても、税金を課せられることはほぼありません。


専門に金買取を扱う業者などだと、膨大な量の商品を日々売ったり買ったりしているので、利益分を届け出て多額の税金を納めていることと思います。


その点、個人ではよほどの資産家でもない限り、課税対象になるほどの取引はしませんよね。


もっとも、税法が改正されることも有り得るので、税理士法人のホームページなどで情報を検索してみるといいかもしれません。


買取店の鑑定士は常に偽物の可能性に目を光らせています。


買取ショップに偽物の金製品を持ち込む詐欺のケースもあります。


メッキの一部に本物の金を厚く盛り、巧妙に刻印を施すなどの方法で、専門家の目までも誤魔化そうとしてくる場合もあります。


ですが、比重計という、品物の重さを測定して比重を割り出す器具を使えば、比重の違いから、偽物であることはすぐに判明します。


中には、金と同じ比重になるように精巧に作られた偽物もありますが、試金石という、ケイ酸を多く含む特殊な石を用いて検査すれば、硝酸や王水に融けるかどうかも検査することができ、あっという間にメッキが剥がれ、偽物と判ってしまいます。


バブルの崩壊以降、現在にかけて、金の買取サービスを利用する人は増えており、それをビジネスチャンスと見てか、従来の質屋や買取ショップでも、金買取の広告を前面に出すところが増えました。


複数の系列店を出すところも増えているようです。


そういう店舗がどこにでもあるのは便利なことでしょうし、同業他社に負けじと買取額を上げてくるなど、より良いサービスを提供しようという方向に次第に変わっていく可能性が高いです。


スタッフもより丁寧な接客を心掛けるようになるでしょう。


買取を利用するお客さんにとっては、いいことづくめですね。


07:18






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++