金買取の知識

2018年03月14日(水)
【現在の金相場は、1グラムいくらという形で表】
現在の金相場は、1グラムいくらという形で表され、現在は約5000円ほどですが、これはあくまで純金の価格ですから、これが例えば18金(75%の合金)のアクセサリーなどであれば、純金の75%の価格、つまり約3500円です。


100グラムで35万円ですから、仮に200万円以上を超えるような量というと550から600グラムくらいでしょう。


ちなみに、かつて流行した喜平ネックレスが、重いもので1本100グラム程度です。


10金のアクセサリーをお持ちの方もいるかもしれませんが、10金までいくと純度は半分以下の41%程度。


1グラムあたりの価格は2000円ほどです。


1キロほど寄せ集めないと200万円にはなりません。


金のネックレスやブレスレットといった装飾品、あるいは指輪など、何年も使っていない貴金属製品を何もせず放っておくのはあまりに惜しい気がします。


使わない貴金属の処分に困ったときは、「金・プラチナ買取」を掲げている店に買取をお願いしてみましょう。


金製品ならどこの店でも買取可能なことが多いです。


24カラットの純金の場合、購入時の相場はグラム4800円くらいでしょうか。


買取相場は一般的にその価格より若干安くなるとはいえ、それでも、買取の一般イメージからすれば、いい意味で予想を裏切るような値段の臨時収入が期待できます。


高級品の代名詞でもある金とプラチナ。


しかし、どちらがより高いのかを即答できる人は少ないかもしれません。


プラチナの方が原則的には高価です。


一時期は金の3倍ほどしたのです。


理由としては、元々の埋蔵量の少なさが多分に影響しているのです。


人類が現在までに産出したプラチナの量は、金の30分の1に過ぎません。


プラチナや金はその美しさに加え、化学的に安定していて決して劣化しないという性質があり、世界のどこでも通用する価値を持っていますが、全世界の埋蔵量が非常に少なく、人工的にも作り出せないという希少性が、その価値を担保しているのです。


手持ちの金製品を売却したいと思ったとき、普通に思い至る売却先といえば、金の高価買取を掲げているような、街のお店でしょう。


しかし、そういう店はなんとなくコワイという人や、詐欺やトラブルが有り得るのではないかと感じてしまう方は、やはり少なくないようです。


そんな方にオススメなのが、デパートで実施している金買取です。


催事場で限定出店のこともあれば、専門の店が入っていることもあります。


デパートなら変なトラブルは無いだろうという安心感から、街の買取ショップより人気の場合もあります。


金買取業者を名乗るものが突然自宅を訪れ、使っていない金製品を買い取りますなどと言い、二束三文で買い叩いていく、訪問購入と言われるスタイルで被害に遭ったという方が増えているようで、法規制も行われています。


この手の業者は、最初こそ優しそうな顔をして話をしてきますが、簡単に応じないと見るや、態度を豹変させ、無理やり買取を進めるという場合が多いようです。


後々不利になる証拠をこちらの手元に残さないよう、こうした業者は契約書などの手続もいい加減に済まされることが多いです。


少しでも怪しいと思ったらすぐに追い帰すのが吉です。


10:30






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++