金買取の知識

2016年02月10日(水)
【世界的な不況で金の市場価値が上がって】
世界的な不況で金の市場価値が上がっている昨今、手持ちの金を売却したい人が増えているので、それをビジネスチャンスと見てか、金買取に参入する業者が増えてきました。


フランチャイズでチェーン展開する例もあるようです。


沢山のお店の中から選べるほうが利用の敷居が低くなりますし、価格競争になることで、買取金額が全体的に高くなったり、全体的に店のレベルの底上げが見込めるでしょう。


お客さんに横柄な態度を取るような店は淘汰され、接客の質の良い店だけが残りそうです。


買取ショップの利用を考えている人にとっては、歓迎すべきことだと思います。


相次ぐ不況で金の市場価値が上がっていると聞き、家に眠っていた金製品を近所の買取ショップに持っていったのですが、純度を示す刻印が入っていないから、値段は付けられないと言われてしまいました。


刻印の入っているものもあったので、それだけ買取してもらってもよかったのですが、少ない点数では手数料を引くとあまりおカネにならないので、刻印の無いものでも一括で買取してくれるお店はないかと思い、多くの貴金属店が軒を連ねる御徒町に足を運んでみました。


すると、買取店のスタッフや設備も流石にレベルが違い、見た目の検査はもちろん、比重を測るための色々な機械を駆使して、私の持ち込んだ金製品に全て値段を付けてくれました。


万が一、盗品だった時のためにも、金買取時には、警察の指導もあり、多くの店舗では本人確認を厳しく行っています。


買取ショップや専門店に持ち込む場合に加えて、非店舗型の業者など、対面せず郵送と振込でやりとりする場合でも、やはり本人確認は必要です。


最も一般的なのは免許証ですが、他にも保険証などの身分証を提示する必要があります。


商品を発送して後日お金を振り込んでもらう形式なら、身分証の写しと合わせての発送で必要な手続きに変えるというのが普通です。


昔買ったきりでずっとご無沙汰という貴金属製のアクセサリーなどが沢山あるという方もいるでしょう。


もう使わないことが分かりきっているなら、買取ショップへの持込みも有力な選択肢ですね。


貴金属の買取を受け付けているショップも最近は増えてきましたので、手持ちの金製品がいくらになるか一度見てもらうのもいいでしょう。


最近、金の価値が上がっています。


金製のネックレスが買取店でいくらの値段を付けてもらえるか気になるなら、刻印を確認してみましょう。


金製品にはほぼ必ず、「K18」や「K24」などの文字が入っており、これを刻印と呼んでいます。


数値が大きいほど、純度の高い金です。


金の純度は伝統的に24分率で表されており、K24なら純金と解釈してください。


もちろん、この純度が何%であるかによって専門店に売却する際の価格も全く違ったものになります。


金の価値が上がっている昨今、実に多くのお店が買取サービスを行っているようです。


中でも有力なのが、リサイクルショップですね。


家電や衣料品などの買取をしてくれるのがメインですが、サービスを拡大し、金などの買取を扱うようになる店も一般的になってきたのです。


金買取専門の鑑定士がいるので、しっかり査定してもらえます。


金製品を売りたいという方は、買取価格などを調べてみてもいいと思います。


家に眠っている貴金属を買取してもらおうかと思ったとき、第一に思いつく選択肢は、金買取の専門店や、質屋などだと思います。


そうは言っても、一見さんお断りのような雰囲気があったり、裏から怖いお兄さんが出てくるのではないか、などと思っている人も一定数いるでしょう。


そうした人に嬉しいのが、デパートで利用できる金買取です。


デパートの中にお店を構えている場合もあれば、催事場でやっている場合もあります。


デパートなら変なトラブルは無いだろうという安心感から、一見さんでも利用しやすいので人気なのでしょう。


09:36






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++