金買取の知識

2016年03月05日(土)
【金買取を利用する時のポイントとして、買取の利用】
金買取を利用する時のポイントとして、買取の利用を急ぎすぎるのは正直、正解とは言えないのです。


それがどうしてかというと、僅かな情勢変化により、金は買取額がコロコロと変わるためです。


なので、ネットなどで金の相場を日々確認しておき、高値になるタイミングを見逃さないことこそが、買取で得をするカギとなります。


買取店にとって真贋鑑定は重要です。


時として、偽物の金をつかまされていた人が、本物と信じたまま買取に持ってくることもあります。


中には、金メッキの表面に本物同様の刻印を施して、専門家の目までも誤魔化そうとしてくる場合もあります。


ですが、比重計という、品物の重さを測定して比重を割り出す器具を使えば、刻印通りの金かどうかは簡単に判ります。


タングステン合金で作られた偽物などは比重計でも判別できませんが、昔から使われている試金石検査という方法ならば、硝酸や王水に融けるかどうかも検査することができ、贋物はすぐに判別できます。


「試金石」という言葉の用法の基にもなっているやり方ですね。


金買取のシステムは店によって千差万別です。


買取額の何パーセントといった手数料や、鑑定の費用などを有償で設定している店もあります。


その他、目減り、重量の端数分などの減額も有り得ます。


こうした費用を有料にしている店舗では、これらが差し引かれることで、本当に自分が受け取れる額は結局、低額になってしまいます。


なんだか損した気分になりますね。


特に初めての方は、利用する店舗を決める際に、どういう費用が発生するかは事前に確認しておくことです。


金買取の世界には、業者の方から個人宅を訪れて、使わなくなった金製品を買取りますなどとしつこく言ってくるという迷惑な事例があります。


これは訪問購入と呼ばれます。


お店に売りに行く場合に比べて、買取金額が非常に低かったり、執拗に勧誘されて断り切れず売ってしまったといって、後悔するも、泣き寝入りするしかない被害者が多くなっていました。


しかし、安心してください。


訪問購入については訪問販売と同様、クーリングオフ制度の対象になったため、8日以内なら品物を取り戻すことができるし、なんなら8日間は品物を渡す必要すらないことを知っておき、悪徳業者のゴリ押しに負けないようにしましょう。


不要になったプラチナのアクセサリーを売却しようと思って店に持って行くと、実はプラチナの代替品であるホワイトゴールドだと判明したといった経験をお持ちの方もいるのではないでしょうか。


もちろん、両者は別物です。


本来、プラチナは金よりもずっと希少価値が高く、値段も高価だったので、代わりに使われるようになったものです。


日本でも昭和50年代までは代替品の認識でした。


ホワイトゴールドは一般に18金か14金です、K18WG、K14WGなどの刻印があれば、ホワイトゴールドだという証です。


ホワイトゴールドも金を含んでいますから、プラチナには価格で劣るとはいえ、金買取を扱っているお店ならどこでも買い取ってもらえるでしょう。


05:12






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++