金買取の知識

2016年03月06日(日)
【金買取がメジャーになった現在では、様】
金買取がメジャーになった現在では、様々な種類の店舗が金やプラチナの買取を取り扱うようになりました。


中でも有力なのが、リサイクルショップですね。


こうしたお店は、家庭での不要な品を買取してくれるのが基本ですが、需要の拡大に応え、金やプラチナの買取サービスを始める店も一般的になってきたのです。


専門店と同様の設備を備え、査定も誠実に行っています。


家にある金のアクセサリーなどを手放したい人は、試しに査定だけしてもらうのもいいですね。


最近流行りの金買取ショップでは、本当に多くの種類のアイテムの買取を受け付けてくれます。


金というといかにも富豪の趣味という気がして、金の延べ棒であるとか、貴重な金貨であるとかが一般的にイメージされるのかもしれませんが、私達の手の届く範囲にも金製品は意外と多いものです。


金歯などは典型的な例でしょう。


金製のメガネフレームや、使わなくなった金歯などにも価値をちゃんと付けてくれる店が多いです。


買取にも色々な方式がありますが、最近増えてきたのが、郵送買取と呼ばれる、貴金属を送って買取査定をしてくれるサービスなのです。


この形態は、売却したい品物を専用のパックに入れ、郵送などでお店に送付し、鑑定・査定をしてもらうというもので、買取額の通知を受けたら、その額で買取してもらうかを決めればいいのです。


店頭での買取はそんなに夜遅くまで空いていませんが、郵送買取なら時間を気にせず利用できるので、周りに買取店が無い人はもちろん、忙しくてお店に行けない人を対象としたサービスといえるでしょう。


この前、身内が他界して、私も遺品の指輪をもらったのですが、中にはあまり保存状態がよくないものもありました。


買い取ってもらえると噂に聞いたものの、これまで経験がなかったので、どういうものか分からないので何となく不安だったのですが、ホームページがしっかりしていたので、思い切って利用してみました。


査定してくれた方は、目利きのプロといった風情で、気持ちよく買取手続を終えることができました。


気になる買取金額も、思ったより高かったので、思い切って利用してみてよかったです。


3%→5%→8%と上がってきた消費税。


金の購入時にも、その時の消費税率に応じて消費税を支払うわけですが、自分の方が買取店に金を売却する際にも、自分が受け取る買取額は、本体価格に消費税が上乗せされた額になるのです。


つまりどうなるか?消費税が低い内に金を購入しておくと、増税後の売却により、消費税の差額分が利益になることになります。


消費増税サマサマじゃありませんか。


この応用としては、消費税率が低めの国で金を購入し、ヨーロッパなどの消費税が高い国に持ち込んで売るという方法で利鞘を得ることも可能かもしれません。


06:30






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++