金買取の知識

2016年04月06日(水)
【近頃では、金製品やプラチナを買い取ってくれるという内】
近頃では、金製品やプラチナを買い取ってくれるという内容の宣伝を街中でもよく見かけるようになりました。


パソコンやスマホでネットを見ていてもよく広告が表示されますし、気になって検索してみたら、金買取のお店のページがずらずらと出てくるのです。


元々使わなくなって自宅に眠っていたアクセサリーなら、お店選びにまでこだわる必要はないと感じるかもしれませんが、貴金属の価値というのは、相場の変動があるので、相場を見て、最適のタイミングを狙って売るといいです。


中学生や高校生など、18歳未満は基本的に、青少年保護の観点から、法律や条例によって、単独で買取サービスを利用することができません。


未成年者の非行を防ぐ意味合いでも、お店にもそれぞれの決まりがあり、18歳を過ぎていても未成年であれば古物売買の利用はできないところがほとんどです。


18歳以上20歳未満で買取ができる場合でも、親が付いて行って代わりに申し込むか、親の書いた同意書の提示が必要ですし、それをしていない店があれば逆に怪しいので気を付けてください。


不要な貴金属を専門店で買取してもらうにも、事前に考えておかねばならない点があるのです。


金買取のルールは明確に決まっているわけではないので、店舗ごとの基準によって、最終的な買取価格はピンキリだということなのです。


なので、買取額の基準や、手数料などのルールを確認しておいて、損しない売却先はどこか、熟慮して判断するべきでしょう。


金の相場が1グラム5000円というと、かなり高騰していると言えますが、それは24金、すなわち純金の話です。


これが例えば18金(75%の合金)のアクセサリーなどであれば、純金が1グラム5000円であれば、75%なので3500円ほどということです。


それなりの額、例えば200万円に達するには、必要な量は単純計算で550グラムから600グラムほどでしょうね。


また、さらに安価な10金のアクセサリーの場合ですと、10金になると市場価格は1グラム2000円ほどでしかありません。


これで200万円を稼ごうと思えば、1キログラム以上も必要なのです。


12:24






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++