金買取の知識

2016年05月04日(水)
【金買取業者は大抵の場合、未成年への利用規制を定めているとと】
金買取業者は大抵の場合、未成年への利用規制を定めているとところが大半でしょう。


そのため、未成年の人は買取を利用できないのが一般的です。


もっとも、沢山あるお店の中には、利用を20歳からではなく18歳からと定めている店も存在します。


ですが、法定代理人である親が署名捺印した同意書が必要です。


さらに、保護者が同意していたとしても、本人が高校生であれば買取はできないのが普通です。


金買取業者を名乗るものが突然自宅を訪れ、言葉巧みに金の買取を持ち掛け、相場より遥かに安い価格で買い取っていく、押し売りならぬ「押し買い」とでも呼ぶべきケースが多くなっていると聞きます。


この手の業者は、最初こそ優しそうな顔をして話をしてきますが、なかなか首を縦に振らない人には、態度を豹変させ、無理やり買取を進めるという場合が多いようです。


こうした業者は、ハナから真っ当な取引をするつもりなどなく、もちろん、ちゃんとした契約書なども出してくれません。


怪しい業者が訪ねてきても相手にしないようにしましょう。


ずっとプラチナだと思っていた指輪などを買取ショップに持って行ったら、それより価値の劣るホワイトゴールドの品だったといった経験をお持ちの方もいるのではないでしょうか。


ホワイトゴールドも装飾品によく使われますが、プラチナとは全く異なります。


最近は金高騰で価値が変わらなくなったとはいえ、元々プラチナは金よりも高価でしたから、色合いの似ているホワイトゴールドをプラチナの代わりに用いるようになったのです。


合金であるホワイトゴールドは、一般に18金か14金なので、K18WGやK14WGなどとあればホワイトゴールドです。


ちなみにプラチナなら「Pt」などの刻印になります。


代替品と聞くと安そうな印象ですが、金であることに変わりはないので、買取ショップでお金に変えることは勿論可能です。


お手持ちの金製品を買取に出す際、留意すべき点は、何と言っても相場の見極めに尽きるでしょう。


少しでも高値で手放すことができるよう、毎日変動する相場を入念にチェックし、売却の時期を決定するのです。


買取市場では、買取申込の際の相場で買取額を決められることがほとんどです。


上手く相場の波に乗り、可能な限り高い値段で売りたいものですね。


手持ちの金製品を買取に出すとしても、一番肝心なお店選びの段階で迷うというのはよく聞く話です。


いくらかでも高い金額にしてくれる店がいいというのは、利用客としては当たり前の話です。


お店選びの最もわかりやすい基準は、ネットで見られる、お客さんからのレビューや口コミです。


多くのお客さんから高く評価されているお店なら、トラブルと無縁のちゃんとした店であるのが容易に見て取れます。


04:24






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++