金買取の知識

2016年05月06日(金)
【金製品をどこよりも高く買い取れるなんて言】
金製品をどこよりも高く買い取れるなんて言葉を鵜呑みにして買取依頼してみたら、あれやこれやと理由をつけて結局定額で金を手放してしまったという「被害」に遭ってしまった経験をお持ちの方もいるでしょう。


金買取もピンキリであり、ちゃんとした業者も多くある一方で、残念ながら違法スレスレの商売をしている店もあるので、よくよく調べてから利用するといいでしょう。


どうにも腹の虫がおさまらないという方は、消費者センターに相談すれば、調査、是正勧告などをしてもらえることと思います。


リーマンショック以降の金の高騰を受けて、今は多くの店舗や業者が、金やプラチナといった高級貴金属の買取を取り扱うようになりました。


リサイクルショップなどはその好例でしょう。


自宅で使わなくなった不要品を持ち込める店ですが、金、プラチナなどの高価買取を謳うケースが増えてきています。


鑑定眼もしっかりしているので、安心して利用できます。


金買取の利用を検討している場合は、試しに査定だけしてもらうのもいいですね。


便利な金買取ですが、一部では残念ながら詐欺のケースも存在します。


特に注意するべきは、訪問型の買取を名乗る詐欺です。


呼んでもいないのに自宅を訪れ、強引に金の売却を迫ってくるものです。


最近では法規制の対象になりましたが、そんなのどこ吹く風といって、ほとんど二束三文の値段で換金させられたり、後から売却のキャンセルを申し入れても応じなかったりと非常に悪質です。


弱々しい態度で話に応じていると、ひどい被害を受けてしまうので、そういう業者がやって来ても、一切相手にしないようにしましょう。


18歳に達していない青少年は、古物営業法という法律の定めるところにより、金製品に限らず、お店で品物の買取をしてもらうことはできません。


加えて、未成年と取引するのは危険なので、店舗としても年齢制限を設けていることがほとんどであり、18歳を過ぎていても未成年であれば古物売買の利用はできないところがほとんどです。


たとえ未成年者からの買取を受け付けている店舗であっても、法定代理人である親が書いた同意書が必要ですし、それをしていない店があれば逆に怪しいので気を付けてください。


最近流行りの金買取ショップでは、本当に多くの種類のアイテムが買取の対象になっています。


金買取というとおカネ持ちの世界という気がしますし、何百万円もする高級品を連想する人が多いでしょうが、高級品だけが金買取の対象ではありません。


金歯や金縁の眼鏡などは、お持ちの方も多いでしょう。


金製のメガネフレームや、使わなくなった金歯などだって値段をつけてもらえるのです。


05:42






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++