金買取の知識

2016年05月08日(日)
【今の金相場はグラム5000円くらいでしょうか。その価格は純金の状】
今の金相場はグラム5000円くらいでしょうか。


その価格は純金の状態で取引するときの話ですから、純度によって額は下がります。


例えば18金なら、純金5000円に対し、その75%の3500円になるのです。


なので、高額の取引が発生する量、例えば200万円以上となると、その重さは単純計算で550グラムから600グラムほどでしょうね。


また、さらに安価な10金のアクセサリーの場合ですと、10金になると市場価格は1グラム2000円ほどでしかありません。


10金だけで200万円の買取価格になるためには、必要な量は1キロほどにもなります。


お手持ちの金製品を売却したい方は、買取してもらいたい商品を、ショップに直接持ち込むのが最も一般的な方法ではないかと思います。


鑑定士などと呼ばれる専門スタッフが直ちに商品を鑑定してくれ、その場で現金を受け取れますから、詐欺やトラブルとは無縁だといえます。


売る前に、入念に査定額の説明などをしてくれる場合が多いため、満足いくような価格で手続を進めることができるようになっています。


近年、金の買取ショップが増え、買取価格が全体的に高騰していると聞いたので、金買取を利用して小金を得る方もいるでしょう。


金を売ったら、例外も多いですが、基本的には確定申告が必要なケースが出てきます。


金の売却によって生じた利益(売却額から購入時の価格や雑費を引いたもの)は税務上、譲渡所得として確定申告の対象となりますが、インゴットなどの地金の売却であれば、50万円までは控除されて非課税になります。


色々と複雑な計算はありますが、要約すると、50万円以下の譲渡所得であれば全額控除が可能なので、金売却に税金はかかりません。


バブルの崩壊以降、現在にかけて、一般の人々からも金買取の需要が高まっているので、市場の拡大に合わせて、金買取に参入する業者が増えてきました。


中には全国に展開しているようなところもあります。


確かに、お店は多くあったほうが便利でしょうし、他の店との競争になることで買取価格が上がるなど、より良いサービスを提供しようという方向に次第に変わっていく可能性が高いです。


スタッフもより丁寧な接客を心掛けるようになるでしょう。


買取をお願いするお客さんには、望んでいたシチュエーションといえるでしょう。


貴金属はどうやって保管すればいいのでしょうか。


大した量でなければ自宅に置いておいてもいいのですが、金庫くらいは無ければ安心できないでしょう。


数千万円、数億円といった価値の金塊を保有する資産家の場合は、やはり自宅保管では心配なので、警備の厳重な、銀行の貸金庫を使って保管していたり、金を購入した業者で厳重に保管するサービスを利用していることも多いようです。


しかし、どこまでいっても不安だという人は、金で財産を保有することを諦め、現金にしてしまうのも解決法としてアリでしょうね。


07:00






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++