金買取の知識

2016年06月10日(金)
【そこのお店で売却すればいい値段になるという売り文句】
そこのお店で売却すればいい値段になるという売り文句につられて行ってみたところ、査定の段になってから色々と難癖をつけられ、結局は安価で言いくるめるように買取を進められてしまったといった話はネットを見ていても散見されます。


最近増えてきた買取ショップの中には、詐欺まがいの悪質な営業をしているところもあるので、店を選ぶ際には慎重になりすぎるくらいが丁度よいでしょう。


こうした被害に遭ってしまった時には警察よりも消費者センターにまず相談してみるのが効果的です。


金の指輪やネックレス、ブレスレットなど、かつて気に入っていたけど今となっては身に付けることのなくなった貴金属をそのまま眠らせておくのは得策とは言えませんね。


使わない貴金属の処分に困ったときは、買取を扱っている店に売りに行くのはどうでしょうか。


主な買取対象といえば金ですね。


24カラットの純金の場合、購入時の相場はグラム4800円くらいでしょうか。


それと比べればやや低めの買取金額になりますが、二束三文で買い叩かれるのではないかと思っているなら、その予想を覆す高い金額の臨時収入が期待できます。


高価な貴金属には偽物も付き物であり、買取ショップに偽物の金製品を持ち込む詐欺のケースもあります。


素人には当然判別できないような、巧妙に作られた贋物で、真贋鑑定を突破しようとする詐欺師もいるほどです。


しかし、鑑定士は贋物に対して無力ではありません。


比重計という道具を用いれば、水に沈めた場合の重さの変動をもとに、比重を求め、金の純度を判別することが可能です。


中には、金と同じ比重になるように精巧に作られた偽物もありますが、試金石検査という由緒正しい鑑定方法ならば、硝酸や王水に融けるかどうかも検査することができ、簡単に見分けられます。


この方法は江戸時代には既に使われていたといいます。


相次ぐ不況で金の市場価値が上がっていると聞き、タンスの奥に眠っていた金製品を、金買取ののぼりを出している店に持って行ったら、私が持って行ったものの多くは、刻印がないから買い取れないとのことでした。


持ち込んだ品の内、刻印がある分だけなら買い取れると言われましたが、買取手数料の分だけワリを食ってしまうので、どうせなら全て一括で売却した方がおカネになると思い、貴金属のメッカである御徒町まで行ってきました。


すると、スタッフや設備のレベルが他とはまるで違うのでびっくりしました。


専用の機械を使って、金性という金の純度の測定をしてくれ、刻印無しでも全て買取してもらえました。


やはり行ってよかったです。


金買取のサービスが最近流行っています。


金の装飾品などは、家にずっと眠ってはいるけど、ずっと使い続けるのが嫌で何年も使わずじまいという方も多いと思います。


家にそういうものがあれば、お近くの金買取店で売却することもできます。


でも、ここで落とし穴があります。


メッキ加工の偽物の場合もあります。


買取に行ってそういうことになったら、残念ですが、勉強になったと思って諦める他にないでしょうね。


09:48






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++