金買取の知識

2016年07月01日(金)
【金製品の買取をしてもらう際には、買取店の店】
金製品の買取をしてもらう際には、買取店の店頭で直接品物を見てもらい、買取をしてもらう形が基本であるといえます。


目利きに長けた専門家がその場で鑑定を行い、その場で現金を受け取れますから、詐欺やトラブルとは無縁だといえます。


どうしてその値段になったのかなど、丁寧に説明してくれるケースが最近は多いですから、お客さんとしても、ちゃんと納得する形で買取ってもらえます。


これなら安全だと思いませんか。


リーマンショックやギリシャの経済危機の影響を受け、金の価格が高騰していると聞いたので、金買取を利用して小金を得る方もいるでしょう。


金を売ったら、自営業の方は勿論、サラリーマンの方でも場合によっては税務署で確定申告を行う必要が出てきます。


インゴットなどの地金を売却した際の利益は、給与取得者であれば原則的には譲渡所得として扱われますが、この内50万円までは特別控除、つまり税金を払わなくていい部分になります。


色々と複雑な計算はありますが、要約すると、50万円以下の譲渡所得であれば税金はかかりません。


また、年収2000万以下のサラリーマンでその他の所得も20万円以内なら、確定申告も必要ありません。


最近メジャーになっているのが、ネットで申し込める、金買取の郵送買取サービスです。


その中身を説明すると、まず買取対象の品物を専用の梱包パックでお店に送り、鑑定・査定をしてもらうというもので、お店からメールや電話で査定額の連絡を受け、売却を決定するか、額が低いと思えば無償でキャンセルできます。


営業時間内にお店に行かなければならない店頭買取と異なり、時間を気にせず利用できるので、店に行く時間がなかなか取れない人から好評を得ています。


リーマンショックやギリシャの経済危機に伴って高騰している金相場。


今は1グラム5000円ほどです。


それは24金、すなわち純金の話です。


例えば75パーセントが金である18金の場合、純金が1グラム5000円であれば、75%なので3500円ほどということです。


ですから、現実の買取では、それだけで200万円を超えるような量というと600グラムほどです。


指輪なら数十個、昔流行った喜平ネックレスでも5本以上は必要でしょう。


10金のアクセサリーをお持ちの方もいるかもしれませんが、10金までいくと純度は半分以下の41%程度。


1グラムあたりの価格は2000円ほどです。


10金だけで200万円の買取価格になるためには、必要な量は1キロほどにもなります。


要らなくなった金のアクセサリー等を買取店に持ち込む前に、以下の内容を頭に入れておいてください。


同量の金を買取に出す場合でも、店舗ごとの基準によって、諸々の手数料などを差し引かれた上での買取代金は全く異なるという点です。


WEBサイトに載っている情報などをくまなく調べ、損しない売却先はどこか、熟慮して判断するべきでしょう。


05:42






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++