金買取の知識

2016年07月12日(火)
【買取ショップに金を持ち込む時、一番大事なこ】
買取ショップに金を持ち込む時、一番大事なことといえば、相場というか、現実に何円くらいの価格で売却できるかを正確に知りたいということですよね。


品物によっても異なりますが、金の値段の基本的な計算法は、その時点での金の国際価格を、1トロイオンス(およそ31グラム)で割って、さらにドルと円の為替レートを掛けます。


すると、日本国内の金価格が算出できます。


よく知らないまま安く売却してしまわないように、正確な相場を把握しておき、お店が妥当な金額で買取を行っているかどうか自分で見極められるようにしておきたいですね。


一口に投資といっても対象は色々あります。


典型的なものが金(ゴールド)ですね。


今も昔も、金はほとんど資産価値が崩れないことで知られています。


国際関係に左右される外貨と違って、金の価値は一定だからです。


世界中どこでも通用する価値を持っているということも、金の値段が崩れない根拠になっているのです。


しかし、大きな情勢の変化があれば金の相場も変動することがあるので、売却を検討しているなら、新聞やネットで相場の上がり下がりを確認してから売るのがいいと思います。


久しく会っていなかった祖母が先日亡くなり、色々あった末に遺品の指輪などを私が受け取ることになったのですが、金製といっても、時代が行っているので値段は付かないと思っていました。


最近よく見かける金買取ショップに持っていけばいいと聞いて、初めてなので不安も大きかったですが、ちゃんと古物商の許可も受けているようなので、利用を決心しました。


査定してくれた方は、目利きのプロといった風情で、お店の雰囲気も思ったより開放的でいい感じでした。


買取金額もそこそこの値になったので、利用してみて正解だったと今では思います。


若い頃に買ったけどもう身に付けていないといった金やプラチナのアイテムを持て余している人は案外多いようです。


最近は金やプラチナの買取を掲げた店が多いので、利用してみてはどうでしょうか。


金やプラチナの買取を扱っている店舗を探し、サイトやチラシで買取額を調べ、より高い値段で買取してくれるのはどの店か複数の店の情報を見て比較するといいと思います。


店によっては手数料や査定料を買取価格から差し引いてくるので、情報は隅々まで目を通しましょう。


長いこと自宅に眠っている金製のネックレスを買取ショップに持っていこうとしている方は、刻印を見てみるのがいいと思います。


ニセモノの金でなければ、製品のクオリティを示すため、「K24」などの文字が刻印されています。


数値が大きいほど、純度の高い金です。


K24というのは純度100パーセント、K18なら純度75パーセントという印です。


純度が高いか低いかにより、その金製品の買取価格も違ってくるということになります。


16:24






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++