金買取の知識

2016年07月14日(木)
【ここ数年、金の市場価値が高くなっているので、手持ち】
ここ数年、金の市場価値が高くなっているので、手持ちの金製品を買取に出したというケースでは、年間20万円以上の利益が出ている場合などは、税務署で確定申告を行う必要が出てきます。


売却の利益、つまり買取価格から購入時の価格や諸費用を引いた額は、給与取得者であれば原則的には譲渡所得として扱われますが、50万円の控除枠があるので、所得のうち50万円までは非課税です。


一年間の譲渡所得や他の利益の合計が50万円を上回らなければ、税金はかからないということになります。


不要な貴金属を専門店で買取してもらうにも、事前に以下の内容を頭に入れておいてください。


金の買取価格は、相場に従って日々変動している上、どこに持っていくかによっても買取額や手数料などの諸条件が大きく変わってくることです。


そのため、WEBサイトに載っている情報などをくまなく調べ、お店選びを色々な情報を総動員して判断しましょう。


最近は金買取が流行っているようですね。


私も少し前、タンスの奥に仕舞い込んでいた金製品を買取に出しました。


金買取はそれまで利用したことがなく、どういうお店に持って行くのが一番いいのか迷って、試しにネットで検索してみたのです。


調べた結果、御徒町のあたりに、貴金属買取の専門店が所狭しと並んでいる一帯があるということなので、その中でも特に老舗と言われるお店を選びました。


店構えなどもしっかりしていて信用できましたし、思った以上の値段が付いたので満足しています。


金買取がメジャーになった現在では、街中で見かける様々な店で、貴金属の買取を看板に掲げています。


評判がいいのは、リサイクル・ショップでしょう。


一般的には、着なくなった服などを売りに行く所ですが、需要の拡大に応え、金やプラチナの買取サービスを始める事例が現在では多くなっています。


鑑定眼もしっかりしているので、安心して利用できます。


家にある金のアクセサリーなどを手放したい人は、買取価格などを調べてみてもいいと思います。


原則として、18歳未満の子供は、古物営業法や青少年健全育成条例に基づき、お店に行っても買取してもらえないのが原則です。


青少年が犯罪被害に巻き込まれることを防ぐためにも、店ではそれ以外にも独自の規定を設けているケースが多く、未成年者は、たとえ18歳以上でも、売却できないのが通例です。


未成年が利用できる場合もありますが、そこにも制限があり、親の同伴か、同意書の提示を求められるのが普通です。


18:18






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++