金買取の知識

2016年07月17日(日)
【金は高級品というイメージがありますが、実は私達の身】
金は高級品というイメージがありますが、実は私達の身の周りにも貴金属と同様に扱われる金製品がそこかしこに潜んでいるものです。


その代表的なものが金歯です。


金買取店は、こうしたものも買取の対象にしています。


豪華な形をしていなくても、実際に金で出来ていれば大丈夫なのです。


予想していなかった収入をゲットできるチャンスですし、作り直しなどでもう要らなくなった金歯があるなら、そのまま捨てるのではなく、買取に出してみましょう。


近年、金の買取ショップが増え、買取価格が全体的に上昇しているようなので、金買取を利用して小金を得る方もいるでしょう。


金を売ったら、例外も多いですが、基本的には確定申告をしておかなければ後々面倒なことになります。


インゴットなどの地金を売却した際の利益は税務上、譲渡所得として確定申告の対象となりますが、インゴットなどの地金の売却であれば、50万円までは控除されて非課税になります。


本当はもう少し複雑なのですが、ざっくり言って、利益が50万円未満なら実質的には税金は課されないということです。


金の買取を初めて利用する際、ぜひ注意してほしいのは、誠実で信頼できるお店を選ぶことです。


金額だけを前面に出した広告に釣られることなく、周りの口コミやレビューなどから、その店の信頼性をよく調べてから利用しましょう。


ちょっとでも悪評判が付いている店は利用しないほうがいいでしょう。


買取金額だけが高くても油断はできません。


手数料の額によっては、結局他の店と変わらない金額しか受け取れないので、利用する前に確認しておきたいところです。


原則として、18歳未満の子供は、古物営業法という法律の定めるところにより、金買取の利用は不可能です(金製品に限った話ではありませんが)。


さらに、取引の安全を守る意味でも、店舗としても年齢制限を設けていることがほとんどであり、18歳を過ぎていても未成年であれば買取を断られることが多いようです。


18歳以上20歳未満で買取ができる場合でも、親が付いて行って代わりに申し込むか、親の書いた同意書の提示は絶対に必要です。


それ無しで買取している店はマトモではないので注意しましょう。


手持ちの金製品を売却したいと思ったとき、第一に思いつく選択肢は、金の高価買取を掲げているような、街のお店でしょう。


ですが、その手のお店は馴染みがなく不安だったり、そうでなくても恥ずかしくて入りにくいと感じる人が私の周りにも多くいます。


そんな人もご安心下さい。


デパートで買取を実施する場合があるのです。


催事場で限定出店のこともあれば、専門の店が入っていることもあります。


デパートなら変なトラブルは無いだろうという安心感から、あまり慣れていない方にはぴったりだと言えます。


21:06






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++