金買取の知識

2016年08月03日(水)
【最近は色々なスタイルの金買取サービスが増えてき】
最近は色々なスタイルの金買取サービスが増えてきましたが、中でも近隣の買取専門店に品物を持って行って買い取ってもらうケースが最も多いようです。


プロの鑑定士がその場で商品を鑑定してくれて、適正価格で見積を出してくれますから、郵送買取などと違って安心できます。


利用者のために、成約の前にしっかりと説明を設けているお店も少なくないですから、満足いくような価格で手続を進めることができるようになっています。


金に限った話ではないですが、買取は贋物との戦いです。


買取ショップに偽物の金製品を持ち込む詐欺のケースもあります。


メッキの一部に本物の金を厚く盛り、巧妙に刻印を施すなどの方法で、プロの鑑定士を欺こうとしてくる悪質な手口もあります。


ですが、比重計という、品物の重さを測定して比重を割り出す器具を使えば、水に沈めた場合の重さの変動をもとに、比重を求め、金の純度を判別することが可能です。


最近では、タングステン合金を利用して金と似た比重を実現した偽物もありますが、試金石という、ケイ酸を多く含む特殊な石を用いて検査すれば、どんなによくできた偽物でも、贋物はすぐに判別できます。


「試金石」という言葉の用法の基にもなっているやり方ですね。


不要な貴金属をどこかに売却したいというときには、次のことに気をつけてください。


金買取のルールは明確に決まっているわけではないので、どこに持っていくかによっても最終的な買取価格はかなり差の付いたものになるという事実です。


WEBサイトに載っている情報などをくまなく調べ、どの店舗の買取を利用するか、じっくり検討してください。


金の相場価格はネットでも簡単に見ることができます。


今は1グラム5000円くらいですね。


その価格は純金の状態で取引するときの話ですから、一例として、18金(純度75%)ならば、純金の75%の価格、つまり約3500円です。


それなりの額、例えば200万円になるような18金の重さというのは、550から600グラムくらいでしょう。


ちなみに、かつて流行した喜平ネックレスが、重いもので1本100グラム程度です。


これがさらに10金だとどうでしょうか。


10金になると市場価格は1グラム2000円ほどでしかありません。


これで200万円を稼ごうと思えば、1キログラム以上も必要なのです。


金の購入と売却でちょっとした利鞘を稼げるチャンスがあります。


金を購入する際は、買物である以上、消費税が勿論かかりますが、買った金を買取店に持って行って売ると、自分が受け取る買取額は、本体価格に消費税が上乗せされた額になるのです。


つまりどうなるか?消費税が低い内に金を購入しておくと、その後の売却によって、消費税の増税分を得できることになります。


消費増税サマサマじゃありませんか。


この応用としては、消費税率が低めの国で金を購入し、消費税率が20%を超えるヨーロッパ諸国のような国に持って行って売却するなどの方法も考えられます。


06:00






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++