金買取の知識

2016年09月01日(木)
【自宅にある貴金属を買い取ってもらう場】
自宅にある貴金属を買い取ってもらう場合は、買取ショップに売りたいものを直接持っていく形式が普通ですね。


目利きに長けた専門家がその場で鑑定を行い、すぐに現金化できるため、初めての人でも安心して利用できます。


売る前に、入念に査定額の説明などをしてくれるお店も少なくないですから、お客さんとしても、ちゃんと納得する形で手続を進めることができるようになっています。


最近は金買取が流行っているようですね。


私も少し前、使わなくなった金の指輪を買い取ってもらいました。


今までに経験がなかったですから、買取してもらうお店をすぐには決められず、試しにネットで検索してみたのです。


そうしたら、貴金属のメッカといわれる御徒町に、老舗の金買取店が集まる一帯があって、中でもお勧めと書かれている店に持っていきました。


じかに見たところ、お店はしっかりしていましたし、そこそこ良い金額で手放せたので満足でした。


最近、国際価格の高騰に伴って金の買取相場が高くなっているので、買取に出す場合も多いでしょう。


金を売却した際には、例外も多いですが、基本的には確定申告が必要なケースが出てきます。


売却の利益、つまり買取価格から購入時の価格や諸費用を引いた額は、事業でなければ「譲渡所得」として計上されますが、この内50万円までは特別控除、つまり税金を払わなくていい部分になります。


売却した金を取得した時期によっても計算式は異なりますが、概ね50万円以下の利益なら全額控除が可能なので、金売却に税金はかかりません。


近頃では、金製品やプラチナを買い取ってくれるという内容の宣伝を街中でもよく見かけるようになりました。


パソコンやスマホでネットを見ていてもよく広告が表示されますし、気になって検索してみたら、金買取のお店のページがずらずらと出てくるのです。


元々使わなくなって自宅に眠っていたアクセサリーなら、店はどこでもいいという人も多いのかもしれませんが、相場の上下によって買取額が大きく変わるのが金買取というものですから、少しでも高く売りたければ、相場を日々確認しておきましょう。


貴金属を購入しても、盗まれるのが怖いので置き場所に困りますよね。


あまり量が多くなければ自宅に保管することになるでしょうが、金庫くらいは無ければ安心できないでしょう。


数千万円、数億円といった価値の金塊を保有する資産家の場合は、やはり自宅保管では心配なので、安心という点では申し分ない、銀行の金庫に保管することが多いですし、金を販売している業者が保管設備を持っていて、有償で保存を受け付けているケースもあります。


しかし、どんな形を取っても結局心配だという方は、思い切って専門店に売却して現金化するのも一つの手でしょう。


01:42






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++