金買取の知識

2016年09月02日(金)
【お手持ちの金製品を買取に出す際、必ず気にしなければなら】
お手持ちの金製品を買取に出す際、必ず気にしなければならない点としては、何と言っても相場の見極めに尽きるでしょう。


なるべく高価の買取になるように、その日その日の相場を把握した上で、買取のタイミングを決めるべきです。


申し込む時の相場によって、買取価格が決まるというケースが多くなっています。


相場の確認を欠かさず、可能な限り高い値段で売りたいものですね。


初めての金買取。


たくさんあるお店の中でどこを選ぶかで、初めての方はよく迷うようです。


どうせ手放すのなら、少しでも高い金額で買い取ってもらいたいのはすべてのお客さんが思うことでしょう。


初めての方が注目するべきは、「利用者からの人気」が第一です。


口コミでの人気が高ければ、それだけ買取に満足だったケースが多いと見ていいでしょう。


初心者の方でも当てにできる指標になりますね。


指輪やネックレス、イヤリングなどの金製品は、自宅のタンスの奥などに仕舞い込んではあっても、今では飽きてしまったなどの理由でもうずっと取り出してもいないという場合もあると思います。


そのような金やプラチナ製品をお持ちの場合、買取ショップを利用してみてはどうでしょうか。


でも、ここで落とし穴があります。


自分は本物だと思っていたのに、鑑定してもらうと贋物だった事例もあるのです。


そのようなケースでは、買ったときに騙されていたのだと諦めるしかありません。


最近はどこでも金買取の店を見かけるようになりました。


利用時の注意点は、誠実で信頼できるお店を選ぶことです。


買取額だけに注目するのではなく、様々な観点から、その業者が信用できるかどうかを入念に考えないといけません。


レビューの内容が悪かったり、そもそもレビューが少ないお店はトラブルに遭う前に避けて通ることです。


中には高価買取を謳う広告もありますが、そういう店ほど高額な手数料を取るケースがあるので、見積後、成約の前に必ず確かめてください。


金の取引は昔から犯罪と切っても切り離せない仲であり、時には買取ショップに偽物の金製品を持ち込む詐欺のケースもあります。


金メッキ製品の表面にレーザーで本物同様の刻印を入れるなどして、プロの鑑定士を欺こうとしてくる悪質な手口もあります。


しかし、磁石による検査、刻印周りのキズでも判別できますし、比重計を使えば比重の違いから、偽物であることはすぐに判明します。


最近では、タングステン合金を利用して金と似た比重を実現した偽物もありますが、試金石と呼ばれる黒い石に品物を擦り付けて色合いを見る「試金石検査」なら、硝酸や王水に融けるかどうかも検査することができ、あっという間にメッキが剥がれ、偽物と判ってしまいます。


02:36






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++