金買取の知識

2016年09月03日(土)
【都心から離れたところにお住ま】
都心から離れたところにお住まいの方などは、ネットを通じた金買取も便利です。


サイト上で大体の買取価格を載せている業者も多いようです。


直接お店に行かない形式の買取でも、身分証のコピーを送らなければならないことが法律で定められています。


また、なるべく高値での買取を狙うなら、色々なお店のサイトを見比べて、一番良い所を選びましょう。


店によっては手数料が高い場合もありますが、それらの費用が引かれないところも多いですから、それも主軸としてお店選びを進めるといいでしょう。


リーマンショック以降、一般の人々からも金買取の需要が高まっているので、これを新たな商機と見て、従来の質屋や買取ショップでも、金買取の広告を前面に出すところが増えました。


フランチャイズでチェーン展開する例もあるようです。


沢山のお店の中から選べるほうが利用の敷居が低くなりますし、ライバルが増えればそれだけ高値の買取を掲げるお店も増え、利用客に優しい方向に全体が変わっていくのではないでしょうか。


スタッフもより丁寧な接客を心掛けるようになるでしょう。


買取をお願いするお客さんには、望んでいたシチュエーションといえるでしょう。


最近は未成年が高額な品物を身に付けていることも多いですが、金買取のお店では業者自身の取引の安全を守るためにも、未成年者への利用制限が設けられている場合が多いです。


このため、未成年者は買取の利用を断られてしまうと思った方がいいでしょう。


とはいえ、例外的に、利用が18歳から可能なケースもあるのですが、未成年であれば保護者のサインなどが必要になってきます。


しかし、たとえ親の同意があっても、本人が高校生であれば買取はできないのが普通です。


久しく会っていなかった祖母が先日亡くなり、金の指輪を遺産として相続しましたが、古い指輪では、いくら貴金属でも価値はないだろうと思いました。


金買取のお店で買取してくれるとのことで、なんとなく怪しげなイメージもあったのですが、全国展開しているちゃんとしたお店のようなので、利用を決めました。


実際のところ、店員さんの対応も丁寧で、気持ちよく買取手続を終えることができました。


気になる買取金額も、思ったより高かったので、今後も機会があれば利用してみたいと思いました。


消費税が5%から8%に上がったのは記憶に新しいですね。


金の購入時には、例えば300万円の金を買って消費税率8%なら24万円の消費税がかかりますが、今度はその金をお店で買い取ってもらう際には、お店から受け取る買取額には消費税分が上乗せされるのです。


ということは、消費税が上がる前に金を買っておくと、消費税が上がったタイミングで売ることで、何万円か得することになることになります。


消費増税サマサマじゃありませんか。


さらに、日本は諸外国と比べて消費税率が低いので、日本で金を購入し、消費税率の高い国に持って行って売却するといった利益の上げ方も有り得るかもしれません。


02:48






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++