金買取の知識

2016年09月04日(日)
【お手元の金製品を買い取ってもらう】
お手元の金製品を買い取ってもらうにあたり気を付けなければならないのは、金の相場をちゃんと知っておくことです。


買取価格で後悔しないためにも、刻一刻と変わる相場を慎重に確認し、最適のタイミングで買取に出しましょう。


買取市場では、買取申込の際の相場で買取額を決められるケースが普通です。


入念に相場をチェックして、最も高い時期に手放しましょう。


手元の金製品を処分したいといっても、近くに買取店がない場合もあるでしょう。


そういうときは、ネットを通じた郵送買取を利用してみましょう。


WEB上で簡単に申し込みできます。


まず、貴金属を安全に送る用の梱包パックが自宅に届きます。


そして、買取を依頼したい商品をそれに入れ、送り返すだけです。


数日と経たない内に、査定の金額と確認の連絡が来て、金額に同意の返事をしたら、すぐに振込があります。


忙しくて店に行けない方にも便利です。


金買取業者の多くは法律を守って適正に買取を行っていますが、中には明らかな詐欺もあるので気を付けてください。


中でも「訪問購入」のケースは悪質なものが多いので気を付けましょう。


いきなり家にやってきたかと思うと、要らない金製品を買い取るとゴリ押しするものです。


訪問販売の「押し売り」とよく似た「押し買い」のケースですが、店に売りに行く場合と比べて非常に買取金額が低かったり、後から売却のキャンセルを申し入れても応じなかったりと非常に悪質です。


話に応じる素振りを少しでも見せると、後が面倒なので、怪しい人間が訪ねてきたら、きっぱりと拒絶してください。


3%→5%→8%と上がってきた消費税。


金の購入時にも、例えば300万円の金を買って消費税率8%なら24万円の消費税がかかりますが、自分の方が買取店に金を売却する際にも、お店から受け取る買取額には消費税分が上乗せされるのです。


ということは、消費税が上がる前に金を買っておくと、その後の売却によって、消費税の増税分を得できると言えます。


どうせ消費税が上がるなら、それを利用して得してやりたいですね。


この応用としては、消費税率が低めの国で金を購入し、消費税率が20%を超えるヨーロッパ諸国のような国に持って行って売却することでも同じような稼ぎ方ができますが、これは高等テクニックと言えますね。


金買取がメジャーになった現在では、街中で見かける様々な店で、貴金属の買取を謳って営業しています。


街でよく見かけるリサイクルショップもその一例です。


一般的には、着なくなった服などを売りに行く所ですが、サービスを拡大し、金などの買取を扱うようになるケースが増えてきています。


専門店と同様の設備を備え、査定も誠実に行っています。


金製品を売りたいという方は、専門店と並んで有力な候補になります。


04:12






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++