金買取の知識

2016年10月02日(日)
【金の市場価値が上がっているとはいえ、】
金の市場価値が上がっているとはいえ、勇み足になるのはあまり賢いやり方とはいえません。


その理由としては、金やプラチナといった貴金属は、市場での価格の変動が頻繁に起こるからです。


そうした事情があるので、ネットなどで金の相場を日々確認しておき、丁度いい時を狙って売ることが重要です。


最近、金の価格が上がっていると聞いたので、手持ちの金製品を買取店に持ち込んでみましたが、刻印がないものは純度が分からないから買取できないと言われました。


刻印がある商品だけなら買取査定できるとのことでしたが、それでは点数も少なく、少ない点数では手数料を引くとあまりおカネにならないので、どうせなら全て一括で売却した方がおカネになると思い、日本有数の宝飾店街である御徒町へ行ってみることにしました。


すると、買取店のスタッフや設備も流石にレベルが違い、町のショップではとてもできないような専門的な検査をしてくれて、刻印の入っていない金にも全て買取額を付けてくれたのです。


これまで金の買取を利用したことがない場合、良い買取店を見極める方法で初めての方はよく迷うようです。


折角売るなら、高値をつけてほしいというのは当然ですよね。


いいお店を選ぶ時の要点は、実際に利用した人からのレビューなどです。


口コミでの人気が高ければ、買取に不備がなく、信用が置けるお店であることを示しており、参考になります。


家のタンスなどに眠ったままの指輪などの金製品を持っている人は、買取ショップに引き取ってもらうことをオススメします。


ただし、同じ量の金でも店によって基準額や、鑑定料・手数料などが違うので、複数のお店の情報を比較検討して高額買取している店を探してみるのが吉ですね。


売却する品物の総量が多ければ、僅かな基準額の差で大きな違いが出るため、店の選択には注意しましょう。


買った頃とは好みやセンスが変わった、時代遅れになったなどで、今では全然身に付けていないという金製品をそのまま眠らせておくのは得策とは言えませんね。


使わない貴金属の処分に困ったときは、貴金属買取のお店に売却することをお勧めします。


金製品ならどこの店でも買取可能なことが多いです。


純金(K24)なら、現在の相場は1グラムあたりおよそ4800円であり、買取となればそれより若干安くはなるものの、買取と言って一般にイメージされるよりはずっと高い金額で換金することができますね。


02:36






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++