金買取の知識

2016年10月03日(月)
【世界的な不況で金の市場価値が上がっている昨】
世界的な不況で金の市場価値が上がっている昨今、自宅にある金製品を現金にできないかと考える人が増え、流行に乗るようにして、従来の質屋や買取ショップでも、金買取の広告を前面に出すところが増えました。


フランチャイズでチェーン展開する例もあるようです。


自宅の近くなど、行動範囲内にお店ができると便利ですし、ライバルが増えればそれだけ高値の買取を掲げるお店も増え、利用客に優しい方向に全体が変わっていくのではないでしょうか。


お店の人も、よりお客さんに優しくなるかもしれないですね。


買取をお願いするお客さんには、望んでいたシチュエーションといえるでしょう。


金の買取が今流行りですね。


近年では、街中で見かける様々な店で、貴金属の買取を行っているようです。


リサイクルショップなどはその好例でしょう。


こうしたお店は、家庭での不要な品を買取してくれるのが基本ですが、金、プラチナなどの高価買取を謳うケースが増えてきています。


金買取専門の鑑定士がいるので、しっかり査定してもらえます。


家にある金のアクセサリーなどを手放したい人は、買取価格などを調べてみてもいいと思います。


買った頃とは好みやセンスが変わった、時代遅れになったなどで、今となっては身に付けることのなくなった貴金属をずっと死蔵していても一円の得にもなりません。


貴金属を持て余している方は、専門のお店に持っていけば買い取ってくれます。


一例として金の買取の場合を考えてみます。


24カラットの純金の場合、購入時の相場はグラム4800円くらいでしょうか。


それと比べればやや低めの買取金額になりますが、だとしても十分、思った以上の値段には十分なることと思います。


昔貰ったけどもう使わない、というネックレスをおカネに変えたいと思っている人は、刻印を見てみるのがいいと思います。


ニセモノの金でなければ、製品のクオリティを示すため、「K24」などの文字が刻印されています。


よく「18金」や「24金」などと言われるのがこの数値です。


K24というのは純度100パーセント、K18なら純度75パーセントだと思えばほぼ間違いありません。


同じ金製品でも、何割の金が含まれているかによってその金製品の買取価格も違ってくるということになります。


日本経済にも大幅な景気後退をもたらしたリーマンショック以降、今日に至るまでで、徐々にですが、買取市場では金の買取価格が上昇に転じているようです。


加えて、ここ最近、経済破綻を起こしたギリシャの国内において、預金の引き出し制限も発動されました。


このことも、先のリーマンショックと同じく、金の市場価格を引き上げる起爆剤の一つになったとみられています。


03:30






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++