金買取の知識

2016年10月07日(金)
【金の売却において留意すべき点は、何と言っても相場】
金の売却において留意すべき点は、何と言っても相場の見極めに尽きるでしょう。


安く手放しすぎて後から悔やまないためにも、毎日変動する相場を入念にチェックし、最も得する時を狙って売却するのです。


申し込む時の相場によって、買取価格が決まるのが一般的といえます。


上手く相場の波に乗り、なるべく高値で買い取ってもらいましょう。


金買取というのが流行っているそうですが、先日はその業者から電話がありました。


勧誘の電話にも色々あるとはいえ、買取というのは今まで聞いたことがなかったため、まずは話を聴いてみることにしたのです。


いわく、家にある貴金属、例えば金のアクセサリーなどで、処分を検討している品物があればその業者に売却できるという話でした。


そういえば金のアクセサリーがあったなあと思い、そのお店の名を控え、ネットでも調べてみました。


金に限った話ではないですが、古物買取においては、古物営業法の規定に基づき、買取時の身分確認が徹底されています。


買取ショップや専門店に持ち込む場合に加えて、最近ネットでよくある、郵送後に買取代金を振り込んでもらうような形式でも、やはり本人確認は必要です。


買取手続を進める前に、免許証や保険証などを提示する必要があります。


対面でない場合、商品を発送する際に免許証などをコピーして同封することで確認に変えるのが一般的です。


金買取を利用する上では店のシステムを確認することが大事です。


手数料や「目減り」などを買取金額から差し引いてくるところと、それらが無料のところがあります。


手数料を設けている店に買取を依頼すると、これらが差し引かれることで、買取の対価として実際に手元に入る金額は随分減らされてしまうのです。


上手いこと騙されてるような気がしますね。


せっかくの買取で後悔しないように、費用の有償・無償はチェックしておいてください。


相次ぐ不況で金の市場価値が上がっていると聞き、タンスの奥に眠っていた金製品を、金買取ののぼりを出している店に持って行ったら、私が持って行ったものの多くは、刻印がないから買い取れないとのことでした。


刻印のあるものだけ買い取ってもらうとしても、手数料がかかることを考えると大した金額にはなりません。


どうせなら全て一括で売却した方がおカネになると思い、多くの貴金属店が軒を連ねる御徒町に足を運んでみました。


すると、買取店のスタッフや設備も流石にレベルが違い、見た目の検査はもちろん、比重を測るための色々な機械を駆使して、刻印の入っていない金にも全て買取額を付けてくれたのです。


06:30






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++