金買取の知識

2016年10月08日(土)
【よほど大量の取引をしていない限り、貴金属を売却して利】
よほど大量の取引をしていない限り、貴金属を売却して利益を得ても、税金を課せられることはほぼありません。


買取店であれば、取引の量が個人とは違いますから、所得額の申告を行い、多額の税金を納めていることと思います。


しかし、個人でそのような取引をすることは無いですよね。


基本的には気にしなくていいと言えますが、しかし税法も割と頻繁に変わるものなので、どうにも不安な方は、事前に調べておくのが得策ですね。


金といえば純金を思い浮かべる人が多いでしょうが、実際には色々なものがあります。


純金、つまり100%の金であれば「24K」となり、合金、つまり純金ではなく他の金属が混ざっている場合は、「18金(18K)」などの表現になります。


この18Kというのは簡単に言えば4分の3が金ということです。


銀や銅、パラジウムなどを混ぜるのですが、その比率によって色が違い、銀と銅がほぼ同量ならイエロー、銅が多ければレッド、銀が多ければグリーンなどと色々な種類があるのです。


買取店に金製品を持ち込む際に、こうした純度によって価値が違うということを覚えておきましょう。


最近は金買取のお店も増えてきましたが、その中には鑑定料、手数料などといった諸費用を無償にしている店ならいいですが、有料の店も少なくありません。


高額買取を掲げている店でも、こうした費用が設定されていたら、最初の提示価格は高くても、諸経費の分、買取の対価として実際に手元に入る金額は低くなることになります。


なんだか、業者にしてやられたような気分になります。


後から損した気分にならないためにも、買取のシステムの確認は怠らないようにしてください。


金買取がメジャーになった現在では、多くの店舗や業者が、金やプラチナといった高級貴金属の買取を謳って営業しています。


リサイクルショップなどはその好例でしょう。


こうしたお店は、家庭での不要な品を買取してくれるのが基本ですが、サービスを拡大し、金などの買取を扱うようになるところが多くなってきました。


金買取専門の鑑定士がいるので、しっかり査定してもらえます。


金買取の利用を検討している場合は、質屋や金買取専門店と比較検討してみましょう。


金製の指輪やネックレスなどは、自宅のタンスの奥などに仕舞い込んではあっても、年齢に似合わなくなってしまったりして処分を検討している人もいるでしょう。


そうしたアイテムをお持ちの方は、金買取のお店で売ってしまうのも正解でしょうね。


注意するべきは、手元の金やプラチナ製品が本物かどうかです。


自分は本物だと思っていたのに、鑑定してもらうと贋物だった事例もあるのです。


鑑定士にそのように言われたら、残念ですが、勉強になったと思って諦める他にないでしょうね。


08:00






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++