金買取の知識

2016年11月09日(水)
【金買取店は最近増えてきましたが、田舎に住んでいるなどで】
金買取店は最近増えてきましたが、田舎に住んでいるなどで気軽に行ける距離には買取ショップがないケースもあります。


その時は、WEB上で気軽に申し込める郵送買取がオススメです。


WEB上で簡単に申し込みできます。


まず、貴金属を安全に送る用の梱包パックが自宅に届きます。


そして、査定してほしい品物を入れて送り返します。


早ければ翌日には、メールで査定額を教えてもらえるので、承諾の返事をした時点で買取が成立となり、直ちに買取金額が口座に入金されます。


金もプラチナも高級品として有名ですが、どっちが高いかはあまり知られていないのではないでしょうか。


最近は金の価格も高騰してきましたが、基本的により高価なのはプラチナです。


理由としては、市場規模の小ささに加え、元々の埋蔵量の少なさの影響があります。


プラチナは年間約200トンほどしか産出されません。


プラチナも金も、錆びたり腐ったりせず何百年でも安定した価値を保ち続けるので、世界共通の価値を持つ国際商品としての地位を確立していますが、あまりの希少性の高さが、価値の根底にあるわけです。


最近は金買取を掲げるお店が増えてきましたが、そこでは本当に多くの種類のアイテムの買取を受け付けてくれます。


金買取というとおカネ持ちの世界という気がしますし、何百万円もする高級品を連想する人が多いでしょうが、意外にも日用品にも金が使われているものがあるのです。


意外なところではメガネなどです。


どんな品物でも溶かせばまた金として再利用できますから、眼鏡や金歯だって値段をつけてもらえるのです。


万が一、盗品だった時のためにも、金買取時には、古物営業法の規定に基づき、買取時の身分確認が徹底されています。


買取ショップや専門店に持ち込む場合に加えて、ネットを通じて郵送で買取を進める場合でも同様です。


免許証や保険証、パスポートなど、公的機関の発行した身分証を提示することで、誰が売ったかを明確にするのです。


直接店に行かず、郵送で買取を進めるなら、荷物に同梱する形で身分証のコピーを送ることを求められる場合が多いですね。


若い頃やバブルの頃に調子に乗って買い集め、今となっては身に付けることのなくなった貴金属をずっと死蔵していても一円の得にもなりません。


貴金属を持て余している方は、「金・プラチナ買取」を掲げている店に買取をお願いしてみましょう。


金製品ならどこの店でも買取可能なことが多いです。


24カラットの純金の場合、購入時の相場はグラム4800円くらいでしょうか。


それと比べればやや低めの買取金額になりますが、買取と言って一般にイメージされるよりはずっと高い金額で換金することができますね。


05:30






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++