金買取の知識

2016年12月02日(金)
【一昔前と違い、今は色々なお店が金の】
一昔前と違い、今は色々なお店が金の買取サービスを実施しているので、複数のお店の情報を見比べてみましょう。


相場の変動によっても大きく買取金額が変わるので、手放すタイミングはよく検討しなければなりません。


手数料などのシステムも店舗によりけりなので、近所のお店に考えなしに買取を依頼すると、「他所で売ればもっと高くなったのに!」と後悔する可能性もあります。


また、不要な金を買い取るといって自宅に来るタイプもありますが、そうした買取業者は、詐欺や強引な買取のケースが多く、お勧め出来ません。


世界的な金融危機を呼んだリーマンショックの後、この頃までに、ゆっくりとではありますが、金の市場買取価格が上がってきています。


最近ではさらに、経済破綻を起こしたギリシャの国内において、国民が銀行から預金を下ろせなくなってしまいました。


リーマンショックと同様、ギリシャのこの事態も、金の市場価格を引き上げる起爆剤の一つになったとみられています。


高価な貴金属の保管場所には皆さん気を遣われるようです。


大した量でなければ自宅に置いておいてもいいのですが、いくらか厳重な金庫を持っておけば、さらに安全ですね。


お金持ちが一定量の金塊を保有するケースなどでは、最悪、強盗殺人の被害などにも遭いかねないので、自宅には流石に置かず、銀行で大きな貸金庫を借りている場合や、金を売買する業者でも有料の保管サービスを受け付けています。


しかし、どこまでいっても不安だという人は、最初から現金にして銀行に預けておくのが解決法としてアリでしょうね。


貴金属の代表といえば金とプラチナですが、より高価なのがどちらかはあまり知られていないのではないでしょうか。


基本的には、プラチナの方が金より高価とされています。


百年ほど前は今よりもっと顕著でした。


それには、金の20分の1とも言われる、産出量の少なさを抜きにしては語れません。


プラチナは南アフリカやロシアのごく限られた地域でしか産出されないのです。


プラチナや金はその美しさに加え、化学的に安定していて決して劣化しないという性質があり、遥か昔から、世界中の至る所で富の象徴となってきましたが、生産量や流通量のあまりの少なさが、その価格を引き上げる要因となっているのです。


今の金相場はグラム5000円くらいでしょうか。


その価格は純金の状態で取引するときの話ですから、アクセサリーによく使われる18金の場合、純度は75%なので、純金の75%の価格、つまり約3500円です。


そのため、例えば200万円以上の額面に達するには、必要な量は600グラム弱です。


ちなみに指輪一つが5グラムから10グラム前後、喜平ネックレスなら40グラムから100グラムでしょうか。


10金のアクセサリーをお持ちの方もいるかもしれませんが、24分の10は約41%ですから、純金が5000円なら10金は2000円程度です。


10金だけで200万円の買取価格になるためには、必要な量は1キロほどにもなります。


00:00






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++