金買取の知識

2016年12月04日(日)
【長年身に付けていない貴金属があれば】
長年身に付けていない貴金属があれば、売却して臨時収入を得るのもいいと思います。


しかし、どこの店舗に持っていくかによって売却金額は変わりますから、複数のお店の情報を比較検討して好条件の買取をしている店舗に売るのが得策です。


一点だけならともかく、いくつも売る場合は、買取総額はかなり変わってきますから、よほど慎重に店舗を比較検討する必要があります。


相場よりも高い金額で金を買い取るという宣伝を信じて買取を利用してみたら、全くそんなことはなく、むしろ相場より低い額で買取に応じてしまった、などというケースはよく耳にするところです。


最近増えてきた買取ショップの中には、客の無知に付け込んで悪質な営業を行っているところも存在するので、店を選ぶ際には慎重になりすぎるくらいが丁度よいでしょう。


自分や知人がこういう事態に巻き込まれてしまったら、消費者センターに相談すれば、調査、是正勧告などをしてもらえることと思います。


ショップやネットなどの金買取の市場では、多種多様な品物が買取の対象になっています。


金買取というとおカネ持ちの世界という気がしますし、豪華な屋敷の金庫に入っている金の延べ棒などにばかり考えが至りがちですが、買取店で取引される品物はそれだけにとどまりません。


意外なところではメガネなどです。


形がどうあれ金は金ですから、ごく普通の金縁眼鏡などにも価値をちゃんと付けてくれる店が多いです。


金の買取を利用する上で多くの方が気にするのは、売りたい金製品はいくらの値段になるのかという見積を事前に立てられることです。


品物によっても異なりますが、金の値段の基本的な計算法は、日々変動する金の国際価格に対し、まずそれを金の重量単位である1トロイオンスで割り、さらにドルと円の為替レートを掛けます。


すると、日本国内の金価格が算出できます。


こういう情報一つでも、知ると知らないとでは大きな差があります。


計算法を知っておき、店舗に出ている買取価格が適正な数字かどうか自分で見極められるようにしておきたいですね。


全世界を混乱に陥れたリーマンショック。


その時からこの頃までに、徐々にですが、金を売却する際の買取価格が上がってきているようです。


加えて、ここ最近、EU加盟国であるギリシャの経済危機により、銀行預金の引き出しが無期限で封鎖されました。


リーマンショックと同様、ギリシャのこの事態も、金の価値が高騰する引き金として機能したのではないでしょうか。


01:30






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++