金買取の知識

2016年12月05日(月)
【若い頃に買ったけどもう身に付】
若い頃に買ったけどもう身に付けていないといったアクセサリーや腕時計といった金製品をお持ちの方も多いと思います。


最近は金やプラチナの買取を掲げた店が多いので、利用してみてはどうでしょうか。


貴金属買取のお店はたくさんありますが、サイトやチラシで買取額を調べ、最も良い条件で売却できる店はどこか、見比べて選びましょう。


鑑定料や手数料、目減り分の減額も店によって異なるため、手数料の有無などは必ずチェックしてください。


最近問題になっている事件についてお伝えします。


自宅に業者がやってきて、不要な金製品を買い取るなどと言って、安い値段で買取を進める、こちらの無知や気弱さに付け込んだ悪質な事案が増加しており、警察や消費者センターの対応も追いついていないようです。


最初は誠実そうな業者のふりをしていますが、こちらが申し出に応じなければ、しつこく粘ったり、強引な態度で無理やり買い叩くなど当たり前です。


こうした業者は、ハナから真っ当な取引をするつもりなどなく、普通のお店なら出してくれる契約書なども渡されないので、被害に遭わないよう十分注意してください。


全世界を混乱に陥れたリーマンショック。


その時からここ数年で、やや遅めのペースながら、金を売却する際の買取価格が上がってきているようです。


近頃はそれに加えて、ユーロに加盟していたギリシャが経済破綻を起こし、銀行預金の引き出しが無期限で封鎖されました。


リーマンショックと同様、ギリシャのこの事態も、市場での金の価格が上がる切っ掛けであると言えるでしょう。


便利な金買取ですが、一部では詐欺まがいの悪質なケースも発生しているので注意が必要です。


訪問購入と呼ばれる、自宅を訪れて金を買取る形式には特に気を付けてください。


いきなり家にやってきたかと思うと、要らない金製品を買い取るとゴリ押しするものです。


訪問販売の「押し売り」とよく似た「押し買い」のケースですが、ほとんど二束三文の値段で換金させられたり、ひどい場合には現金すら渡さず、粗品と引換にされてしまうケースもあります。


詐欺や強迫のペースに嵌ってからでは遅いので、そういう業者がやって来ても、一切相手にしないようにしましょう。


金もプラチナも高級品として有名ですが、どっちが高いかは普段意識することがないでしょう。


一般に、プラチナは金よりも一段高いと言われています。


一時期は金の3倍ほどしたのです。


理由としては、元々の埋蔵量の少なさの影響があります。


プラチナは年間約200トンほどしか産出されません。


プラチナも金も、錆びたり腐ったりせず何百年でも安定した価値を保ち続けるので、遥か昔から、世界中の至る所で富の象徴となってきましたが、あまりの希少性の高さが、その価値を形作っているというわけですね。


01:30






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++