金買取の知識

2016年12月09日(金)
【金で最も高価なのはもちろん純金ですが、他にも色々】
金で最も高価なのはもちろん純金ですが、他にも色々な金があります。


純度は「○K」という形で表され、最大は24K(純金)です。


純金でなく他の金属との合金の場合は、「18K」などになります。


勿論これは純金より安いのです。


18Kは24分の18という意味ですから、つまり75パーセントが金です。


18Kの中でも、金に何をどれだけ混ぜるかによって種類が変わり、銅を多く混ぜればレッドゴールド、銀を多く混ぜればグリーンゴールド等のバリエーションがあります。


金を売りたいなら、結果を左右するのは純度というわけです。


不況の影響か、金買取の相場が上がり続けているようなので、買取に出す場合も多いでしょう。


金を売却した際には、例外も多いですが、基本的には確定申告をしておかなければ後々面倒なことになります。


売却額から購入時の費用などを差し引いた利益は、事業でなければ「譲渡所得」として計上されますが、インゴットなどの地金の売却であれば、50万円までは控除されて非課税になります。


金を売却した利益が、他の譲渡所得と合わせても50万円以内なら、税金はかからないということになります。


少し前に、祖母の逝去に伴って、金の指輪を遺産として相続しましたが、古いものですから、中には石が欠けているのもありました。


金買取のお店で買取してくれるとのことで、初めてなので不安も大きかったですが、ホームページがしっかりしていたので、思い切って利用してみました。


いざ行ってみると、査定にいい加減なところもなく、終始良い雰囲気でした。


金額もいい意味で予想を裏切るものだったので、今後も機会があれば利用してみたいと思いました。


金買取業者の中には、ネットでの申し込みを受け付けているところがあります。


メールで写真を送ると、買取額の目安を教えてくれる店舗も見られます。


ネットを通じて買取をしてもらう時は、買い取ってもらう品物と合わせて、身分証のコピーを送ります。


少しでも高い金額で売却するためには、サイトなどの情報で、店ごとの買取価格を比較することが大事です。


査定にかかる手数料や、目減りによる減額をゼロと謳っている店も最近は多いですので、そうした情報も参考にして、売却するお店を選ぶといいです。


18歳に達していない青少年は、古物営業法という法律の定めるところにより、お店に行っても買取してもらえないのが原則です。


加えて、未成年と取引するのは危険なので、法律だけではなく業者側でも買取時のルールを定めており、未成年者は、たとえ18歳以上でも、買取を断られることが多いようです。


そもそも、未成年者は民法上も、単独では取引ができませんから、保護者が署名捺印した同意書は絶対に必要です。


それ無しで買取している店はマトモではないので注意しましょう。


03:24






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++