金買取の知識

2017年02月04日(土)
【金で最も高価なのはもちろん純】
金で最も高価なのはもちろん純金ですが、他にも色々な金があります。


よく聞く「24金(24K)」というのは純度100パーセントの金を指します。


金の純度が100%未満であれば、「18K」などになります。


勿論これは純金より安いのです。


この18Kというのは簡単に言えば4分の3が金ということです。


そして、金に何を混ぜているかによって、金の色や呼び方が違うのです。


銅と銀を同量ずつ混ぜたイエローゴールドをはじめ、レッド、ピンク、グリーン、ホワイトと、金以外の部分の比率によって合金自体の色合いが変わるのです。


金を売りたいなら、純度によって大きく値段が変わるのだと思っておいてください。


金買取を利用する時のポイントとして、思い立ってすぐさま買取店に走るのはあまり賢いやり方とはいえません。


それがどうしてかというと、貴金属は買取時の値段がコロコロと変わるためです。


なので、金の相場変動に敏感になり、最適のタイミングで買取を依頼することこそが、買取で得をするカギとなります。


金持ちは全ての資産を現金で持っておくなどしないものです。


よく見聞きするのは、金(ゴールド)の形で資産を保全するというやり方です。


この方法を採用するなら、まず考えることは、実際にその金をどこで購入するかです。


金を買ってみるのも悪くないなとお思いの方は、購入時の価格や条件が店舗ごとに違うので、そうした情報をサイトに明記している、ちゃんとした信頼のある店舗で買うようにするといいでしょう。


そういうお店で買った金なら、売却時にもセーフティですよね。


多くの金買取は法律に則って誠実に行われていますが、一方で、一部ではタチの悪い詐欺もはびこっているので気を付けなければなりません。


中でも「訪問購入」のケースは悪質なものが多いので気を付けましょう。


主婦しか居ないような時間帯を狙って家を訪れ、しつこく金製品の買取を勧めてくるという事例です。


訪問販売の「押し売り」とよく似た「押し買い」のケースですが、納得できない安価で買い叩かれてしまったり、後から売却のキャンセルを申し入れても応じなかったりと非常に悪質です。


詐欺や強迫のペースに嵌ってからでは遅いので、そういう業者がやって来ても、一切相手にしないようにしましょう。


不要な金を買い取りますという電話を先日受けました。


保険や不動産の営業なら珍しくもありませんが、商品を売りに来るんじゃなくて買い取るというのは初めて聞いたので、まずは話を聴いてみることにしたのです。


そうすると、家にある貴金属、例えば金のアクセサリーなどで、今は使っていないものがあったらその業者に売却できるという話でした。


それなら色々あったなあと思って、試しに査定してもらうことにしました。


05:48






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++