金買取の知識

2017年02月12日(日)
【派手に遊んでいる子は未成年でも貴金属を当たり前に持】
派手に遊んでいる子は未成年でも貴金属を当たり前に持っていたりしますが、金買取の店舗では未成年への利用規制があるのが当たり前です。


このため、未成年者は買取の利用を断られてしまうことになります。


ただ、一部では、18歳以上なら買取を受け付けてくれるところもありますが、未成年者単独でお店に行く場合、保護者の同意書が必要になります。


さらに、保護者が同意していたとしても、高校生ならやはり買取は不可能です。


金に優るとも劣らない高級品といえばプラチナですが、プラチナの指輪などを店で見てもらうと、全く別の金属であるホワイトゴールドだと言われたというエピソードはよく聞きます。


こうなると、残念ながらプラチナと比べて金銭的価値は著しく下がります。


本来、プラチナは金よりもずっと希少価値が高く、値段も高価だったので、よく似た見栄えの代替品としてホワイトゴールドが作られるようになりました。


K18WG、K14WGなどの刻印が入っていれば、ホワイトゴールドだという証です。


なんだか安っぽいように思えるかもしれませんが、これだって金の一種ですから、金製品を買い取ってくれる店であれば、現金化は可能だと思います。


年間50万円以上の利益が出ている場合などでなければ、金を専門店に売却しても税金はかかりません。


買取店であれば、日々多くの金製品を売り買いしていますので、所得額の申告を行い、課税されているはずです。


それに対して、個人の取引額は微々たるものです。


そうは言っても、法律が変わることもあるので、税理士法人のホームページなどで情報を検索してみるのが得策ですね。


最近は金買取を掲げるお店が増えてきましたが、そこでは本当に多くの種類のアイテムの買取を受け付けてくれます。


「金の買取」などと言うと、投資目的の地金が一般的にイメージされるのかもしれませんが、高級品だけが金買取の対象ではありません。


金歯などは典型的な例でしょう。


形がどうあれ金は金ですから、ごく普通の金縁眼鏡なども金製品として立派に買取の対象になります。


家のタンスなどに眠ったままの貴金属のアクセサリーをお持ちの方は、売却して臨時収入を得るのもいいと思います。


しかし、どこの店舗に持っていくかによって買取金額は大きく違ってくるので、ランキングやレビューなど、ネットで見られる情報を調べた上で、好条件の買取をしている店舗に売るのが得策です。


たくさんの商品を売る場合は特に、僅かな基準額の差で大きな違いが出るため、よほど慎重に店舗を比較検討する必要があります。


17:06






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++