金買取の知識

2017年02月13日(月)
【最近は金買取を掲げるお店が増えてきましたが、そ】
最近は金買取を掲げるお店が増えてきましたが、そこでは装飾品以外にも、様々な商品を現金化することができるのです。


金というといかにも富豪の趣味という気がして、金の延べ棒であるとか、貴重な金貨であるとかが一般的にイメージされるのかもしれませんが、買取店で取引される品物はそれだけにとどまりません。


メガネや金歯などもその一例です。


形がどうあれ金は金ですから、ごく普通の金縁眼鏡などでも買い取ってくれる場合が多いです。


金の買取を初めて利用する際、ぜひ注意してほしいのは、悪質な店に騙されないよう、お店選びに慎重になることです。


最初に目が行くのは買取金額かもしれませんが、周りの口コミやレビューなどから、その店の信頼性をよく検討した上で利用する必要があります。


レビューの内容が悪かったり、そもそもレビューが少ないお店は利用しないほうがいいでしょう。


素人は買取金額が高いお店に飛びつきがちですが、鑑定料や手数料と称してお金を取る店もあるので、電話で問い合わせるなどしてよく調べてください。


昨今、街には金買取のショップが溢れていますが、その中では鑑定にかかる鑑定料や、買取時の店の取り分である買取手数料を取る店もあります。


金の溶解時に目減りする分を差し引いてくる店もあります。


買取時、こういった費用を取る店だったら、表向きの買取額が高くても、買取の対価として実際に手元に入る金額は結局、低額になってしまいます。


こうなると売らない方がよかったかも?と思ってしまいます。


特に初めての方は、利用する店舗を決める際に、買取のシステムの確認は怠らないようにしてください。


税金は何をしても掛かるものですが、ごく少量の取引であれば、金の買取で課税されることなどないでしょう。


買取店であれば、取引の量が個人とは違いますから、所得額の申告を行い、納税しています。


その点、個人ではよほどの資産家でもない限り、課税対象になるほどの取引はしませんよね。


そうは言っても、法律が変わることもあるので、お店の人に確認してみるのが得策ですね。


全資産を現金で保有するのは少し不安ですよね。


そこで、定番といえば、総資産の10%から15%を金に変えて持っておくスタイルです。


まず調べておきたいのは、金を売っている場所や、その購入手段です。


金を買ってみるのも悪くないなとお思いの方は、金相場に基づくその日の販売価格、買取価格を表に出している、取引実績の豊富な業者を選ぶことが肝要だといえます。


信用のおける店から買った金であれば、いつか手放すときにも本物だという信頼があるので大丈夫です。


17:24






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++