金買取の知識

2017年02月19日(日)
【普通のサラリーマンが普通に手持ちの金製品を売る】
普通のサラリーマンが普通に手持ちの金製品を売る程度では、金買取による利益に税金がかかることは無いと考えていいでしょう。


金買取を行っている業者のほうは、日々多くの金製品を売り買いしていますので、所得額の申告を行い、何重もの税金を支払っていることでしょう。


それに対して、個人の取引額は微々たるものです。


基本的には気にしなくていいと言えますが、しかし税法も割と頻繁に変わるものなので、どうにも不安な方は、事前に調べておくのもいいでしょう。


自分で買ったり人からプレゼントしてもらったりしたけど、何年も使っていない貴金属製品を何もせず放っておくのはあまりに惜しい気がします。


「でも実際使わないし。


」そんなあなたには、専門のお店に持っていけば買い取ってくれます。


金は劣化しないので、古いアクセサリーでも価値があるのです。


最も純度の高い24金(純金)の流通相場が4800円(1グラムあたり)ですから、それと比べればやや低めの買取金額になりますが、多くの人が想像しているよりは十分高い額で手放すことができるでしょう。


最近、金の価格が上がっていると聞いたので、手持ちの金製品を買取店に持ち込んでみましたが、私が持って行ったものの多くは、刻印がないから買い取れないとのことでした。


刻印のあるものだけ買い取ってもらうとしても、買取手数料の分だけワリを食ってしまうので、刻印ありも無しもまとめて買い取ってくれる店を求め、初めて御徒町の専門店に足を踏み入れました。


すると、買取店のスタッフや設備も流石にレベルが違い、純度を測定するための比重検査、試金石検査など様々な手段を用いて、刻印の入っていない金にも全て買取額を付けてくれたのです。


リーマンショック以降、手持ちの金を売却したい人が増えているので、その需要に応じて、従来の質屋や買取ショップでも、金買取の広告を前面に出すところが増えました。


フランチャイズでチェーン展開する例もあるようです。


そういう店舗がどこにでもあるのは便利なことでしょうし、同業他社に負けじと買取額を上げてくるなど、良い方向への変化が期待できると思います。


店員の接客の質までも上がる可能性があります。


買取を利用するお客さんにとっては、いいことづくめですね。


店への持ち込みではなく、業者のほうが家に来て、言葉巧みに、あるいは強迫的な態度で金製品の買取を申し出てくるという迷惑な事例があります。


これは訪問購入と呼ばれます。


業者の提示した買取金額がどう考えても安すぎだったり、強迫的な態度に負けて売却に合意してしまったなどと、後悔するも、泣き寝入りするしかない被害者が多くなっていました。


悪質な訪問購入で被害に遭ってしまった場合でも、平成25年以降、クーリングオフ制度が適用されるようになったので、買取に応じてしまった後でも、8日以内は自由にキャンセルができることを知っておき、悪徳業者のゴリ押しに負けないようにしましょう。


19:54






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++