金買取の知識

2017年03月03日(金)
【昔貰ったけどもう使わない、というネ】
昔貰ったけどもう使わない、というネックレスが買取店でいくらの値段を付けてもらえるか気になるなら、ネックレスの裏などに刻印がないか探してみましょう。


金製品にはほぼ必ず、金のグレードを証明する「K24」などの文字が刻印されていることが多いです。


よく「18金」や「24金」などと言われるのがこの数値です。


K24というのは純度100パーセント、K18なら純度75パーセントというのが一定の目安になります。


金やプラチナ、シルバーなどでは、全て純度により市場価値は変わってくるということです。


ショップやネットなどの金買取の市場では、本当に多くの種類のアイテムを現金化することができるのです。


金製品を買い取るなどと言われると、インゴットや金貨、あるいは指輪などの高級品にばかり考えが至りがちですが、買取店で取引される品物はそれだけにとどまりません。


金歯などは典型的な例でしょう。


形がどうあれ金は金ですから、ごく普通の金縁眼鏡などにも価値をちゃんと付けてくれる店が多いです。


金の相場価格はネットでも簡単に見ることができます。


今は1グラム5000円くらいですね。


その価格は純金の状態で取引するときの話ですから、アクセサリーによく使われる18金の場合、純度は75%なので、純金の75%の価格、つまり約3500円です。


100グラムで35万円ですから、仮に200万円以上になるような18金は、重さで言えば単純計算で550グラムから600グラムほどでしょうね。


また、さらに安価な10金のアクセサリーの場合ですと、10金は約41%の純度なので、1グラム約2000円ということになり、ネックレスなら10本から20本ほど、合計1キロも集めなければ200万円に達しないのです。


近頃は、多くのお店で金買取を取り扱うようになったので、色々と調べて比較検討してみるのもいいでしょう。


その時の相場に基づいて買取額は決まるため、現在の価格をチェックして、最適のタイミングで売りましょう。


さらに、お店によって鑑定料や手数料のシステムも異なるので、考えなしに店を決めようものなら、他の店と比べて大幅に買取額が下がることもあります。


また、不要な金を買い取るといって自宅に来るタイプもありますが、そうしたところは、詐欺スレスレの酷い営業をしている場合が多いです。


買った頃とは好みやセンスが変わった、時代遅れになったなどで、今となっては身に付けることのなくなった貴金属をただタンスの奥に仕舞っておくのは何だかもったいない気がしますよね。


自分のことかなと思ったあなたには、買取を扱っている店に売りに行くのはどうでしょうか。


主な買取対象といえば金ですね。


24カラットの純金の場合、購入時の相場はグラム4800円くらいでしょうか。


お店の利益が引かれるので、流通相場より安い買取額になりますが、だとしても十分、思った以上の値段で手放すことができるでしょう。


02:30






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++