金買取の知識

2017年03月08日(水)
【ここ十年ほどで一気に増えてきた金買取。今では、】
ここ十年ほどで一気に増えてきた金買取。


今では、色々な店舗で貴金属の買取サービスを看板に掲げています。


街でよく見かけるリサイクルショップもその一例です。


生活雑貨や電化製品などを買い取ってくれる店ですが、需要の拡大に応え、金やプラチナの買取サービスを始めるお店が最近は多いようです。


専門店と同様の設備を備え、査定も誠実に行っています。


金製品を売りたいという方は、試しに査定だけしてもらうのもいいですね。


金の買取において、少しでも高値を付けてもらうことを目指すなら、買取手数料などが無料、あるいはなるべく安い店舗を当たるというのが基本ですね。


加えて、日々変わりゆく金の相場に目を光らせておくことも必須であるといえます。


持ち込む量が多いほど査定額も高くなるものなので、少しだけの買取、具体的には10グラム以下なら、それほど相場は気にしなくていいでしょう。


貴金属の高額買取という広告やサイトが最近はネット上に溢れていますが、悪徳業者や詐欺の可能性が高いでしょうから、その手の広告を出している店はなるべく避けるのがいいでしょう。


貴金属の買取を扱う店舗では、トラブルを避けるため、年齢制限を定めているとところが大半でしょう。


したがって、中高生など未成年は買取してもらえないケースが大半だと思われます。


僅かながら、利用が18歳から可能なケースもあるのですが、未成年であれば保護者のサインなどが必要になってきます。


加えて、たとえ18歳からOKの店でも、職業を確認され、高校生なら買取は不可というのが一般的です。


家のタンスなどに眠ったままの金製の指輪や腕時計などがあるのならば、売却して臨時収入を得るのもいいと思います。


でも、それぞれのお店で基準額や、鑑定料・手数料などが違うので、ネットで事前に情報を調べて好条件の買取をしている店舗に売るのが得策です。


たくさんの商品を売る場合は特に、僅かな基準額の差で大きな違いが出るため、それだけお店の選択が重要になるのです。


高価な貴金属には偽物も付き物であり、お客さん本人が本物と信じていても、当然ニセモノのケースもあります。


金メッキ製品の表面にレーザーで本物同様の刻印を入れるなどして、プロの鑑定士を欺こうとしてくる悪質な手口もあります。


対して、偽物を見抜く方法も色々あります。


磁石、刻印の入り方に加え、比重計があれば水に沈めた場合の重さの変動をもとに、比重を求め、金の純度を判別することが可能です。


また、中には比重計で見破れないタングステン製の偽物なども存在しますが、金の真贋や純度を判別する「試金石」を用いれば、硝酸や王水に融けるかどうかも検査することができ、贋物はすぐに判別できます。


「試金石」という言葉の用法の基にもなっているやり方ですね。


06:18






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++