金買取の知識

2017年04月05日(水)
【手持ちの金製品を高額で買い取ってくれるなど】
手持ちの金製品を高額で買い取ってくれるなどと言うからお店に行ってみたら、高価買取は全くのデタラメで、実際は安い金額で最後は半ば強引に買い取られてしまった、などの苦い経験をした方もいるかもしれません。


金買取もピンキリであり、ちゃんとした業者も多くある一方で、残念ながら違法スレスレの商売をしている店もあるので、よく見極めたうえで利用しないといけません。


こういう悪質な店に当たってしまったときは、弁護士もいいですが、先に消費者センターに相談するのをお勧めします。


金買取がメジャーになった現在では、多くの店舗や業者が、金やプラチナといった高級貴金属の買取をするケースが増えています。


リサイクルショップなどはその好例でしょう。


生活雑貨や電化製品などを買い取ってくれる店ですが、金、プラチナなどの高価買取を謳う事例が現在では多くなっています。


専門のスタッフがいるので、査定も問題ありません。


自宅に眠っている貴金属を売りたい人は、買取価格などを調べてみてもいいと思います。


金は高級品というイメージがありますが、実は私達の身の周りにも金でできていたり、一部に金が使われている製品が案外多いものです。


その代表的なものが金歯です。


金買取店は、こうしたものも買取の対象にしています。


金買取では、金の形状はほぼ査定に影響しません。


意外な形での臨時収入をゲットできるチャンスですし、用済みとなった金歯をお持ちの人は、迷わず買取に出してしまいましょう。


少し前の話ですが、ずっと身に付けていなかった金のアクセサリーを売却しました。


なにぶん、そうしたことは初めてだったので、どういうお店に持って行くのが一番いいのか迷って、ネットの情報に頼ることになりました。


そうしたら、貴金属のメッカといわれる御徒町に、様々な金買取店が並んでいるところがあったため、最終的にはその中から一つのお店に絞り込みました。


実際行ってみるとちゃんとしたお店でしたし、予想よりずっといい価格で買い取ってもらえました。


最近、国際価格の高騰に伴って金の買取相場が上がり続けているようなので、金買取を利用して小金を得る方もいるでしょう。


金を売ったら、自営業の方は勿論、サラリーマンの方でも場合によっては必要な書類を揃え、確定申告の手続きをしなければなりません。


金の売却によって生じた利益(売却額から購入時の価格や雑費を引いたもの)は、通常は譲渡所得として総合課税に含まれるのですが、地金(インゴットなど)の場合、50万円の特別控除が受けられます。


売却した金を取得した時期によっても計算式は異なりますが、概ね50万円以下の利益なら全額控除が可能なので、金売却に税金はかかりません。


04:30






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++